« 崎陽軒 おべんとう冬 2016・17年バージョン | トップページ | 2017.01.08横浜狂言堂の印象 »

丸大ホール本店 カキフライ定食 (川崎駅周辺)

昨日は第2日曜日。第2日曜日横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂というものが毎月開かれている。この何年かは大体それに行っていて横浜に出かける。今回は18切符を利用してという事で川崎駅に降りてみる。

川崎駅周辺に用事がある事はなく多分初めて降りる。どこかで食事をという事で見つけた店がココ

156 川崎駅周辺は結構というかかなりチェーン店が多い感じがしたのだが・・・ココはなんか他とは違って昭和という感じがして・・・入ってみる・・・日曜の昼12時ごろ・・・店はほぼ満席6人掛けのテーブル席が10個ぐらいありその奥に小上がりがあり本当に昭和の大衆食堂という感じ・・・ほぼ全員大衆酒場として利用している感じ。当然相席となる。メニューは店内に

153154 短冊が張られている。この手も店は煮込みと煮魚が良い(個人的感覚)のだが・・・カキフライがある・・・カキフライ定食を注文。何回か店内の短冊を見るが煮魚は見当たらない。(注文をしてから黒板にカレイ煮付けが書かれているのを見つける)カキフライ定食がありそれを注文する。まぁもつ煮こみ単品で追加する事も考えたが飲むわけではないのでやめておいた。注文してから5~6分ぐらいだったと思う。これらが出てくる。

157 カキフライにキャベツの千切りポテトサラダにたくわん・金時豆に味噌汁。ザ・定食屋という感じでご飯が大きめの茶碗に盛られている。キャベツの千切りはとんかつ屋の極細のものとは違いちょっと太め。カキフライの衣は厚め。大衆食堂のカキフライ定食はこうゆうものというお手本のような感じのものがそのまま出てきた感じ。味噌汁が結構独特の感じ、味噌は薄め出汁は煮干し?と昆布?節系はそれほど強くない中々飲んだことのない感じの味噌汁だった。はじめは違和感があったが飲んでいるうちに慣れてくる。

カキフライ定食700円。大衆食堂ならではの値段設定。ご馳走様でした。まぁこの店は食事より飲みに入ったほうが良いかなという感じ。まぁなかなか場所的に私は利用する事がないと思うがこうゆう店で煮込みにマグロのブツ・煮魚で日本酒を飲みたいと思う私。ご馳走様でした。

|

« 崎陽軒 おべんとう冬 2016・17年バージョン | トップページ | 2017.01.08横浜狂言堂の印象 »

牡蠣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 崎陽軒 おべんとう冬 2016・17年バージョン | トップページ | 2017.01.08横浜狂言堂の印象 »