« ノ貫 花咲蟹の味噌そば・四川式カレー和え玉(横浜・桜木駅周辺) | トップページ | 翔田真央さん引退を発表 »

2018.04.08 横浜狂言堂の印象

毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂というものが開催される。これは狂言を2曲解説付きで公演するもので毎月行われている。以前はほぼ毎月のように行っていたのだが諸事情により最近はあまり行く事ができなくなってきていて本当に久しぶりに今月行く事ができる。

今回は茂山千五郎家の狂言で「因幡堂」と「墨塗」の2曲。まずは茂山逸平氏の解説。はじめの方ちょっと聞き取りにくく何を言っているのわからないところがあったが。まぁその通りだよねという事が多かったという感じで新しく知ったのは神の通り道の話。狂言ばかり見ているので・・・狂言方は普通に中央を通っているので知識もなったし意識もしていなかった。

因幡堂・・・この狂言は何度か観た事のある狂言でこの狂言に出てくる京都にある因幡堂に行った事もある。今回は茂山千三郎氏が妻をやっていて・・・はまり役ですね。千三郎氏がわわしい女をやれば右に出るものはいないのでは?と思ってしまうくらい良いですね。もちろん私の偏見ですが・・・。

墨塗・・・この狂言は解説でも言っていたがあまりやられていない狂言だと思う。私もこの狂言は過去1度しか観た事がない。記憶が曖昧だが元彌さんのところだったと思います。当時は能楽協会に籍があった頃で・・・かなり大きなホールの後ろの方で観ていて顔に塗られた墨がよく見えない感じだった。今回は能楽堂の正面席だったので見やすく・・・時代が古いが本当に途中ドリフターズのコントのように見えてきてしまった。墨は落ちにくく色々なところに付いてしまうので茂山家では青花という生地に下書きをする時に使用する染料を使っているという事が解説であり。登場してくる時の大名(茂山七五三氏)のたたずまいも良かった。いかにも間抜けな大名という感じで・・・。面白くストレートに笑える狂言でした。

本当に久しぶりで生の狂言を観た。これからも以前ほど生の狂言を観る機会がなくなっていくのは確実で観る狂言を絞っていければ良いんだろうな~という事を思ったがそれも中々難しい。結局観れる時に行くという事になりそうだ。

|

« ノ貫 花咲蟹の味噌そば・四川式カレー和え玉(横浜・桜木駅周辺) | トップページ | 翔田真央さん引退を発表 »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノ貫 花咲蟹の味噌そば・四川式カレー和え玉(横浜・桜木駅周辺) | トップページ | 翔田真央さん引退を発表 »