« 2015.06.14 横浜狂言堂の印象 | トップページ | 日本酒ゼリー もう売ってない »

大船駅 つきじ千鮨 立喰い寿司 再び

横浜能楽堂を出た後、野毛にある某店に行ったのだが何故か準備中。この店日曜日は通しで営業というふうになっていて食べログなどにもそう書かれていたので行ったのだが・・・しばらく付近を歩いて待ってみるが開店する気配がない。この日はこの店をあきらめる。まぁ本当に野毛ってこうゆう店が結構ある。営業時間を告知なしで動かしたり日曜は休む事にしたり・・・普通こうゆう店って結構なくなって(閉店)行くんだけど野毛ではこうゆう店が生き残っているように感じる。何処の店とは書きませんが・・・。というような事がありどこか他の店で夕食をという事で野毛の街を歩くが・・・まぁ色々あり今日は野毛ではないなという事で移動。

大船駅構内の立ち食い寿司つきじ千鮨に行く事にする。この店は1度入った事があり、結構良い印象があったので・・・店の前に3人ほど並んでいる。まぁ立ち食い寿司なので3人ぐらいならそれほど待たずに入れるだろうと思って並ぶ。並んだと同時ぐらにに2人の方どうぞと呼ばれその後30秒ほどで並んでいた私を含め入店できる。だから1分も並ばないうちに店内に入る。

まずはセットの舞鶴というのを注文。前回は飛沫というのを注文している。私としては飛沫のほうが好きな感じなのだが前回と同じというのもいやなので舞鶴というにしてみた

20150614_024 飲み物はこの日は高知県のフェアをやっていたようで土佐鶴があり注文する

20150614_022 土佐鶴生貯蔵ドライというもので辛口で飲みやすくスーっと口の中に入っていく感じで個人的にはあっさりしすぎているかなという酒。寿司は見ての通りで赤海老がプリっとして美味しかったかな。ただ今回シャリがかなり甘い感じで・・・薄い味の甘いではなく砂糖などの甘さ。前回はそれほど気にならなかったのだが・・・ココから単品で

20150614_025 旬のカツオと焼き筍。

20150614_026 コハダに鯵。コハダの〆具合がよかった

20150614_027 大名さば・マグロの漬けこの2貫は前回も食べたが美味しい。漬は柑橘類の皮がかかっている。

土佐鶴604円・舞鶴961円・単品86円×5・単品129円×1で合計2124円。単品のどれか1貫が129円だったようだ(レシートを見ながら書いている)うーんどれだろうどれも86円ぽい寿司ばかりだが・・・。こんなにシャリ甘かったっけ?これだけ甘いシャリなら日本酒ではなくビールの方があうかもしれない。前回は良いように思えたのだが・・・こんなもんなのかな?

|

« 2015.06.14 横浜狂言堂の印象 | トップページ | 日本酒ゼリー もう売ってない »

寿司・立ち喰い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2015.06.14 横浜狂言堂の印象 | トップページ | 日本酒ゼリー もう売ってない »