« 香港食市場 (渋谷センター街) | トップページ | 鶏の穴 ニルバーニャ (池袋駅東口) »

容器買いした日本酒

世の中にはジャケ買い、パケ買いなどありワインや日本酒はラベル買いというのが普通だが日本酒が入っている容器で買ったというものがある。それらがこれ

20170429_023 ごく最近購入したのが真ん中の1合瓶で月桂冠のお猪口付き江戸切子模様。現在でも全国のコンビ二で販売しているはず。容器は硝子で模様はフイルムです。左が三千盛の純米大吟醸で白磁のとっくり。蔵元が岐阜県の多治見市で美濃焼の生産地という事でこういうものを出したのかも知れません。これは岐阜市内の酒屋で購入しました。そこの酒屋意外私は見かけた事はありませんが蔵元のホームページには商品の中にあるので売っているところがあると思います。「花風月」は愛知の盛田株式会社が出していたもので「ねのひ」という銘柄の方がわかりやすいかもしれません。これは現在販売していないのでは?ただ蔵元直営の和食店にはこの瓶の写真があるので今現在も製造しているのかもしれない。普通の瓶に入った花風月という吟醸酒は間違いなく現在も販売されています。

これらは新しく買ってきた日本酒を入れておくのに便利。基本的に日本酒は一升瓶で買っていて、常温保存冷蔵庫保存に分ける場合がありその時に使う事がある。まぁその場合便利なのがペットボトルで最近は日本酒をペットボトルに入れて販売している大手の会社が結構あるのでそれを再利用するのが便利でそっちをよく使っているが・・・。

|

« 香港食市場 (渋谷センター街) | トップページ | 鶏の穴 ニルバーニャ (池袋駅東口) »

その他の飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港食市場 (渋谷センター街) | トップページ | 鶏の穴 ニルバーニャ (池袋駅東口) »