« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

明月 いけだ 盛り合わせ天丼 (静岡市駿河区池田)

今日の昼ご飯・・・と言っても14時近かったと思うがこの店

20190124_008 で食べる。場所は静岡市の南幹線沿い池田の交差点から10メートルぐらい清水側にきたところ。メニューは天丼が4種類、天ぷら定食が3種類、天ぷらの単品が10種類ぐらいにフライにおでん・おにぎりにビールにハイボールといったところで天ぷら専門店ですね。

まぁ普通の天丼を食べようと思って入ったのだが結構お腹もすいていたので天丼より種の多い盛り合わせ天丼というものを注文する。

待つ事数分。出てきたのがこれ

20190124_00420190124_007 海老2本・ホタテ・イカ・メゴチ・キスカボチャ・ナス・長いものしそはさみ・海苔。ホタテが美味しかった。海老もこの前、川崎で食べた天丼とは違ってプリッとしていて・・・それからあまり油が重く感じないこれだけ食べてももう少し食べたいという感じでした。

盛り合わせ天丼1300円に税が付いて1404円。まぁこれだけタネが乗っていればそれくらいするかなという感じ。ごちそう様でした。最近天丼をよく食べるようになった気がするな~。

| | コメント (0)

2019.01.20 狂言の会の印象

毎年、この時期になると山本家の狂言の会がありここ数年の毎年のように行っていた。
昨年は諸事情により開催されなかったので2年ぶりという事になる。
今回の演目は則俊氏による三番三と狂言「しびり」に「唐相撲」という豪華版と言っても良い感じの演目。昨年10月に横浜能楽堂で開催された「修羅能と狂言」を観に行った時に則俊氏が「那須」を体調不良という事で降板されていてちょっと心配していたのだが今回は三番三を踏むという事で楽しみにしていた。緑の装束で・・・何だろう。奇麗でそれなりに力強い三番三で・・・和泉流とはかなり違う感じがした。最後の東次郎氏の話の中で「稲魂(いなだま)の舞」と言っておられたがなんかすごく納得した感じがした。
「しびり」この狂言は大蔵流では初舞台の時に太郎冠者を演じる事が多い狂言だそうで・・・10分ぐらいで物語が完結しているという事と太郎冠者が主役であるというの重要なんだろうな~と思うこの日やられた演目の中では一番狂言らしい狂言という気がした。
 「唐相撲」この狂言は登場するのが20人以上という狂言で茂山家のものと山本家のものを過去に観た事があり茂山家ののはDVDで何十回と観ている狂言で大好きな狂言の一つです。見どころは色々あると思いますが・・・個人的にこの狂言は思いっきり笑いたいという感じで狂言の何て書けば良いんだろう?家の持った芸風・家風というかなんせ山本家はこれ

20190120_078  ですから・・・まぁこれは先代の東次郎氏の言葉らしいが・・・それに対して茂山家はお豆腐狂言ですから・・・この唐相撲は個人的には茂山家の方が好きです。茂山家も今度やるようですので・・・観に行きたいと思っている私がいる。

| | コメント (0)

OHASHI マグロのエラ身 ユッケ丼 (神奈川県・小田原駅周辺)

先日、この店

20190120_063 でマグロのエラ身ユッケ丼というものを食べる。マグロは清水に住んでいる事もあり色々な部位を食べた事はあるがエラ身は食べた記憶がない。この店は小田原駅から5分ぐらいも場所にある店でこの日は狂言を観に新百合ヶ丘に行く途中、JRから小田急線に乗り換える為、小田原駅で降りて昼ご飯を食べるところを探していて見つけた店。

ランチメニューはこんな感じ

20190120_062 カンパチのカマも良いと思ったがやはり食べた事のないマグロのエラ身だろうということで注文。

注文して数分出てきたのがこれ

20190120_05320190120_054  

食べてみる。クセは多少あるが思ったほどではない感じだがもうちょっとなんか味の付け方はないかな?と思ってしまった。まぁユッケなんでこれでいいんだろうけど。なんか他の味付けで酒のつまみにちょこっと食べるのにいいかなという気がした。

20190120_055 刺身は3切れで3種類の刺身。それぞれ美味しかった。

マグロのエラ身ユッケ丼1458円。まぁ希少部位である事は間違いないが・・・元々使わないような部分でそんなに高値で取引されているとは思えないが・・・。なにはともあれこうゆうものだというのがわかったという事で良しとしよう。ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

丸亀製麺 牡蠣たま丼等

先日、この店

20190113_072 でこれ

20190113_067 を食べる。左側はかけうどん(並)+さつまいも天にたっぷりのネギと天かすを大量にトッピングしたもので・・ちょっとトッピングしすぎだった気が・・・右側が牡蠣たま丼です。丸亀製麺ではちょっと前まで牡蠣つくし玉子あんかけ(うどん)というものが販売されていて・・・牡蠣好きの私としては食べたいと思っていたのだが・・・いつの間にかカニあんかけになっていて・・・でこの店の前を通ると「牡蠣たま丼」の看板があり入ってみる。

20190113_069 出汁はうどんに使われている出汁と同じものだと思う。そこに玉子と牡蠣を入れている感じ。

20190113_070 牡蠣は5個入っていてそれほど大きいものでもなく小さいものでもない感じで・・・ご飯にも合うけどうどんとかにかけて出汁を飲むという形にした方が良い感じはしたがまぁこれはこれでそれなりに良いかなという感じがした。

かけうどん(並)290円、さつまいも天100円、牡蠣たま丼390円、合計780円。ごちそう様でした。

| | コメント (0)

金兵衛 銀たら西京焼き弁当 

先日、この店

20190113_018 でこの弁当

20190113_027 を購入してここ

20190113_054_2 で食べる。弁当の中身はこんな感じ

20190113_03020190113_031  弁当を購入したのは小田急・千代田線代々木上原駅から3分ぐらいの場所にある金兵衛というお弁当屋さん。食べた場所は・・・この写真を見て何処かわかる人も多いと思うが国立劇場(3階から一階ロビーを撮っている)この日は歌舞伎を観に行っていて・・・公演が12時~で幕間に弁当を食べるという事で購入していった。

私が国立劇場に行く場合の交通手段として小田急線で代々木上原まで行って地下鉄で半蔵門駅まで行くというパターンの時があり、今回はそのパターンで・・・国立劇場内でも食堂もあり弁当も売っているが・・・あまりこれ食べたいというものが・・・という事でほとんどの場合、私は外から持ち込んでいく事が多く・・・代々木上原で乗り換えがありどこか良さそうな弁当などはないか調べて出てきた店がこの金兵衛という店。11時開店という事で開店時刻に店に行って弁当を購入して国立劇場に向えば丁度良い時間かなという事もあってこの日はここに決定。

11時の開店時店の前には14人ほどの列ができている・・・開店前の弁当屋さんに行列ができているのを見るのは初めてだと思う。弁当は650円ぐらいのものからあり私が今回購入した弁当は銀だら西京焼き弁当でこちらの店の看板商品で1250円のもの。普段食べる弁当としたら高めの値段のもの・・・。

銀だら西京焼きが美味いのは確かです。おかずもそれなりに美味しいと思ったが・・・さくら漬けの量が多すぎるような気がした。まぁ銀だらは良いものを使っているからこの値段なんでしょうが・・・個人的にはもう少しなにかがほしい気がしたお弁当は豪華一点主義より幕の内弁当の方が好きかも知れないと思う私。

| | コメント (0)

箱根そば かき揚げそば等 (小田原駅)

先日、小田原駅にある箱根そばで久しぶりにかき揚げ天そばを食べる。箱根そばに入るのも久しぶりで・・・かき揚げそばを食べるのは・・・記憶にないぐらい久しぶり。

20190113_011 かき揚げが大きい。この日はこれに

20190113_010 鮭のおにぎりを付けてみた。うーん蕎麦は相変わらずそれなりに美味しい。かき揚げも美味しかったが一番驚いたのはワカメが美味しかった事。ワカメって色々なとこにちょっと入っている事が多くそれなりに食べているが特別に美味しいと思うことはなかったが見てのとおり結構多めの量が盛られていて・・・

かき揚げ蕎麦410円+おにぎり100円合計510円の朝食でした。おにぎりが100円というのも良いと思う。

| | コメント (0)

清水区内のリーズナブルなマグロ丼

清水区内のリーズナブルなマグロ丼で一番最初にうかぶのが清水河岸の市にあるのっけ家のランチ。こちらは場所柄観光客も多いが地元の人も使っている店でランチメニューはこんな感じで

159 

161 

600円~800円で食べられる。私はココに行くと頭肉丼を注文する事が多いというか頭肉丼を食べに行く事が多いが先日ランチのAを注文してみる。

165101  

トンボマグロ3切れにキハダマグロ1切れにイカ刺し1切れにすきみのキザミのり

160 醤油は2種類にわさびは見てのとおりのもの。この店の一つの特徴としてお茶が美味しい。お茶も2杯目からはセルフサービスで機械で入れるものなのですが中に入れてあるお茶が深蒸し系の美味しいお茶。まぁいずれにしてもこれで600円(648円税込)というのはリーズナブルだと思う。

181_2 こちらは清水区の千歳町の巴川沿いにある時代屋やす兵衛というところで出しているまぐろ最強丼というもの

183 ほほ肉ステーキ・カマ焼き・赤身・トロ・トロの炙り・中落ちが酢飯の上に乗っている。トロは正直言ってたいした事はないがカマ焼きとホホ肉が絶品。特にホホ肉の柔らかさと絡めてある醤油系のタレが美味いです。一応定価は1280円らしいがここ数年ずーと980円(税込み)で出しているのではないでしょか?他にもこの店はかなりリーズナブルルナものが多いと思う。ちなみにやす兵衛は清水河岸の市にも店舗を出していますがこちらのメニューは千歳の店舗

189 のみで1日限定10食のようです。まだ他にもリーズナブルでマグロ丼を出している店は清水区内であると思いますが今回はこの2店で・・・

番外編でこちらも

170 清水区内にある魚市という魚屋さんで南マグロのすきみを購入

171 温かいご飯の上に全部乗せて真ん中にわさびを乗せて万能ネギをかけてキッコーマンの刺身醤油をかけて食べる。これもリーズナブルで美味いと思います。ちなみに清水区には昔からやっている魚屋さんが沢山ありどの店も美味しいマグロをリーズナブルに扱っているところが多いの気がする。もっと書けばこのすきみは460円だけどこれは今や希少価値の高い南マグロだからこの価格ですので・・・。

| | コメント (0)

九段下 寿司政 旬八海 そごう横浜店 旬にぎり等

先日、横浜そごうの地下2階にある九段下寿司政のイートインコーナーで夕食を食べる。
イートインコーナーと言ってもしっかりとしたカウンター席でネタケース等もあり周辺の雑音がなければ本当の寿司屋という感じのような場所

159   

今回は特に隣の天ぷら屋さん?店員の「3個まとめて1000円」という大声が何十回と繰り返されていて・・・
九段下寿司政さんは九段下にある本店に1度昼に伺った事がありhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2017/06/post-39bb.html池袋西武のイートイン&持ち帰りに何度か行った事があり。横浜の店は今回が初めて。色々あり時間的にどうかというところだったがここまで来て入らず帰ってしまうのはもったいないと思い入ってみた。
今回はセットメニューのにぎり旬というものを注文する。
まず出てきたのがトロ2貫にヒラメ

160 確かにマグロは旬といえば旬なんだろうけど・・・2貫ってどうなの?2貫ともほぼ同じマグロの同じ部分で・・・平目は美味しかった。次にお椀が運ばれてくる。

172 こちらはシメジが入ったものでよく出汁が出ていて美味しかった。次に出てきたのが赤貝とボタンエビ

200ボタンエビは本当に良いものを使っている感じで美味しかった。赤貝は・・・本当はこれくらいで十分美味しい方なんだろうけど先月㐂寿司さんで食べた赤貝が印象に残っていたので・・・

201 アジにいくら・ウニ・・この辺は良いものを使っているのがよくわかる
次にネギトロ巻き

203 写真は2切れですが3切れありました。1切れ食べた後写真を撮り忘れたたのに気が付いて撮りました。その後本来はアワビが出されるようだったのですがこの日アワビが品切れという事で
好きな物1貫どれでもいいから注文して下さいと言われて注文したのが煮はまぐり。旬ではないですが・・・店内にある木札のメニューを一通り見てこれかなという感じで選びました

205 うーんもっと柔らかくても良いのかな?という気がした。以上で旬にぎりというセット終了。最後に干瓢巻きを注文する。

236 正直な話この日食べたものの中で一番この店のシャリと合っていると思ったのがこれだった。セットの旬が4800円。確かに良いネタを使っている感じでそれはそれで良いと思うが・・・
トロの2貫というのはどうだろう?それからここの甘くないシャリにはこういうネタよりもセットメニューの巧で出されるひと手間加えたものの方が合っている気がする。
まぁ客がこうゆうもの求めているからこうゆうセットができているのかもしれない。

セットの旬4800円干瓢巻き400円合計5200円に税が付いて5616円。うーんネタの良さとか考えればこんなもんというかリーズナブルなのかもしれないと思う。

| | コメント (0)

日本橋 天丼 金子半之助 川崎ラゾーナ店 上天丼

先日川崎駅直通のラゾーナ川崎のフードコートで金子半之助という店の天丼を食べる
食べログなどで評価が高く。時間的にも朝10時からやっているとの事、この日の私のスケジュールに都合良いためココで食べた。

20190106_040_2 シンプルに天丼でもよかったのだが上天丼と味噌汁を注文する。
フードコートの為、注文をしてお金を払い。専用の呼び出す機会を渡されそれが鳴るのを待つ・・・
 待つこと10分程度。ブザーは鳴らないが小さな光が点滅していたのでそれを持ってカウンターに行く
 出てきたのがこれ

20190106_042 味は・・・悪くはないが・・・それほど美味しいか?という感じ。確かに天つゆはそれなりに美味しいが・・・この内容で1166円。エビ2本といってもこの細いこのサイズで・・・メニューにはししとうと書かれているがインゲンになっているし・・・どこにも種が変わる事がありますという表示は見えないし・・・うーん個人的に海苔の衣はもっと厚くした方が好きだしその上に半熟の卵を乗せるなと言いたい

20190106_045 日本橋にある本店は有名店で・・・うーん支店というより値段設定が高めの天丼チェーン店ですね。日本橋にある本店は行きたいという気もするがチェーン店の方には行きたいと思わないかな。

| | コメント (0)

正月2日 2ヶ所で三番叟を観る

正月2日2ヶ所で三番叟を観る。これは2017年の正月2日の流れと同じものだった。http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2017/01/post-302f.html ただ2ヶ所とも踏んだ(舞った)人が違ったという事。場所は変わっていないのだが・・・2年しか経ってないのに・・・

一ヶ所目はは5分かかるかかからない程度で本当に新年の挨拶で程度で踏んでいる人物が色白で本当に人形のようで・・・操り三番叟という歌舞伎の演目が浮かんだ。

もう一ヶ所はセルリアンタワー能楽堂で何年前からかはわからないが毎年行われている正月公演で今年は野村裕基氏が三番叟を踏むとの事で・・・2年前の正月5日に三番叟を披いているようです。若くてイケメン・万作の孫・萬斎の長男となれば注目されないわけがない人物。力強いというより奇麗な三番叟という感じがした。力を入れているのは腕の動きとかでよくわかるが迫力はあまり感じない。まだこれから色々な事を経験されて年を重ねて迫力のある三番叟を踏んでいくんだろうな~という事を感じた。今、年齢を調べたら19歳。本当にこれから成長されていくんだと思います。ただ千歳の野村太一郎氏の髪型は・・・気になりました。

| | コメント (0)

鮭のハラミ白醤油焼き定食~好きな鮭料理の話に・・・(渋谷駅周辺・味の浜籐)

新年に入って食べたもので一番美味いと思ったのはこの定食

20190102_034 正月2日。渋谷東急東横のれん街の中にある味の浜藤のイートインコーナー。この日はセルリアンタワー能楽堂で新春の三番叟を観てその後、どこかで食事をという事で行った店。正月2日ということで当然開いている店がそれほど多くなくどうしようかな?とは思っていたがデパートのイートインはやっているだろうと思っていて行くとその通りやっていた。私が行った時間13時30分ごろ獅子舞がこのフロアーを練り歩いていた。

この日のメニューはこんな感じ

20190102_032 牡蠣フライも良いと思ったのだがこの店なら魚だろうという事で鮭のハラミを選択。

20190102_035 ハラミの白醤油焼き・・・脂の乗った鮭が美味い。ご飯がすすむ。おかわりもしてしまった。去年1年で鮭料理の中で印象に残っているのはこれ

20181031_049 新宿割烹中嶋の昼のコースのメインとして出てきたサーモンの西京焼き。これも美味しいと思ったのだがハラミの白醤油焼きには違った美味さがありどっちが好きかというとハラミかな(この辺は好みの問題です)まぁ他にも違った美味さではこんなものも

20190106_007 何かわかりますか?飯寿司(いずし)というものです。私は北海道の郷土寿司だと思っていたのですが東北の方にもあるようで・・・これが日本酒のアテにピッタリで・・・

正月食べて美味しかったハラミ定食について書こうと思っていたが何時の間にやら鮭料理?の話になったしまいました。

| | コメント (0)

新年

 新年に入って早7日。今年は去年の継続でしかない。新たになにかをしようと言う気は全くない。流されていくだけという感じ。なんかそれなりに忙しいのだが結果に結びついていないという感じの新年です。という事で昨年ここで書こうとしていたネタはすべてお蔵入りさせて(牡蠣ラーメン・和菓子・定食など大した事がないもの)今後新年以降食べたものを中心に書いていこうと思う。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »