« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

ラッソ Aセット 日替わりカレー (清水区)

昨日の昼、清水区のラッソというインド・ネパール料理の店でカレーを食べる。この店に入るのはかなり久しぶりで約1年9ヶ月ぶりで・・・。店そのものは変わっていないのだが雰囲気が少し変わっていて・・・まずは結構混んでいた事。それから店員の数が増えていて日本人の店員がいた事。今までこの店では外国人の店員しかいなかったのだが・・・。

店に入ろうとすると看板に今日の日替わりカレーが書かれている・・・以前はこんなものはなく日替わりカレーを注文して何が出てくるか楽しみにしていた事もあったのだがhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2013/07/post-52f7.html この日のカレーはチキンとマッシュルームのカレー。

席に着いてAセットというものを注文。カレーは日替わり・辛さはホット・飲み物はウーロン茶でライスorナンはナンを選択。注文してから2分程度でサラダが運ばれてくる

20150426_020 ・・・以前は飲み物が先に運ばれてくる事はあってもサラダが先に運ばれてくる事はなかった。ウーロン茶も運ばれてくる。サラダを食べながらカレーが出てくるのを待つ。注文をしてから約15分でこうなる

20150426_021 この時点でサラダは食べ終わっている。ウーロン茶は一口も飲んでいないウーロン茶の横は水の入っている銀色のコップ。

20150426_022 カレーはホットにしては少し甘めかなという気がしたベリーホットにすれば良かったかもしれない。(辛さは5段階でホットは3番目の辛さ)ナンは・・・写真では分からない裏の方がかなり焦げている感じでバリバリという感じで・・・カレーそのものは美味しいのだが・・・。

Aセット785円。まぁこんなもんでしょう。次回はベリーホットにしよう。

| | コメント (0)

壱角家 渋谷店 塩ラーメン

渋谷の道玄坂にあるラーメン屋「壱角家」でラーメンを食べる。この店は横浜家系のラーメン店。注文は店の入り口にある液晶の券売機で食券を買うというタイプ。

塩ラーメンを注文してみる。店員に食券を渡して待つこと数分出てきたのがこれ

20150424_064 ・・・美味い。家系ラーメンなので当然豚骨ベース。豚骨塩ラーメンというものはあまり数は食べていないが私が食べた事のあるものの中では一番美味しいと感じた。バランスが良い。万人うけするラーメンで癖がない為か塩味というのが合う。薬味に刻んだ玉ネギと生姜を入れる。コレがかなり良い感じで美味さが増す感じ。麺はかなり短く、店が24時間営業というのも特徴的なこと。

塩ラーメン730円。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

桜えびの季節

昨日、スーパーで桜えびを見かけて購入。桜えびの季節ですね。最近は冷凍技術がすすんで一年中購入できるようですが・・・

20150426_013 写真は昨日の肴の一部。酒はこれ

20150324_003 おんな泣かせを製造している島田の大村酒造場が出している酒で「翁鷺」(おきなさぎ)このお酒は冷すより温めて(熱燗)飲む方が美味しく感じる酒。それにしても桜えびが甘くて美味い。

| | コメント (0)

鮨 のぶ (渋谷・桜丘町)

24日、この店

20150424_063 で夕食を食べる。まぁある寿司屋で食べようとは思ってその店の前まで行ったのだが気が乗らず他のところでも良いかなと思い桜丘の方に行ってみるとこの看板を見つける

20150424_057 行ってみる。場所はあおい書店の向かいKEYという楽器屋の横の坂を登っていったところの雑居ビルの2階。

開店して3週間だそうです。寿司屋の前はBARかなという感じのつくり。席は8席カウンターのみ。まずは飲み物という事で・・・もちろん日本酒。4~5種類置いてあり三千盛(ミチサカリ)の本醸造を注文

20150424_038 超辛口の酒と言ってよいと思います。お通しも出てくる

20150424_040 ホタルイカを漬けたもの。自家製で甘味が結構ありこの日本酒にピッタリという感じのもの。この日のつまみで勧められたのが穴子の白焼き・生牡蠣・まぁ当然寿司屋なので刺身の盛り合わせなども勧められたが牡蠣を注文。

20150424_041 結構大き目のいいサイズ牡蠣が出てくる。北海道産との事。結構美味しかった。この後、とりあえず一人前握ってもらう。まずはマグロが出てくる

20150424_042 にきり醤油がついている。小ぶりの鮨でしっかり丁寧に握られていて形も安定している。

20150424_043_220150424_044 真鯛・サヨリ

20150424_04520150424_046 中トロ・紋甲イカ20150424_04720150424_048 春子鯛・平目昆布〆

20150424_049 縞海老。なかなかおきまりで縞海老が出てくるのは珍しいと思う。以上で8貫で1人前終了。この間に日本酒を三千盛から一ノ蔵の無鑑査本醸造辛口に変えている。同じ辛口だが一の蔵の方がおとなしい感じでより寿司に合う感じ。まぁこの辺は好みだが・・・一ノ蔵はたまたまこの日あったメニューで毎回あるとは限らないという感じ。あと菊水・八海山ともう一銘柄あった気がするのだが思い出せない。あとビールを店備え付けのサーバーから注いでました。まぁ前の店の時あったものをそのまま使っているものなのかな?。あとネタケースがないためこの日何があるのか分からない。(ネタは冷蔵庫から出している)まぁメニューにのっているものはあるのかも知れないが・・・。

今日のおすすめを聞いて単品で握ってもらおうとするがコレというものがなく好きなサヨリを握ってもらう

20150424_051 この頃お茶をもらうのだがこれが

20150424_050 すごく美味しかった。寿司にピッタリで・・・。中々これだけ美味しいお茶を出している寿司屋はないと思う。まぁたまたま茶葉の量や温度がよかったのかもしれないがとにかく無茶苦茶美味かったのは確か。

20150424_053 口直しべったら漬けを出してくれた。あとホタテを頼む

20150424_054 お腹は結構いっぱいになってきているのだがなんか物足りなさを感じていて・・・光物を食べてないことに気がつく。まぁ分類的にはさよりは光物なんだけど白身に近い感じで・・・サバを注文

20150424_056 この他お椀が付く

20150424_055 こちらは海苔が入っていて美味しい味噌汁でした。

これで食べたもの全て。日本酒2杯に牡蠣・寿司一人前・単品でサヨリ・ホタテ・サバで請求が5400円。牡蠣が600円。寿司1人前2500円。日本酒が700円(三千盛)に500円(一ノ蔵)ホタテ・サバが1貫200円でサヨリが不明。そうするとお通しとサヨリで700円。お通し500円ぐらいにするとサヨリが200円ということになる(私の記憶の部分があるので正確ではないが大体こんなもん)ご馳走様でした。

| | コメント (0)

すし小川 ランチ にぎり1・5人前 (東銀座)

昨日の昼過ぎ東銀座にいる。歌舞伎座で幕見をして終了したのが12時20分それから木挽町広場などに寄り食事をする場所を探す。まぁこの近辺はかなり食事をする場所はあり有名店も多い。久しぶりに銀座で寿司も良いと思っていて・・・過去に入った事のある店は・・・1軒は昼は基本的に営業しなくなり事前の予約制になっていでもう1軒は銀座から姿を消している。両方とも好きな店だったのだが・・・。まぁこの後の予定もあり歌舞伎座から近いところという事で入ったのがこの店。

20150424_035 歌舞伎座から150メートルぐらいの場所で方向としては京橋の方向で大通りではなく歌舞伎座の神社横の道をまっすぐ行ったところにある。食べログなどでも評判が良い店でランチメニューはこんな感じ

20150424_034 店は地下で階段を降りていくと店があり店に入るとカウンター席がLの字でありそこに座る。にぎりの1・5を注文。職人さん1人にフロアー1人もう人奥にいて3人で昼の営業をしている。注文をするとすぐにこれらが運ばれてくる

20150424_025 小鉢が明太子?スパ。明太子ならもっと辛いかな?たらこスパ?を食べながら寿司が出てくるのを待つ。注文してから5分以内でこれが出てくる

20150424_029 これとほぼ同時にお椀

20150424_031 が出てくる。握っているのは30代~40代ぐらいの職人で酢は赤酢を使っている。握りはかなり小さく今まで食べた寿司の中でもしかしたら一番小さいのでは・・・。しっかりと丁寧に握られていました。大トロ・カンパチ・中トロ・イカ・まぐろのづけ・玉子・ツブ貝・穴子・椎茸・海老・イクラ・ウニ・鉄火巻きの12貫+巻物。イカの歯ごたえがよく美味しかった。穴子はツメが塗られてなかったが甘くて美味しかった。あと椎茸だと思うのだが色々と手が加わっていて美味しかった。

にぎり1.5人前、1450円。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

駅弁 寿司 あなご三昧 (東京駅)

16日20時ごろなぜか新幹線に乗っている。まぁあまりお腹が減っているという感覚はなかったのだが昼飯を食べて以来ほとんど何も食べていなかったので・・・酒類も飲んでいなかったし・・・とにかく何か食べようということで買ったのがこれ

20150416_017 東京駅の新幹線16・17番線ホーム上の売店で購入。あなご=江戸前=東京のものだと思って購入したのだが製造元が奈良県になっている。東京駅には全国の駅弁を売る店が何店舗かありそちらで購入したのなら何処の駅弁かなと見るのだが新幹線ホームだし周りにあるのは深川めしだとかだったので東京のものだと思い込んでいた。中身はこんな感じ

20150416_021 押し寿司・巻き寿司・ちらし寿司の3種類。それなりに美味しいと思うが巻き寿司に付いているタレがなんか今一つのような気がした。ちらしは味が薄いような感じもした。まぁこんなもんなのかもしれない。

あなご三昧1030円。まぁ駅弁という事を考えるとそんなもんかなと思う。

| | コメント (0)

まぐろ人 御徒町出張所 立ち食い寿司

16日の昼、上野にいる。立ち食い寿司の店に入る。

20150416_013 1貫づつ握ってくれる店で当然値段表記は1貫の値段が表記されている。まずはお茶かアルコールか聞かれお茶と答えるとこれが出てくる

20150416_005 ・・・緑色の化け物・・・しかも濃い。まずはまぐろとカツオを注文。

20150416_006 シャリは小さめでネタはそれに合わせている感じ。立てる人数は9人でそれ以上は詰めることなく外で待つということになる。板前は2人。その他のお茶や会計などをやっている人1人。ネタはかなり良いものを使っているのが分かる。それだけに緑の化け物は残念。

20150416_007 赤貝のヒモ・鯵。ネタは巻物入れれば60種類以上は掲げているが実際にはどれだけあるかは不明。この日私が頼んださよりとナスが仕入れていないとの事。

20150416_008 コハダにモンゴウイカ。モンゴウイカは結構小さめのネタで・・・値段80円を考えるとまぁ仕方がないかなとも思う。

20150416_009 まぐろのヅケにカンパチ。マグロのヅケこの日食べたものの中で一番美味いと感じた。

20150416_010 シャコに煮蛤。煮蛤は260円。値段なりのものかなという感じ。

20150416_011 最後にナスと玉子を注文したのだがナスがなく玉子2貫にしたのだが玉子結構厚くボリュームがあり甘さもそれなりにあり・・・1貫でもう1貫は他のにすれは良かった。

合計12貫で1800円。ランチとしては結構な金額いってしまった。以前ランチメニューで10貫1000円のものがあったらしいが今現在はやっていないらしい。夜も同じ値段なので夜として考えればこのネタで1800円はまぁ納得できるかなという感じです。ただこのネタにあのお茶はないかなという気がしないではないが・・・コストを考えるとしかたないのかな?

| | コメント (0)

魚膳 海鮮丼 (静岡駅周辺)

昨日の昼ごろ静岡駅周辺にいる。何処かでランチをという事で入った店がココ

20150414_007 静岡駅周辺の地下街(紺屋町地下街)にある魚膳という店。この店は以前に食べログなどを見て行ってみたいなと思っていた店でたまたま静岡駅周辺にいて思い出したので行ってみた。

基本的には海鮮居酒屋でランチ営業もしているという感じ。店内はカウンター8席に4人掛けテーブルが5脚置かれている。私が行った時は満席で2~3分外で待つことになる。ランチメニューはこんな感じ

20150414_009 この他にも何種類かメニューあり。ワンコインメニューがありそれに170円プラスで小鉢と刺身が付く。刺身5点盛り定食が680円というのも魅力的だが今回注文したのは海鮮丼。

席に付いてから約10分ぐらいでこれが出てくる

20150414_00320150414_004 南マグロ・生しらす・鯛・ブリ・平目・スルメイカ・甘海老の7種類だと思う。ご飯については注文時に酢飯にするかご飯にするか聞かれる。私は酢飯にしている。平目(多分)は少し薄めという感じがしたが全てのものが美味しい。特にシラスが美味しかった。味噌汁はワカメが入っていて結構しっかりと出汁が出ているもので美味しいと思います。好みを言えばもう少し味噌が強くても良いと思うが・・・これは本当に好みの問題。

海鮮丼850円。この内容で850円なら十分納得できるものかなと思う。

| | コメント (0)

餃子の王将 上野公園前店 王将ラーメンセット

昨日の夜、上野周辺にいる。時間の都合等があり夕飯を食べたのが21時過ぎ。昼に海鮮丼を食べたきり何も食べていない状態でかなりお腹が減っていた。まぁ色々あり餃子の王将に入る。入ったのは上野公園前店。

店に入りメニューを見る。ラーメンとチャーハンが食べてたいと思ってセットメニューを見る。ラーメン、チャーハン以外に餃子とポテトサラダが付くが王将ラーメンセットというのがラーメンとチャーハンが付いているためそれを注文。

注文してから5分ぐらいで出てきたのがこれ

20150412_013 王将ラーメンに半チャーハン・餃子3個にポテトサラダ。王将ラーメンすこしとろっとしたスープが美味しい。少しスープの温度が低い感じがして麺が結構柔らかめで熱い感じ。分類で言えば豚骨醤油です。メンマが結構太めチャーシューは柔らかく美味しい。これ単品で頼んだ場合540円との事なのでコストパフォーマンスが良い感じ。チャーハンはまぁあまり外れる事のない品でこちらのものも外れてはいない美味しかったです。餃子は餃子の王将というくらいで普通に美味しい。ポテトサラダには卓上にあった胡椒を多めにかけて食べると美味しい。

王将ラーメンセット993円。まぁセットにすると単品で頼むより少し高めにつくのかなという気がしないでもない。まぁ元の値段が安めなのでこんなもんかなとも思うが・・・。

| | コメント (0)

2015・04.12横浜狂言堂の印象

昨日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂が開催される。今回の解説で茂山逸平氏が今回が88回目という事を言っていた。という事はもう7年4ヶ月目という事で2008年の1月から開催されているという事になる。私が最初に観に行ったのが・・・憶えていない。多分一つの狂言の会として観に出かけていると思うので・・・調べれば多分分かるが時間がかかると思うので・・・。今では月1回の行事になっていてこれをベースに狂言を観に行ってい感じになっている。

今回の狂言は茂山家による新作狂言2曲。2曲とも観た事はなかった。解説によると「だんご聟」は15年ぐらい前に初演で「かけとり」の方は10年ぐらい前に初演だったとの事。解説で印象に残ってのは「かけとり」は狂言ではない最後は狂言師がアカペラでカラオケをしているだけ???。あと新作狂言をつくるときにはカタカナを使わないようにしているととの事が印象に残った。

だんご聟:この狂言は茂山千三郎氏が作・演出をしたもので鳥取県東部の佐治村に伝わる民話を題材に作られたものでベースには狂言の「岡太夫」があるというもの。まぁ民話のストーリー(先程ネットで調べて読んでみた)と岡太夫のストーリーをミックスした感じのもの。まぁ新作と言わなければ昔からあった狂言の一つかなと思えるような感じのもの。本当に狂言にありがちな展開で・・・ベースに岡太夫があって、合わせているものも昔話なので自然にそうなるのかもしれない。大きな団子と「ひょい」が印象に残る。

かけとり:こちらの狂言は茂山逸平氏が10年ぐらい前に作られたもので4年ぐらい前に演出が大きく変わっているというものらしい。なんかすごい新鮮なお笑いを見ている感じで腹をかかえて大笑いしました。そうだなドリフのコントをドリフの事を全く知らない小学生が見て笑っている感じに近いのでは・・・帰りの夜間バスの中でこの狂言の事を思い出して思い出し笑いをしてしまった・・・マスクしていてよかった。逸平氏が最初の解説で言っていたこと・・・意味が分かりました。確かにカラオケだ。カラオケも面白かったんですがその前の大家との「お能」のやりとり最高でした。まさか後見が囃子方で参加してくるとは・・・あと七五三が蕎麦屋で蕎麦を食べているって・・・千五郎ではなく宗彦でもなく七五三というのが笑えて・・・まぁ宗彦ならもっと違う感じの笑いがくるような気もするが・・・。とにかく面白い狂言です。この狂言のベースは落語の「掛取万歳」だそうです。今回このバージョンを能楽堂でやるのは初めてだったとの事。どんどん能楽堂でやってほしい狂言だと思います。まぁ能楽堂以外でもやってほしいが・・・。又観てみたい狂言になりました。

2曲とも楽しい狂言でした。特に「かけとり」すごいものをみせてもらいました。

| | コメント (0)

丼丸 つな男 桜木町店 (横浜・桜木町)

昨日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた「狂言の日」という事で横浜能楽堂で横浜狂言堂が開催される。その為、横浜に出かける。狂言は14時からでその前にどかかで食事をという事で入ったのがこの店。

20150412_007 メニューはこんな感じ

20150412_003 写真をクリックしてくれれば多少大きくなります。海鮮丼の色々なバリエーションあり。私はシンプルに海鮮丼にする。店のシステムとしては立ち食い蕎麦と一緒。食券を券売機で購入。食券をカウンターに出してできるのを待つ。席も立ち食いの席と椅子に座れる席があり。食券を出して2分ぐらいで「海鮮丼のお客様」と呼ばれる。海鮮丼に味噌汁を付けてみた。味噌汁は具のみが入ったものが出てきて汁は自分でマシーン(ボタンを押すだけだが)を使って注ぐ。お茶等もセルフサービス。

20150412_004  

20150412_005 まぐろ・イカ・コハダ・サーモン・甘海老・貝柱・イクラ。コハダはしっかりと味の付いたコハダで居酒屋で出される酒のアテに良い感じのものです。まぁ他のネタは特徴がなくすごく良いものでもないし悪いものでもない感じ。

値段は海鮮丼で640円に味噌汁が70円。合計710円。うーんどうなんだろう?セルフサービスでなくしっかりとした背もたれがある椅子に座れるような店であれば安いかなと思うが・・・可もなく不可もなくという感じでしょうか。

| | コメント (0)

まぐろの刺身の脂身 硬い部分

20141226_008

20150410_012 白い丸で囲った部分が結構好き。見ての通り脂身で他の部位とは違い歯ごたえがあり噛めばかむほど脂が出てきてその脂を日本酒で流し込む。他の部位では味わえない味がある。中々この部位を出している店がない。この写真2枚とも同じ魚屋から買った刺身でこの店は出しているのだが・・・いつ行ってもこの部分の刺身が出ているわけではなく・・・店に行ってこの部分を見つけると購入している。まぁこの部位がなくても購入しているが・・・魚屋さんだけに閉店時間も早く中々行けないのだが・・・。まぁたまにしか食べられないから良いのかもしれない。店の場所・名前は秘密です。と言っても調べればすぐに分かってしまう気もする。

| | コメント (1)

鮨 はまたつ 立ち食い寿司 (横浜駅周辺)

先日、横浜駅近くにある立ち食い寿司の店に行く

20150409_030 店は看板の奥のドアー1枚で両サイドは別の店。店には小さな表札がかかっている

20150409_029 立ち食い寿司の店で店内はカウンターで普通で5人ぐらい詰めれば7人ぐらいは入れるかなぐらいの感じの広さ。職人は一人でフロアーが隣のラーメン屋さんと兼務で一人。オーナが隣のラーメン店のオーナーでもありラーメン店とは店内ドアー1つでつながっている。ちなみに隣のラーメン屋さんは「鶴一家」という家系のラーメン屋で食べログなどでも評判は良い店です。鮨はまたつに来る場合「鶴一家」を目印にすると良いと思います

ネタケースはこんな感じ

20150409_01320150409_014 高級寿司店のような感じで客からもしっかりネタが見える形になっている。まずは飲み物という事で日本酒を注文。

20150409_011 お通しは豚の角煮。日本酒は大関の辛口。にぎりをおまかせで握ってもらう。まず出てきたのが

20150409_012 中トロ。本まぐろの中トロだと思う脂が万遍に乗っていて美味い。

20150409_015 赤身。血合いぎしの部分まぐろの味が濃く感じる事ができる部分で美味しい。

20150409_016 フッコ。板さんに「フッコです」と言って出されたもの何の事か分からなかったが白身で歯ごたえもちょうど良く旨み甘味もあり美味しかった。後で板さんに聞くとススキの子供の事との事。

20150409_017 生ミル貝。歯ごたえがそれなりにあり美味しい。

20150409_018 螺貝。先ほどのミル貝とは違った食感でこれほど美味い螺貝を食べたのは初めてかな。

20150409_019 コハダ。良い塩梅で漬かっている。

20150409_020 玉子。それほど甘さはなくまぁこんなもんかなという感じ。

20150409_023 海老、結構食感があり美味しい。

20150409_024 ウニ、新鮮という感じ。味はそれほど濃くない感じ。干瓢巻きをわさび入りで巻いてもらう

20150409_025 ここで初めて小皿が出てくる。ここまでは煮きり醤油をネタに塗ったものが出てきたため小皿がいらなかった。美味いですね。最後にアスパラを握ってもらう

20150409_026 アスパラはあまりアスパラを主張していない感じでおとなしい味という気がした。

立ち食いの基本は出てきたものをすぐ食べる(普通の寿司屋でも同じだが)という事だと思っていて・・・板さんもどんどん握ってくるので日本酒とお通しが出てからアスパラまで約20分の時間でした。まぁ普通の立ち食い寿司ならそれでもいいがこの店の雰囲気としては板さんとネタの話などをしながら食べるの良いのかなと思える感じの店。ネタはすべて天然物を使っているようです。どこぞの寿司屋と違って「天然物」なんて看板掲げてないけど、その日仕入れに行って良い物を仕入れている為、この日あったものが次に行った時にあるかどうかは分からない。良い寿司屋さんだと思う。ただお茶が・・・こいつはいただけない緑の粉のおばけだった。この寿司には煎茶もしくは深蒸し茶だけどな。まぁコスト考えればしかたないか。

会計は3490円。立ち食い寿司では一番高額になってしまった。冷酒が390円でお通しがいくらぐらいなんだろう?200円ぐらいかな?そうすると11品で2900円ぐらい。大体1貫260円程度。そういえば8貫に巻物(上)で2400円というのがおすすめのところに書かれていた。まぁ値段的にはそんな感じなんだろうな。美味しかったです。又機会があれば行きたい店です。

| | コメント (0)

三是寿司 にぎり9貫 (南新宿)

先日、ココ

20150409_006 でランチを食べる。場所は新宿。繁華街の方ではない南側で近くに有名ラーメン店風雲児があり全労済会館の向かいのビルの2階。

ランチメニューの握り9貫を注文。時間は12時40分ごろ。サラリーマン客がひと段落した頃で席はそれなりに空きがある感じだが・・・片付けが追いついていない感じ。カウンター席に座る。注文してから3分ぐらいでこれが出てくる。

20150409_004 板さんは2人で一人は巻物中心で一人は握り中心で握っている。板さんの方は順調にすごいスピードで色々こなしているのだがフロアーの方が・・・4人はいたと思うのだが・・・寿司9貫に付いてくるお椀が全然出てこない。席は空いているのに客は立って待って列をつくっている。「お椀を下さい」と言ってもしばらく出てこない。しかたないので他の店員のお椀を注文するがそれでも中々出てこない。やっと出てきたと思ったら・・・

20150409_005 これ運ばれてきたお椀の蓋を開けた時点の写真。お椀に対して味噌汁の量が無茶苦茶少ない。他の方のお椀を見るともっと小さいものもあったので多分お椀の数が足りずにあら汁か何かを入れるお椀を使ったのかなと思う。寿司はシャリが多めでランチには良いサイズだと思う。巻物はキュウリに明太子。玉子の下のカツオの色が変わってしまっているものを使っているのは気にはなったがまぁランチなのでしかたないかなとも思う。まぁそれなりに美味しいかなという感じですかね。5段階評価で3というところでしょうか。

にぎり9貫750円(税込み)本当に普段普通に食べるランチという事で考えればよいランチという感じです。

| | コメント (0)

夜来香(イエライシャン) (清水駅周辺)

昨日の夜、この店に入る

20150409_037 時間は22時過ぎ。この時間やっているこの周辺のラーメン屋は何軒か頭の中に入っていたがこの店はこの時間帯やっているとは思わなかった。店そのものは昔からある店で以前から知っていた。ただ中華料理の高級店というイメージがある店で入ろうとはあまり思った事はなかった。昨日たまたま歩いていて店の入り口付近にあるメニューのディスプレイを見ると値段は普通。入ってみる。

カウンター席に座る。カウンター席にはこんなものが

20150409_033 夜、できるメニューはこんなものなのかもしれない。普通の営業を21時ぐらいまでやっていてその後はこんな感じで24時までやっているという感じを受けた。初めて入った店なのでもちろんラーメンを注文。注文するとすぐにこれ

20150409_031 が運ばれてくる・・・レンゲ・・・ラーメンと一緒ではなくこの時点で運ばれてくる。注文してから5分以内で出てきたのがこれ

20150409_034 うーんラーメン屋のラーメンとはさすがに違う。透き通ったスープに細麺・細いメンマに赤い色のチャーシューと刻んだネギ。美味いです。鶏の出汁は分かるそのほか色々なものが入っているスープ。初め塩気を感じそのあと醤油を感じる。ネギが邪魔にならない。麺は細くコシもあり美味しい。ラーメン屋のラーメンも良いが中国料理店(町の中華料理店とは違う)のラーメンも良いと思う。それにこれ630円という値段。良いかもしれない。

| | コメント (0)

麺肆 秀膽 ラーメン(塩) とりそぼろめし (平塚駅周辺)

昨日の夕食、平塚駅周辺で食べる。都内から静岡に帰る途中、何処かで夕食を食べようと思っていてたまたま乗った電車の終点が平塚駅で時間的にも夕食を食べるのに良い時間だったため平塚駅に降りたので全く計画性がなく平塚駅周辺でどんな店があるか全くわからない状態で駅周辺を歩く。色々な方向に行って15分ぐらい歩いたかなそこでこの看板を見つける

20150407_019 駅から近く2分ぐらいの場所だと思う。入ってみる。店は奥に長くカウンター席のみでまずは券売機で食券を買うタイプの店。まぁ初めて入る店なので一番シンプルなラーメンを購入。それととりそぼろめしも購入。カウンターに座り食券を店員に渡す。店内にメニューの説明が掲示されていてそれを読んでいると・・・少しイメージしていてものと違う事に気が付く。注文して5分程度でこれが出される。

20150407_01620150407_017 うーん海苔の乗せ方が独特で・・・。塩ラーメンというより鶏なんですね。白湯スープですね。確かに魚介類や野菜など使っていて極端な白湯スープではないものの・・・私がイメージしていた塩ラーメンはこの店のメニューで言うと支那そばですね。普通に初めて入ってきて券売機見ただけではそれ分かりません。分かるのは店内に入ってメニューの説明が書き読んでからで・・・。これをラーメンとするならは看板には白湯か鶏の文字を入れるべきです。塩だけではイメージが全然違います・・・・確かに塩味だけどね。

麺は細麺。具は写真の通りでチャーシューが鶏肉使ってます。バランスが良く美味しいラーメンだと思う。塩ラーメンなので塩の味が結構します。とりそぼろめしは独特のスパイスで初め違和感を感じるが食べていると美味しくなっていく。

ラーメン690円・とりそばろめし290円合計980円。まぁ値段的にはこんなもんでしょうね。

| | コメント (0)

都々井 立ち食い寿司 (五反田)

昨日のランチこの店

20150407_014 で食べる。ランチメニューはこんな感じ

20150407_012 にぎり1人前を注文。まずはお茶が出てくる

20150407_009 カウンターには水道の蛇口が・・・こうゆうタイプの店は船橋の吉光http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/03/post-d7c4.html を知っているがそことも様子が違う感じでこの店は割り箸が備え付けであり、おしぼりはなくティッシュペーパーが置かれている。注文して待つこと5分以内でこれが出てくる

20150407_010 寿司8貫に巻物で1人前。イカが肉厚でしっとり系のもので結構美味しかった。

20150407_013 この日のおすすめがこんな感じだったのでかつおと生ニシンを注文

20150407_011 かつおは好みを言えばもう少し濃い味が好きだがこんなもんでしょう。ニシンも薄味というかそれほどニシンというものを主張している感じがなく上品で・・・まぁ新鮮で良いのですが・・・。

にぎり650円。かつお・生ニシン各2貫で250円で合計1150円。にぎりの650円は相当お得感あり。単品の方もお得感がある感じですね。

| | コメント (0)

ひかり三兄弟 いなりやNOZOMI (静岡市清水区)

先日、これ

20150404_013 を食べる。これはひかり三兄弟というもので清水区の「いなりやNOZOMI」というところで売られている。この店は有名高級寿司店の末廣鮨が運営している。

いなりやNOZONIの方は持ち帰り寿司店でいなり寿司を中心に販売をしている。その中に「ひかり三兄弟」という商品がありそれが今回食べてたもの。光物は毎日違うようで日によっては兄弟になる事もあるようです。この日はアジ・カマス・コハダ?だと思う。コハダだと思うのだが・・・

20150404_005 表示がアジ・サバ・カマスになっている。味もアジ・カマス・コハダだと思うのだが・・・。

寿司屋の寿司というより田舎の寿司という感じがするものでアジのシャリには白ゴマがかかっている。シャリは薄めの味でしっとりした感じでこれ以上しっとりするとべっとりになっていく感じのギリギリのところ。魚は酢〆してあるがかなり浅い感じのもの。

ひかり三兄弟730円に税が付いて788円。まぁまた買う事あるかもしれません。これは店が清水区内にあるという事で・・・遠くにいてわざわざ買いに行こうと思うほどのものではないかなという事。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »