« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

のっけ家 清水店 本まぐろ頭肉丼 (清水区・清水駅周辺)

2年4が月ぶりに河岸の市にある「のっけ家」でランチを食べた。この店は海鮮丼や刺身定食はあるが基本的にマグロ丼専門店と言っていいくらいマグロ丼のメニューが充実している。

マグロ丼が充実しているが私はこの店(清水店では)で食べるのはマグロの頭肉丼で他の物を食べた事がない。今回も本鮪頭肉丼を注文。注文して待つ事数分出てきたのがこれ

20171005_005_220171005_006_3 相変わらす良いお茶を出している。その代わりわさびはこんな感じ

20171005_007 この辺も以前と変わっていない。醤油さしが2種類。さしみ用醤油とネギトロ用のタレ。これも変わっていない。変わったのがこれ

20150604_004_2 頭肉丼そのもの。こちらは2年4ヶ月前に食べた時の頭肉丼。もう見ただけでわかる歴然とした差。身の大きさ厚みが全然違う。これは食感が全然違うばかりでなく味の濃さの感じ方が全然変わってきてしまう感じで・・・もしかしたら味そのものが違っているのかも知れない。あと店員の対応は・・・相変わらず低空飛行を継続している。以前はこの頭肉丼が食べれるんだったら店員が愛想がなく多少変な対応であっても問題ないと思っていたが・・・。

頭肉丼2年4ヶ月前は1512円で現在は1944円。以前のものであれば2000円~2500円ぐらいまでなら出しても良いかなと思っていたが今回食べたものなら1200円~1500円ぐらいしか出したくないという感じです。これは昨今の飲食業界の人手不足・マグロの値段等は全く関係なく私がこのどんぶりにいくらなら納得できる価格かですが・・・。まぁマグロそのものに良いマグロやそうでもないマグロがあるとは思うが・・・これは当たり、はずれで考えなければならないのかもしれない。前回食べたのが大当たりで今回が・・・うーん好みの問題もあるか?確かに味(クセ)は以前のものに比べて薄いと感じたが脂は今回の方があるように見える。うーんわからなくなってきた。

私の感想は上記だが客観的に考えれば2000円以内で希少部位がこれだけの量乗っていて他にははい味なので食べて損はないというところに着地しようかな。

| | コメント (0)

どんぶり君 定食 (静岡市清水区)

先日・・・といっても10日も経っているが・・・久しぶりに清水河岸の市の隣にあるこの店

20170930_004 に入る。本当に暖簾の通り食堂という感じの店で場所柄魚料理中心の定食屋で朝6時30分から営業していて13時30分が閉店時間になっている。

この日、色々とあり中途半端になってしまい10時ごろ朝食+昼食という感じで店に入る。この店は定番のメニューとその時あるメニューがある。定番のメニューも結構変動しているので行ってみないとその日何があるかが分からない。この日は土曜日という事でなのかメニューが少なめで30種類もなく特に珍しいものはなかったのでサバたつた揚げ定食を注文。

注文してから待つ事数分出てきたのがこれ

20170930_001 小鉢3皿に漬物にごはん・味噌汁にメイン。以前と変わらない品揃えで格好ボリュームあり。サバの塩加減が若干強めでご飯がすすむ。味噌汁は塩分より出汁を強く感じる。ご飯は写真の通りの盛りが普通でかなり多めで味は質より量という市場の食堂という感じかな。

サバたつた揚げ定食790円。この店の7~8割がこの値段でこれ以下の値段のものはなかったと思う。

20171011_020 こちらはサバを食べてから11日後に食べたマグロフライ定食。マグロのフライをまずは醤油で食べて次にソースをかけて食べて最後にソース+マヨネーズで食べる。美味い。小皿の真ん中の赤いもの一見だと紅しょうがに見えるが大根の甘酢漬けです。なんでこんな色をつけてこんな切り方をしているのかは分かりません。ちなみのその右隣は白菜と油揚げの煮物です。こちらは900円でした。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

炒飯とラーメン

最近入ったある中華屋さん?まぁ一応中華屋さんで・・・ラーメン類以外餃子・炒飯等があるだけでどちらかというとラーメン屋さんに近いかな?という感じの店で炒飯とラーメンを食べる。

店は数年前に建てたばかりで奇麗。店自体は他の場所で数十年やられていた店で前の場所にあった時に入った事があった店。

注文してから数分で出てきたのがこれ

20170926_002 ちょっとクセがあるスープで・・・ごま油?魚醤?が使われいる?感じでまぁこれが好きという人もいると思うが・・・麺は玉子麺?麺は美味しいと思う。チャーシューが結構しっかりしたものでこれだけ噛み応えのあるチャーシューは最近あまりないと思う。肉の味がしっかりと分かる感じのものでこれはこれで良いと思うが・・・。

20170926_003 炒飯が・・・うーん最近冷凍食品の炒飯の味のレベルがかなりあがってきていて・・・普通に私が同じ素材を使って炒飯を作った時もしかしたらこれより○まくできるかなというレベルで

20171003_002 の方が確実に美味いと感じてしまう。近年レトルトのカレーや冷凍の炒飯のレベルが急速にあがっていて本当にそこらへんに普通にある店より美味しく感じる事がある。まぁラーメン屋にとっては炒飯はサイドメニューでラーメンが美味しければ良いという考えもあるが・・・確かにラーメンは店のものより美味しいと思えるものをカップ麺やイースタントでお目にかかった事はないと思ってしまう私。

| | コメント (0)

利しり みそチョンラーメン (新宿・歌舞伎町)

先日・・・と言ってもかなり前になるがこの店

2017091112_051 でラーメンを食べる。

場所は新宿歌舞伎町のホストクラブやホテルが集中している周辺。この店のメニューはこんな感じ

2017091112_048 ラーメン類、炒飯がすべて1080円というもので値段設定がかなり高めという感じと同時にいかにも歌舞伎町らしいという感じがする。店は昭和44年からこの場所でやっているようなのでどう考えても歌舞伎町では老舗のラーメン屋という事だと思う。店内はカウンター席・テーブル席があり25~30席ぐらいの店だが店員が全て年輩の男性で5~6人ぐらいいる感じで・・・かなり店員の数は多い感じがした。

みそチョンラーメンというものを注文。ココの看板メニューがオロチョンらーめんというもので辛いラーメンという事でそのみそラーメン版という事らしい。注文してから数分で出てきたのがこれ

2017091112_045_2 かなり大きいドンブリで麺の量も普通のラーメンよりもかなり多めという気がする。麺はこんな感じ

2017091112_047 味・コク・辛さのバランスが丁度良いという感じでそれなりに美味しいという感じがする。辛さの調節は極2倍・スーパー3倍・ダブルスーパー6倍などの呼び方がメニューの裏に書かれている。それがこの店の魅力なのかもしれない。私が店内にいる間にラーメン系を注文する人と炒飯を注文する人が同数ぐらいだったのでそっちも美味しいのかもしれない。

昼間の営業はなく18時30分~翌朝5時までの営業の店でこの値段設定。歌舞伎町ならではという感じがする。確かにみそラーメンなのど有名店などに比べるとコクや濃さなど浅いと思うが(好みにもよる)この時間帯では十分という感じがする。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »