« 楽楽 味噌ラーメン・チャーハン | トップページ | 京都駅~東寺~アミーチ 京風だし巻き玉子セット »

2016・05・08 横浜狂言堂の印象

毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂というものが開催される。今月は山本東次郎家の狂言で「二人袴」と「真奪」が演じられる。通常狂言堂の場合は先に解説(お話)がありその後狂言が始まるのだが東次郎家の場合解説は後で先に狂言が演じられる。

二人袴:この狂言はかなり頻繁に演じられている狂言だと思う。私はあまり観た事がない狂言で10年以上前に1度観ているらしい。その時の記憶は勿論ないがどの狂言を何時観たという記録残っている。それでもストーリーは知っているという狂言で・・・色々なところの話に出てくる狂言と言えると思う。本当に楽しい狂言でストレートに笑える狂言だと思う。配役も聟が凛太郎氏で親が東次郎氏というなんともぴったりという感じで・・・観客の反応もいい感じで・・・解説の時に東次郎氏が今日は不思議と若い方が多いというような事を言っていたが、それも関係しているのかなと思う。又どこかで観たい狂言です。

真奪:この狂言を観るのは初めて。面白い狂言だと思うが中々やられる事がない狂言なのでは・・・まぁ後半は似たものとしては「太刀奪」という曲がありまぁどちらかと言えばそちらの方が演じられる事が多い感じはするがそれもそんなに演じられる曲ではないと思うが・・・。今現在は立花とかその立花の中心に使う枝(真)というものがないので色々勝手に想像できるので良いと言えば良い感じもする。まぁ色々と考える事ができる狂言だと思う。

狂言が終わってすぐに東次郎氏が出てきてお話をする。いつも聞き入ってしまう話ばかりで・・・今回一番印象に残ったのはこの日演じられて狂言の話ではなく29日に演じられた「通園」の話だった。近日中になると思うが大阪に行く前に通園に寄ろうと思っていたからで・・・それについては行ったあとこのブログで書こうと思います。本当に狂言は色々な角度から見る事ができると思います。情報が少ないのでそれを補うように想像でものを足していくと観た人それぞれで方向が変わっていく。面白いと思います。やはり狂言好きですね。

|

« 楽楽 味噌ラーメン・チャーハン | トップページ | 京都駅~東寺~アミーチ 京風だし巻き玉子セット »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽楽 味噌ラーメン・チャーハン | トップページ | 京都駅~東寺~アミーチ 京風だし巻き玉子セット »