« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

清見そば本店 ラーメン (静岡駅南口近辺)

今日この店

20160424_007 でラーメンを食べる。暖簾に書かれている通り(「き蕎麦」と書かれている。個人的にはこの字体で書くのなら「麦蕎き」と書く方が良いと思うのだが・・・)蕎麦屋だがこの店に訪れる人の8~9割はラーメンを注文するという店。場所は静岡駅南口を出て右に進み1本目の道を右に行けば出てくる。徒歩2分程度のところ。時間は13時半ごろ、席は7~8割ほど埋まっている。

席に着いてラーメンを注文。注文して2~3分でこれが出てくる。

20160424_004 店は混んでいないわけではないのだが・・・本当にすぐに出てきた。具は見ての通り、チャーシューは長細い形。麺は細麺のストレート水分をそれなりに吸い込む感じの麺で美味しい。スープは鶏ベースで醤油が少し強めかなという感じがする。味はしっかりとしていてどちらかといえば濃いくらいの味かな?という感じ。蕎麦屋のラーメンというと節系のものが強く出てくるのかなという感じだったが全くそれはない。月並だが下手なラーメン屋より美味い。

この店のメニューはこんな感じ

20160424_005 写真はクリックすれば大きくなります。どれもリーズナブルで静岡駅から2分ぐらいの場所にある店とは思えない。街ではなく町の蕎麦屋という感じの値段。

ラーメン500円。ご馳走様でした。今度は蕎麦類やごはん類を食べてみたいと思う。何時になるかわからないが・・・。

| | コメント (0)

天生 天ぷら定食など (静岡駅周辺)

先日、この店

20160420_014 に入る。時間は平日の14時ぐらい。場所は静岡駅から徒歩で10分ぐらいの場所で国道1号線沿いに清水方向に歩き、つつじ通りを日吉駅方向に曲がり清水側の道を歩いて2本目の路地を右に曲がると出てくる。距離的には静鉄日吉駅の方が近いと思う。

天ぷら屋さんです。店はカウンターのみの店でU字型に12席ぐらいだと思います。メニューはこんな感じ

20160420_010_2 天ぷら屋には珍しい券売機で食券を買うスタイルの店です。写真はクリックすれば大きくなります。店内にはこんなメニューもあり

20160420_011 天ぷらセットを購入して席に着く。店員に食券を渡して2分ぐらいでこうなる

20160420_003 漬物が味噌汁の前にある壺に入っていてセルフサービスになっていて2種類ある

20160420_006 ご飯と味噌汁が出るとすぐに海老とスナップえんどうが出される

20160420_004 揚げたての天ぷらを客の目の前に置かれているトレーに置いていくという形。

20160420_005 ナス・舞茸

20160420_007 鯵にホタルイカ。ホタルイカの天ぷらは初めて食べたと思う。美味しい。

20160420_008 カボチャにとり肉。メニューは7品になっていたが海老・えんどう・ナス・舞茸・鯵・ホタルイカ・カボチャ・とり肉の8品。揚げたての天ぷらなのでどれも美味しい。まぁ昼ご飯の量としては十分足りていてのですが・・・タイミングですね。食べている間、天ぷらを揚げていた店主とは話など全くしてなかったのだが食べ終わる頃に一言二言何か話したんですよね。それで単品を注文する気になって旬の筍と生しらすを注文する。

20160420_012 この状態で出てくる鰹節に醤油がかかっている。塩で食べたかったんだけど・・・

20160420_013 生しらすは大葉に包まって出てくる。用宗で獲れたもので水揚げされて数時間のもの。店主が小皿に少量の生しらすを出してくれたのを食べたのだが・・・・このクラスの生しらすはそのままの方が良いかなと思ってしまった。

天ぷらセット970円・筍150円・生しらす200円合計1320円。ご馳走様でした。店はお昼(11時30分)から休憩なしで夜20時までやっているとの事。

| | コメント (0)

ローストビーフ大野 渋谷店

18日渋谷。道玄坂にできたこの店

20160418_024 に入る。場所は道玄坂の大通り蕎麦屋の朝日屋の隣のビルの地下1階。最近この近くに肉系の店が多く開店している感じ。

ローストビーフ大野という店で秋葉原で人気の店の渋谷店という事で今月の1日に開店したらしい。メニューはこれ

20160418_021 基本は2種類でその他飲み物が4種類。ローストビーフ丼定食を大盛りで注文。注文してから待つ事5分程度出てきたのがこれ

20160418_02020160418_017 かなりのボリュームという感じのもの。手前に置かれている薬味はクリームチーズと山わさびで卓上に置かれている岩塩をかけても良いと店員の説明あり。スープはテールスープかな?おいしいスープです。ローストビーフ丼は何か色々な味で・・・注文時に卵とマヨネーズはかけますかと聞かれ初めて食べるのでかけてもらったのだが・・・この他にタレなどがかかっていてローストビーフそのものの味は良くわからない。ご飯の上に肉が巻かれている感じで食べづらい感じ。漬物は良いアクセントとなっていて美味しい。まぁこんなもんなのかな?という感じ。卵なしでマヨネーズ多めの方がいいのかな?などとも考えたが良くわからない。何もなしで山わさびに岩塩というのもいいかも知れないがそれではご飯には弱いだろうし・・・やっぱりよくわからない。

ローストビーフ丼定食1080円。このボリュームでこの値段は妥当なところだと思う。秋葉原で人気店という事で期待しすぎたかもしれない。和牛ローストの方は肉が違うようなのでそちらを注文していたらよかったのかもしれないが・・・その辺はわかりません。

| | コメント (0)

寿司処 博 ランチ にぎりテンゴ (渋谷・道玄坂)

昨日、この店

20160418_009 でランチを食べる。場所は渋谷道玄坂。マークシティの近くで4階から玉川通りの方に出て右に進めば出てくる。もしくは道玄坂上交番前交差点を松屋方向に曲がって1本目を左に曲がる。

この店の入るのが約2年ぶりとなる。渋谷でランチを食べる事が年間20日ぐらいはあると思うが色々な店に行きたい方で今現在でも渋谷で行った事ない店で行きたいと思っている店がぱっと浮かぶだけで4件・思い出せば7~8件はある。そんな感じなんでいい店で今度また行きたいと思っていても間隔が開いてしまう。前回来たときの様子がこれhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/04/post-44cb.html メニューも値段もこの時と変わっていない。

注文をして2~3分でこれが出てくる

20160418_002 相変わらず野菜が美味しい。これを食べ終わる頃にこれが出てくる

20160418_00320160418_004 前回と同じにぎりのテンゴを注文。季節的には同じで日付け的には4日しか違わないのだが内容がかなり違う。まぁこの辺がその日の仕入れによって変えているというところで決まっているものを出している店とは違う事がわかる。美味い。巻物は今回は鉄火巻きでした。普段あまり食べられないクラスのものばかりで・・・美味いです。人手間かけたものばかりで・・・玉子はそれほど甘くはないが出汁の汁が口の中でどっとあふれてくる感じで・・・コハダも美味しかった。漬けはそれぞれ味が違い美味しい。海老はねっとりしていて程よく甘くで・・・どれを食べても美味しい。

にぎりテンゴ1700円。まぁランチの値段としては安くはないが値段以上の価値はあると思う。ちらしも食べてみたいが・・・やはり寿司屋だとにぎりにいってしまう。1度夜にも行きたいが・・・何時になる事だろう。

| | コメント (0)

なかじま 坦々麺 (渋谷駅・南口周辺)

先日、この店

20160412_018 に入る。この数週間ぐらい前から坦々麺を食べたいと思っていて・・・ここの看板はこんな感じ

20160412_019 まさに看板メニューが坦々麺。券売機で食券を購入するというシステムの店だがかなり人気店のようで店内で待つ事もあるようで私は並ぶ事なく食券を購入して席に着いたが私の後は店内で並んでいる人が何人かいた。坦々麺は辛め・まろやかと2種類あり辛めを選ぶ。その外何か小さめのご飯物をと思って券売機を見てみるがミニ○○丼的なものは無い様で・・・店員が声をかけてきたのでその旨を言うが意味が分からなかったようで・・・店員曰く坦々麺には半ライスが付くとの事。そんな事、券売機の周りなどには書かれていないしまぁ普通なら半ライスを購入してしまうだろう。まぁサービスだから仕方ないといえばそれまでだが・・・

何はともあれ食券を店員に渡して15分程度で出てきたのがこれ

20160412_01520160412_016 見た目はかなり辛そうだがそんなに辛くはなく程よい辛さという感じ。麺は太めの少しちぢれている麺。ゴマペースト・辛さ・ナッツ・ひき肉全てのバランスが良い坦々麺で美味しい。店員の対応も良い。

坦々麺830円。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

有吾 ランチ ばらちらし (東銀座)

先日、この店

20160412_005 でランチを食べる。場所は東銀座の歌舞伎座の近く。以前一度入った事があってhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/06/post-6891.html その時に見たばらちらしを食べようという事で入店。時間は12時5分ぐらい。12時開店の店だがすでに8割は席が埋まっている。

ばらちらしを注文。数量限定の品だが開店直後なので問題なく注文できる。注文してから15分ぐらいでこうなる

20160412_00320160412_004 お茶は結構濃い目のやはり良いお茶。回転すしやチェーン店などでは出てこないお茶。ばらちらし・・・美味い。魚は特製のタレに漬けてあります。それがこの店のシャリとピッタリあっていて美味いです。これはこのシャリがあってこのタレを作っているんでしょうね。間違いなく私が食べた海鮮丼系のものでは一番美味しいものだと思います。まぁ寿司屋に入ると大体にぎりを注文してしまうのでそれほど数を食べているわけではないのですがこれは頭一つ出ている感じです。

ばらちらし1100円。大満足できたランチでした。シャリも美味しいし一度夜も行ってみたい気がするが・・・なんせ銀座なんで・・・。

| | コメント (0)

ラーメンABE・s 煮干ラーメン (静岡市・葵区)

先日この店

20160414_007 に入る。場所は静岡市葵区千代田、静岡市立高校の近くの唐瀬通り沿いにある店。店の前が駐車スペースになっていて店全体を写そうとすると車が入ってしまい全体が写らないので上の看板部分のみの写真。

この店は評判の良い店で以前より行きたいと思っていた店で今回初めて伺う。メニューはこんな感じ

20160414_006 券売機で食券を買うシステムで煮干ラーメンを注文。待つ事10分ぐらいで出てきたのがこれ

20160414_005 煮干しの良い香りがする。スープを一口飲むと煮干しの味が口の中で広がる感じですごく煮干が強い感じがした。もう一口スープを飲むと味に慣れたのか丁度良い感じで美味しい。麺は極細麺のストレートでこれがスープと合っていて美味い。味はどちらかといえば濃い目だとは思うがすっきりしているのにコクがある。これご飯と一緒に食べたらご飯が無茶苦茶美味く感じるだろうなという感じがする。ここ数年静岡市内で食べたラーメンの中では一番美味しいラーメンだと思う。

煮干しラーメン750円。ご馳走様でした。他のラーメンも食べたいと思っているので又行くと思います。

| | コメント (0)

2016・04・10 横浜狂言堂の印象

10日、毎月第2日曜日は横浜能楽堂か勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂というものが横浜能楽堂で開催されている。今回の狂言堂が100回目の公演となるとの事。100回の特別公演は29日に開催されるという事もあり100回目だからといって何もない普通の狂言堂だった。

今回は茂山家の狂言で佐渡狐と昆布売の2曲の狂言。まずは「お話」という事で茂山茂氏が出てきて話をする。まずは今回が本当も100回目の公演という事で・・・まぁ色々言っていたが100回目を意識していたらこの演目になっただろうか?でも千三郎氏が去年の12月にはココで4月には100回目をむかえるという話をされていたし・・・その辺は分かりません。話は狂言の分類の話となぜ分類されるのかという話し大名の登場の名乗り方の種類とその名乗り方でキャラクターが少し分かってしまうというという話と今日上演される狂言の解説を15分程度でされていました。

佐渡狐:何度も観ている狂言で内容は知っていました。色々なバージョンがあるようです。基本的には佐渡の百姓がシテ(主役)なのですが都の奏者がシテの場合もあり今回は佐渡の百姓がシテでした。脇正面で観ていたのですが佐渡の百姓が奏者に賄賂を渡す時、百姓が素襖の袖を挙げてしまうのでその向こうのやりとりが見えない・・・これは以前も佐渡狐を見た時に書いたと思うが・・・ココは隠す動作は必要だけど実際に隠す必要はあるのかな?扇を使ってやりようはあると思うのだが・・・まぁその外の表現で様子を感じる事はできるが・・・。まぁ人気がある狂言なので又どこかで観ることがある狂言だと思う。一度掛素襖を着るものも観てみたい気がする。アフタートークを聞く限りでは茂山家では今はやっていないようですが・・・。

昆布売:この狂言も何度か観た事のある狂言で内容は知って観ていた。茂氏の声が少し気になった。アフタートークでも言っていましたがあまり大名はやられないとの事。確かに細身の体格で女が合うというのもあると思うがあの声はわわしい女にピッタリの声だと思うが・・・まぁ本当に個人的な意見だろうが・・・面白い狂言でした。

| | コメント (0)

彩り亭 (川崎区・鷺沼駅周辺)

横浜能楽堂を出て向ったのはこの店。

20160410_028 桜木町駅から長津田経由で約50分鷺沼駅から3分ぐらいの場所。昼に来ようとしていたが電車が遅れその結果乗り継ぎなどもうまくいかずに時間的にギリギリになってしまう感じになった為予定を変更して夕方に来ることになった。「彩り亭」という立ち喰い寿司の店。

店に入ると・・・椅子がある。構造的に椅子がカウンターの下にすっぽりと入るようになっていて立って食べても椅子が邪魔にはならないが・・・他のお客さんが座って飲んでいて・・・隣の人が立って食べていたら落ち着かないだろうな・・・座るか・・・と言う事でココは立ち食い寿司の店ではありません。立ち喰い寿司の店でなければこんなところまでわざわざ来ません。まぁ椅子があるらしいことはわかっていたのでまぁそれを確かめがてらという事もあったのでその辺はその時点では気にもしてなかったのだが・・・。

20160410_01820160410_01920160410_02120160410_022_2 日替わり特選15貫

20160410_020 日本酒で紀土の特別純米酒

20160410_024 単品で本鮪てんぱねとホタルイカ

20160410_027 日替わり特選15貫に付いているお椀で海苔の味噌汁。

日替わり特選15貫が1800円という事は1貫平均にして120円と考えるとネタの内容など考えるとものすごく良い感じそれに味噌汁が付いていると考えるとコストパフォーマンスすごいと思います。

ホタルイカは1貫200円はまぁこんなもんでしょうという感じ。本鮪てんぱね1貫200円程よい脂がまんべんなくあり美味しい。これ200円は安いと思う。以上が食べたもの全てで会計が3500円15貫が1800円で単品200円×4貫で800円で2600円なので日本酒1杯で900円という事ですね。お通し等はなかったので・・・この酒確かに良い酒だと思うがそもそも寿司には合ってない刺身なら良いと思うが(好みの問題もある)・・・でこの酒の1升瓶の小売価格、私知ってます・・・この前マグローで飲んだ日本酒とほとんど変わりません。同じ立ち喰いをうたっている店。場所的には名古屋と川崎と違いがあるが・・・料金が倍以上違う。こちらが高級すし店とかならいいが立ち食いをうたっている店。座る椅子だって背もたれもなければ座り心地も良くない。私が日本酒をこぼした時も3人店員がいて誰も対応しない。寿司は安いが日本酒は高い店だと思います。まぁ常連客が納得して通っておられるのでしょうから良いのだと思います。個人的には場所的にも私が行くには大変な場所なので・・・わざわざ行く事はないでしょう。

| | コメント (0)

金春 本館2号店 ランチ (蒲田駅周辺)

昨日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜能楽堂に出かける。18切符を使っていた事もありランチは横浜ではなく川崎の方という事で予定していたのだが・・・電車が遅れ時間的にギリギリという感じになってしまい・・・それならそっちは能楽堂の帰りに行く事にして・・・時間が約2時間ぐらい空いた。どこでランチを食べようか?行った事のない街で行き当たりばったりで行ってみようという事で降りた駅が京浜東北線の蒲田駅。

駅周辺を30分ぐらい歩いて最終的に入った店がココ

20160410_014 「金春」という中華料理の店。能にも金春流というのがあるがそれとは関係がないと思うが・・・まぁ季節的にも春だし金の春っていうのも良いかなというのと店の前の看板

20160410_012 を見てかなりリーズナブルな店だと思ったので・・・。場所は蒲田駅からすぐのところで駅から3分ぐらいのところ。

店は地下で店内は回転テーブルが手前に並んでいて奥の方が普通のテーブル席になっている。全体で50人ぐらい座れる感じ、店は結構混んでいて回転テーブルで相席になる。ラーメンと餃子を食べたかったので②を注文。

注文してから待つこと5分強で出てきたのがこれ

20160410_005 ラーメンとチャーハン。ラーメンは基本的には鶏ガラだと思うが色々なものが出汁に使われているようで街の中華料理の店ではあまり出て来ない味で中国料理の店のラーメンだなという事をもろに感じる。麺は細めの平打ち麺。それなりに美味しいと普通の中間ぐらいかな5段階で評価するなら3です。チャーハンは具にチャーシューやハムなども入っていていいのだが少し薄味でよく混ざっているのだが場所によって温度が違うという不思議なもの。これらを食べ終わる頃にこれ

20160410_009 が出てくる。店に入る時には分からなかったが周辺に座っている人が頼んでいるものを見ると羽付き餃子を2枚のみ頼んでいる人や水餃子を頼んでいる人などでこちらの店の看板メニューは餃子系のもののようです(店の前などには餃子一押しみたいな看板はなかったが)中身はこんな感じ

20160410_010 しっかりと餡がつまっている。私は濃い目の味が好きなのでちょっと味が薄いのかなと思うところはありましたが十分に美味しいです。ココに来たらラーメン系のものより餃子系のものが良いのかなと思います。

ラーメン・ミニ炒飯・羽餃子のセット650円。これだけでこの値段なら満足とまではいきませんが納得できるランチだと思う。

| | コメント (0)

鬱金桜(うこんさくら)

春、真っ只中、鬱金桜(うこんさくら)別名黄桜という花びらが黄色という桜を見る・・・

20160411_013 

20160411_017 光の加減だろうか私がひねくれているのだろか・・・白・・・もしくは少し緑が入った白・・・・少なくとも黄色には見えない。きれいな桜である事は間違いないです。写真はクリックすれば大きくなります。
 

| | コメント (0)

沼津魚がし鮨 静岡駅アスティ 立ち食い

某日16時過ぎに静岡駅ビル1階のアスティの中にある立ち食い寿司に入る。この日はこれが昼ご飯という事で結構お腹は空いていたが夕飯の時間を考えるとそれほどの量を食べるのはどうかという事で板長おまかせ8貫を注文する。出てきたのがこれ

20160406_004 ・・・ネタが薄い。100円寿司で出てくるような感じのものばかり。まぁ最近の100円寿司は機械が握っているので・・・。セットについてきた味噌汁がこれ

20160406_005 具はネギとワカメのみ。これならワンコイン+税が妥当な値段かなと思えるような内容。これって単品で1貫65円のものばかりという感じだが・・・それ8貫なら520円+味噌汁という事。板長おまかせの値段は660円。どう考えても単品で頼んだほうが良いという事になる。

ちなみに下の写真は前回、昨年10月に同じものを注文した時出てきたもの

20151016_00120151016_003 サーモンがダブって写っているが・・・まぁその日の仕入れ等もあるとは思うが・・・。

あまりにも満足できなかったので単品でホウボウとクジラを注文

20160406_006 こちらも身が薄い感じで・・・

板長おまかせ660円に単品65円×4で260円に税が付いて993円。今回はハズレという感じでしょうか?その時にいる職人によってかなり差があるような気がする。

| | コメント (0)

マグロー 立ち食い寿司 再び (名古屋・今池)

5日の夜、この店

2016040405_075 に入る。この店は昨年のこの時期に来ていてぜひ又来たいと思っていた店http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/03/post-2368.html 今回店に着いたのが19時ごろでほぼ満杯の状態で丁度スーツ姿の人が店から出て行くところで・・・多分その人が立っていた場所に立つことができる。この日のメニューはこんな感じ。2016040405_066_2 店員が一人(女性)増えて3人になっている。前回来た時よりもにぎやかな感じで・・・店主も笑顔を見せている。まずは日本酒に百円鍋

2016040405_065 この日の百円鍋は金目のあらと肝?(内臓の一部)と野菜が入ったものが出される。日本酒は桜正宗を注文。注文してから2~3分ぐらいで出てくる。鍋を日本酒のアテにして寿司が出てくるのを待つ。寿司は短冊メニューの左上全てとびんちょう・天然本マグロ・スルメイカを注文。するめイカは塩・肝にするか聞かれて迷わず肝にする。まずはこれが出てくる

2016040405_067 天然本マグロ・びんちょうマグロ・イカの肝乗せ。しゃりは甘く硬めのにぎりどれも美味しい。

2016040405_071 非売知・飛魚・金目・伊佐木だと思う。どれも美味いが特に飛魚が手間をかけていて複雑な味がして好きな味だった。日本酒を宮の雪に変える。この店に置かれている日本酒は3種類。1つは日本盛だったか大関だったかはっきり覚えていないとにかく大手のメーカーで眼中になかった。基本的には刺身は桜正宗で寿司は宮の雪が合っている気がする。ただ基本ということでこの日の甘海老の濃厚さがであれば宮の雪の方が合うような気がする。まぁ好みの問題なので・・・

2016040405_072 甘海老に鯖。甘海老は甘みが強く濃厚という感じで頭の部分にも身がつまっている。さばには何かをふりかけている。追加でインドマグロとイカの塩振りを注文する。

2016040405_073 インドマグロは脂がそれなりにありマグロの味もしっかりしていてこの日食べたマグロ3種類の中では一番好きな味だった。イカは始めに食べたものとは別物という感じでしっとりとした感じのもの。最初に食べたイカはどちらかというと歯応えがサックっとしたものだった気がする。本当にどれも美味しい。

桜正宗・宮の雪共に400円。後は短冊メニューに書かれている通りで合計が2710円になると思う。請求は10円切り捨ての2700円だった。やはり良い店だと思う。立ち喰い寿司は宮城県~兵庫県まで40件以上は行っているが無条件でオススメはと言われればこの店と浅草のひなと丸http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/07/post-2d8f.html と答えると思う。

| | コメント (0)

暫 支店 お昼の小さな懐石 (岐阜市・柳ヶ瀬)

5日の昼、岐阜駅に着く。まずはランチという事で何度か入った事のある「てら田」に行く。

2016040405_048 ・・・。昨日の夜に続いて行った店が休み・・・食べログを見てみると4日の日更新で昼の営業は月曜日のみになっている。岐阜市には年間5~7日間ぐらいしかランチを食べる機会がないがその中では一番美味しいと思っていた店だったのだが・・・月曜だけの営業となると確率的に中々来ることができない気がする。前回来た時についてはhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/12/post-38c0.html 

という事でランチを食べる店を探して柳ヶ瀬方向に行ってみる。色々な店の看板(メニューなど)を見ていくがこれというものが出てこない最終的に入ったのがこの店

2016040405_061 場所は柳ヶ瀬エリア弥生町、柳ヶ瀬本通と若宮町通りに挟まれた通りにある。

2016040405_062 店の名前が「暫」で隈取りの暖簾に団十郎家の家紋「三升」に似た看板なると歌舞伎の十八番の暫から店の名前を付けているのだろう。メニューはこんな感じ

2016040405_059 お昼の小さな懐石で1500円なら良いかな?結構歩いて来たしこの辺で決めるかという感じで入ってみた。店内はいたって普通の割烹という感じで歌舞伎を感じさせるものはのれんぐらいでほとんどなかった。奥の座敷の方には行っていないのでもしかしたらそちらの方にはあるのかもしれない。

桜鯛煮付けはもうないとの事。割烹でロールキャベツも悪くはないがどちらかというとあゆだろうという事であゆの昆布巻きを選択。注文してから10分ぐらいで出てきたのがこれ

2016040405_051 

2016040405_053

2016040405_052

2016040405_055 真ん中に置かれている八寸に目がいってしまう。うーん日本酒にピッタリという感じのものばかり・・・なんかご飯と赤だし無理やり膳の中に入れてしまっているような気がする。これを別にもってくるようにしたらもっとお皿の配置が変わるような感じもするが・・・ご飯が無茶苦茶美味い。魚沼産コシヒカリって聞いた事はあったがこんなに美味しいものなんだと思ってしまう。新米の時期は新潟にある親の実家(農家)から送られてくる米でご飯を炊いて食べていて中々それ以上美味しいご飯というのを食べた記憶がないのだがココのはそれ以上に美味しい気がする。あゆの昆布巻きはこちらの店の看板料理のようで(家に帰ってからネットで見て知る)こちらもものすごく美味しい。天ぷらは塩がすでにかかっていてそのまま食べる。ちょっと塩が強い(多い)感じがした。

お昼の小さな懐石1500円(税込み)ご馳走様でした。

| | コメント (0)

浪花そば 生姜かき揚げそば (新大阪駅構内)

5日の朝食、新大阪駅構内にある「浪花そば」という店だ食べる。ココは・・・立ち食いそば・・・ではない。立って食べるスペースがなく全て座る感じの構造。セルフ蕎麦屋とでも呼べば良いのだろうか?なんかしっくりこない。立ち蕎麦系の店という方がまだ良い感じがする。

店の前のディスプレイでこれ

2016040405_046 を見つけるが・・・この日は火曜日でたこやきそばはやっていない。うーんこれを見て静岡や関東の立ち蕎麦屋にはないものを食べようという気になり選んだのが「生姜かき揚げ」で関西なのでうどんの方が良いのかなという気がしたが店の名前が浪花そばなのでココはそばかなという感じで生姜かき揚げそばを注文。注文はカウンターで口頭注文、現金を払って品が出てくるのを待つという形。注文して1分以内で出されたものがこれ

2016040405_045 出汁の色が透きとおっている。塩を多少強く感じる美味い出汁。昆布とカツオだけではこの出汁はでないと思う。色々なものを使っているとは思うが何を使っているの私などに分かるはずもないが蕎麦にかなり合っている感じです。関西の出汁は蕎麦よりうどんに合う感じのものだと思っていたがこの出汁は蕎麦にピッタリです。生姜のかき揚げは生姜ではなく紅生姜をさつま揚げ風にしているという感じでこれが美味しい。

生姜かき揚げそば430円。ご馳走様でした。あまり関西の方に行く事はないのだが場所が場所だけに又利用する事があるかもしれない感じです。

| | コメント (0)

天龍ラーメン 八仙楼 (大阪・新今宮)

4日の夜、大阪の新今宮近くにいる。この日は大阪に宿泊予定で・・・いつも使っているホテルが満員で色々と探した結果新今宮駅近くのホテルに泊まることになり新今宮といえばかねてより行きたいと思っていた店がありそこに行ってみる・・・

2016040405_028 ・・・・おーい。この店は夜しかやっていない店で中々行くチャンスがない感じだ今回初めて行くチャンスだったのだが・・・。

周辺を歩き回る事にある。最終的に入った店がココ

2016040405_036 まぁ昼もラーメン系のものだったのだがこちらは豚骨醤油系という事で入ってみる。時間は22半時過ぎで店内は結構混んでいて8割以上の席が埋まっている。メニューはこんな感じ

2016040405_031 店の名前でもある天龍ラーメンと餃子を注文する。

注文してから5分程度で出てきたのがこれ

2016040405_032 チャーシューが3枚で結構厚みもある。スープは醤油豚骨に背脂だが背脂はそれほど多くはなくギットリという感じではなくどちらかというとコクがしっかりとしている感じ。麺は中細のストレート麺。具には写真で分かるものも他にメンマともやしがありもやしが良いアクセントとなっている。このラーメンバランスが程よく美味しい。

2016040405_035 餃子は小ぶりだがニンニクが結構主張してくる感じ。羽付きと言っていいかな?ぐらいの小さめの羽が付いているこの部分がパリッとしていて具が柔らかいので食感が良い。ビールにピッタリの餃子という感じ。

天龍ラーメン680円・餃子250円で合計930円。このラーメンで680円というのは安めの値段かなという感じで餃子の250円も安めの値段という気がする・・・大阪ではこれくらいが普通の価格なのかもしれない。

| | コメント (0)

丿貫(へちかん)布施店 煮干しあえそば (大阪・布施)

4日

2016040405_015_22016040405_017_2 この店でラーメン?を食べる。場所は大阪・近鉄布施駅近く、駅前の大通りを商店街沿いに歩いて行って3~4分商店街の端から1本目の道を入るとこの店が出てくる。駅から5分はかからないと思う。

ノ貫でラーメン屋というと野毛にある土日の昼しかやっていなかった店http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/06/post-2cf5.html (最近は火・水耀のみ休みで店の場所も変わっているらしい)が頭に浮かぶがこちらはその分店との事。こちらのお店は火曜日がお休みで昼、夜共に営業している。店の前にはこんな看板が

2016040405_019 期間限定で煮干し鶏白湯をあわせた・・・これはどんなものか興味身心。通常メニューの中にも食べてみたいというものがあったのだがこちらを選択。大盛りで注文してみる。注文して待つこと7~8分出てきたのがこれ

2016040405_013  ・・・ラーメン?確かに煮こごりにブレンド魚粉・・・スープがない。斬新という言葉しか浮かばない。とりあえずぐちゃぐちゃに混ぜて食べてみる・・・味が無茶苦茶濃い。味の濃いものが好きな私が言っているのだから間違いない。当然今まで味わった事のない味。写真では良くわからないが麺の上に乗っている白いものは玉ネギの粗ミジン切りの大き目のものでこれが濃い味を和らげるアクセントとなっている。けっして万人受けするラーメンではないと思う。写真を撮るのを忘れたが自家製黒酢が小皿に入ったのが出されていて・・・食べながら少しづつかけていく・・・かけたほうが多少あっさりはしていく感じがする。あと唇の周りが魚粉でいっぱいになる感覚がある。まぁ色々な事を考える調理人が極めていこうとする途中で土壺にはまってしまった作品という感じではないでしょうか?もっと普通に美味いもの作れるのでは・・・という気がします。本当に進化の途中なんだと思います。まぁこれは期間限定品ですのでこれくらいぶっ飛んだものがあっても良いのかなという感じもする。これだけ読んだらこのラーメンはまずいのかと思ってしまうかも知れないがそれなりに美味しいかなというレベルのものです。

煮干しあえそば680円+大盛り50円(ランチの時間帯大盛りはこの値段)で合計730円。この値段で結構色々な事考えさせてくれたラーメンで・・・もし家の近くにこのラーメンを作っている店があれば間違いなく2~3日後には再訪問して注文すると思います・・・ただ限定品で2~3日後にあるかどうか・・・ねぇ。 ご馳走様でした。

| | コメント (0)

立ちそば壺屋のきしめん (豊橋駅)

4日朝8時ごろ豊橋駅にいる。どこかで朝食をという事で壺屋に入る。壺屋に入るのは改装後初めて。以前の三分の一以下のスペース?もっと狭くなったかな?ぐらいの広さで座れるスペースがほとんどで立って食べるスペースは2人ぐらいかな。メニューはこんな感じ。

2016040405_008 写真はクリックすれば大きくなります。きしめんの食券を購入。カウンターにもって行く。出てきたのがこれ

2016040405_006 相変わらずの油揚げの量。濃い目の味付けの出汁がきしめんにあっている。薄いがかまぼこも2枚乗っていてネギも大量に乗っている。これが一番シンプルなきしめん(そば・うどん)とは思えないボリューム。知らずに天ぷらきしめんなど注文してしまう・・・朝食ではかなりヘビーなものになる。

きしめん330円。ご馳走様でした。油揚げなどが乗っていないもっとシンプルなきしめんも置いてほしい気もするがこれはこれで地域性があっていいのかも知れない。

| | コメント (0)

空也のもなか 崎陽軒のシュウマイ弁当

一年に何度かは絶対に購入して食べているものが何個かある。そのうちの2つがタイトルになっているるもので・・・まぁ都内やその近郊で生活していればまぁそれほどのものではないかも知れないが静岡で生活している私にとっては一年に何度かしか食べていない。

先日この2品を1日で手に入れるという日があった。

20160329_007 午前10時15分頃銀座並木通りの空也さんでもなかを購入。もちろん予約を事前に入れておく。

20160329_004 店の前にはこのような張り紙が・・・カレンダーの×印は予約で売れ切れている日らしい。ある人曰く「私、並んで買った事ある。」・・・10年以上前から年に何回か購入しているが私は並んだ事はない。行く前に予約しているので・・・予約が入らなかったことはあるが・・・ある人は何処からか空也さんの最中は人気があって並ばなければ手に入らないなどという情報を聞いたのだろう。

20160329_026 

20160331_011 蔓の付いた瓢箪の絵が良い「阿ま美調進所」と書かれているらしい。調と所は読めない。

20160329_032 蓋を開けるとこんがりと焦がした皮の香りが・・・相変わらず美味しい。

19時30分頃、品川駅の崎陽軒の売店で購入。その横に駅弁の販売店があったのだが・・・.残っていた駅弁が3種類ぐらいで・・・どれも今一つという感じでならば味が分かっているものをという事で購入

20160329_022 都内なので箱型の蓋でヒモは付いていない。値段は800円になっていた。まぁ段々と上がってきていることは確かだ。まぁでもこの内容

20160329_025 で駅弁で800円は十分納得できるものなので・・・他に決め手がなくてシュウマイ弁当があるとシュウマイ弁当を購入してしまう。やはり美味い。これにビールを合わせるのが良い。日本酒でも良いのだがやはりシュウマイにはビールが合う。

空也もなか10ヶ入り化粧箱で1130円。以前は1000円で価格が動かなかったのだが・・・税金も8パーセントになっているし材料費も高騰しているんだろうからこの値段は仕方ないのかなと思う。まぁ普通に最中を和菓子屋で買ったと思えば高いという感じではないので・・・まぁでもこれ以上あまり高くなってほしくないと思う私・・・まぁ多少上がっても買いに行くとは思うが・・・。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »