« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

駅弁 おにぎり弁当 (小田原駅)

先日、小田原駅で駅弁を購入する。買ったのはこれ

20160129_011 中身はこんな感じ

20160129_014 おにぎり3個に大きい鶏の竜田揚げにかまぼこ・伊達巻・鶏肉団子・みかん。海苔が全面についているおにぎりには昆布海苔とご飯の間に挟まっている。このお弁当屋(メーカー)の弁当は何度か購入した事があるがかまぼこと伊達巻・竜田揚げはかなりの確立で入っている。竜田揚げは見ての通り大きさで結構大きい。おにぎりも3個でそれなりにボリュームがある。おにぎりは結構濃い目の味が付いている。

おにぎり弁当700円。まぁ駅弁なんでこれくらいの値段かなという感じ。ちなみの小田原駅ではこのタイプのおにぎり駅弁も売られている

20110103_013 写真は5年ぐらい前のもので今は多少違うかも知れない。値段は現在550円のようです。パッケージはこれ

20110103_012

| | コメント (0)

昨日食べた焼き魚定食

昨日、大和駅近くの店で焼き魚定食を食べる。注文してから待つこと20分ぐらいで出てきたのがこれ

20160129_002_2 鮭・鯖の塩焼きにマグロと白身の刺身が付いてきた。焼き魚・刺身共にその日の仕入れによって違うらしい。煮魚定食もありこの日はブリか他もう1種類言われたのだが忘れてしまった。鮭は脂があり、味は薄めの味付け。鯖はそれなりに脂があるという程度でそれなりに美味しかった。白身の刺身が弾力があるのに旨み・甘味両方あり美味しかった。マグロはメジマグロ?の脂がかなりある部位で美味しいと感じた。

店内は10席で12時前には満席になってしまい客が来るが「満席なんで」と入店を断っている。店主が一人で全てをこなしている店。場所的にはこの店を知っていなければ入っていかない場所にあり営業中の看板なども掲げていなく営業時間のみ店の外に出していて・・・。勿論メニューなどは外に出していない。雨の日の金曜日の昼。雨だからメニューとか出してなかったのかな?でも雨に濡れる環境ではないし・・・その辺は今回初めて行ったので分からない。

20160129_009 定食を食べ終わるとこれが出てきました。湯のみ系の茶碗にコーヒー、それにシューアイス。

焼き魚定食800円。ご馳走様でした。今回は店の場所と名前は書きません。

| | コメント (0)

嵯峨野 上ロースとんかつ定食等 (蕨駅周辺)

先日この店

20160126_023 で夕食を食べる。場所は蕨駅西口で駅からは2~3分ぐらいの場所。6年ぐらい前に1回だけランチを食べに入った事がある店http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/01/post-06bd.html で美味しかったという印象が残っていてこの日は牡蠣フライが食べたいと思っていて入ってみた・・・この時期にとんかつ屋ならあると思って入ったのだが・・・海鮮フライ定食というものはありホタテや海老などはあるのだが牡蠣はない。ないものは仕方がないので上ロースかつ定食を注文。そろそろ出来上がるかなという頃にビールを注文。ビールはアサヒ・キリンが置いてありそれぞれ小瓶・中瓶とある。アサヒの中瓶を注文。

20160126_016 漬物・ポテトサラダはビールのお通しではなくとんかつ定食に付いてくるもの。ビールを飲み始めるとこれらが出てくる。

20160126_017 ご飯はもう少し後で出しましょうか?と聞かれるがそのまま出してもらう。とんかつに少したっぷり目にソースをかけからしをぬって食べる。ビールにピッタリと合う。とんかつは噛めば噛むほど味が出てくる肉でうまい。キャベツはかなり細い千切りで美味しい。味噌汁が豚汁?で肉は入っていないが肉の出汁は入っている感じのものでコクがあるんだけどすっきりしているという感じで中々こういう味噌汁は他ではない感じのもので良い感じ。

上ロースかつ定食1620円にビール中瓶600円で2220円。美味しかったです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

蕎麦樹 かきあげそば (蕨駅周辺)

先日この店

20160126_012 で立ち蕎麦を食べる。場所は蕨駅西口からすぐのところにある。時間があまりなく立ち蕎麦をという感じだったので入ったのだが・・・。店内のメニューを見てみるとかなり高めの値段設定で・・・。1階は確かに立ち蕎麦形式になっていて5人入れるかどうかという感じのスペース。家に帰ってきて調べると2階が座れるスペースになっているらしい。注文は口頭で品物が出てきた時にお金を払うタイプの店。

注文してから5分程度かな?もう少しかかったのかもしれない。立ち蕎麦だったので時間を見ていなかった。出てきたのがこれ

20160126_011 器・天ぷら共に立ち蕎麦の部類とは思えない感じ。蕎麦を食べてみる・・・コシがしっかりありどちらかといえば蕎麦屋の部類という感じで出汁も美味しい。天ぷらは揚げたてで玉ネギが多すぎるという感じはあるものの美味しい。

値段は560円。立ち蕎麦にしては高いし普通の蕎麦屋としては安い。ちょうど中間という感じのもので店もそこを目指しているのかなという感じがした。こういう店があってもいいのかなとも思うがまさか蕨駅周辺にこういう店があるとは思わなかった。

| | コメント (0)

麺や 鐙 (大和駅周辺)

先日、この店

20160124_006 でランチを食べる。場所は神奈川県大和駅から2~3分ぐらいのところにある店で鯛だし豚骨Wスープというのが気になっていた。店に入ったのは日曜日の11時ちょっと過ぎ。メニューを眺めるラーメンは醤油・塩・味噌とあるようで店の名前が付いた鐙らぁめんは醤油ラーメン。その鐙らぁめんと時雨ご飯というものを注文する。注文は口頭で店員に伝えるスタイルの店。注文時に細麺か太麺か聞かれる。まぁ醤油なら細麺かなという事で細麺を注文

注文してから5分ぐらいでこれが出てくる。

20160124_003 鯛だしなどの魚介スープと豚骨スープを合わせたWスープ。魚介と豚骨なら豚骨の方が主張してくるかなと思っていたが思った以上に魚介系が強く本当に魚介と豚骨のハーフという感じのスープで美味しい。かなり食べ進めてから柚子の香り強く感じた。食べ始めはそんなに感じなかったのだが・・・。時雨ごはんはチャーシューの時雨煮かけご飯でかなり時雨(生姜)がきいている感じでご飯が進む感じのものです。メニューには時雨煮ではなく普通のチャーシューを使ったチャーメシというものもありました。ネギは九条ねぎを使っているとの事。

鐙らぁめん710円・時雨ごはん260円で970円。まぁ値段的にはこんなもんでしょうという感じです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

2016.01.24山本家狂言の会の印象

昨日、新百合ヶ丘駅近くの麻生文化センターで山本家の狂言を観る。この会は毎年この時期に開催されているものでココ数年は毎年のように行っている。今回はちょっと寄り道をしていた関係で開演とほぼ同時に着席という感じになった。

今回の狂言は「伯母ヶ酒」「鐘の音」「止動方角」の三曲。どの狂言も観た事のある狂言で色々なところで演じられているものという感じの狂言だがこの会で演じられるのは初めてとの事。1年前の予定では「船渡聟」「節分」「止動方角」だったのだが昨年10月に案内が送られてきた時にはすでに変更になっていた。狂言が変更になった理由には東次郎氏の体調があるようで脊柱菅狭窄症の手術を年明けにしていたとの事。一般的には中々治りづらい病気の一つだとは思う。痛みはあるもものの日常生活ができてしまうので我慢していって日常生活ができなくなるようになってから手術というようにしていく人が多く、手術しない人も多い。東次郎氏の場合日常生活はできていて舞台をあと10年は続けたいという事で積極的に手術をしたようで一般的なケースとは違うのかもしれない。何にしても早くよくなる事を願うばかりです。来月、東次郎氏の「武悪」が観たくてチケット買ったのだが・・・大丈夫なのかな?

伯母ヶ酒:甥が泰太郎氏・伯母が凛太郎という親子の共演。なかなか面白い狂言。甥が伯母の家に行っていきなり座るというのは結構珍しい動きのような気がする。普通は立っての会話があってから座る事があっても始めから座って会話というのはあんまり記憶にない。他にもあるのかな?伯母の持っていた扇の色が金と赤の派手な色合いのものでもっと地味でも良いのではないかなと思ったりもしたが何か意味でもあるのかな?

鐘の音:この狂言は好きな狂言で五大堂・寿福寺・極楽寺・建長寺の鐘が出てくる。昨年8月に今回と同じように則俊氏が太郎冠者を演じているものを観ている。声の良さはもとよりで最後の謡ながらの舞はすばらしかった。

止動方角:私の周辺の観客は馬を絶賛してました。私も馬の動きは大変だと思います。この狂言に使われた葛桶はかなり貴重なもので資金が豊富なころというからバブルのころかな?この葛桶を手本に国立能楽堂が同じようなものを作ろうとしたがその当時でももうこの技術を再現できる職人がいなかった事を狂言が終わった後に東次郎氏が話していた。それを道具として使っているのがすごいと思う。まぁ道具なんで美術館なんか保管しておいても価値はないのかもしれないが・・・まぁ面なんかも時代のかなり古いものを使っていることもあるようで・・・本当に衣装や道具を見てもすごいと思う。

最後は東次郎氏の話で・・・いつもなら話を終えて小舞を舞うのだが今回は体調の関係でなしという事でこの日演じられた3曲の話をされていた。今までどこかで聞いた事があるような話だったような気がする。前の方にも書いたがこの日寄り道をしていて劇場にギリギリで入っていて休憩時間も外の空気をすいに出ていて普段は読んでいるパンフレット?入場する時に渡された筋書き?を読んでなくて(そちらの方に病名書いてありました)突然○○で体調が良くないという話で・・・で東次郎氏が正確に病名を覚えてなくて・・・そんな病名聞いた事ないぞ・・何だ?とそちらの方に集中してしまい・・・話をしてるうちに脊柱菅狭窄症だと分かったのですが・・・私の頭の中には脊柱菅狭窄症=厄介な病気というのがありそっれが気になってしまって・・・。それが印象に大きく残っていて・・・。

今回はなんか結構全体的にあっさりとした感じがしたかな。東次郎氏が狂言に出ていなかったというのが大きいと思う。時間的にも2時間20分ぐらいなのでけっして短くはないのだが・・・。まぁこれからも東次郎家の狂言は観ていきたいし実際に観ていくんだろうなとは思った。

| | コメント (0)

矢場とん エスカ店 リブとんかつ

先日、名古屋駅近くで夕食を食べる。どこで食べようか考えながら駅周辺を歩く。この辺は地下街やビルの中に沢山の飲食店がありどこに行こうか迷ってしまう。そういえば矢場とんに全然行っていない気がする(このブログで確認するが2010年8月に行っているそれ以来)かなり昔は名古屋に来たらけっこう行っていたのだが・・・。矢場とんのエスカ店に行ってみる。いつも夕食の時間帯は並んでいるという印象があるのだがこの日は誰も並んでいない。そのままカウンター席に座る。

メニューを眺める。ここの看板メニューはわらじとんかつ。平べったい味噌とんかつがすごい大きさで出てくるもので・・・私ももう若くないので・・・わらじとんかつと同じ値段でリブとんかつというものがある。メニューには新メニューと書かれていて肉の厚さが1.5倍との事。それを注文してみる。

注文してから待つこと6~7分でこれが出てくる

20160107_072 

20160107_074 とんかつの味噌ダレはとんかつにかけずに持ってきて客の目の前でかけるようにしている。昔は多分こんな事していなかったと思うが・・・記憶が定かでない。肉の厚さが1.5倍といってもこの店のとんかつの厚さがもともと薄いので普通のとんかつ屋のものと比べるとそれほど変わらないぐらいかな。

やはり味噌ダレは美味い。肉自体はそれほどでもないのだが。それこそ先月これと同じ値段で渋谷の店でとんかつ食べていてhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/12/post-63ff-1.html そちらの肉と比べるととても追いついてはいない感じ。ただ量はこちらの方が多いし必殺の味噌ダレがこちらにはかかっているのでどちらが良いかというと微妙なところですが・・・。一味とゴマが薬味として置いてあり店員もとんかつを運んできた時に「とても合うと思います」という内容のこと(正確な言い回し忘れた)を言っていたので試してみるが・・・やはりこれと合うのはマスタードだと思う・・・まぁ好みの問題かもしれないが・・・。

リブロースとんかつ定食1600円に税が付いて1728円。ご馳走さまでした。やっぱり味噌ダレがうまい。

| | コメント (0)

中村農園 親子丼 (池袋・西武催事場)

先日、池袋西武本店の催事場でこれを食べる。

20160113_00420160113_005 この企画はもう終了しているので現在は西武ではこれを食べる事はできない。見ての通りの親子丼。「カレーは飲み物」という言葉をタレントだった故ウガンダ・トラさんが言ってそれが広まり現在はその言葉の通りの店が池袋西口の方にあるが、まさにそんな感じの食べもので「親子丼は飲み物」という感じの親子丼で汁だくだくで美味い。鶏肉も色々な部分のものが使われていて食感・味が違ってい楽しい。卓上に橙ぽんず(この店オリジナル)が置かれていて最後の方にこれを少しかけて食べると美味しいという事だったのでやってみる。美味い。ほんのり柑橘系の香りがして美味しさが増す感じがした。

出店していたのは中村農園という山梨県にある農場でインターネットでも鶏肉や卵・お菓子の販売をしているようです。山梨県北杜市に行けば直営販売と食事処があるようです。親子丼980円ご馳走様でした。

| | コメント (0)

中むら 伊勢うどん定食 (伊勢神宮外宮周辺)

先日、と言ってもかなり前になるがこの店

20160107_035 で昼ごはんを食べる。場所は暖簾の文字通り伊勢で伊勢神宮が外宮からすぐの場所にある「中むら」という店。

今回注文したのは伊勢うどん定食というもの。店は結構新しい感じ。店内は7~8割の客の入り。この辺は時期や期間帯によってかなり違ってくると思う。注文してから5分程度で運ばれてきたのがこれ

20160107_031 伊勢うどんにご飯・サラダ・梅昆・沢庵のセット。運ばれてきた時から梅昆布の香りがほのかにしていて食欲をそそる。伊勢うごんは具沢山で油揚げ・キザミ海苔・かまぼこ・葱・おぼろ昆布。ちなみに定食ではない伊勢うどんを注文するとうどんのみで具は別皿に葱が付くだけらしい。うどんはコシというものがなく柔らかいうどんで出汁は濃い目の味のものでかけそばとざる蕎麦の中間ぐらいの出汁という感じ・・・これらが伊勢うどんの特徴らしい。さぬきうどんのようなうどんも好きだがこうゆううどんも良いと思う。美味しいと思う。邪道かもしれないがキザミ海苔だけをドバッと入れて食べてみたいという気がした。ご飯に梅昆布の組み合わせがとてもよくこれだけでももう1杯は食べれるかなという感じでご飯も美味しかった。

伊勢うどん定食850円。ちなみに伊勢うどんは530円でした。

| | コメント (0)

2016・01・10 横浜狂言堂の印象

毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜能楽堂で横浜狂言堂というものが開催されている。これは狂言を2曲公演するもので狂言方(狂言師)の解説もあるというもの。今月は野村万蔵家による狂言で「二人大名」と「宝の槌」という狂言。

まず、解説という事で野村万禄氏が切戸口から出てきて本舞台中央少し後方に座り扇子を手前に置く。何も言わずに舞いを始める。新春一回目ということで小舞「若松」を舞う。時間的には1分か2分ぐらいの小舞。新春だから最初にいきなり小舞を舞ったのだと思うが・・・新春でなくてもこういう始まり方というのもいいかも知れないと思う私。その後は普通に挨拶をして今日演じられる2つの狂言のストーリーを詳しく解説されていた。2人大名の最後について大名がかわいそうだと思うか、自業自得だと思うかは見ている人しだい。というのは印象に残った。もっと考え方はあると思うのだが・・・これはどっちなんだと誰か(客等)から聞かれて事あるのかな?

二人大名:この狂言は何度か観た事のある狂言。そうそうこの狂言は「起き上がり小法師」が出てくるやつ。合点だ合点だ。アドの野村虎之助君が出てきた時は万蔵氏の声が少しこもっている感じで似ているかな?と思ったがその後小アドで出てきた万蔵氏の声を聞いたら・・・確かに似てないことはないが透き通り方とでも言うんだろうか?快晴と曇りぐらいの違いがあった感じがした。

宝の槌:この狂言も何回か観た事のある狂言で鎮西八郎為朝の名前が出てくる狂言。狂言にはほとんど個人の名前は出てこないが鎮西八郎為朝はこの他に首引きという狂言に名前だけでなく本人が登場する。太郎冠者がすっぱ(詐欺師)に騙され変なものを高額で買ってしまうというよくある狂言で普通にいけば新春にはどうなの?という狂言だが騙されて帰った後の主人の対応が他のものとはちょっと違っていて・・・主と太郎冠者の人間関係が狂言の中では出てこない部分があるんだどうなと思わせる狂言。主人の最後のいて○○という言葉が良い。まぁ狂言らしくないと言えばそんな感じもするが・・・現在では良い狂言かなとも思うがこれがつくられてた時代はこの狂言どう評価されていたんだろうか?気になるが確かめようがない。

以上、思った事をほぼそのままで書いてます。間違い・勘違い・思い込みなどがあると思いますが・・・まぁその辺は流してください。感想ではなく印象なので・・・。

| | コメント (0)

ちぇん麺 しょうがラーメン (横浜・鶴見駅周辺)

昨日は第2曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂というものが毎月開催されている。それについては後で書くとして能楽堂に行く前にちょっと寄り道をしていて鶴見駅周辺でランチを食べようということで店を探す。初めて歩く地域で全くどの辺に何があるかよくわからなかったが最終的に入ったのがこの店

20160110_026 入ったのはこの看板を見たから

20160110_027 しょうがラーメン、冬にはピッタリな感じ食べてみようという感じ。店はカウンターのみの10席ぐらいの店。看板メニューはあんかけ焼きそばだが今回はもちろんしょうがラーメンを注文。基本的に店の中に券売機がありそこで食券を購入するのだがしょうがラーメンは券売機では対応しておらづ現金での支払いになる。しょうがラーメンの(中)を注文。

注文してから5分ぐらいで出てきたのがこれ

20160110_022 スープは塩味。まず一口スープを飲んでみる。始めにほのかなごま油の香りがした後しょうがの味が追いかけてくる感じで美味い。野菜は水菜・小松菜?・キャベツ・人参・もやしなどでこのスープにピッタリ合っていて美味い。一番合っていると思ったのがチャーシュー?というか豚肉、これがスープとものすごく合っていて美味い。麺は少しちじれた普通の太さ(中太麺と中細麺の間)だと思います。本当に美味しいラーメン。家の近くに店があれば冬の間何回か通いたくなるラーメン。看板メニューのあんかけ焼きそばも食べてみたい気がするが・・・鶴見駅周辺に来ることは中々ないので・・・今回人生で初めて来たとい場所で・・・今後くる予定は全くない。このラーメンだけの為に鶴見駅まで来るかといえば(私は現在静岡市在住)そこまでのものではない感じ。

しょうがラーメン(中)900円。美味しかったです。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

豊橋駅 朝らーめん 豊来軒 

先日、豊橋駅にて朝食を食べる。18切符を使って遠出する時によくこの駅構内で朝食を食べる事があったのだが・・・リニューアルされていてこんなものができている20160107_006 フードテラスというらしい。PRONTO・壺屋・豊来軒の3店舗が入っている。このうち壺屋と豊来軒は前からあったのだが・・・壺屋のスペースがかなり狭くなっている感じ。

今回は豊来軒に入って朝らーめんというものを食べる事にする。20160107_004

・・・鶏白湯が看板メニューになっている。以前はブラックラーメンだったのに・・・黒~白へ・・・。まぁ今回は朝らーめんという事で白湯スープではなかったが・・・。

食券を店員に渡してから2~3分で出てきたのがこれ20160107_003鶏ガラスープの醤油味。すっきりした感じのスープであっさりという感じではなくしっかりと味がある感じで美味しい。麺は中細麺?ぐらいかな。スープがすっきりしている為に麺をしっかりと感じる事ができるゆえに・・・。スープが美味しいだけに・・・この値段を考えればこれはこれでそれなりに美味しいと思う。具は煮たまごに葱のみで朝食にはこんな感じが良い。

朝らーめん380円。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

田舎料理 吉野 ミックスいなり寿司(豊川稲荷参道)

先日、豊川市に出かける。豊川と言えば豊川稲荷が有名で名物はいなり寿司、という事でこれ

20160106_044 を買って帰る。これを買ったのは豊川稲荷の参道沿いにあるこの店

20160106_037 基本的には飲食店で店の中で食べる店だが店頭でいなり寿司を販売している。この参道にはいなり寿司を販売している店がかなりあり有名店もあったのだが有名店は長蛇の列ができていて並ぶ気にはなれずこの店は5~6人の行列ができていて・・・ちょうど良い感じがした。行列ができていないわけではなく長くもない。その上かなりの種類の変わったいなり寿司があるようで・・・

各いなり寿司の名前はこれ

20160106_045_2 わさびが一番美味しかった(私の好み)シンプルな白いなりも良いがわさびが頭一つ出ているような感じで・・・その次に金ごま・うめって感じで日本の味っていうか昔からあるものがいなり寿司には合うよう気がする。

いなり寿司ミックス950円。単品でも100円~売ってます。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

かもめ 精進御膳 (豊川稲荷参道)

先日、この店

20160106_036 でランチを食べる。場所は愛知県豊川市豊川稲荷の表参道沿い。参道には沢山の飲食店があったのだが最終的にこの店に入る事にしたのはこの看板

20160106_035 店の中に入ってみる。店の中央に大きなテーブル席がありその右側に座敷がコの字にあり奥に大きな厨房。玄関正面には2階に行く階段があり・・・中々こういう構造の店は見ない。一昔前のつくりという感じの店。

客は中央のテーブル席にかたまっている。始めは1組の団体かなと思っていたがこの店に入ってきて相席になっている何組かのグループだった。私は座敷の方に座るが店員はしばらく気がつかない様子。しばらくすると中央テーブルに料理が運ばれてきて私が入ってきていることに気がつく。すぐにこれが運ばれてくる

20160106_029 注文を店員にしようとすると「ちょっとまってて」という感じ???この後、厨房の方向から客と思われる人が何人か出てくる。店の奥の方にも席があり結構混んでいたのかもしれない。その後しばらくしてから店主と思われる年輩の男性があらわれて「ランチでいい?」との事で「はい」と答える。

店に入ってから25分ぐらいで出てきたのがこれ

20160106_03120160106_033_2 かなり良い器を使っている感じ。味も美味しい。ただ量が少し少ない感じが私にはした。女性ならばこれくらいで丁度良いのかもしらない。どれも美味しかったのだが豆腐の味噌田楽が美味しかった。これにぬる燗でもあれば・・・。赤だしも美味しかった。出汁が・・・精進料理?精進御膳だから出汁に魚使ってもいいのかな?使わないでこの味は出ないと思うが・・・もしかしたら方法があるのかもしれない。まぁともかく美味しい事は確かです。

精進御膳1000円。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

とんこつらーめんと立ち食い寿司 (渋谷・道玄坂)

正月3日、渋谷にいる。正月3日という事であまり開いている店がない。時間もあまりなかった為に昼はこの店

20160103_007 に入る。場所は井の頭線渋谷駅西口から30秒ぐらいのところにある店。とんこつらーめん風龍というチューン店。何度も入った事のある店でラーメンを注文すると2玉まで替え玉が無料で食べられる店。今現在は550円のらーめんが最低価格になっているが以前は500円だった。消費税があがってしまい550円になった低価格のチェーン店というのが私のイメージ。

今回海苔ラーメンを注文。店の外に券売機があり食券を購入して店に入る。食券を出して2分ぐらいでこうなる

20160103_006 海苔は別皿に乗せられてくる。麺の硬さはバリカタ・カタ・普通・やわらかの4種類。1杯目は普通で注文。味はそれほど癖がなく薬味で調節していく。私は白ごまが結構好きで入れる。その後2杯目も麺の硬さは普通で注文。三杯目はカタで注文。海苔は1杯目は入れず1杯目に2枚、3杯目に3枚入れる。この日チャーシューが結構厚めで大きさもあり・・・こんなに大きかったかな?と思ったのを思い出した。海苔ラーメン600円。時間がない時にたまに利用するのに本当に便利な店という感じ。

この日の夜は昼食べたとんこつラーメンの店から1分以内。同じ通り沿いにある立ち食い寿司で食べる。こちらもチューン店の魚がし日本一の立ち食い寿司道玄坂店。1ヶ月ぐらい前だったかな改装工事をやっていたのを見かけていて・・・店内どこが変わったのか分からない。

20160103_008 エンガワにマグロ。以前はエンガワってあまり注文しなかったのだが最近なんか好きで注文している感じがする。

20160103_009 冬の三貫王というメニューであん肝・蒸し牡蠣・ブリのセット

20160103_010 煮はまぐりに海老。煮はまぐり、期待したのだが・・・もう少しなんかやりようがある気がするが・・・

20160103_011 生タコ・穴子。それなりの味。最後に玉子

20160103_012 正月の3日でしかも夜となるとさすがにこれは珍しい、食べたいというネタが少ない感じで・・・煮はまは期待したんだが・・・まぁこれはこれでしかたないでしょうねという感じですね。会計2052円。煮蛤が1貫200円。三貫王が500円で後が100円と75円のネタ。またネタの種類が沢山ある時に行きたいと思います。

| | コメント (0)

福箱 日本酒

年末にこれを購入

20151230_001 日本酒の福袋ならね福箱というもの。4種類のお酒の写真が展示されていてどれかが入っているという事でどれが入っているか分からないというもので入っていた日本酒はこれ

20151230_002 2本とも見かけないお酒。おそらくイ○ンだけで扱っている日本酒。値段的に言うと越後屋の大吟醸がイ○ンのネットショップで1002円。加茂錦の方はこのラベルのものは探しだすことはできなかったが同じ純米吟醸酒で無濾過or微濾過のものが1150円~1180円ぐらい。この福箱の値段2160円。う~んほぼ定価通り。確かに日本酒の価格は米によってかなり左右されるので加茂錦の方が米の種類を変えていればもう少し高いと思うのだがこの価格帯のものしか出していない蔵元で米を変えているとは考えにくい。

う~ん何にしても福箱という感じが全くしない私。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »