« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

香港食市場 (渋谷センター街)

先日、渋谷センター街の路地にあるこの店

20170425_034 で夕飯を食べる。メニューはかなり豊富で食べ放題コースもあるようた。定食メニューもお徳のようで1枚のメニューになっている

20170425_026 この裏はこんな感じ

20170425_029 とりあえずユーリンチーは食べたいと思ってユーリンチーとラーメンのセットを注文しようと思ってメニューを見ながら注文するとこれが目に入る

20170425_027 生ビール1杯100円。ついでに注文する。すぐにビールは出てくる

20170425_028 ビールにユーリンチーは良い組み合わせだと思いユーリンチーが出てくるまでゆっくりビールを飲んでいる。ただラーメンとのセットを注文してしまった。どう考えてもラーメンが先に出てきそうな感じ・・・ビールが出てから8分後

20170425_031 ラーメンとユーリンチーが同時に出てくる。ラーメンの麺がのびてしまうのでラーメンを中心に食べ進めていく。うーん始めからビール注文する事決めていたら絶対にラーメンではなくライスにしていたのに・・・ユーリンチーとビールの組み合わせは本当に美味しいのだがラーメンが入ると・・・ラーメン自体は中国料理店の中ではそれなりに美味しい部類だと思う。特にスープが美味しいと思った。

ラーメンとユーリンチーのセット800円+ビール100円で900円。セットの方はちょっとお得感ありという感じでビールは安いと思います。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

千代古禮糖&美人

千代古禮糖・・・さてなんと読むでしょう。チョコレートと読むようです。金沢にある和菓子屋?落雁専門店?の諸江屋さんが東京だけで販売しているお菓子の名前です。

20170425_053 諸江屋さんは横浜能楽堂で販売している「鏡板」

20161211_049 を製造しているところという事で知っていた(鏡板の写真は抹茶バージョンで16~17年の冬に販売されたもので基本的には白一色で開館記念などでは紅白バージョンになっている事もあり)

千代古禮糖はこんな感じ

20170425_061 中にこんな説明書きが入っている

20170425_058 落雁に羊羹にチョコレートの組み合わせ・・・面白い。食べてみる。思った以上にボリュームがある感じで美味しい。「新しい生らくがん」というかチョコレート菓子という感じで落雁が使われているというのが分かっていなかったら・・・何だろうこの味は???という感じ。真ん中にあるホワイトチョコレートのものが好き。

千代古禮糖3個入り540円。値段的にはこんなものかなという気がする。ご馳走様でした

| | コメント (0)

美噌元 KITTE GRANCHE店 (東京駅周辺)

すし屋銀蔵(キッテ グランシェ店)を出て行ったのは徒歩5~6歩。真向えにある味噌汁専門店

20170425_017 Misogenという店。写真右奥がイートインとなっていて16席ぐらい(カウンター6~7席テーブル2人掛け5卓ぐらい)の席がある。店舗で売られているのは味噌汁の箱詰め等で味噌汁最中という最中の形をしたものでそれをお椀などに入れてお湯を注ぐと味噌汁ができるというものが一番人気らしい。イートインのメニューはこんな感じ

20170425_015 基本の味噌汁が4種類それにごはんとご飯のトッピングなどがある。今回私は向かいの立ち喰い寿司屋でランチを食べたばかりだったので味噌汁の単品を注文。注文したのは「ゆばと胡麻豆腐の味噌汁」。注文はレジにて注文して料金を払い番号札を持って席に着く形式

20170425_009 ほうじ茶はセルフサービスで他には水が置かれている。注文してから5分以内に出てきたのがこれ

20170425_01020170425_011 うん。美味しいと思います。お椀が持ちやすい感じでできてます.味噌の種類としてはまろやかというところに分類されているようだが・・・あっさりではないが・・・一番適当な言葉として何かもの足りない気がする。具材も沢山だし味もしっかりしていているんだけど・・・まぁ好みの問題だと思う。まぁ味噌汁は毎日飲んでいるもので地域や家によって味、好みが違うものなのかもしれない。まぁそう考えるとイースタントの生タイプの味噌を使った味噌汁ってよくできていると思う。

ゆばと胡麻豆腐の味噌汁680円。味噌汁専門店という事でどんな美味しい味噌汁が出てくるんだろうと期待しすぎたのかもしれない。十分美味しい味噌汁である事は間違いないです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

すし屋 銀蔵 立ち喰い寿司 キッテ グランシェ店  (東京駅周辺)

昨日、東京駅の近くにあるKITTEの地下一階でハシゴする。KITTEに行くきっかけは落雁の諸江屋だったが(それについては後で書くとして)場所を調べると・・・立ち喰い寿司がある。東京駅構内には2ヶ所ほどできていたのは知っていたがKITTEの中にあるのは知らなかった。ネットで情報は定期的に集めているのだが全くのノーマーク。この日は東京駅構内の立ち喰い寿司でランチと思っていたがKITTEの方の立ち喰いに入る事にする。店はこんな感じ

20170425_008 すし屋銀蔵というお店でチェーン店でこの名前の店舗で25店舗以上他に居酒屋・洋食系の店などを運営している外食チェーンの経営。この店も厨房が隣の海鮮和食の店「霧笛屋」とつながっている。店内はカウンター2列でつけばを向くカウンターと店の外を向くカウンター。つめれば15人ぐらい立てるかな?KITTEの店舗紹介では12人になっている。ランチメニューはこんな感じ

20170425_014 その他、単品でも注文できるが2貫1セットになっていて店内の値段表記は2貫(1セット)の値段。あやめにぎりを注文する。まずはこれが出てくる

20170425_004 割り箸は始めからセットしてあったかな。見ての通りちょっと長めの割り箸です。お茶は回転すしなどでよく見かける緑色のものです。注文をして3分ぐらいでこうなる

20170425_005 寿司のアップ

20170425_006_2 味噌汁はあさりの味噌汁でそれないに美味しいかなという感じ。シャリは硬めに握っていて味は万人受けする感じの少し甘めで大きさは少し大きめ。烏賊の隠し包丁がかなり細かく入っていたのが印象に残った。あと白身(多分鯛)の身が意外にあつかったのとエンガワがあったのが印象に残った。

ランチで10貫味噌汁付きで860円でこの内容ならランチとして十分かなという感じがする。この店からそのまま地下を東京駅方向に歩いていくとすぐにすし屋があるのだがそちらの方が1500円程度で丼ものを出していた(持ち帰りのバラ寿司は1000円だった)感じなので住み分けができているのかなという気がした。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

たつ田弁当 (小田原駅)

先日といってもかなり前の事だが小田原駅でこの駅弁

10 を購入。買ったのはJR線と小田急線の連絡通路にある店で店頭で駅弁を販売している店。中身はこんな感じ

11 これを製造しているのが後藤商事という所でここの駅弁は何度か食べた事があり印象に残っているのが大きな竜田揚げでこれはそれがそのまま弁当の名前にもなっている。見ての通り大きな竜田揚げ2個と伊達巻玉子・かまぼこ・見えずづらいがごま昆布煮と大根のさくら漬け。ご飯は茶飯に椎茸が乗っている。冷たい茶飯に椎茸が結構合っていて美味しい。それに竜田揚げが美味しい。ボリュームもかなりある。

たつ田弁当666円に税が付いて719円・・・なんで667円にして720円にしないんだろう?と今レシートを見て思う私。何にしても駅弁にしては価格設定が低めなのかなという感じがする。

| | コメント (0)

最近食べた和菓子

Misoan 名古屋のある芳光の一弁という名前のもので多分名古屋でしかないと思われるういろうの皮にみそあんという組み合わせの和菓子。こちらの店はわらび餅

Warabi が有名な店だがこのういろうみそあんが好き。毎回行くたびに6~8種類ぐらいの上生菓子があり全て変わっているので季節ごとに変えているか月ごとに変えているだと思う。

Sakuramoti2 岐阜市ツバメヤの桜もち。こちらの店もわらび餅が有名な店だが行った時にたまたま桜もちがあった為購入。食べてみる。これ美味い。黒米桜餅というものらしい

12 色は明るい桜色ではないが無農薬・無添加のものを使っているらしい。餡の丁度良い甘さに桜の葉の塩気が良い

Kusamati こちらは草もちこちらは通年であるのかな?よもぎの香りと甘すぎないあんこと皮の食感が良くとても美味しい。これが129円。店が家の近くにあれば絶対に通う事になる感じです。

Sakuramoti3_2 こちらは静岡市のみのや総本舗という店の桜餅。清水駅前に店があり、まぁどちらかというとお土産屋さんという感じがする店だが値段のわりに美味しい和菓子があり・・・こちらの桜餅は120円だったと思う。

Kumo  ぎんざ空也「空いろ」の「くも」最近何回か「くも」を見かける事があり購入。「くも」というものがあるのは知っていたが期間・数量限定の品で東京駅でも品川駅でも池袋でも店頭で見かけた事がなかった。味はそれなりに美味しいのかな?という感じです。空也という看板なければ変わった和菓子という感じだが空也餅食べた事あるのでそっちの方が好きかな。あんこがとろっとしていたのは保存状態の関係?水あめ?良くわからない。

いずれもご馳走様でした。

| | コメント (0)

木挽町辨松 幕の内2番 (渋谷東横のれん街)

先日、この弁当

201704_030 を購入。木挽町辨松の幕の内2番。中身はこんな感じ

201704_031 本当にザ・幕の内弁当という感じで・・・まぁ実際に本店が歌舞伎座の前に店を構えていて幕間に食べる事が多い弁当だと思う。今回は本店ではなく渋谷東横のれん街で購入。相変わらず美味い。特別な派手さはないが1つ1つのものが美味い。特に焼き魚(めかじき味噌焼き)が好き。

幕の内弁当2番定価730円に税が付いて788円ですが時間が遅く200円引きで販売していた為530円に税が付いて572円でした。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

ブン・リュー サンフラワー (五反田駅周辺)

1  ブン・リューです。ベトナム料理です。写真を見てもどうゆう食べものかよくわからない方が多いのでは?実は私も正確にはわかりません。メニューは一応こうなってます。

7 カニと肉入り卵トマト麺・・・?ブンはベトナムの麺の種類で日本で有名なフォーよりベトナムでは食べられている麺で細いものから太いものまでありここで使っているのは

2 細い麺です。ではリューは何だろう?という事で・・・蟹・トマト・肉の事ではない。おそらくこれ全体の事を言っているのだと思う。カニ出汁でつくったスープにトマト・肉・卵を入れたものという事を言うのかも知れない・・・ただココで食べたものに卵は入っていなかった。その代わり油揚げが入っている。これはBUN RIEUで検索して画像を見ると油揚げか厚揚げのようなものがほとんど全てのものに入っている。うーんやはり分からない・・・味は辛くもなく・甘くもなく強いて言えば酸味があり出汁が美味しい感じで私は鶏肉のフォーや牛肉のフォーの出汁よりこっちの方が好きです。肉は3~4種類入っていて写真では見えないがトマトも入っています。

これを食べたのが五反田駅東口から2分ぐらいのところの雑居ビル

6 の3階でサンフラワーという店。ランチメニューは25種類あり全てが単品で950円でセット(生春巻き+ミニチャーハン+飲み物)1080円でほとんどの人がセットで注文していて私もセットで注文している。

8 チャーハンはニョクマム(魚醤)を使ったものでベトナム風という感じ。生春巻きは野菜・海老や肉が入ったものでタレが甘いもので美味い。飲み物はマンゴージュースかコーヒーか聞かれコーヒーと答えるとベトナム人店員が「ブラック?」と聞いてきたので「ブラック」と答えた・・・出てきたのがこれ

3 コーヒーってホットじゃぁないの?アイスのブラックって・・・若干甘い感じが・・・微糖か?そういえばベトナムではブラックっといってコーヒー頼んでも砂糖が入ってくるという話を現地で何度か聞いた事があったのを思い出した。今もそうなのかな?

ランチ、ブンリューセット1080円。それなりに美味しいだろうと思って食べたが予想以上に美味しかった。ご馳走様でした。又行きたい店の一つになりました。

| | コメント (0)

新福采館 伊勢左木町店 (横浜・関内駅周辺)

9日この店

201704_008 でラーメンを食べる。京都に本店がある新福采館の伊勢左木町店(横浜)。新福采館のラーメンは好きでhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2016/10/post-38e8.html という感じです。ココの中華そばは各店によって味が違うというのは色々なところで書かれていて私もそれは感じてました。私は本店の味より、なくなってしまった川原町店の方が好きな感じでした。関東で一番最初にできた店舗(ラーメン博物館除く)モザイクモール港北店(この店舗もすでになくなっている)にもラーメンを食べるだけの為に行ったがなんか期待ハズレで一回で通う事はなかった。

伊勢左木町店は食券を小さめの券売機で購入して店員に渡すシステム。中華そば(並)焼飯(並)を注文。注文してから5分しないうちにこれ

201704_003 が出てくる。ザ・ブラック焼飯という感じでココの中華そば同様黒いチャーハン。美味い。本当に久しぶりで食べた気がする。チャーハンが出てからすぐに中華そばも出てくる

201704_004_2 ・・・なぜか肉の破片が下の皿に落ちている。タレも下の皿に付いている。うーん忙しいとは思うが・・・。味は美味い。黒いスープが旨みたっぷりでまろやかで棘がない感じ。

201704_007 麺はこんな感じでスープに絡んで美味い。やっぱり新福采館の味が好きだ。

中華そば(並)700円・焼飯(並)500円合計1200円。次回は煮干しラーメンを食べてみたいと思うが次回が何時になる事やら・・・。

| | コメント (0)

2017・04・09横浜狂言堂の印象

横浜狂言堂に行くのは1月以来となる。2月は萬斎さん出演という事もあってかチケットが取れず3月は用事で動けず・・・後日ニコニコ動画で見るという事になって今回が4月。

今回狂言をするのが名古屋の共同社というところで10年以上前は年に何回かは観ていたような気がする。気がするというのは同じ名古屋に拠点を持っている野村又三郎家と一緒になって演じられていた事が多かったような・・・でも基本は共同社が中心だった気がする。今回横浜狂言堂で共同社が狂言をするのは初めてとの事。

まずは解説という事で井上松太郎氏が出てきて話をする。今回演じられる「鏡男」の内容と狂言について歌舞伎と大きく異なる事、落語とちょっと似ている事を話され、その後「薩摩守」の話でキセルなどの話に展開していった。大きな声で流暢に話されていて色々な雑学を知っていそうな感がして・・・何よりマツコデラックスに似ていると本人も言っていたがそれが印象に残りました。

鏡男:この狂言が今まで横浜狂言堂でどこの家もやっていないというのが不思議な気がした(松太郎氏が解説にて言っていたがH23年2月に万作家がやっているのかな?)内容は面白いし時間的にも20分~25分くらいのもので狂言堂でやるのは丁度よい長さだと思うのだが・・・そう思った私もこの「鏡男」を観るのは2回目で1回目は10年以上前に観ているだけで・・・記録は付けていても10年以上前のものは記憶にほとんど残っていないので初めて観る感じです。中々色々とやり取りと展開が面白い狂言で・・・鏡を買うとき負けさせる件は必要なのか?越後と都の物価の違い?越後はよく狂言に出てくるが・・・。最後まで妻が鏡を理解できない点が狂言らしいとも思うがそれで追い込んで終わりというのは・・・まぁ平和といえば平和だと思うが・・・。やっぱり面白い狂言だと思う。

薩摩守:こちらの狂言を観るのも久しぶりでがこちらは去年御朱印関係でちょっと調べてみた事があり内容はそれないに知っていたつもりだったが・・・色々と違っている?所があり・・・。大きな流れには関係がない所ですが新発意は「とおごく」から来たと言っていた。私は「東国」と解釈したそうすると・・・西国でないと辻褄が合わない「とおごく」・・・遠国と言っているのか・・・?まぁ遠国の事として流した。この狂言に出てくる神崎の渡し舟は天王寺の西側にあり東国から来た場合通る事がないはず。家に帰ってきて色々確認する。共同社の薩摩守のところには「東国」としっかりと書かれている。うーん今回のパンフレットには大阪の住吉大社と四天王寺を参詣しようとになっている・・・それも住吉の天王寺で・・・住吉と天王寺なのか?うーんわからん。実際にはどう言っていたのか聞いているはずだが・・・やっぱりわからん。まぁ本当に大きなストーリーとは関係がない所なのでどうでもいいと言えばそれまでだが・・・。面白い狂言です。今回シテの新発意をやられたのが井上蒼大君13歳、まだ声変わり前で・・・声変わりすると雰囲気が変わるんだろうな~まぁ体格も変わっていくだろうし成長が楽しみです。

| | コメント (0)

オリエンタルカレーメンチカツサンド (岐阜駅)

先日、岐阜駅でこれ

21 を見かける。最近私の生活圏でオリエンタルカレーを見かける事がなくなっている・・・子供の頃は普通にスーパーなどにあった気がするし、立替前の歌舞伎座ではオリエンタルカレーのスタンドがあったし(結局食べずじまいだったが)そのメンチカツサンド・・・夕食の一部として買ってみる中身はこんな感じ

22 パンがカレー色だ。味はカレー味というよりカレー風味のメンチカツサンドという感じ。食べると何か歯応えがあるものが入っていて・・・始め味がカレーの味に呑まれていてよくわからなかったが福神漬けだった。これが特徴という感じでそれなりに美味しい。

オリエンタルカレーメンチカツサンド620円。値段的にはちょっと高めかなという気がする。

| | コメント (0)

フランス食堂 LA CARAPACE(ラ・カラパス) ランチ (岐阜市・柳ヶ瀬)

先日、この店

16_2 でランチを食べる。場所は岐阜市柳ヶ瀬周辺の長良橋通り沿い。入り口は階段を降りていくとある。ランチメニューはこんな感じ

15 写真はクリックすると大きくなります。メインが魚料理と肉料理でそれに色々付けていくという感じでメニューは日替わりなのか週替わりなのかは分からないが変わっていく感じです。基本+コーヒーor紅茶・焼菓子のセットを注文。店内はカウンター席とテーブル席で20人ぐらいの席数だと思う。1人で入ったのでカウンター席かなと思ったが2人掛けのテーブル席に座る。

注文してから3分ぐらいでこうなる

1117 パンが2種類。バケットともう1種類はしっとりとしたタイプのもので名前は知りません。

18 パプリカのムース・・・確かにパプリカの味がする美味しい。まぁ出てくるのはサラダだと思い込んでいたので(この価格だとサラダ等が付かない店もあるが)意表をつかれた感じ。これを食べているとメインの鰆のポワレが出てくる

1213 上からいくとほうれん草・鰆のポワレ・しゃがいものピュレ・ホワイトソース。ほうれん草、見た目はいいんだけど切りづらい。鰆は香ばしくて美味しい。じゃがいものピュレそれなりに美味しい。ホワイトソース?薄味という感じであまり主張していない感じ。まとめて食べると間違いなく美味い。

14 コーヒーはバランスが良い感じでフレッシュという感じで飲みやすく美味しい。焼き菓子、見た目はそれなりに味が濃いのかなという感じだがどれもしつこくなく美味しかったです。

ランチサワラのポワレとじゃがいものピュレ1000円+コーヒー&焼菓子200円合計1200円。この内容でこの値段は十分良いと思います。ただ全体的にこの周辺のランチの価格相場がリーズナブルのような気がするのでこんなもんなのかなという感じです。

| | コメント (0)

勢川本店 豊橋カレーうどん (豊橋駅周辺)

昨日、この店

20170307_019 でカレーうどんを食べる。場所は豊橋駅から7~8分ぐらいのところで繁華街からは少し離れていて松葉公園のほぼ隣という感じで・・・見ての通りの店構え。

豊橋駅は電車の乗り換えの基点となっていて状況によっては駅を出て街中を徘徊する事が1年に1~2回はあるところで何度も食事をした事があるのだが「豊橋カレーうどん」というものを食べた事がなかった。この店に置いてあったパンフレットに8年目に突入という記事があり、この店を出る時に「カレーうどんのパンフレットいりますか?」というような事を言われて渡されたパンフレットには市内でカレーうどんを出している店51店舗もの場所とその店のカレーうどんの特徴と値段か掲載されている。

店内はテーブル席が4卓だったかな?全て6人掛けと小上がりに卓が4つ全て6人が座れる大きさのもの。テーブル席が良いかなと思ったが先客達が微妙な距離感覚で・・・誰もいなかった小上がりに座る。注文するのは「カレーうどん」と決めていたが一応メニューを見てみる。100年以上続いている店だけあってメニューは豊富。なんか冷し中華を食べたくなったのだが時期が外れていたので・・・。

注文してから5分ぐらいだったかな?こうなる

20170307_01020170307_005 油揚げ・豚肉・葱・うずらの玉子。うずらの玉子は豊橋が日本全体の約7割を生産しているらしい。うどんの太さはこんな感じ

20170307_011_2 それほど太くはなくコシはそんなには強くないが適度にあり食べやすい感じで美味しい。厚揚げと豚肉がカレーうどんの汁?カレー?にピッタリ合う。食べすすめていくと

20170307_014 中からご飯が出てくる。そこに

20170307_015 福神漬けと薬味のネギを入れる。福神漬けは卓上にあったこれ

20170307_008 を参考にやったものでネギは食べ始める時に半分入れてこの時点で残りの半分を入れてみた。スプーンを使い食べていく。カレーは基本的に辛い方が好きなのだがこれはそれほど辛くはないが美味しい。ちなみに「豊橋カレーうどん」の食べ方の裏は

20170307_007 「豊橋カレーうどん」の5箇条が書かれている。ただとろろに関しては気が付かなかったな~。

20170307_016 完食です。

豊橋カレーうどん820円。ご馳走様でした。美味しかったです。他の店の豊橋カレーうどんも食べてみたくなりましたが何時になる事やら。

| | コメント (0)

キヨスクでドーナツ

最近は駅のホーム上のキヨスクでもドーナツをこんな感じ

20170331_014 で売っていて・・・2~3年前ぐらいからコンビ二でもレジ横にこんな感じで置いてあるのは知っていたが・・・世の中は秘かにドーナツブームなのだろうか?思わず買ってしまう。買ったのはサクラあんホイップクリームドーナツというような名前のもので実物はこれ

20170331_016 名前の通りサクラあんにホイップクリームが入っている。さくらあんが押さえた甘さでそれ春らしさを感じる(一口目ではホイップに到達しなかった)それにホイップクリームが加わると美味しさが増す感じ。でもまぁ全体的にはそれなりに美味しいかなぐらいの感じです。

さくらあんホイップクリームドーナツ110円。キヨスクに置かれてなければ買うことがなかったでしょう。さくらあんとホイップクリームの組み合わせは結構良い感じ。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

やっこ鮨 ランチ にぎり鮨 (東京・神田小川町)

先日、この店

20170331_025_2 でランチを食べる。予定ではもっと歩いて他の店に行こうと思っていたのだが前日の寝不足のせいかかなり疲れていて歩くのが嫌になっていてこれ

20170331_027_2 を見かける。ここでもいいかと思い路地に入ると名古屋すしと書かれた看板が・・・名古屋すし・・・大阪寿司はどんなものか想像はつくのだが・・・入ってみる。

場所は東京神田小川町、小川広場の近く。靖国通り沿いに上記と同じ看板があり細い路地に入ると30メートルぐらいのところに店はある。ランチメニューは看板の通りで人気があるのはふたご丼のようで私意外の客全員がそれを注文している。ふたご丼は2つの小ぶりの丼がゼットになっていてこの日は平目の刺身丼にまぐろのづけ丼になっている。

私が注文したのはにぎり鮨の大盛りで出てきたのがこれ

20170331_02320170331_022 お茶がほうじ茶で味噌汁が赤だし。名古屋すしらしいところは赤だしぐらいかな。ほうじ茶というのもすし屋としては珍しいと思う。他は普通の握り鮨です。シャリは丸みのあるものでしっかりと硬めに握っている感じ。まぐろは脂が結構あるところで中トロと言って出してもいい感じのものなのかなという気がした。あと玉子がなんか香ばしい感じで出汁・甘味もあり美味しい。あとおしぼりが出でこなくて手ではなくひさしぶりに箸でにぎりすしを食べた。箸で食べるのが名古屋すしという事なのだろうか?(江戸前のすしは手で食べるため絶対におしぼりは出てくるが・・・最近は箸食べる人が多いし、おしぼりは普通の定食屋やラーメン屋でも出てくるので関係ないか)

にぎり鮨(大盛り)1100円。この内容でこの値段はそれなりのランチだと思う。ただ常時このクラスのまぐろであればちょっとお徳なランチかなという感じがする。

| | コメント (0)

笹巻けぬきすし総本店 (東京・神田小川町)

一昨日、東京神田小川町にあるこの店

20170331_020 で笹巻けぬきすしを購入。江戸三鮨の中で現在でも継続している唯一の店。創業は元禄15年というから丁度忠臣蔵(赤穂浪士討ち入り)があった年。今から315年前という事で多分東京では一番の歴史のある鮨屋だと思う。前回来たのは2年半前の事http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/09/post-34c5.html時が経つのは早い。

ランチの時間帯は限定10食で穴子とマグロの2色丼などを出しているようですが販売しているのは笹巻けぬきすしのみで(店内で食べる事もできます)何個入りの箱を何個という注文になる。今回は5個入り2箱に7個入り1箱で5個入りの方はお土産用で7個入りをこの日の夕食に食べる。

20170331_028 包み紙のデザインが良い。こちらは7個入りで5個入りは包み紙はなしで下の写真のような感じになる。下の写真は7個入りの箱で包み紙をはがした時に撮ったもので5個入りのものは写真を撮ってない。

20170331_03120170331_034 皿に並べて笹を広げる。

20170331_036 海老・おぼろ(海老入り)・玉子・光物(コハダ)・白身(しらうを)・のり2ヶで光物と白身は季節なのによって変わっるとの事。購入時に今日の白身は何ですかと聞くと5個入りにはカンパチ7個入りにはしらうをとの事。5個入りはお土産で渡してしまったので写真はありません。5個入りは7個入りから海老とのり1個が減る

シャリの酢は当然現在のにぎり寿司に比べれば強いがそれほどでもない感じ。のりには干瓢が使われていてシャリと海苔の間に挟まっていてかなり味が濃い。こはだは酒のアテに酢漬けした感じの酢の強さ(この辺は地域などによってかなり違うかもしれない)でそれなりに強い酢の味を感じる。玉子は醤油の香ばしさなのかな?ここでしかない玉子焼きという感じで甘くはない玉子焼きです。海老が中間というか海老は海老なんだけどそれほど酸味もなく甘くもなく味が濃いわけでもなくという感じでした。あとの2つが甘味を感じた。しらうをはシャリがそれなりに酸味がある為に甘味を感じるのかなと思ったがしらうをに味が付いている感じです。おぼろは甘い味付けがされています。この中ではデザート的と言ってもいいかも知れない感じがする。

結構好きなものなんですが中々神田小川町方向に行くという事がなく久々に食べました。ご馳走様でした。また近いうちに行けると良いと思うが・・・何時になる事やら。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »