« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016.11.13 横浜狂言堂の印象

 毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂というものが横浜能楽堂で開催されている。ココ何年かは用事のない限り行くというのが月一の行事的なものとなっている。11月も行っている。

11月は野村万蔵家による狂言で「清水」と「萩大名」まずはお話という事で能村晶人氏が出てくる。予定では万蔵氏だったのだが晶人氏の声の調子が良くない為1曲目の「清水」の太郎冠者を万蔵氏がやる事になりその結果1曲目前のお話を万蔵氏がやる事が不可能という事で晶人氏がお話という事で・・・まぁ狂言が600年前からあるものなどの話。まぁ一番気になったのは「私」でした。解説をしている私は誰なのか?万蔵家主催の狂言の会ならこの人晶人氏だとわかる人が多いだろうが・・・まぁプログラムや掲示を見れば誰が太郎冠者をやる予定だったかわかるのでわからないわけではないが・・・。自己紹介はした方が良いというかこの場合(プログラムと変わっているなどの場合)は名乗らなければダメでしょう。

清水:この狂言は何度か観た事のある狂言で・・・9月にテレビでも見ている。面白い狂言で普通に笑える。上演時間も25分ぐらいで飽きない感じで丁度良い感じだが今回のものはあまり印象に残らなかった。

萩大名:この狂言を観るのは2度目らしい。結構色々なところでやっていそうな狂言だが・・・。太郎冠者が途中で大名に愛想を尽かしていなくなってしまうというパターンはあまり他ではないのかなという感じがする。それなりに面白い狂言だと思う。

| | コメント (0)

横浜ボンベイ カシミールカレー (横浜・戸塚駅周辺)

13日横浜能楽堂を出て少し野毛界隈を散歩してから向ったのが戸塚。目的はカレーを食べる為。今回入ったのはこの店

20161113_034 横浜ボンベイという店で戸塚駅から5分ぐらいの場所で戸塚小学校の向かいのビルの2階。戸塚駅方向から行くと小学校の手前のビルで入り口の階段が商店街側ではなく右に曲がったところにある。メニューはこんな感じ

20161113_033 メニュー左側は基本的に同じ具で辛さが違うという感じ。カシミールカレーを注文。それにセットサラダを付けてみる。注文して待つ事7~8分まず出てきたのがこれ

20161113_027 写真撮っていいですかと店員に聞くと「昼はもっと上手くいった(盛り付けられた)のに」との事。ドレッシングはオリジナルだと思う玉ネギを使ったドレッシングで美味しい。サラダが出るとすぐにカレーも出てくる

20161113_03020161113_029 チキンとじゃがいものみの具。スープカレーに近い感じのカレーでスパイスがかなり入っていてコクがあって辛味もかなりあり好きなタイプのカレーです。カレーはやはりこれくらい辛くないとカレーという感じがしない。カレーは辛いんだけど後から来る辛さはほとんどなくすっきりしている感じ。

20161113_032 玉ネギの酢漬けも付け合せとして出ていた。

カシミールカレー850円・セットサラダ300円合計1150円。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

ノ貫 マットクラブそば・三陸産牡蠣の和え玉(桜木町駅周辺・福富町)

昨日は第2日曜日という事で横浜能楽堂へ行く。能楽堂に行く前にランチという事で行ったのが「ノ貫」という店。

20161113_014 11時7分に店に到着。長蛇の列。マットクラブそばにありつけたのは12時32分。待ち時間1時間25分。それでも食べたい中華そば

20161113_012 昨日のは雌蟹のみ使用していたのかな?マットクラブは何度か食べているが今回のものは濃いスープの中に甘味を強めに感じた。相変わらず美味い。

20161113_013 三陸産牡蠣の和え玉。美味い。牡蠣好きとしては牡蠣のペーストがなんとも・・・ぐちゃぐちゃに混ぜてしまうんだけど・・・両方とも他にはない中華そば。うーんこの辺月に一回しか行かないんだけど・・・この店に行く確率がかなり高くなってきている。野毛には他にも行ってみたいと思っている店結構あるのに・・・こまったもんだ。

マットクラブそば900円・三陸産牡蠣の和え玉350円。合計1250円ご馳走様でした。

| | コメント (0)

有吾 特選ランチ 雪 (東京・銀座)

2日この店

20161102_020 に入る。場所は東銀座駅から3分ぐらい歌舞伎座横の木挽町通りをまっすぐ行くと出てくる店。この店は以前にも来たことがある店。

今回は特選ランチの「雪」というものを注文。ランチメニューはこんな感じ

20161102_021 以前来た時は1・5にぎり、ばらちらしを食べている。店に入ったのは12時ちょっと過ぎでこの店が12時開店の店でまだ混んでいなかった。まずはお茶が運ばれてくる

20161102_015_2 結構独特な形をした湯のみ。お茶は・・・。

20161102_014 お椀はあら汁系のものであらは入っていない。魚の身が入っているもので美味しい。

20161102_013 まず3貫出てくる。

20161102_012 貝(ほたて?)白身(平目?)マグロ(中トロ?)だと思う。長細い独特のにぎりでシャリが美味しい。サービスランチの方は握った寿司がそのまま出てくるが特選は煮切り醤油がネタにぬられて出てくる。

20161102_016 玉子・イカ・赤身(づけ)光物?右端は何だったのか思いだせない。

20161102_017 いくら

20161102_018 かっぱ巻き・鉄火巻き。鉄火巻きがかなり美味しかったのを憶えている。

特選「雪」この場所・この内容でランチ2100円は納得できると思います。個人的にランチの時間帯はサービスランチの方が良い気がする。日本酒を飲みながらゆっくり食べるにはこっちの方が良いと思う。ご馳走様でした。何回でも行きたい店ですが中々行く機会がないので・・・。なんせ静岡で生活しているので・・・。

| | コメント (0)

穀雨 塩ワンタンめん ミニカレー (渋谷・桜丘)

先日、この店

20161102_038 で塩ワンタンめんとミニカレーを食べる。店の名前は「穀雨」(こくう)二十四節気の一つで(広く解釈ができる為ココでは意味をあえて書きません)・・・中々これを店名に使うというのは・・・店主のこだわりを感じる。

場所は渋谷桜丘でセルリアンタワーから1分ぐらい代官山駅方向に細い道を進むとあるのだが・・・中々わかりにくく普通に渋谷歩いていて見つかる場所ではないと思う。お店のメニューはこんな感じ

20161102_036_2 らーめんより塩らーめんが20円高いという値段設定・・・これが50円ならそうかと思って流してしまうのだが20円ってリアルというか堅実というか妙に気になり今回は塩を食べる事に決定。それでワンタンが看板メニューのようだからワンタンめんにして夕食でそれだけでは足りない事もあるかなという事でミニカレーを付けてみる。ワンタンは5個入りにする。注文は券売機で食券を買うシステム。

注文してから5~6分ぐらいだったと思う。ワンタンめんとカレーが同時に出てきた。

20161102_03420161102_035 麺は中細の少しちぢれた麺でもっちり系ではなくさっくっとしている麺で硬めに茹でている感じ。スープは基本が鶏がらなのかな?魚介系のものも豚系のものも入っている感じでそれが合わさっている感じでどちらかというとあっさりしているのにコクがガッツリあるそのわりに旨みはそれほど強調されていない。具は見てのとおり。ワンタンは餡がしっかり入っていてゴマ油?が入っているようないないような?塩スープにぴったり合っている感じで美味しい。チャーシュー&美味しい塩味だとどうしても醤油の味が浮いてしまう感じがするのは私だけでしょうか?美味しいチャシューであればあるほどそれは鮮明に感じる。これならチャシューなしでワンタン1個プラスした方が良い感じがするのは私だけだろか?ラーメンにはチャシューが入っていなければならないという固定観念が・・・多分客の方にあるんだろうな。何にしてもここのワンタン麺。そうとう美味しいです。又醤油味の方も食べてみたいと思う。

20161102_033_2 それでカレーのほうですがかなりスパイスは入っている感じで本格的です。ラーメン店という事で辛さはほとんどないようねしているようです。肉も結構入っていた美味しいです。間違いなくラーメン屋で出てきたカレーの中では一番美味しいカレーです。

渋谷のラーメンの中では一番好きなラーメンです。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »