« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

東萬 酢豚定食 (岐阜駅周辺)

先日、岐阜駅近くのこの店

20151228_057 で食べる。これは店内から撮影たもので・・・この窓が入った時は鏡だと思っていて・・・不思議な形の窓です。場所は岐阜駅から2分ぐらいの場所で入り口はこんな感じ

20151228_06620151228_067 手すりもない少し急な階段を上っていく。こうゆう店に入るのが結構好き。まぁそれで結構ハズレというケースもあるのだが・・・この日はラーメンが食べたかったのだが夜の定食というメニューの項目がありそこに酢豚定食があり・・・この前の土曜日「チューボーですよ」というテレビ番組で酢豚を作っていてその時食べたいなと思っていて・・・酢豚定食を注文する。

注文してから6分弱でこうなる。

20151228_059 基本的にお酒といえば日本酒しか飲まないのだがさすがに酢豚だとビールかなということでビールも注文。スーパードライが出てくる。

20151228_061 酢豚は酸味が結構あり好きな味でビールにご飯が進む。具材の硬さも丁度良い感じで違和感を感じるものがない。あとスープがラーメンに使っているスープにモヤシが入ったものだと思うがこれが旨み・甘味があって美味しい。麺を食べてないので分からないがココのラーメンは美味しいんだろうなということを感じさせるスープだった。もし今度岐阜に行く事があればこの店でラーメンを食べたいと思った。

酢豚定食(夜)830円+ビール600円で1430円。この店はラーメンが480円など基本的にリーズナブルな感じ。ちょっと建物や内装は年季が入っていて辺鄙な昭和の建物という感じだが味は美味しいと思う。

| | コメント (0)

和菓子・御朱印

昨日、18切符で岐阜に出かける。岐阜には午後着けばよいので、午前中ちょっと寄り道をする。寄ったのは名古屋の中央線大曽根駅から地下鉄の車道駅の間をあっちこっち。この辺は昔よく行った場所がありどの方向がどっちの方向に行くかはわかっている地域。

まず行ったのはここ

20151228_021 芳光という和菓子屋さん。前回来たのが昨年の8月。ここの和菓子を食べて和菓子ってすごいとおもってこのブログに「和菓子」というカテゴリーをつくったのだが・・・なかなかココ以上の和菓子って出てこないという感じでブログもそのためもあってか1ヶ月程度で和菓子のことを書かなくなった。食べてはいるのだが・・・確かに形が奇麗だから写真を貼っていくだけでもいいのだが・・・。今回はこの店の人気商品「わらび餅」を購入しようと思い行く。前回訪問したのは夏でわらび餅をつくっていなかったので食べるのは初めて。「わらび餅」と「冬ぼたん」というものを購入

20151228_044 両方とも上品な甘さで美味しい。

20151228_046 全く個人的な感想だが前回食べた小萩という

20140829_013 ういろに味噌あんというものの方が好き。この時はわらび餅を販売していなかったせいか店内が空いていて店内で食べさせてもらった。今回は年末という事もあり店の中に結構お客さんが沢山いて店員も5~6人もいて・・・前回は2人だった。

その後向ったのは建中寺というお寺。

20151228_030 奈良・京都・鎌倉くらいでしか見た事がないような大きな門がドーンと建っている。境内の中にも色々な建物が建っている。昨日は不動明王の縁日のようで不動明王のある建物なのかな、何人か集まって何かをやっている。私は本堂の方にお参りさせてもらって御朱印をもらう。社務所が本堂から結構離れたところにあり結構わかりづらい感じ。一つ一つの建物が何の建物なのか私にはわかりづらい。まぁ観光寺ではないのでしかたない。

20151228_078 その時いただいた御朱印。書置きだと思う。御朱印帳を渡したのにわざわざ別の紙に書くことはないと思うのだが・・日付けをいれるだけであんなに時間かかるのかなという感じ。どこかに持っていっているわけではなくその場で書いていたのだが・・・私は書くとこをなるべく見ないようにしているので・・・書置きの時は「書置きでもかまわないですか?」などと聞かれる事が多い。何も言われずこれが出てきた・・・。住職はこれを書いている時に社務所に戻ってきている。うーんもう少し時間がずれれは書置きでなかったのだろうか?そもそも基本的に書置きの場合今回は縁がなかったということで御朱印をいただかないで又機会があった時にと思っているのだが・・・。その後行った岐阜市の神社の神主さんの対応がよかっただけに・・・。

建中寺を出たあとこのブログの前のブログに書かれている店に行きその後岐阜に行く。岐阜に着いて時間に余裕があった為、この神社に行ってみた

20151228_050 橿森神社。神社はこの時期から年始にかけて一番忙しい時期を迎えるはず。この神社の境内には建勲神社もある。建勲神社は京都にある織田信長公をお祀りする神社。お参りをして社務所に御朱印をもらいに行く。社務所はお寺でいう庫裏という感じの建物で神主さんが私服でなにか作業をしていた感じ。御朱印帳を渡すとその御朱印に関する神の話などをしてくれて・・・できればこうした方が良いという話をしてくれたりした。まぁまぁ私の都合もあるのでそれはできないのだが・・・。ここでいただいた御朱印はこれ

20151228_075 橿森神社と建勲神社(岐阜信長神社)の御朱印。

以上昨日もらった御朱印と和菓子です。

| | コメント (0)

岩正 味噌煮込みうどんデラックス (名古屋・東区)

昨日の昼この店

20151228_039 で食べる。岩正という店。店の前に車が止まっていて正面から撮ると車の車体が全面に写るのでこの写真。ちなみに2軒先にも飲食店がありその店の前にも堂々と車が駐車している。その先には駐車禁止の標識があるのだが・・・。場所は名古屋の東区。最寄の駅は地下鉄の車道になり、20メートルぐらい先には筒井小学校がある。

店に入ったのは11時30分ぐらい。この店の看板メニューは名古屋名物味噌煮込みうどん。今回、味噌煮込みうどんのデラックスというもの注文する。まずはこれが出てくる

20151228_033 お茶と水、両方出てくる。お茶は香ばしさを感じる茶で美味しかった。注文時にご飯どうしますかと店員に言われ「お願いします」と答えてしまう。注文してから7分ぐらいで出てきたのがこれ

20151228_03420151228_035 デラックス、この店の煮込みうどんに入る具材の全部入りのうどん。海老天・玉子・豚肉・鶏肉・お餅入り。ちなみにこの煮込みうどん意外のもの(玉子入りなど)はこの鉄鍋ではなく土鍋に入れられて提供されている。

うどんは独特の硬さ。今まで有名チェーン店のものしか食べた事がなく他で食べた事なかったので・・・本当にこうゆう麺の硬さなんだと納得?確認?する。汁は思ったほど濃くはないが美味しい赤味噌使っているなというのが分かる。ごはんとまたぴったりと合う汁で・・・まぁ食べすぎという感じだが・・・。美味しかったです。

味噌煮込みうどんデラックス1050円にライスが150円で1200円。ちなみに味噌煮込みうどんは600円でそれに玉子を入れたり親子(玉子に鶏肉)にしたりすると値段が上がっていく。この具で1050円はかなりリーズナブルだと思う。ご飯の150円は価格的に普通だと思う。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

浜松駅 立ち食い蕎麦 たぬき蕎麦

昨日の朝、浜松駅の駅蕎麦を食べる。今回食べたのがきつね蕎麦でこれ

20151228_017 見ての通りの大きな油揚げが一枚のっている。揚げは甘辛く煮てあり蕎麦にちょうど良い感じ(この辺はは関東と関西とで好みが分かれると思うが私は静岡県民でどちらかというと関東よりの味に慣れている)で美味い。蕎麦はザ・立ち蕎麦という感じでこんなもんでしょうという感じで多少細目かなというぐらいの蕎麦。

値段は420円。ここの天ぷら蕎麦が400円。どっちを選ぶと聞かれれば天ぷら蕎麦かなという感じです。

| | コメント (0)

さぬきや なべ焼きうどん (岐阜市)

先日、この店

20151222_041 で夕食を食べる。場所は岐阜市の金神社から157号線を挟んで向かいアーケード街の入り口にある店。どこかで夕食を食べようと思っていて・・・時間的には19時少し前で20時には岐阜駅にはいたいという感じで・・・店の混み具合、料理が出てくるスピードによっては飲むことも可能だがかなりギリギリという感じで今回は食べる事を考えて入った。

店の中はカウンター席のみの店で20席ぐらいあったかな。私のほか誰も客はいない。店の前にこれ

20151222_044 があり、あまり寒くない冬とはいえやはり冬で久しぶりになべ焼きもいいかなと思い入る。

店に入りなべ焼きうどんの大盛りを注文。店員は店主一人で全てをやっている。なべ焼きに玉子は入れなすか?と聞かれた為、入れてくださいと答える。注文してから6~7分で出てきたのがこれ

20151222_037 

20151222_038 うどんはコシのあるうどん。店の名前の通りさぬき風のうどん。この手のうどんは煮込むより冷たいぶっかけなどの方が好きかも知れない。うどんの硬さにムラがある。柔らかいところ硬いところ・・・これだけムラが大きいうどんを食べたのは初めて。あとこれは地域性があるのかもしれないが油揚げの味が濃すぎてういている感じがした。

これを食べて会計。900円+大盛り100円だと思っていたら1242円の請求?店主に「え?」というと「なべ焼きうどんに大盛りに玉子で1242円」との事。玉子が別料金だった。確かに店内の短冊メニューの中に玉子があったのをその時、初めて確認した。確かに注文時にも玉子入れるか聞かれた・・・。料金を払って店を計算してみるとなべ焼きうどん大盛りが1000円で会計が1242円という事は玉子が150円という事になる。大盛りが150円だったかな?店の外もそうだが数字で書いてないのでぱっと見てわかりづらい。その上卓上にメニューはなく、私が座った席は短冊メニューに背を向けて座っていたので・・・。何にしてもこのなべ焼きうどんが1242円なら私は次回は注文しない。900円でも次回注文するかといえば答えはNOだ。絶対ほかの店で他のもの食べるだろうな。

| | コメント (0)

最近いただいた御朱印 八百富神社中心に

昨日、岐阜に行く。青春18切符を使っていて岐阜駅には13時過ぎに着けば良いかなという感じで特にこれをやろうという事がなくそれなら御朱印をもらいに・・・という事で静岡~岐阜の間の駅どこでも降りれるし多少岐阜を越えても戻ってくれば良いし・・・という事でどこに行こうか?調べると蒲郡に竹島というものがありその島全てが神社となっていて駅から歩いていっても15分~20分ぐらいという感じ・・・これなら時間的に大丈夫(無理がない)かなという事で行ってみる。

竹島はこんな感じ

20151222_018 徒歩で橋を渡っていく。橋の長さは387メートルとの事

20151222_015 橋の途中。下は海です。湖ではありません。天気はよかったが風はすごかった。

20151222_013 橋の上に鳥居。ココまで蒲郡駅から徒歩でかなり早足で歩いて22分ぐらいです。これは道を歩いてのことで帰りにわかったのですが駐車場?を横切る感じでいけばもっと早く行く事ができます。ここの神社の御朱印はこれ

20151222_051 八百富神社。その横の金(こがね)神社は岐阜駅から徒歩10分ぐらいにある神社で街の中心街近くにある神社で私が岐阜市に用事がある時はほとんどの場合通っている神社。鳥居が

20151222_029 金色。御朱印の桐の紋も金色の印。

先日、築地でランチを食べた時に行った時にいただいた御朱印がこちら

A20151217_061 築地場内海幸門を出てすぐのところにある波除稲荷神社。もともと築地は海を埋め立ててできた場所。波除稲荷神社という名前から色々なものがあったんだろうなという事がうかがえる。現在は境内に大きな獅子舞の頭が奉納されていて御朱印には獅子舞頭の印がある。その日上野にも行っていて上野公園近くの寛永寺でも御朱印をいただいている。

以上最近いただいた御朱印でした。

| | コメント (0)

てら田 ランチ 花ちらし 再び(岐阜駅周辺)

昨日は冬至。岐阜にいる。確か去年も冬至に岐阜にいた。日にちも同じ22日。これは何かの偶然(気が付いたのが21日の夜でどこでランチ食べようか考えていて蒲郡という計画や名古屋という計画もあり決めかねていた)という事でこの日の昼ご飯は去年と同じ店に行ってみた。

行ったのはこの店

20151222_027 岐阜の駅前にあるてら田という店。ランチのメニューは予約していない場合2種類でカニちらしと花ちらし。去年はhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/12/post-2164.html 花ちらしを食べているので今回はカニちらしをと思っていたのだが・・・店に入ってメニューを見るとやっぱり花ちらしの方が良い感じに思えて「花ちらし」と注文する。

注文してから5分程度でこうなる

20151222_02420151222_02520151222_026 今年は去年のように冬至のかぼちゃのサービスはなかったが相変わらず美味しい。味噌汁のあさりという事で変わらない。花ちらしの方もほとんど変わってないかな?今回は炙ったヅケが乗っていたぐらいかな?白身の魚が何種類かあり新鮮でプリッとしているものと柔らかく旨みがでているもの両方のものがあり良い感じ。

花ちらし950円に税が付いて1026円だが26円切り捨てで1000円。今回も大盛り(大盛りはサービス)にしてもらいました。ご馳走さまでした。機会があれば夜うかがいたいのだが中々岐阜だと・・・時間的にきびしい感じがする(私の場合)

| | コメント (0)

美登利寿司 池袋地下街 立ち食い寿司

先日、池袋で立ち食い寿司を食べる。今回行ったのがココ

20151217_049 場所は池袋の地下街エチカの飲食店がかたまってある処にある。メトロ副都心線改札の近く。

ココは何度か入った事がありいつも外の席に座って並んでいる人がいるのだが今回は誰もおらずすぐ店に入る事ができる。

20151217_039 お茶はミドリの粉を入れてお湯を注ぐセルフセービス。店内に書かれているメニューを見る・・・。この日食べたいと思っていた牡蠣・カツオがメニューにない・・・まぁこうゆう日もある。メニューを見ながら注文をしていく。

20151217_040_2 中トロ・漬けマグロ・マグロ・金目鯛・ホッキ貝。漬けはなんかもの足りない感じがした。ホッキ貝はなんか味が薄い感じ歯応えはよかったのだが。寿司を握っているのは2人。一人は名札のところに初心者マークが付いている。お櫃型の機械を使用、シャリはほのかに温かい。次に濃い味シリーズでウニに白子2貫

20151217_042 ウニは爽やかなウニという感じでもう少し濃厚なほうが好きなのだが・・・白子も淡白で・・・まぁもっと寒くなれば美味しくなるのかな?でも両方とも美味しかった。

20151217_044 コハダにエンガワ。エンガワの身が厚くて味も美味しかった。

20151217_046 トロの切り落とし軍艦・赤貝ひも・タコ吸盤。切り落とし脂があって美味しかった。赤貝ひも・タコ吸盤などはあると注文してしまう。もちろん美味しい。

20151217_048 最後にネギトロ巻きに玉子。玉子の写真を撮り忘れる。気が付いた時はすでに口の中。

合計15貫で1720円に税が付いて1857円。マグロ系が安い。マグロ50円・中トロ100円。あとエンガワの80円が特に安いと思った。ホッキ貝の150円はどうかなとは思ったが全体的にはかなりリーズナブルな価格だと思う。だから並んででも食べている人が多い店なんだろうが・・・。まぁ池袋の地下にはもう1件さくら寿司という立ち食い寿司がありそっちもこちらに負けず劣らずでリーズナブルに寿司だしているので・・・客にしてみれば競ってくれるのはありがたい話です。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

築地 磯野家 牡蠣フライ+牡蠣飯

昨日の昼、色々あり築地にいる。東京に行く事は決めていてその後は成り行きでという感じで・・・。築地市場は来年の秋、豊洲に移転する事が決まっている。昨日築地に行って知ったのだがもう日にちも決まっていて11月7日との事。

築地に行ったのはランチを食べる為、今回入った店はココ

20151217_019 磯野家という店で中華を中心とした食堂ですね。経営しているのは隣にある磯寿司で場所が場内の10号館。正面門から入っていくと一番初めに出てくる飲食店ではあるがあまり目立たない感じ。ちなみに磯寿司は築地場内の店で平日夜9時まで営業しているという珍しい店。

磯野家の暖簾の向こうのドアーを開けると階段がありその階段を上って行くと昭和の食堂という感じの店内にでる。今回注文したのはカキフライ定食に御飯をかき飯に変更という牡蠣づくしのもの。まずはこれが出てくる

20151217_011 牡蠣はもちろん季節メニュー来年はココで食べれるんだろうか?10月ぐらいから出るので11月7日移転ならもしかしたら1ヶ月ぐらいはてべれるのかも知れない。注文してから10分ちょっとでこれが出てくる

20151217_012 写真の下の方私の足と食堂といった感じのタイルの床が写っている。味噌汁はあさりの味噌汁。あさりの出汁だけでなくカツオ節等でとった出汁がきいている。かき飯はこの店の冬の看板メニューこのかき飯は単品で注文すると(大)になるサイズ。牡蠣の炊き込みご飯で大きな牡蠣が上に3個乗っていてご飯の中に小さいサイズの牡蠣がゴロゴロ入っている。もちろん美味い。カキフライは

20151217_017 こんな感じ・・・わかりにくいかもしれないが牡蠣が2~3個ぐらいの牡蠣を使って一塊のカキフライという形で揚げている。ボリュームたっぷりで美味い。

20151217_013 一塊ごと色々な食べ方で食べてみる。醤油のみ・醤油+からし・タルタルのみ・タルタル+醤油・最後はレモン汁のみ。どの食べ方も美味しい。

カキフライ定食1300円+かきめし変更400円で1700円。ちなみにかきめし(大)単品だと味噌汁が付いて620円。ランチで1700円はちょっと贅沢な気もするがこの内容なら満足です。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

2015・12・13横浜狂言堂の印象

13日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂と言うものが開催される。これは狂言を2曲、解説付きで公演するというもの今回の解説で言っていたが今回で96回目との事で来年の4月で100回目を迎えるらしい。今月も観に行く。

まずは解説という事で千三郎氏が登場する。狂言の登場人物にはほとんど名前がないという話などをされてた。興味深く聞いたのは先月万蔵氏・萬斎氏と武悪をやられたとの事。その時、家によってどこがちがうのかよりどこが同じなのかを感じたという事又どこがゆずれないのかなどを感じたというような話をされていて・・・この武悪を観たかったと思ったのと確かに今までどこが違うのかを観ていた事はあったがどこが同じなのかを意識して観た事はなかったなと思った。あと新作狂言が普及していかない一つの要因、著作権の事も興味深く聞かせてもらった。

膏薬煉:この狂言は何度か観た事のある狂言でストーリーは分かっていた。はじめは鎌倉の膏薬煉の声が太く都の膏薬煉の方が声が細いように感じたのだが聞いていくと調和していく感じがした。まぁ同時に童司氏(都の膏薬煉)の声があきら氏に似ていると感じた。まぁストーリーは鎌倉の膏薬煉と都の膏薬煉がどちらが優れているか比べあうというものだが・・・当時は吸う力が強いものが優れているとされていたのだろうか?吸い比べをして勝敗をつけている。その動きがコミカルなところもあり都の膏薬煉の動きが柔らかく面白かったなと感じた。あと膏薬の由縁の自慢合戦?が個人的には好きなんだがそこで寝むくなる人が多い感じがする。

貰聟:この狂言も何度か観た事のある狂言だが聟とか舅ものは沢山ありどのストーリーかははっきりと憶えてなかった。この狂言舅がシテ(主役)なんですね。普通に観ていると聟の方がシテという気がするが・・・。舅が千五郎氏で聟が千三郎氏で二人が絡むとコントになる感じがする。まぁストーリー的な事もあるのだがこの二人が絡んでから本格的な笑いが始まり又これに妻が絡んでくるともっと面白くなってくる。最後の舅と聟の取っ組み合いの妻が舅の足をとるというパターンは他の狂言でもあり全く同じ「おのれら両人来年から祭りには呼ばぬぞ」という舅の言葉で終わるのまで同じというものがある。多分本には○○と同じと書かれているのだとは思うが・・・千五郎氏の動き段々と晩年の千作氏に似てきた感じがする。

13日にこれを観て今日が15日ニコニコ動画のタイムシフトで観ていて・・・やはり能楽堂で観た方が迫力もあるし全然良いのだがニコニコ動画だとコメントが流れて他の人がこれを観てどう思うかがわかりそれはそれで面白い。公演終了後のアフタートークはニコニコ動画でしか観れないし・・・やはり能楽堂で観てその上でニコニコ動画で観るというのが一番良い観かただと思う。今回は初め音声が左しか入らなかったりアフタートークは諸事情により人数が変わったり・・・色々あったようですが・・・。今後もできる限り続けてほしいと思う。

| | コメント (0)

池袋大人のハンバーグ レギュラーハンバーグ(池袋駅東口周辺)

昨日の夜、池袋にて夕食を食べる。最近あっちこっちで見かける牛カツを食べようといってみるが行列ができていたのでやめる。どこでてべようかその辺をウロウロして見つけたのがココ

20151213_036  この看板が目に入り

20151213_038 入ってみる。店は1階がカウンター席になっていて2階がテーブル席になっているようで・・・2階は行っていないので分からない。カウンター席は隣の席との幅かかなり大きめにとられている。

メニューをざっと見てみる。看板メニューは店の名前にもなっている大人のハンバーグのようでハンバーグにチーズに目玉焼きが乗っているもの。ハンバーグは黒毛和牛で溶岩石で焼いているとの事。黒毛和牛を使っているという事もあり値段はハンバーグとしては少し高めかなという感じをうけた。

若い頃からあまりハンバーグというものを食べていないので・・・多分このブログにハンバーグが登場したのは2回目?・・・6年半以上書いていて2回目・・・まぁ本当にめったに食べないです。このブログに書いて記憶しているものもその店の日替わり定食でハンバーグが出たもので・・・以前の職場で昼に年に何回か食べた事はあったと思うが・・・私から注文しているわけではなくそれも日替わりだったので・・・。

まぁ何はともあれハンバーグはハンバーグだけが良いだろう。しかも黒毛和牛などの良い肉を使っているのだからチーズや目玉焼きなんて乗せる必要がないだろうという事でレギュラーというものを注文大きさはM(180グラム)でソースは熟成大人のソースを選択。ソースは他に和風とポン酢があった。ハンバーグは単品での注文になりライス等を付ける時は別注文となる。ライス・サラダ・スープの付いたAセットを注文。

注文するとすぐにこれが出てくる

20151213_032  これらを食べているとこれが出てくる

20151213_03320151213_034 注文してから5~6分です。私が行った時間帯は結構空いていてカウンター席にも先客2名しかいなかったので早く出てきたのかもしれない。

フォークやナイフはなく割り箸のみ用意されている。ハンバーグをソースにつけて食べる。ソースは醤油ベースに赤ワイン・ニンニク・玉ネギなどが入ったもで万人うけする味だと思う。肉は良いものを使っているのでもちろんハンバーグは文句なく美味い。まぁ前にま書いてあるとおりハンバーグはあまり食べないので比較対象がないのでなんでも美味しく感じてしまうのかもしれない。あと気になったのが店員で自分の仕事を一生懸命やっているのでしょう。客を見てない感じがした。具体的には書かないが・・・注文しづらかった。

メニューを見たときはレギュラーハンバーグが1500円以上にAセットが480円だから税が入って2000円超えると思っていたのだが1808円との事。レシートを見てみるとレギュラーハンバーグが1290円になっていた・・・ランチの時の値段・・・?まぁこうゆうこともある。

| | コメント (0)

松屋 豆腐キムチチゲ

昨日、松屋でこれを

20151213_028 を食べる。毎年冬になると出てくるチゲシリーズ。ココ数年は豆腐チゲで名前を変えたり変えなかったりという感じ?で基本的な食材は変わらないという感じ。かなり前だが海鮮チゲもあったと記憶しているのだが・・・

2015年バージョンは結構甘味と旨みを感じるもので多分ココ数年で一番美味しいと感じた。辛さがもっとほしい感じはする。注文したのは牛丼ミニに味噌汁をチゲに変更したもの.でミニ牛丼330円にチゲに変更で360円合計で690円。ちなみに豆腐キムチチゲ膳はチゲにご飯と生卵又は温泉卵が付いて530円。

| | コメント (0)

和幸 銘柄ロースかつ御飯 (渋谷マークシティ4階)

先日、渋谷マークシティ4階にある和光でとんかつを食べる。この4日ほど前に秋葉原でとんかつを食べたのだが自分の中で納得しておらず本当のとんかつというか私のイメージしているとんかつが食べたいと思って入る。

今回は秋葉原で食べたとんかつと大体同じ位の値段のもでどんなものが食べれるかという事で1850円ぐらいのものと思っていて丁度良い感じのものがあり

20151202_023 それを注文。銘柄ロースかつ御飯というものでこの日は伊達さくらホークという銘柄の肉を使っている。メニューは銘柄と値段の部分が透明のポケットになっていてそこにカードを入れるようになっている。注文してから13分程度でこれが出てくる

20151202_024 御飯・キャベツ・味噌汁はお替り自由というのが店内のあちらこちらに書かれていてわかりやすい。どこかの店みたいに客が「ごはん大盛りってありますか?」と聞いてから「おかわりできますから」と答えているのとは全然違う。今だにその店は味噌汁・キャベツお替りできるのかどうか知らない。まぁもう行く事もないので知る必要もないのだが・・・。

味噌汁の上の容器に塩が入っていてとんかつ1切れ目は塩で食べる。塩は塩だけでなく紫蘇?バジル?などいろいろなものが混ざっていてとんかつにかけて食べると美味しい。キャベツは始めは卓上に置かれている店オリジナルの柚子ドレッシングで食べる。これも美味しいがやはりとんかつ屋のキャベツの千切りはとんかつソースで食べるのが美味しと思いとんかつソースに切りかえる。途中でキャベツのお替りをする。キャベツ自体が美味しい。某店では正直ま○いと思ったのだが天候の関係とかでこういうこともあるのかなと思ったりもして何個か前のブログでは全くふれなかったのだが・・・4日間しかちがわないでこれというのは間違いなくこちらの店は良い品を使っているということになると思う。味噌汁はシジミの味噌汁でそれなりに美味しい。御飯は私の好みを言えばもう少し硬めでも良いのかなという気もするが美味しい。とんかつは衣が薄く肉は美味しい脂がのっていてうまい。ロースかつはこうでなければという感じがした

20151202_025 とんかつソースもそれなりに美味しく満足できるとんかつ定食。

伊達さくらポークロースかつ御飯。1728円。納得できる味、価格だと思う。

| | コメント (0)

鮨のぶ  ランチ (渋谷・桜丘)

先日、渋谷駅近くの桜丘に「鮨のぶ」という店でランチを食べる。この店は以前に1度入った事のある店http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/04/post-c642.htmlでカウンターのみ7席の店。

ランチメニューはこんな感じ

20151202_017 にぎり10貫を注文する。時間は13時30分過ぎぐらい。先客は1組サラリーマン風の男性3人。注文してから3~4分でこうなる

20151202_016_220151202_015 味噌汁は豆腐とワカメの味噌汁。鮨の大きさは小さくもなく大きくもない丁度良い感じで食事としてもつまみとしてもいける大きさという感じ。にぎりはしっかりと握られている感じでシャリはしっとりしている。前回来た時は感じなかったが今回マグロが美味い。(天然の本マグロしか使っていないようです)他のものもかなり良いもの使っている感じで夜使っているネタと変わんないのでは?という感じ。玉子は甘い玉子ではなく塩がきいている。

にぎり10貫1200円。この内容で1200円はリーズナブルだと思う。ご馳走さまでした。

20151202_019 こちらはお土産用という事で握ってもらったもでランチメニューではありませんがランチメニューもテイクアウトできるとの事。入れ物はもっと簡単なもの(現物見てないのでどの程度のものか分からないが)になるとの事。

また行きたい店の一つです。

| | コメント (0)

小田原駅 駅蕎麦 小竹林

先日、小田原駅東海道線上りホームの駅蕎麦を食べる。

20151202_008 最近はあまり小田原駅で電車を降りる事は少なくなってきている。12月は18切符が使える為JRに乗ることは多いのだが小田原駅で乗り換えをするというのはあまりないかもしれない。

時間は朝8時30分ぐらい。小田原で駅蕎麦という事になるとほとんど箱根そばに入っていてここは多分過去に1回しか入った記憶がない。その時食べたのが小田原梅そばというもので意外にも美味しかったのを覚えていてのだがhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2013/08/post-f673.html 今はそのメニューはなくなってしまっている。券売機にて食券を購入するスタイルなのだが・・・結構売れ切れののものもある・・・朝だからまだ準備ができていないのだろうか?今日はこのメニューを出さないのかは不明。今回たぬきそばを注文。カウンターに食券を出して2分ぐらいで出てきたのがこれ

20151202_006 結構多目のテンカス。汁になじんでそれなりに美味しい。蕎麦は結構しっかりとした硬めのもの。テンカスに甘さを感じる。天ぷら粉に砂糖なんて入れないよな?だけどあまさを感じたのは確かで唐辛子を入れて調節する。

たぬき蕎麦370円。値段的にもこんなもんかなという感じ。立ち蕎麦系はこのこんなもんかなというのが丁度よい気がする。

| | コメント (0)

福乃家 熟だれ唐揚げ定食 (清水区・折戸)

先日、この店

20151201_013 に入る。場所は清水区折戸、三保街道沿いにある。この店に行ったのはこれ

20151201_011 を食べたかったから。(写真をクリックすれば大きくなります)この店に行く直前に

20151201_002 映画ターミナルを観ていて・・・その前の日の夜にワカコ酒(BSジャパン再放送)で唐揚げを主人公が食べているのを見ていて・・・ターミナルの方は「ザンギ」という呼び方だったが・・・唐揚げが食べたいという事で頭の中が一杯になり・・・

熟だれから揚げ定食だと850円。それに蕎麦を付けると1050円。それなら蕎麦をつけようという事で注文。注文してから12分程度で出てきたのがこれ

20151201_007 結構なボリュームで・・・まずは蕎麦を食べてみる。この店は基本蕎麦屋さんなので・・・蕎麦は二八蕎麦でコシもあり蕎麦が冷たく冷たい水でしめたのが分かる。汁は関東などのものと比べると甘めだが出汁がしっかりしている蕎麦を汁にしっかり付けて食べると美味い。店によっては海苔などが乗っているほうがよいと思うことがあるのだがここの蕎麦は海苔は必要ない美味しい蕎麦です。蕎麦を食べ終えてから唐揚げにうつる。「美味い」濃いタレが肉にしっかりしみこんでいる。半年間寝かせた「かえし」鰹だしを合わせ・・・2日間漬け込むって蕎麦屋にしかできない唐揚げだと思う。

20151201_008 これまでから揚げはそれなりに食べてきたけどココのが一番好きかもしれない。また食べに行きたい店です。ただボリュームがありすぎて・・・蕎麦ももっと食べてみたい。久々に良い店見つけたという感じです。

| | コメント (0)

丸五 ロースカツ定食 (秋葉原駅周辺)

28日、この店

20151128_021 に入る。場所は秋葉原駅近く。どこかで夕食をと思っていて店を探していてこの看板

20151128_022 を見てとんかつでも良いかなと思い店の前に来ると5人ぐらい並んでいる(私が行った時は列が反対方向に出来ていた)時間は17時40分ぐらい。5人ぐらいならすぐ店の中には入れるだろうし、並んでいるということはそれなりに美味しい店なのだろうという事でこの店で食べる事にする。時間的に夜の開店時間に入ったと思われるお客さんがどんどん店から出てくる・・・・10人以上出てきているのに店の中には並んでいる客を入れていかない???。その後も店から客は出て行っているのだが店の中には客を入れようとしない。その間に店の外には並んでいる人が増えていく。

なんだかんだで店に入る事ができ店員に2階に行くように言われ2階に行く???店の中はガラガラ2階は21席の席があり(私が数えているので1~2ぐらい見落としがあるかも)そのうち座っている席は8席。私が入った後も中々客を入れようとしない。2階は2人の店員がいて一人が接客と配膳をやっていて一人が洗物をやっているが接客係りの方は階段のところにいて暇そう。席はあるがあまり詰めて入れないという方向で営業しているのかな?それにしても・・・しかし私の注文したものが出てくる頃にはどんどん店の中に客を入れている・・・。店の前に行列ができるように調整して客を入れているとしか思えん。他にこうする理由が私には見当たらない。

店のメニューはこんな感じ

20151128_012 ロースかつ定食を注文。注文してから20分。店に並んでからだと約30分で出てきたのがこれ

20151128_01720151128_016 少し小さめのとんかつ。確かに美味しいとは思うが並んでまで食べるようなものという気はしない。でも店の中に入って30分ぐらい待つ店があるというのを考えると・・・まぁ列に5人しか並んでなかったので・・・。定食を食べ終わるくらいにになると

20151128_020 ジャスミン茶が運ばれてくる。

ロースかつ定食1850円。まぁあまり秋葉原に来ることもないので次に入るという事はない店だと思う。

| | コメント (0)

中華ソバ 櫻坂 (渋谷・桜丘)

先日っといってももうかなり前の事になるがこの店

20151123_040 に入る。入ったのは21時過ぎで私が入った時は先客が2名で一人は酔いつぶれているのか完全に寝ている状態。私が店を出る頃には結構混んできていて寝ていた客も起きて店を出ていった。店の中に券売機があり食券を購入するスタイル。メニューはラーメンとライスに豚辛メシ(ミニ丼)と飲み物程度でラーメン専門店という感じ。ラーメンは3種類。魚出汁醤油・鶏白湯塩・味噌で味噌は売りけれになっていて鶏白湯塩の塩ソバとミニ豚辛メシを注文。

注文してから5~6分でこうなる

20151123_035 豚辛丼はラーメンより早く出てきていた。ラーメン・・・スープの温度が少し低いような気がする。食べ始めは美味しいと感じたが食べすすめていくいくと鶏白湯のコクがもっとあった方が良い感じがした。まぁ塩白湯という事なので・・・塩=あっさりというところなんだろうか?まぁ個人的に濃厚なほうが好きなので・・・。豚辛メシ・・・こちらは豆板醤系の辛さではなく強いて言えば甜麺醤に似た感じかな。辛いという感じではない。まぁこの味が好きな人もいるんでしょうねという感じです。あとラーメンに入っているメンマ・切らずに1本になって渦巻き状態になっているのは何だったんだろう?

20151123_038 塩そば750円・豚辛丼150円。まぁこんなもんなんでしょうね。家に帰ってきた食べログの評価数字を見たが・・・醤油ラーメンを食べてないので書くのはやめときます。店の雰囲気は良い店だと思います。

| | コメント (0)

品品香 水煮魚定食 (池袋駅北口周辺)

先日、池袋駅周辺でこの店

20151123_031 でランチを食べる。場所は池袋駅北口から2分ぐらいのところで天下一品やうな鐵などの飲食店が沢山ある場所のビル2階。2階に行く階段には

20151123_032  四川料理と東北料理の看板があり。ランチメニューはこんな感じ

20151123_023 なんか変わったものを食べようかなと思っていた事、メニューの一番上に大きく出ている事などから水煮魚定食というものを注文。日本語にすると「白身魚の四川風煮込み」との事

注文時に辛さを聞かれる。三段階あり真ん中の中辛を注文してみる。注文時大きな勘違いをしていて辛口・中辛・甘口だと思い込んでいて・・・注文後よくメニューを見ると辛口・中辛・激辛となっていて・・・辛口の上の中辛、しかも中華料理専門店で店員は中国人。これはかなり辛いものだ出できそう。待つこと5分出てきたのがこれ

20151123_029  20151123_030 白身魚を揚げたものが辛いスープの中に入っている。煮込みというかスープだ。他に白菜の芯の硬い部分などがスープの中に入っている。スープは辛いが美味しい山椒がかなり強い。白身魚は衣が厚く辛さしか感じない。食べているうちに辛さしか感じなくなってくる。これだけ辛いものを食べていると普通、汗がどっと出てくるのだがほとんど出てこない。最後に食べた杏仁豆腐が濃厚で甘い感じ。口の中が辛さで麻痺していたので甘さを強く感じたのかもしれないが濃厚である事は間違いないと思う

水煮魚定食980円。この手のスープには魚より肉の方がよいのかなと思う私。メニューには水煮鶏定食が同じ値段でありそっちの方がよかったかなという感じがした。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »