« 御朱印 その後2 | トップページ | キッチン チェック オムライスなど (池袋西口) »

立ち食い寿司 根室花まる (銀座・東急プラザ)

昨日の11時東京銀座の東急プラザにいる。今年の3月に晴海通り沿いにできた巨大な建物で建物の中には125店舗もの店が入っているらしい。私の場合そのほとんどの店舗には用がないのだが地下2階に立ち食い寿司の店があるとの事で行ってみた。

私の時間の都合上11時の開店時間と同時に店内に入る。立ち食い寿司は地下2階にあるという事で地下道直結の入り口から入る。この店に来る前に和菓子屋3軒に寄っていて・・・買ったもが結構荷物になっていて・・・まぁそれは仕方ないので・・・

地下の入り口は何ヶ所かあるのかな?私が入ったところからは立ち食い寿司の店「根室花まる」は直線で20メートルぐらいの場所にありすぐに見つかる。開店と同時に入っていてその距離だった為、その日の一番目の客という事になる。6人ほどが立てるスペースがある。握っているのは2人でその他の店員が3名その他に奥にも何名か白衣の寿司職人と思われる男性がいた・・・とても6人しか立ってない寿司屋の店員の数ではない。この建物の10階に回転すしの根室花はるがあるのでそっちの下処理とかをこっちでやっているのかもしれない。その辺は定かではないが店員の数が多いと感じたのは間違いない。メニューはこんな感じ

20160602_011 写真はクリックすれば大きくなります。本日のおすすめは

20160602_010 ・・・通常あまり見ないメニューが多数ある。ここはそっちをせめて行こうという感じでまずは黒板にある三貫セットと花咲カニ鉄砲汁。

20160602_014 こまいの子を見るのは初めてだと思うとびっこよりも細かい感じで量も多くおいしい。サンマの握りは食べた事あるがこれは脂が万遍で濃すぎず爽やかとかあっさりとかではないんだけどそれに近い感じ。タラバのふんどしは何年も前に食べた事はあったと思うが寿司にして食べるのは初めて食感がよく味も良く美味いですね。

20160602_016 鉄砲汁の存在は知っていたが飲むのは初めて花咲ガニの漁期は4月ごろから9月ごろで今が漁期で7月ごろになると静岡でも見かける事があるhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/07/post-2bfc.html さすがにこれをみそ汁にしようとは思わないので・・・それにしても椀物が3種類でこれの他にホタテの稚貝汁とさんまつみれ汁で全部飲んでみたいと思ってしまう。鉄砲汁もちろんおいしかったです。

20160602_018 イカの耳(エンペラ)に赤ホヤ。エンペラは身が厚く食べ応えがあり味も濃い感じ、ホヤはクセがない。ホヤってあんまり見かける事がなく積極的に食べる事がなかったのでもっと味が濃いものだと思っていたが美味しい。

20160602_020 紅鮭のすじこ醤油漬け・活北寄のひも。貝ひもは見かければ大体注文しているがこれは新鮮という感じがした他のところのが新鮮ではないという事はないがそう感じた。すじこ、基本的にイクラやすじこは寿司ネタよりおにぎりの具材の方があっていると思っているのだがこのすじこは寿司にピッタリ合っている感じの味付けがされていて美味しい。

20160602_021 バチマグロ・鯵。バチマグロでも本鮪のあまり良くないものには勝っているということを証明しているようなマグロです美味しいです。鯵は身が厚めでそれなりに美味しい。

20160602_022 干瓢巻き。こんな形で出てきました。1本を切って6個ぐらいでくるやつ想像していたので・・・

20160602_024 えんがわ・玉子。えんがわは厚みがあり歯ごたえがしっかりしている。玉子は甘さが少し強めという感じがした

以上が食べたもの全てで3貫セットが486円・鉄砲汁が194円・イカ耳、赤ほや、マグロ、鯵、えんがわ、玉子が108円・筋子、北寄ひもが194円で干瓢巻きが259円で合計1975円。うーんやはり干瓢巻きが高めの値段設定かなという感じがするが全体的には納得できる感じです。場所やネタの珍しさを考えると良心的という感じもします。ご馳走様でした。又機会があれば行きたいと思います。

|

« 御朱印 その後2 | トップページ | キッチン チェック オムライスなど (池袋西口) »

寿司・立ち喰い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御朱印 その後2 | トップページ | キッチン チェック オムライスなど (池袋西口) »