« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

一風堂 中洲ブラックなど  (渋谷センター街)

先日、渋谷センター街にある一風堂でラーメン等を食べる。一風堂に入るのは何年ぶりだろう?以前は博多の豚骨ラーメン(白丸)と香味油と辛みそを入れたもの(赤丸)しかなかったのだが・・・今は色々な種類のラーメンを出しているようで私が今回注文したのは

20170525_026 中洲ブラックという醤油ラーメン。注文は入り口にある液晶券売機で食券を購入して店員に渡すシステム。この日はこのラーメンと明太子ご飯を注文。店員に食券を渡して3~5分ぐらいで出てきたのがこれ

20170525_02320170525_025 ラーメンと明太子ご飯が同時に出てくる。明太子ご飯は何のへんてつもないもので極普通のもの。ブラックラーメンは新福采館のラーメンに似ているかな?という気がした。食べる前はスープの色は似ていると思ったが味も似ている感じで甘味・旨みが多くコクが少ない(新福采館と比べて)という感じがした。麺は博多の極細麺でスープがよく絡んでいて美味しい。

中州ブラック790円+明太子ご飯250円合計1040円。御馳走さまでした。中州ブラックはまた食べたいと思ったが何時になることやらという感じ。

| | コメント (0)

Kairi ランチ 魚料理 (渋谷・道玄坂)

25日、この店

20170525_010 でランチを食べる。場所は渋谷道玄坂、井の頭線渋谷駅西口改札を出て右側にある坂を登り1本目の路地を左。西口改札から2~3分ぐらいの場所。ランチメニューはこんな感じ

20170525_011 店の中にはもっと詳しく書かれたメニュー表があったが注文した時点でメニュー表を持っていかれたので写真は撮っていない。魚料理を注文。注文してから6~7分だったと思う。これが出てくる

20170525_003 水はセルフサービスでコップと水は各テーブルに置かれている。スープはコンソメ系で2口ぐらい飲んでいるとサラダが出てくる

20170525_005 ランチによくあるミニサラダではなくそれなりに大きめのサラダで美味しい。これを食べているとメインの魚料理とバケットが運ばれてくる

20170525_00620170525_007 主食はライスorバケットでバケットを選択している。ライスとバケットはおかわり自由と外に貼られている看板に書かれている。魚はサバと鯛かな。見た目は確かにイタリアンという感じですがソース等はかかっておらず素材の良さをそのまま生かしたという感じがした。白身は皮がしっかり焼けていて身がふっくりしていてマスタードを付けなくても美味しい感じでサバは本当に焼きサバという感じで・・・美味しかった。

20170525_009 コーヒーは入り口横に置かれていてセルフサービスで持ち帰る事ができるように見てのとおり紙コップで私は店内で飲んだので使わなかったが蓋もできるように蓋が用意されている。

ランチ魚料理1000円。まぁ妥当な値段なのかなという感じがした。ご馳走様でした。ちなみに夜はオイスタ×イタリアンのお店のようです。

| | コメント (0)

2017・05・25 国立能楽堂 5月企画公演の印象

25日、国立能楽堂で能、狂言を観る。狂言は茂山千五郎家の新作狂言で「ふろしき」能は喜多流の「綾鼓」で両方とも初めて観るもの。この日は「新作から古典 男心の内側へ」というタイトルが付けられている。綾鼓は男心がストレートという感じでふろしきは変化球という感じがした。

今回は狂言だけでなく能もあるので事前にストーリー等は少し勉強して観に行き場内でもパンフレットを買って「綾鼓」の部分を読む。

まずは狂言のふろしきでこれは古典落語にある「風呂敷」を狂言にしたもので千五郎家が平成8年に初演されたもの。パンフレットには演出のところに千之丞氏の名前が記載されている。今から21年前でこの頃から茂山家は新作狂言を積極的に作っていたという印象がありその全てを千之丞氏が演出していた感じ。現在は何人かの狂言方がそれぞれ新作を作って茂山家の新作狂言として演じられていて結構な数あるのではないでしょうか? このストーリーについては落語で似たようなものを聞いた感じがありなんとなく知っていた感じ。ただ落語の題が「風呂敷」というものであったのは今回初めて認識した。35分ぐらいの面白い狂言だと思う。ただ個人的にはこの作品と同じように落語から狂言になった「かけとり」が好きかな。まぁ「かけとり」は演じられるたびに進化しているようですが・・・。

綾鼓(あやのつつみ):今回この能を演じられたのが喜多流でもともとは喜多流にはない演目で昭和27年に宝生流より贈られたものを大幅に改訂して初演されたとの事。年に1~2回ぐらいしか能を観ていない私には少しもの足りないというか・・・華やかさはない能ですね。こうゆう能もあるのでしょうが・・・。通好みの能なのでしょか?ストーリー的にもなんか救いがないというか光明がない感じで・・・印象に残ったのが最初の臣下と庭掃きの老人の距離間ですね。老人が橋掛かりの端の方で臣下と距離がかなり離れていて・・・身分の差を強調しているような感じで・・・。あと気になったのが囃子方が元気すぎる感じで・・・時にはよーの声が邪魔に感じる事もあり。今まで心地よいと思った事はあったが・・・まぁ邪魔だと思ったのは一人だけですが・・・そうゆう能なんですかね。まぁ観る方(私)の能力が足りないのでそう感じたのかもしれません。

今回開演時間が18時30分からという事で夜という事で・・・狂言はともかく能は昼間観る方が観客が疲れていなくて集中できていいのかなという気がした。夜というか夕方ぐらいだと1日の疲れが出てくるというか・・・まぁ平日だと客が集まれるのがこの時間だとは分かるのだが・・・。そんな事を感じました。

| | コメント (0)

四季料理 海山 ランチ 天麩羅定食 (神奈川県大和駅周辺)

先日、この店

20170517_015 でランチを食べる。場所は神奈川県の大和駅から2~3分のところにある店。以前1度移転前に行った事があった店。
http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2016/01/post-7e0d.html 前回行った時は店主が1人で切り盛りしていて店も10人程度で満席になってしまう感じで店に入れず帰っていく客が結構いたのでこれ以上混むようになっても・・・と思い店名を書かなかった。今の店は店主以外に2人店員さんがいて席も30席近くあるようなので・・・。ただ前の店同様、この店知っている人しか中々入らないだろうな~という感じは健在で

20170517_017 店はこの店の横。丁度自転車があるところを進んでいく。普通に道を前を向いて歩いていると店がある事に気が付かない。入り口は一番上の写真の通り店の前にメニューがあるわけでもないし営業時間が書かれているわけでもないただ営業中の札が置かれているだけ。店の戸を開けると

20170517_012 灯篭などあり

20170517_011 突き当たりを右に行くとフロアーでカウンター席とテーブル席がある。

カウンター席に座る。カウンター席から厨房は全て見える造りになっていて店主の作業は全て見える。ランチメニューは焼き魚定食・煮魚定食・天麩羅定食・海老天丼・海山丼・三崎まぐろ丼などで今回私は天麩羅定食を注文。待つ事10分ぐらいでこれらが揃う

20170517_002 これをを食べているとご飯が出てきてその後すぐに天麩羅とお吸いものが出てくる。

20170517_00920170517_008_4 豆腐の上には味の付いたえのきが乗っていて

20170517_003 醤油などかけなくても良い感じで美味しい。漬け物も柑橘系の香りがあり美味しい。天ぷらは海老2本、ナス・カボチャ・ピーマン・小さい白身の魚(写真ではピーマン横)・マグロのブツ切り(写真では完全に隠れている)どれも美味しい。卓上にはピンクソルトが置かれていて海老1本目はピンクソルトで食べ2本目は天つゆで食べる。日本酒ならピンクソルトでご飯なら天つゆというのは食べる前から分かっているのに試してしまう。

この日の刺身はマグロ・タコ・サワラかな?これは定食を注文すると付くもので・・・丼物でも付くのかな?その辺は見てなかった。この日の煮魚定食はサバの味噌煮で・・・他の人が頼んでいたものを見るとかなり大きめのサバにちょっと濃い目の味噌ダレで美味しそうに見えた。ちなみにこの日の焼き魚はサワラだった。食後にこれが出てくる

20170517_010 コーヒーはホットかアイスか聞かれたのでホットを選択。シューアイスは袋に入ったまま出てきた。

あと店内ではお香を焚いていていい香りがした。天麩羅定食800円。この内容ならリーズナブルで美味しいお得なランチだと思う。

| | コメント (0)

タレカツ 渋谷店 カツカレー

先日と言っても2週間以上前の話だがこの店

15 でカツカレーを食べる。この店は新潟タレカツ丼の店で都内に何店舗か店があるようで私が入ったのは渋谷店で場所は京王井の頭線の渋谷駅西口改札から1分ぐらいの所。

カツカレーは渋谷店だけのメニューで他の店舗にはないらしい。注文をしてから5分~10分程度でこれが出てくる。

12 カツにタレをかけてその上にカレーをかけている。まぁタレカツ丼の店なので・・・カツカレーとした場合タレはなくても良いかな・・・カレーの味は色々とスパイスを使っている。カレーライスはちょっと前まではハズレがないと思っていた。確かにハズレはないのは変わらないが・・・最近カレーのレトルトの方のちょっと値段が高い奴のレベルがかなり上がっている感じで・・・。豚肉・新潟産のお米・醤油などこだわりを持ってやっているようです。

カツカレー940円。今度入る事があればタレカツ丼を注文すると思う。

| | コメント (0)

ふじやす食堂 日替わり三色丼など(藤沢駅周辺)

先日、藤沢駅の近くにある魚屋の2階の食堂でランチを食べる。

4 食堂はランチのみの営業で写真の中央上の壁に書かれている通り11時~14時30分の営業で一階の魚屋がやっている。メニューはこんな感じ。

3 テーブルにも詳しいメニューがあったがこの黒板の絵などが良かったのでこっちを貼ります。テーブルのメニューはこの他はご飯の大盛り無料・大漁盛り(ごはん大盛りの2倍・お魚も増えます)200円・ネタ大漁盛り(お魚の量が増えます)200円・缶ビール350ml350円が書かれている。

日替りの三色丼を注文。この日はマコガレイ・マグロ・しらすの3色。日によっては三色丼が2種類ある日もあるようです。注文してから3分ぐらいで出てきたのがこれ

12 ・・・うーん5色丼に見えてしまうのは私だけだろうか?生姜はまだしもメカブ・・・サービスが良すぎるような感じがする。マコガレイはしっかりと旨みも出ていて美味しい。マグロは色々な部分の切れ端という感じでそれなりに美味しい。シラスは若干塩気が強すぎるのかなという気がした。こうゆう海鮮中心の店だとお茶が美味しいという店が少ないのだがココのお茶はかなり良いものを使っている感じがした。味噌汁はワカメの塩分なのかな?塩気がちょっと強い感じがした。わさびは粉わさびで量が少ない気がする。素材の味を生かす為にわさびは少なめという考えがあるのかも知れないがそれは刺身として食べる場合でどんぶりの場合ご飯と一緒と考えるとやはり少ない。ご飯は酢飯でした。

三色丼700円。全体を考えればこの値段なら納得できる感じかな。

帰りに一階の魚屋の方にも寄ってみる。この日はやはりマコガレイが良いようで店員が今日はいいマコガレイが入って・・・というような内容の事を威勢よく声をかけていた。そこで

20170509_01420170509_013 を購入。鉄火巻きは酢飯にしっかり味が付いていマグロも味が強く醤油なしでも美味しく食べれる感じのもので美味しかった。いわしカツというものは初めて食べた。まぁ静岡の黒はんぺんフライをイメージしていたのだが全く別物で強いていうなら黒はんぺんフライとさつま揚げの間でどちらかというとさつま揚げ寄りという感じ。黒はんぺんフライを食べた事のない人には全くイメージできない話だが・・・。日本酒・ビール・焼酎などと合う感じ。私は某所で日本酒を飲みながらつまみとして食べる。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

鶏の穴 ニルバーニャ (池袋駅東口)

先日、池袋東口にある鶏の穴というラーメン屋で月替わりの限定のラーメンを食べる。この店に前回入ったのがhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/01/post-9829.html なので約3年3ヶ月ぶりとなる。前回はこの店で一番シンプルなラーメンを食べていて今回は月替わり限定のラーメンを食べる。

ここの月替わり限定のラーメンは食ログなどで評判が良くはずれがないような感じ。私が行ったのは5月1日でこの日から新しいラーメンだと思って行ったのだがゴールデンウィーク中は4月に出していた「バーニャカウダ風あえ麺」を出すとの事、新しい5月限定ラーメンは8日からのようです。

今回、時間の関係で11時の開店時には店もの前にいて開店と同時に入る。入り口に券売機があり券売機で食券を買い店員に渡すシステムで限定ラーメンの大盛りに関しては食券がなく店員に食券を渡す時に口頭で注文してその場で料金を払う。

店員に注文してから約12分で出てきたのがこれ

20170501_007 レンゲで隠れてしまった部分には鶏肉がありこんな感じ

20170501_008_2 麺は

20170501_009 コシのある平打ち麺。アンチョビソースとオリーブオイル?が絶妙で美味い。全ての具材に役目がある感じで調和している。特にオリーブと乾燥桜えび?が良い感じ。色合いも緑と桜色で4月(春)という感じで良い。まぁ私が食べたのは5月入ってからだが・・・。

4月、ゴールデンウイーク限定バーニャカウダ風あえ麺「ニルバーニャ」800円+大盛り80円で合計880円。ご馳走様でした。先ほどお店のホームページを見たらこのラーメン(あえ麺)を鶏の穴白山店で5月限定で出されるようです。静岡県民の私には白山って何処?って感じで全く分かりませんが・・・。

| | コメント (0)

容器買いした日本酒

世の中にはジャケ買い、パケ買いなどありワインや日本酒はラベル買いというのが普通だが日本酒が入っている容器で買ったというものがある。それらがこれ

20170429_023 ごく最近購入したのが真ん中の1合瓶で月桂冠のお猪口付き江戸切子模様。現在でも全国のコンビ二で販売しているはず。容器は硝子で模様はフイルムです。左が三千盛の純米大吟醸で白磁のとっくり。蔵元が岐阜県の多治見市で美濃焼の生産地という事でこういうものを出したのかも知れません。これは岐阜市内の酒屋で購入しました。そこの酒屋意外私は見かけた事はありませんが蔵元のホームページには商品の中にあるので売っているところがあると思います。「花風月」は愛知の盛田株式会社が出していたもので「ねのひ」という銘柄の方がわかりやすいかもしれません。これは現在販売していないのでは?ただ蔵元直営の和食店にはこの瓶の写真があるので今現在も製造しているのかもしれない。普通の瓶に入った花風月という吟醸酒は間違いなく現在も販売されています。

これらは新しく買ってきた日本酒を入れておくのに便利。基本的に日本酒は一升瓶で買っていて、常温保存冷蔵庫保存に分ける場合がありその時に使う事がある。まぁその場合便利なのがペットボトルで最近は日本酒をペットボトルに入れて販売している大手の会社が結構あるのでそれを再利用するのが便利でそっちをよく使っているが・・・。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »