« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

そばの岩久 冷しラーメン (静岡市・清水区)

先日、この店

20170826_006 で食事をする。場所は清水桜が丘高校の隣で方向としては大通りに面した方で道路挟んで左向いには清水中央図書館がある。この店のメニュー(献立)はこんな感じ

20170826_003 この日は冷麦を食べにこの店に入ったのだが注文すると「やってません」との事・・・このブログの8月3日の冷し中華の時に書いたが・・・今シーズンはと思っていたのだが・・・本当に運の悪い時はこうゆう事が続く。ないものはしかたないのでその下に書かれている冷しラーメンを注文。

注文してから6~7分で出てきたのがこれ

20170826_002 写真ではあまり見えないが紅生姜の横にキザミ海苔があります。麺はこんな感じ

20170826_004 のストレートの細麺。冷し中華というより本当に冷しラーメンという感じがする。スープが和風という感じで酸味が少なく冷し中華とは違う感じ。チャーシューが見ての通りで味は脂・厚みもがあり美味い。ラーメン屋で出しているチャーシューと比べて遜色ないどかろかこれだけ美味いチャーシューを出している店はそんなに多くないと思う。全体的にも美味しいが個人的にはもう少しなんかほしいという感じがした

冷しラーメン850円。ご馳走様でした。今度はチャーシュー麺や蕎麦類などを食べてみたいと思う。

| | コメント (0)

桜木町 飲食 たわごと

先日、夜19時ごろ横浜・桜木町駅にいる。この数年平日のこの時間にこの場所にいる事はなかったのだが・・・桜木町でこの時間といえば野毛の居酒屋という事になるがこの日はかねてより行こうと思っていたこちらの店

20170823_021 に行く。昼に何度も来ているノ貫で夜は日本酒(残草蓬莱)の専門店になる。去年の4月29日にも来たのだがその時は

20160429_034 という事で・・・この時は家を出るときにTwitterを確認していたんだけど・・・休みだからしかたない。この店は19時開店の店なのでその頃行けば座れるだろうと思って19時03分頃に店に到着。店に入ると席は半分程度しか埋まっていないが予約で満席との事。うーんこの店(夜の部)には縁がないのかな?とおもいつつも少しなら待ってみようかなと思ったが・・・どれくらい待たなければならないか見当がつかない。店主に聞いても分からないとの事・・・経験上どのくらいって分からないものなのか?分からないで統一しているのか?顔を覚えていない程度しか来てない客にはそう答えているのか分からないが・・・まぁこの辺は野毛が近いのでそっちに行けばそれなり良さそうな店が何軒か頭の中にあるし・・・まぁ満席で入れな事がある事は想定内だったのだが・・・ものは言い方だと思うよ・・・

まぁ、疲れていた事もあって野毛行くより・・・駅の方に戻って地下入って石松で立ち飲みして立ち蕎麦(川村屋)でいいかなという事で石松に行くと

20170823_022 ・・・夏休みをとっている。これは想定外だった。また野毛行くのも・・・今日は気分が悪いのでヤメだ。という事で駅ビル?に入っている重慶飯店で何か買って帰ろうという事でこれ

20170823_035 を購入する。始めは回鍋肉丼を購入しようとしたがこの店は麻婆豆腐が看板の店というのを思い出しそちらと豚バラ肉の醤油煮を購入。家に帰ってからビールを飲みながら食べる。美味い。この2日後に同じ値段の

20170824_003 を静岡で購入。好みのもよるが・・・比較にならないです。片栗粉?のだまが残っているようでは・・・この辺だよね神奈川と静岡の違いは・・・まぁ重慶飯店と普通の店比較してもしょうがないという事もあるけど・・・でも同じ値段だよ・・・しかも駅ビルに入っているような店だよ。店の名前は書かないけど・・・。

重慶飯店で麻婆豆腐丼等購入後、川村屋で立ち蕎麦食べる。

20170823_023 天ぷら蕎麦370円。

20170823_024 器が変わった?まぁしばらく入ってなかったので・・・。相変わらず美味い。

20170823_025 完食。静岡県民やめて神奈川県民になろうかな?・・・できるわけない現状だよな・・・。

| | コメント (0)

TAJ(タージ) ランチBセット (川崎駅周辺)

先日、この店

4 でランチを食べる。場所は川崎駅近くで新通り沿いにあり駅から地下道を通って8~9分程度のところにある。写真に写っているとおり1階は喜多方ラーメンの坂内。

ランチメニューはこんな感じ

5 写真はクリックすれば大きくなります。 Bセットを注文。カレーはココに書かれているものの他に日替わりがあるようです。この日はひよこ豆とナスのカレーで店員が勧めてきたのでそれとミックスシーフードカレーにして飲み物はラッシーを選択。

注文して1~2分でこうなる

1 私が座った席は入り口付近の席だが私が見える範囲のテーブルはみんなこんな感じの派手なデザイン?がされているものだった。サラダを食べているとこれが運ばれてくる

2 ひよこ豆とナスのカレーは具沢山で美味しい。注文時に少し辛めでお願いしたが辛さが足りない感じで・・・メニューには3段階の辛さが書かれているがベリーホットだと辛すぎる場合があるので少し辛めでと言ったのだがベリーホットでも大丈夫だったかもしれない。ミックスシーフードはココナッツミルクを使ったカレーで甘味のあるカレーでムキ海老とイカが入っていた。それなりに美味しかったです。ナンは丁度良い焼き具合で美味しかった。デザートはヨーグルト?であまり甘味がなく酸味が結構強い感じで巷にはあんまりないかなという気がした。

ランチBセット850円。ちなみにナンとライスのお替りは自由ということです。この内容で850円なら良いランチという感じではないかな?まぁこの辺は店が多くランチをやっているところも多いと思うので当然競争も激しいと考えられるのでこれくらいが普通なのかも知れない。その辺は川崎駅周辺にあまり行かないので分かりません。何にしてもご馳走様でした。

まぁちょっと不思議だったのが2人の外国人が客でいて・・・1人に対しては店員と英語でコミニケーションとっていてもう一人は日本語でコミニケーションをとっている。2人とも私にはインド人に見えたのだがなぜヒンズー語(私に全く分からない言葉ではないのか)店員同士の会話は私には分からない言葉なのにと思って不思議だったのだが・・・今ちょっと調べたらインド全土で870種の言語があるらしい・・・ハイ納得です。

| | コメント (0)

とんかつ 豊島屋 (神奈川県相模原市・淵野辺)

横浜能楽堂を出て向ったのは横浜線の淵野辺駅。学生時代過ごした街で懐かしい。駅等色々変わっていたが各銀行の場所と不二家と交番の場所は変わってなかった。

今回行ったのはこの店

20170813_024 淵野辺駅北口から矢部駅方向に進むと

20170813_021 写真屋が出てくる。その2軒隣が今回行った店。この写真屋さんと隣のうなぎ屋は私が学生のとき(約30年ぐらい前)からありココを右に行くとよく行っていた「中島食堂」や「ラーメン淵野辺三丁目」などがあった。その辺は全く面影がなく・・・本当にココだったのか?昔のこと過ぎて確信持てない。

今回この店に行こうと思ったのは久しぶりにとんかつをつまみに日本酒が飲みたいと思って検索していって・・・18切符で動いている等・・・淵野辺にも何十年も行っていない等色々な事があって決定した。

さっきも書いたが写真屋さんとうなぎ屋さんは記憶にあるのだが・・・とんかつ屋は全く記憶にない。店に入ったのが17時ちょっと過ぎ。常連さんと思わしき客が一人。日本酒とロースカツ定食を注文。

20170813_025 麦茶とお新香は日本酒を注文する前に運ばれている。お新香が結構美味しくてとんかつが出てくるまでの酒のアテになる。写真を撮る前に店主に写真を撮らせてほしいと言うと「最近そういう人が多くて・・・テレビなんかも断っている・・・自分の家撮られて・・・プライバシーが・・・」で結論としては料理だけなら良いとの事。うーん後半は???という感じで別にとんかつ屋を撮っているだけで居住スペースを撮っていく酔狂な人はいないだろうし増してや店主がパチンコ屋にいたなんで近所の井戸端会議の話で料理の写真を撮る輩(私のような輩)には関係ない話で・・・店やっていなければならない時間にパチンコ屋で客にあった事とかあるのかな?このブログやる前から料理の写真は撮っていて何百件と店主等に写真の許可はとっているがこの過剰反応は初めてだった。他の人も食ログなどで問題なく写真載せているのでこんな反応がかえってくるとは思わなかった・・・よくわからない。まぁ今回は奥様が出かけていて店主一人で店を開けていたのが原因かもしれない。多分奥様がいることで客に対しての対応が中和されているだろうね。まぁ悪い日に入ってしまったという感じ。

20170813_02620170813_027 とんかつは200グラムはないくらいの大きさ。脂が万遍なくあり歯応えも丁度良い感じで美味い。キャベツも美味しい。ご飯は普通。味噌汁はしじみの味噌汁で昔ながらの方法で作っている感じで濃いもの好きの私にはもの足りない。日本酒は2合で550円というもので1合275円で出てくる日本酒なのでまぁこんなもんかなという感じ。ソースは壺に入ったものと陶器の醤油さしに入ったもの2種類、日本酒に合わせる場合塩が一番良い感じで肉の味と塩と日本酒が合わさっていい感じでした。

ロースカツ定食950円。日本酒2合550円で1500円。ロースカツ定食の950円はこのクラスの肉を使っていてこの価格はすごいと思います。

| | コメント (0)

2017・08・13 横浜狂言堂の印象

久しぶりに横浜狂言堂に行く。横浜狂言堂は毎月第2日曜日に横浜能楽堂で行われているもので狂言を2曲を解説付きで見る事ができるというもの.。今月は茂山千五郎家の狂言で「二千石」と「薩摩守」の2曲

まずは解説という事で宗彦氏が出てくる。うーん相変わらず面白い解説で押して押して押し捲るまでは行かないが引くところがないという印象。狂言の笑えるところを強調してストーリーを丁寧に詳しく説明していく感じで・・・オチなどを隠すところなく全てを解説していて分かりやすく面白かった。

二千石:主人の「これはいづれも御存知の者でござる」で始まる狂言。この狂言はあまりこの日のような通常の狂言の会ではやる事が少ないという感じで以前私がこの狂言を観たのは三世山本東次郎五十回忌追善公演で追悼公演や解説でもあったのだが代替わり襲名公演でやられている事が現在では多い感じです。ストーリー的にはちょっとくどい感じはするがよくある狂言だと思うが途中に観慣れてないとついて行くのがちょっと大変な語りが入っているので中々普通の時は人気がないのかな?最後の方のストーリーが先代と現在の主人がそっくりで~というところがあり襲名や追悼公演にはピッタリでそうゆう公演に来る客は狂言を見慣れている客が多い感じがするのででそういう面でもピッタリという気がする。私自身はこの狂言はあんまり好きではないかもしれないただ襲名公演等で演じられたら良い狂言だと思ってしまう気がする。時・場所・背景・その日演じられる曲の数・演目などで印象がかなり変わると思う。

薩摩守:この狂言は4月に同じ横浜狂言堂で観ている。以前はそんなに注目している狂言ではなかったが御朱印集めをするようになって面白いと思うようになった狂言。この日私は脇正面の後ろの席で観ていて家に帰ってからニコニコ動画で正面席方向からの動画を観たのだがこの狂言は正面から観た方がかなり良い感じ。場所関係などで疑問を持たずにすっと入っていけるようになっている(出家がはるか遠国(おんごく)から天王寺に向っている)。ニコニコ動画のアフタートークで舟の上での青海苔の会話は元々本にはないものでアドリブではなく入れているもの(入れもの)で最後のオチが現在の人にもわかりやすくしているものというのを知るが・・・ちょいと腑に落ちない感じがする。まぁ本にはないのは事実だと思うが・・・。何時の時代に加えられたかにもよると思うが・・・。やっぱり狂言は深いですね。

| | コメント (0)

ノ貫 オマール海老そば パラペーニョの和え玉 (横浜・桜木町駅周辺)

13日、久々に横浜能楽堂に行く。まずはランチという事で行ったのがこの店

20170813_009_2 店に着いたのが10時17分ごろ。開店時間は11時だがすでに客の列ができている。この日のメニューはこんな感じ

20170813_003 写真はクリックすれば大きくなります。メニューは私が店に着いた時はすでに客が並んでいる列に渡されている。

11時の開店時に店に入る事ができる。オマール海老そばとパラペーニョの和え玉を注文。待つ事12分(並びはじめてから55分)で出てきたのがこれ

20170813_006 オマール海老そばを食べるのは初めて・・・オマール海老だと言われなければこの味がオマール海老という事には辿りつかない気はするが知っているので確かにオマール海老が使われているというのが感じられる。コクがあり味が濃いのにまろやかさを感じる。美味いです。次に

20170813_007 パラペーニョの和え玉。ちょっとパラペーニョをなめてました。チョイ辛ぐらいの和え玉だと思っていたが・・・辛い和え玉でした。まぁこれはこれで美味しい。相変わらず、すごい店だと思う。今度何時来れるんだろう?と思う私。

| | コメント (0)

新宿・思いで横丁 カブト&かめや

先日、新宿の思い出横丁でカブト&かめやのハシゴをする。このパターンは何度となくやってきたパターンだ。まずは

12_2 に行く。この店はうなぎの串焼きの店。空いていた席が焼き場の前で・・・無茶苦茶暑い。汗だくになりながらうなぎの串焼きを食べる。一通り(えり3本・ひれ2本・きも1本・一口蒲焼1本)と日本酒の冷を注文。一通りはこの店の基本メニューでこの店に来た人の9割以上が注文する。開店直後(最近は13時になったようです)にはレバーがありえりが2本にレバー1本が一通りとなる。一通りのあと○を2本注文

11 これが一番好きでこれを食べないと気がすまない感じで・・・ただこれ裏メニュー(メニューに書かれていない)で・・・年に数回程度しか行かない私が注文するのは気がひけてしまうのだが・・・しかも今回はこの店はじめてと思われる客がいてでサワー類がないか聞いた人がいて店側が「うちはここに書かれたものしかないので」と言っていた後に「○を2本塩で」と注文する形になってしまい・・・他の客が○って何ですかって聞く事なりそれに常連さんが説明するという展開になって・・・これは小骨などあり万人向きではないし焼くのに時間がかかからメニューにはのせてないのだと思う。日本酒2杯に一通りに○2本で終了。

向かいにあるおかめに行く。

15 こちらは蕎麦屋。こちらも暑くて・・・冷したぬきを注文しようかなと思ったが10円違いで冷し天玉そばがあるのでそちらにした。注文してから1~2分出てきたのがこれ

16 蕎麦と汁は確かにつめたいのだが・・・天ぷらのかき揚が温かく、全体的に生温くなってしまっていて・・・蕎麦・天ぷらそれぞれは美味しいと思うのだがこの生温かさはいただけない。これなら普通に天玉蕎麦の方がよかった気がする。いずれにしてもご馳走様でした。

| | コメント (0)

カサブランカシルク ランチ 本日の魚料理 (東京駅周辺・丸ビル)

先日この店

1 でランチを食べる。場所は東京駅近くの丸ビル5階。ベトナムフレンチの店。ベトナム料理&フランス料理の店ではない。ベトナムという国は歴史上、色々な国の支配下になっていてフランスが支配していた時代もありフランス人がベトナムの文化に影響をあたえていてそれは料理にも及んでいて元々ベトナムにあったものと合わさり発展していったものでフランス撤退後は南はアメリカ北はソ連・中国等の影響を受けつつ進化していっているのがベトナムフレンチでそれを日本人の舌に合うようにしている料理を出しているのがこの店らしい。

ランチメニューはこんな感じ

9 私の印象として肉料理と魚料理があり値段が違う場合魚料理の方が高めの値段設定の店が多いのだがこちらのお店は魚料理の方が100円安い値段設定。

店に入り1人である事を店員に伝えると窓側にあるカウンター席に案内される。席からは東京駅が一望できる

10 本日の魚料理+フォーを注文する。この日の魚料理はヒメダイのフリッターとの事。待つ事3分程度でこれが出てくる

23

 コンソメ系?のスープ具沢山で美味しい。これが出た後すぐにメインとライスが運ばれてくる

56 ソースは何だろうアジアン風、ニョクマム(魚醤)を使っている感じはするが・・・本当にアジアン風という感じがするソースこれはパンよりライスに合う味。

7 フォーは3種類から選ぶ事ができて(アサリ・チャーシュー・蒸し鶏)これは蒸し鶏。うーん大人しい味で薬味もないので味を変化させる事ができない。この容器のサイズに入れるものとして麺が長すぎると感じた。

8 最後にコーヒー。ロータスティーかコーヒーどちらかを選ぶ事ができます。コーヒーは極普通のコーヒーで・・・ハス茶の方が良かったかなという気がした。ハス茶の事をロータスティーなんて呼んだ記憶がないな。

本日の魚料理1500円+フォー300円で1800円(税込み)場所、ロケーションを考えればもっとしてもいいのかなという気がするがこの辺は店が多く競合しているのでこんなもんなのかなという感じ。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

冷し中華そば

今シーズンいつもより冷し中華を食べている

1  これは中華屋さんのもの(静岡県立総合病院近くの上海楼)

4 コンビ二のもの(ローソン・炙りチャーシューの冷し中華)

6 イオン系トップバリューの冷し中華

8 フェアミリーマートの具だくさんミニ冷し中華

12 地元のスパーマーケット(スーパーアンドウ)の冷し中華

9 蕎麦屋の冷し中華(駿河区・清見そば八幡店)

どれもそれなりに美味しい。一番安いのがトップバリューのもので200円ぐらいで一番高いので上海楼の850円。コンビ二系は本当に進化している感じで・・・麺が冷し中華専用の麺を使てるようだし新製品ごとにタレを変えているようだし・・・下手な中華屋さんより美味しいかもしれない。ただ私が一番好きなのは蕎麦屋の中華そばで昔ながらというかストレートというか・・・変化させてない感じであっさりすっきりしている感じで・・・まぁ店によっても違うとは思うが・・・まぁこだわりの蕎麦を出しているところではラーメンを出しているところ少ないし増して冷し中華となるともっと少ない。置いているのは町のお蕎麦屋で・・・そういえば蕎麦屋(立ち蕎麦系ではないところ)に入って素麺・冷麦を食べた事なくいづれ何処かで食べてみようと思って数年は経っている・・・今シーズンは何処かでと思う今日この頃。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »