« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

すし處 氣市 ランチ 松 (静岡市葵区)

先日この店

033 でランチを食べる。静岡市にある寿司屋の中で結構前から気になっていた店。場所は静岡駅から徒歩15分ぐらいのところで国道1号線を名古屋方向に進み川辺町の信号をときわ通りに入って70~80メートルぐらいのところを左に入って20メートルぐらい。車だと一方通行の道。

見ての通りの店構えでランチメニューなどの看板等は出してません。すし處氣市という名前の店です。個人的な意見だが喜・希で「き」という字を店の名前にしているところは多いが氣という字を使っているところは少ないという気がする。氣は米という字を使っていて寿司屋など米を使っている店はもっと使っても良いのではなどと思っていたりもするが・・・。まぁこの店の場合は處も旧字を使っているので・・・。まぁ何にしてもランチメニューの看板なしでこの字体でこの店構えで寿司屋というのは一体ランチでいくらぐらいかかるんだろう?と思ってしまうのは私だけだろうか?まぁ今は食ログなど情報があるから良いのかもしれないが・・・たまたま通りがかった場合は選択肢に入らない気がする。

店内に入る。カウンター席9席に4人掛け席2つの店。昼のメニューはこんな感じ

026 かなり年季が入っている感じで・・・まぁそれだけ値上げしていないという事でもあるという事だと思うが・・・カウンター席に座り「松」を注文する。

023 寿司下駄の上に笹の葉を置いている。まずは

024 マグロは普通。鯛はそれなりに美味しい。

028 コハダは若干強めに締めている感じ

029 玉子・タイラギ?シメサバ。たくわん

030 お椀はあら汁で濃くも薄くもなく美味しい

031 烏賊はしっとりした感じだった。巻物は鉄火とシメサバを巻いたとの事。店主に何を巻いたのか聞くまでシメサバは分からなかった。酢飯と海苔の味に隠れてしまっている感じで・・・巻物の具はもっと味の濃いはっきりしたものが好きかな・・・特にこの店の酢飯ではそうゆう気がする。

032 海老は結構はっきりと味が付いていて美味しい。以上8貫に巻物。シャリは酢が強めという気がするが私の好きな酢の強めとは違う。にぎりはかなり丸みをおびたものでネタによって大きさなどを変えている。

ランチ松1200円、ご馳走様でした。

| | コメント (0)

金目鯛の煮付けおにぎり (ミニストップ)

先日、このおにぎり

20170619_009
20170619_010_2 をミニストップで購入。金目の煮付けおにぎり。金目の煮付けがご飯に合わないはずがなく米に若干煮汁がにじんでいて美味い。

値段は198円(税込み)で普通のおにぎりに比べれば若干高いが具材の値段等を考えれば妥当という気がする。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

すき家でベーコン・アスパラ朝食を食べる

先日、すき家で朝食を食べる・・・すき家で朝食を食べるのはかなり久しぶりで一年ぶりぐら?もっとあいている感じで・・・朝食メニューが大きく変わっている。塩さばやベーコン・アスパラなどがある。鮭はどの牛丼屋系にも朝食にあったと思うが塩さばは見たことがなかったがこの日はそれ以上にベーコン・アスパラが気になりそっちを注文する。

注文してから5分くらいでこれが出てくる。

12 ベーコン・アスパラたまごかけご飯朝食という名前でこの他にたまごのかわりに浅漬けが付いているベーコン・アスパラ浅漬け朝食というのもあったが、すき家の朝食=たまごかけご飯という印象がありこちらにした。ベーコンが自社製のものらしいく厚さが結構薄い感じがするが味は美味しい。アスパラとポテトサラダはこんなもんかなという感じがした。

ベーコン・アスパラたまごかけご飯朝食350円(税込み)たまごかけご飯にベーコン・アスパラ・ポテトサラダに味噌汁でこの値段は良いと思う。次回は塩さばを食べたいと思う私・・・何時になるかは全くわからないが・・・。

| | コメント (0)

味の浜藤 にしん開き御膳 (渋谷・東急のれん街)

11日、渋谷の東横のれん街(マークシティの地下)にある味の浜籐のイートインで夕食を食べる。メニューはこんな感じ

20170611_023 魚は単品でも注文できてこの他瓶ビール・刺身などがある。刺身は小皿でマグロともう一品が2切れづつという感じの物。にしんの開き御膳を注文。普段あまりにしんは食べる事がなく開きとなると食べた記憶がない為に注文。注文して10分ぐらい出てきたのがこれ

20170611_024 ごはん・味噌汁・漬物・メイン・小鉢2品でメニューに書かれている通り5種類の中から2品選ぶ

20170611_026 お野菜煮物とあさり浜煮を選ぶ。メインのにしんの開き

20170611_025 口に入れると干物感を全面に感じで噛んでいくとあぁ確かににしんだという感じがする。強いていえばもう少し脂があった方がいいのかなという気がした。まぁにしんがそれほど脂の多い魚ではないのかもしれない。あくまで強いて言えばの事でこれはこれで美味しいと思う.。ごはん・味噌汁もこだわりがあり美味しい。お茶も始めは煎茶が出てきて食べ終わる頃になるとほうじ茶が出てくる。

にしん開き御膳メニュー表記価格は1200円だがレシートでは1111円に税が付いて1199円になっている。実際に払った金額も1199円。まぁこの辺は大きな東急デパートのシステムの関係でこうなっているんだと思う。いずれにしてもご馳走様でした。又使う事があると思う。

| | コメント (0)

ベトナムフェスティバル2017に行った (東京・代々木公園)

昨日、代々木公園でおこなわれていたベトナムフェスティバル2017にいった。これはこの時期に毎年開催されているもので今年で10年目だそうです。前回行ったのがhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/09/2011-a54c.html で6年ぶりという事になる。ベトナム料理等の屋台が60店ぐらい出店していて色々な料理を出している。

今回はバインミーを2個食べてみたまずは1コ目のバインミー

20170611_018 群馬県にあるベトナム料理の店が販売していたもの・・・バインミーは2種類?か3種類あったと思うが五目というような名前のものを注文したのだが・・・焼き豚中心というか・・・・焼き豚バインミーというメニューがありそっちを出されたという感じ。日本人にあわせた料理という感じで・・・何処がベトナム料理なのかよくわからないところまでいってしまっている感じがしたのは私だけだろうか?ペティ・パンに何かをサンドすればバインミーだと言われればそれまでだが・・・

20170611_022 こちらはバインミーハントルンという看板を掲げたところで売られていた。こちらは在日ベトナム人の有志の集まりなのかな?こうゆう名前で店を出しているところは検索してみたがないし他の店がメニューとともに店のある場所や電話番号などを宣伝するかのように掲げているがここは

20170611_020 メニューのみ。バインミーは見ての通り色々なものが入っていて食べていくごとに入っているものが違って味が変わっていく。美味い。ベトナムそのままの味という感じでチリソースが入れられていたところは結構辛く飲み物を買い足した。写真には撮らなかったが333(ベトナムのビール)を飲みながら歩いてました。

その後エースコックのブースでこれを

20170611_034 購入。ベトナムのスーパーやデパートの食品売り場に行くと絶対に置かれているのがエースコックの商品で・・・日本でもエースコックは大手の会社だがベトナムでは日本以上に知名度が高い会社という感じで・・・そこが結構大きなブースを出していてそこでこれを売っていて・・・しかも1品のみ・・・店員(ベトナム人)が「このラーメンは一番ベトナムで売れているラーメンで今日はこの1品しか持ってきていない」という内容の事を言っていて・・・確かに何かの抽選以外はこのラーメンしかない感じで箱が積まれていて・・・1箱単位の値段も書かれている・・・確かにエースコックなら何十種類もベトナムで商品を出しているはす・・・購入してみる。写真横に並べたのは購入したときにおまけでもらったこぶたのフィギア。

食べてみる。中には

20170611_035 こんな感じで粉末スープと辛い感じの液状のものがあり。袋の説明が書きには蓋付きのどんぶりに麺とスープを入れて熱湯をかけて蓋をして3分でできあがりと書かれているのでその方法でつくってみる。我が家には蓋付きのどんぶりというのはカツ丼とか天丼食べる時に使うものしかなくそれでやってみる。辛いほうの液体を全部入れるのは辛いかな?と思い8割程度調整する。

20170611_038 完成。お湯の量が400ccと書かれていたがこのどんぶりだとちょっと足りないかな?という感じで見た目も少ないかなという感じだが味的にはこれくらいが丁度良い感じでチョイ辛で東南アジア独特の酸味も程好くあり美味い。香草やもやしなどいれればもっと美味しくなる感じ。辛い液体、私の場合全部入れても大丈夫という感じ。まぁ今回はためしという事で・・・今度は具材を用意して作ろうと思う。

| | コメント (0)

さんじ Crazy Crab あえ玉 (稲荷町駅・東上野)

この日は上野界隈に用がありほぼ1日中いる。夕食を食べたのがこの店

20170607_050 ラーメン屋さんです。マットクラブ&煮干ラーメンの専門店です。前回はhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2017/03/post-52a2.html で3月に来てます。この時は上野周辺意外に用事があったが寄らせてもらったが今回は上野界隈にいて夕食時に行く。ただ私がいた場所からココに行くのに徒歩17分ぐらいかかったが・・・某検索では11分で行けるとなっていたが・・・。まぁそれはさて置いてラーメンです。今回はCrazy Crabがありそれと和え玉を券売機で購入。

Crazy Crabの券を店員に渡して数分でこれが出てくる。

20170607_046 ・・・濃い。底の方に細かい蟹肉も入ってきている。今まで食べたマットクラブの中で一番マットクラブが濃い感じがする。これを一番初めに食べたら濃すぎるラーメンとしてそんなに好きにならなかったかもしれない(マッドクラブ系の中華そばを出す店は3件あり私が初めて食べたのは横浜のノ貫という店)がこれはこれで美味しい。これを食べ終わる頃、和え玉をつくってもらう。出てきたのがこれ

20170607_047_2 あっさりしすぎという感じで・・・特徴がないという感じ・・・考えてみれば「和え玉」というものを注文したのは初めてで・・・今までは黒酢和え玉だったり牡蠣和え玉だったりあん肝和え玉でこの店で言えばさんじ和え玉だったので何もない和え玉というのは今回が初めてで・・・クセがないというか少しもの足りない感じで見ての通りネギと玉ネギが大漁で・・・ニンニクとか生姜とか入れないのか?という感じで・・・もしかしてCrazy Crabの食券を店員に渡したときニンニクの別皿をいるかいらないか聞かれ要らないと答えたので店主が気を利かせてこちらもニンニク抜きでつくったのか?もともとないものものなのか?などと店を出てから考えてしまう。

なんだかんだ書いてますがココやノ貫(横浜と大阪の布施の2店共)のラーメン(中華そば)は他の店にはないもので頭一つというか2つ3つ出ている感じがしている私。

Crazy Crab 1000円に和え玉200円合計1200円ご馳走様でした。

| | コメント (0)

寿司政 九段下 サービスランチ等 (東京・九段下)

昨日、この店

20170607_041 でランチを食べる。この日は上野界隈に用があり・・・上野でランチでも良かったのだが時間に余裕があるので以前から行ってみたいと思っていた九段下にあるこの店に行く。それを決めたのが行く先日の夜遅くだった為、予約はしていない。と書いたがランチメニュー注文の場合予約はできないようです。

写真では少しわかりににくいが暖簾の高さが結構低め。店に入り予約をしていなが大丈夫か聞くとこちらへどうぞという事でこの店で一番良いと思われる店長の目の前のカウンター席に案内される。まぁ11時30分少し過ぎで先客が1組テーブル席にいただけという状態でカウンター席に誰も座っていなかったので・・・。

ランチメニューのにぎり(ランチメニューにはちらしもあり)を注文。

20170607_035 まずはお茶が出てくる。濃い目の深蒸しの煎茶でかなり良いものを使っている。湯のみ茶碗もかなり良いものという感じがする。

20170607_029 しまあじ

20170607_030 いさき

20170607_032 しらす?じゃこ?のお吸い物。しっかりと濃い出汁が出ていて美味しい。ガリはかなり辛めでキリっとしている。シャリは赤酢を使っているようで薄味でネタの邪魔をしないというようなシャリではなくネタと一緒になって美味しいという感じで酸味が少し強い感じ。最近ようやく分かってきたのですが私は酸味が少し強いシャリが好きなようです

20170607_033 とり貝。ここで生の烏賊が出たのだが撮影をしたつもりだったのだが・・・忘れて食べてしまったようです。烏賊は身が薄めでシャリを包む感じで少し大きめだったという記憶が・・・。その次に

20170607_034 煮烏賊

20170607_036 漬けまぐろ

20170607_037 穴子

20170607_038 貝ひも巻き。ココまでがランチのにぎりで7貫に巻物と椀物でどれも美味しかった。途中でにぎりが柔らかくなった気がしたが気のせいかもしれない。ココからはちょっとランクアップというかものすごく美味かったです。

20170607_039 カツオ・・・カツオは好きで色々な寿司屋等で食べているがこれほど香りの良いカツオは食べた事がなかった。藁の香りでしょうね。高知でその場で藁で焼いたものも食べた事あったがその時は香りをそんなには感じたという記憶がない。カツオそのものの味も強目で美味い。

20170607_040 玉子。これは私の座った席の目の前のケースにいれられていもので美味しそうで注文。甘い。本当にデザートという感じで美味い。玉子を1つの看板商品にしている寿司屋は結構ありそれぞれ美味しいいと思うがココのは別格という感じです。

お昼のランチのにぎり(平日限定)1800円に税が付いて1944円で払ったのが3564円だったので追加の2貫で1620円ということは税抜きで1500円か。さすが老舗の寿司屋という感じの値段だがこの味を知らずに一生を終えるのと知って今後の人生を送るという事を考えると納得できる価格かなという気がする。特にカツオ。絶品でした。ご馳走様でした。又機会があれば行きたいという気がするが今回のようなカツオに出会える確率はどれくらいあるんだろうか?まぁ食べている輩がろくなカツオ食べた事なかっただけという話だけなのかもしれないが・・・。

| | コメント (0)

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店

先日、池袋にあるこの店

16 に入る。写真を撮った時にかなりの行列ができていて・・・人物をつぶしていったらこうなりました。それはさて置いて、この店は何度かテレビで見た事があり行ってみたいと思っていた店で来た事はあるが行列がかなりの長さでできていて時間的に無理であきらめた事がある。今回店の前を通ると4人しか並んでおらず、これなら並んでもそんなに時間がかからないだろうから大丈夫という事で列に並ぶと

11 先に食券をという事で店内の券売機でこの店の一番シンプルなラーメン(カラシビ味噌らー麺)を購入する。列に並んでいると店員が来てカラさとシビれの強さを聞かれる。初めて食べるので両方普通で注文。列に並んでから13~14分でこれが出てくる

12 美味い。麺はこんな感じ

13 コクのあるタンタンメンに少し近い味だと思う。少し入っているもやしがものすごくスープと合っていて美味しい。このスープの中に味玉ではなく普通の黄身も半熟ではなく固まったゆで卵を入れて潰して食べたら美味いだろうな~と思う。トッピングとして味玉はある。

14 完食・美味かった。

カラシビ味噌らー麺800円。今度はもやしカラシビ味噌らー麺に味玉のトッピングを食べてみたいと思う私。

| | コメント (0)

神田笹鮨 ちらし寿司

五月晦日のランチにこの店

3 に入る。場所は東京神田鍛冶町で神田駅からは3分ぐらいの場所。過去2回ほど来ていいて前回来たのがhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2016/07/post-50a0.html なので約11ヶ月ぶりという事になる。この寿司屋の特徴はある時代の鮨をそのまま変えずに出しているという事だと思う。詳しくはお店のホームページを見てください。

今回はちらし寿司を食べようと思って訪問、店に入る。先客は1組スーツを着た3人組みでテーブル席に座っている。私は店に入ってすぐのカウンター席に座る。おしぼり・お茶等が出てくるタイミングで注文をする。ちらし寿司(並)とお土産用のちらし寿司(並)を注文。座った席からは店主の手元がよく見える。先客が注文したちらし寿司をつくっている。丁寧で奇麗という言葉より風格を感じるという感じで今年で確か80歳のはず。使いこんで短くなっている包丁なをを使って魚を切っていく姿はなんとも・・・。

注文してから待つ事20分ぐらい出てきたのはこれ

2 こちらは若い方の職人(4代目)がつくってくれた・・・若いと言っても45オーバー。椎茸・煮烏賊・穴子・〆鯵・おぼろ・細く切った薄焼き玉子・烏賊・マグロ・カツオ?・海苔・干瓢。この店の光物は多分全て酢で〆ている。〆方は独特だと思うが多分昔はどの寿司屋もやっていた方法なのかもしれない。椎茸・煮烏賊が無茶苦茶美味い。そぼろ・海苔・シャリのバランスが良い感じ。美味い。

この店のメニューはこんな感じ

4 昼の時間帯も夜の時間帯も変わりません。税抜き価格です。もっとコストパホーマンスがよく万人受けする寿司屋は都内にいくらでもあると思うがこの店の味と雰囲気好きですね。もちろん店主のこだわり(お店のホームページに書かれている)も好きです。又行きたいと思います。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »