ストリップ

ストリップ関係?の本

6月30日。今年も折り返し地点を迎えている。何もせずに過ぎている日々で何とかしなければと思う今日この頃、今月の後半立て続けにストリップ関係を題材とした本が2冊も発刊された。まぁ完全に偶然だと思うが・・・こんな月は過去にはなかったと思うその2冊がこれ

20160630_001 1冊は「裸の華」という小説。直木賞作家の桜木紫乃さんが書かれたものでまだ半分も読んでないがストリップを引退された方が主役の小説でかたやもう一方が「池袋レインボー劇場」というこれからストリップに入っていく新人さんが主役のコミック。新人と引退した人・小説とコミックなんか真逆という感じ。桜木紫乃さんはあちらこちらのインタビューなどでストリップ好きという事を言っていて「誰もいない夜に咲く」という文庫本の中にもストリップが題材の短編「フィナーレ」というものを書いている。ネタバレになるのでストーリーについては書かないがどれも面白いというか私は好きですね。

まぁ何にしてもこうゆうストリップ関係?の本が短期間に続けて発刊されるのはかなりレアであることは間違いがない。

| | コメント (0)

養老院にストリップの慰問

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/today/?0605

時代的には大変な時代だったと思うけど・・・今では考えられない事だ。

| | コメント (0)

丸八寿司 駅前店 (名古屋)

昨日のランチ、ココで食べる

20140829_036 かなり以前から来たいと思っていた店で・・・中々名古屋に来ることがなくなってしまい・・・場所はJR名古屋駅から徒歩10分ぐらい柳橋市場の近くで錦通りに面している。

この店は結構変わっている店で

20140829_034 24時間営業という寿司屋でオリジナルの巻物が沢山あり、そのネーミングもすごいものが多くどんな巻物なのか分からないものが多い。店のルールとして注文前にはどうゆう巻物か客に教えない。品物が出て来たときにこうゆう物といって出される。

店はカウンター席が20席以上並んでいる。店内いたるところにメニューが書かれている。席に座り沢山あるメニューを眺めていると店主?(店員・板前)がランチメニューははそっちに書いてあるよと窓側を指す。まぁやりとりがありお通しが出てくるお通しは大根と椎茸を煮たもの。

まず目に付いたのが銀映巻き。知っている人は知っているあのライブシアター銀映の事。私も何度も行った事のあるストリップ劇場で名古屋に来る時の目的場所の一つだったところ。3年前になくなってしまい跡地は今こうなっている

20140829_006 話がそれたが・・・目に付いた銀映巻きを注文。ネタバレになるので写真や内容は書かないがネタの組み合わせとしては良くあるもので美味しいです。巻物と書いているが手巻きで出てきて直接手渡しで出される。次に注文したのが三ツ矢サイダー巻き、これは洒落がきいていてこの組み合わせはどうかなと思うが意外に美味しい。次に頼んだのが不感症巻き・・・うーんネタ的にはこの日食べたものでは1番豪華だった気がする・・・と言っても一般的にはそれほど豪華ではない。次に注文したのがアイスクリーム巻きでこれはそのままなので

20140829_030 スティック状のバニラアイスが巻かれている。うーん間違いなくデザートだ。アイスが結構海苔とシャリに合っていて喧嘩していないのが以外だった。

その後ランチメニューの並寿司を注文。出てきたのがこれ

20140829_031 おなじみのネタに赤だし。握りは大きめでちょど良い感じで握られていて空気が入っているのに崩れないというにが分かる熟練した寿司職人の技という感じです。結構シャリが大きめで女性や小食の人ならランチなら十分足りるかなという感じ。この並握りは消費税込みで630円とリーズナブル。

手巻き4本に並寿司で会計が2140円でした。巻き寿司は値段が書かれてなかったので何がいくらかは分かりませんが平均で1本380円弱ですね。

面白い寿司屋さんです。機会があれば又行きたいと思います。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

2014.05.11 道劇の印象

昨日、道劇に行く。かなり良い香盤で・・・2回目4番から4回目の4番まで観ている。その間食事などの外出などしていて観ていないところもあるので印象に残っている範囲で・・・

1番:川中理紗子嬢、かなり久しぶりに観る。この人のステージは何十回と観ていると思うがこの日の3回目のステージがすごく魅力的に感じた。まぁ個人的な好みの問題だがこれ以上やせると筋肉が目立ってしまって今一つという感じになる気がする。身体能力もあるし・・・良いですね。

2番:伊吹天音嬢、この方を見るのは4年ぶり。以前は違う名前だった。印象は大人になったなという事。以前は可愛らしさにちょっと少女ぽさがあった感じだが今は大人の女性という感じで・・・4回目の中○○菜の曲だけというのも印象に残るただ「○」は足寄出身のおっさんの声の方が好き

3番:一宮紗頼嬢、何回か観ている方で最近もミカドで観ている。スパイものですか?あの拳銃は大きすぎると思うのは私だけでしょうか何か意味があるのでしょうか?まだこれからという感じがします

4番:愛野いづみ嬢、2個出し。3年ぐらい前から観てますが痩せて綺麗になりましたよね。調子の良い日、調子の悪い日一時期、観ていてなんとなく分かった気がしたのですが最近全くわからなくなりましたね。ムラがなくなっている感じがします。

5番:KAERA嬢、何度か観ている方です。最近では西川口で観ている綺麗ですね。ふんどし姿が印象に残ってます。足と肌がきれいで足からお尻の形がいいんですよね。

6番:北川れん嬢、何度か観ている事は間違いないのだが・・・道劇以外で観た記憶がない。ダンスのステップなど綺麗だしルックスも良い。

以上、簡単に思うがままに書いてみました。本当に今週は良い感じで・・・6月頭のメンバーはもっと良い感じで・・・・。あくまでも私個人の印象ですので偏っていたり間違い・勘違いなどあるかもしれませんその辺よろしくお願いします。

| | コメント (0)

ストリップ系の記事

ストリップ系の記事を見つけたので張っておきます。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140111/wlf14011118000034-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140112/wlf14011218000027-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140113/wlf14011318010026-n1.htm

色々な方向があるんだな~と改めて思う。

今のストリップってすごく良いです。ぜひとも観たことがない人に観てもらって「すごい」と感じてほしい。ストリップって12時ぐらいまでに劇場に入れば値段そんなに高くないので・・・各劇場違うが3000円~4000円くらいで1日観ていられる。まぁ12時過ぎても高いところで5000円。内容考えればすごいリーズナブルだと思う私。

| | コメント (0)

浜劇に久し振りに行く

4日、4年ぶりに浜劇に行った。久し振りの浜劇。やっぱりこの雰囲気も良い。今回は「SM3」以来5年ぶりにそっち系の企画のようで「フェッテシュ」というもの。この名前だけでは何の事かわからん。ただ出演する方々を見ると間違いなくそっち系であることが分かる。日替わりで色々な方が出られている。

毎日出ている踊り子さんもそっち系に合わせた感じの演目で・・・HIKARUさんは真新しい1本鞭に真新しいボンテージ衣装という感じでこれのために作品をつくったのかなという感じ。小池まりえさんはまぁ通常のストリップでもある形ではあると思うが衣装がそっち系の感じで氷が印象的でした。栗鳥巣さんはもうこっち系ではショーアップ大宮の時代から出てますので3個だしで色々なものを魅せておられました。

あと日替わりなのでもう今回は出演されませんが一鬼のこさんすごかったですね。デラカブなどでも観た事あり色々な事に挑戦されている方ですがここ(浜劇)では真剣な縄責めの印象が残っていて前回(5年前)のヒトミさん相手の責める鬼のこさん・それを受け入れるヒトミさん、緊張感・あの雰囲気・空気、今でも印象に残っている。今回も時間50分間全て(1回目・2回目共に)縄という感じで・・・まぁ蝋燭も数分入ってはいたが・・・。やはりすごいですね。まぁ浜劇では宴会芸(ブログでは宴会芸としかかけませんが)をステージ場でやっている一鬼のこさんを見た事があり、そのギャップがものすごくて・・・・。

| | コメント (0)

九条OS 閉館

大阪の九条OSが昨年いっぱい閉館したらしい。この劇場は去年の11月に初めて行った劇場で・・・それまでにも何回も行こうと思っていた劇場。もともとはストリップ劇場だったがここ数年はほとんどストリップはやっていなかった。私が昨年の11月に行ったのもストリップではなくSMショーだった。1回しか行った事はなかったが従業員の対応や広さなど本当に良い劇場だと思っていたので残念。年末29日。ココに行こうかそれともストリップに行こうか迷ってストリップの方に行ったのだが閉館になるの分かっていたらこっちに行ったのに・・・・。

本当に広い劇場が無くなっていってしまう。時代の流れなんでしょうが・・・。

| | コメント (0)

杉浦則夫写真展「女・裸・縄・感じるもの」を観る

杉浦則夫写真展「女・裸・縄・感じるもの」は私がよく見ているブログやサイトの書き込みなどに書き込みや案内があり時間があれば行きたいなと思っていた。で昨日新宿にいた為行く事にした。

場所は新宿4丁目の結構年季の入ったホテルが何件かかたまってある場所の近く。「ギャラリー新宿座」というところ。うーんやっぱり良い。本当に綺麗ですね。女性の裸体というのは美しいと思う。その辺はストリップを観ても納得できる。それに縄が入ると何倍にも美しさが増す。

私がこのての写真を見始めたのが中学生のころSMスナイパーという月刊誌がありそを色々な方法で手にいれて見ていた。その後高校に入ってまわりの影響もあり普通のものを見るようになった。その後専門学校へ進み独り暮らしをするようになりその時がこの手の写真を自由に見れるようになった。この専門学校の2年間はテレビなしで生活していて当然ビデオが見れないわけでこの手の写真が載っている本をかなり見ていた。まぁどちらかというと女王様の写真ののった本の方が当時は好きで買っていたかな。

就職して1年目。テレビとビデオを買ってSMもののビデオレンタルしまくっていた。当時レンタルビデオ店にはSMものなんて各店10 本も置いておらず、今みたいに毎月新しいSMビデオが入ってくるわけではないので何件ものレンタルビデオ屋の会員になっていた。

その後、地元静岡に就職してほとんど仕事しかしない毎日で・・・。ほとんどこの手の写真を見る事がなくなった。またこの手の写真を見るようになったのは30歳を過ぎてからですかね。30歳過ぎて大きな病気をしてからまぁ仕事はほどほどにという気持ちでやるようになってから・・・。

そんな昔の事を写真を見ながら思った。モデルさんが本当にいい顔していし体の線が美しい。中学生の私には全く分かからなかった事です。縛られる吊るされるそれがどんなに苦痛でその達成感というか解放感というか一つの特別な快感。まぁ縛る方は全くセンスがなく努力が必要(努力するに嫌いだし)で・・・それに何時間もの時間を使っているのがもったなく(他の事が一切できなくなる)見るほうに専念している今現在、本当に縛っている人・縛られている人・それを写真で撮っている人すごいと思っている。本当にこれこそ芸術だと思うのですが・・・。世間は認めないよな。一部のわかる方には芸術だと分かるのでしょうが・・・。

歌舞伎も狂言もミュージカルもストリップもSMショー私にとっては全て芸術なのですが・・・。会場前にあった看板?ちらし?張っておきます

20121021_003なにか問題という事であれば写真消しますが・・・私は芸術だと思ってますので全く問題ないと思っています。10月21日までの予定が28日まで延長になったとの事。ぜひ行ける方は行って損はないと思います。18歳以上が条件ですが見学無料なので・・・。このブログは主催者に全く許可なく書いてます。なにか不都合等ありましたら連絡ください。私は芸術は人に何か言われてナンボのものと思っておりますが・・・。

| | コメント (0)

昨日、新宿にいる。 昨日のコース

昨日、新宿にいる。11時30分ごろ新宿に到着。まずはTSミュージックに入る。劇場では2番のステージ、4番終了までいて出かける。時間は13時過ぎ。まずは昼ごはんという事で新宿の街を徘徊するがなかなかココというところが出てこないためランチの後に行こうと思っていた杉浦則夫写真展「女・裸・縄・感じるもの」を観に行く。場所は新宿4丁目のギャラリー新宿座というところでちょっと古めなビジネスホテルが何件かあるところで新宿駅から数分の場所とは思えないくらい人通りが少ない静かな場所。ギャラリーの隣が高校の運動場でその音や声がギャラリーの外では聞こえるのが何ともアンバランスな感じがして・・・。

そこから出てまた昼飯を食べるところをさがして最終てきに入ったのが「釧路港」という店で場所は新宿天ぷらのつな八総本店の向い側のビルの地下2階。その後檀蜜さんのカレンダー発売記念握手会に行く場所は福家書店新宿サブナード店。集合時間ぎりぎりの14時45分に着く。それが終了したのが15時30分過ぎ。TSミュージックにもどると今日の朝は入った時と同じ2番のステージ途中。それから2回目終了までTSミュージックにいてその後静岡に戻る。というのが昨日新宿でのコースでした。

| | コメント (0)

10月8日 秋葉原・西川口・小説

10月8日。関東方面に出かける。まず行ったの秋葉原。この日秋葉原のラムタラで壇蜜さんの壇蜜と僕たち発売記念イベントがあるという事でい行ってみる。参加券がまだあるかどうか心配だったがなかったらそのままJRで25分の場所にある西川口にあるストリップ劇場に行く予定だった。参加券があった場合もイベント終了後そちらに行く予定。

ラムタラ開店前に店の前に着く。店の前では今回のイベントを宣伝するビラを配るスタッフと思われる方がいた。参加券はまだあるとの事。

12時イベントが始まる。初めて生の壇蜜さんを見る。うーんなんだろう衣装は別にして普通の奇麗な人という感じですかね。「私は芸能人」「私は主役」という何だろうそうゆうオーラーは今はない感じで私はファンに対して気を使っていますという感じでもない自然に人と接している感じがした。(これなかなかできない)今まで会った事のある芸能人(人間国宝やミュージカル(俳優・女優)ストリッパーなど含む)とは全く別なオーラーを発している感じがした。多分これから女優さんになっていってもっと目力などがでてきてもっと素敵になっていくんだろうなというという感じがした。今でも十分魅力的だが・・・。

イベント終了後、西川口のテアトルへ行く。劇場に入ると・・・満員で立ち見客までいて・・・この劇場でこれだけ混んでいるのを見るのは初めてだと思う。舞台では1回目の5番(トリ)の舞台。その後2回目のトリ終了までいる。うーんデジカメコーナーが長いというのが1番の印象かな。これだけ客がいるからしかたないと思うのだが・・・。

姫野紗雪さん超久し振りに見ました。記憶が確かならこの方を見たのがストリッパーになる前に二代目一条さゆりさんなどがやっていたSM興行(美的SM以前のもので名前が出てこない)の時に出ていたのを見ている。すでに美的SMもなくなっていてかれこれ7・8年前?もっと前かな?うーんその頃より年はとっているが・・・ステージで踊っている姿は奇麗。

翔田真央さん相変わらず綺麗で・・・今回見たのは和服ものでした。9月に8周年をむかえて9年目ですね。もうベテランですね。デジカメの時に久しぶりに見かけたと思ったら・・・。と声をかけられた。久しぶりって?先月16日にもお会いしているでしょう・・・10日間会わないと久しぶりなのだろうか?上記の姫野さんも久しぶり。約20日ぶりの翔田さんも久しぶり・・・。久しぶりの基準はいかに・・・。その人が久しぶりだと思ったら久しぶり。今回はこの2人のみ思った事書いてみました。

それにしてもこの日、自分の中で一番良かった(興奮したのは)のが移動中にサタミシュウさんの「彼女はいいなり」という本を読んでいた事で・・・・。これ本当にSM青春小説になっている。読んでいるうちのぞくぞくとしてきました。1日に2ヶ所興奮するような所に行ったのだが最終的に一番興奮したのは移動中に読んだ小説というオチでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧