« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

蝋燭の灯りによる狂言の印象

昨日、国立能楽堂で蝋燭の灯りによる狂言を観てきた。蝋燭灯りによる狂言を観るのは2回目なはず・・・以前の1回はかなり昔になるが観たのは覚えている。

国立能楽堂の今月の特集は「鬼の世界」という事で昨日も鬼に関係する狂言が2番と蝋燭狂言という事で暗いということで暗闇に関係があるものが1番の3番が演じられた。

まずは開演前に紋付袴姿の若い男女数名が蝋燭に火をともす。薪能なので行われる火入れ式みたいなものはなく坦々と行われ開演3分ぐらい前から徐々に照明の明かりを暗くしていって開演時には蝋燭の灯りだけになるようにする。

20141127_02020141127_021 こんな感じで蝋燭が立っている。これは公演前に撮った写真でこちらが

20141127_026 休憩中に撮ったもの。

一曲目は「杭か人か」三宅右近家による狂言。杭か人かは観た事のある狂言で最後のオチも知っていたが三宅右近家の狂言を観るのが初めてで・・・しばらくの間活動できなかったのかな?しなかったのか?ここ最近はよく活動されているようであっちこっちでそれなりに三宅右近氏の名前を見かける。これといって特徴はないのだが太郎冠者(右近氏)の横になりながらの謡はすごいなと思った。最後の場面は闇の中という事で蝋燭灯りによる狂言にはぴったりかなと思う。

2曲目は茂山家による「鬼の継子」この鬼の継子は今月の9日に山本家のものを観たばかりで・・・それまでこの狂言観た事がなかったのだが・・・結構こうゆう事多い。それまで1度も観た事がなかっった狂言を1度観るとすぐに又その狂言を観ることになる。山本家のものと細かいとこころで違っていてオチが少し違っていて・・・その辺は違った本を使っているのかなという感じ。茂山家は子供の代わりに着物を鬼に担がせる。山本家は子供食べようとした鬼から奪い取る感じで・・・まぁ最後の最後は変わらないのだが。あきら氏が出て来で発した1言でさっきの狂言とは別世界だというような何だろう鋭いというか絞れ輝いている声が印象に残る。

休憩があり素囃子「早笛」・・・2分ぐらい?本当にあっという間で・・・スカッとするような音を聞いて3曲目が始まる。まず主(則俊氏)の名乗りで始まるのだが・・・前の2番にはない山本家独特のテンポ・リズムがあり、あぁ良いなと思う。それから太郎冠者(東次郎氏)の肩衣、白地に黒の鬼が描かれたも(多分鬼瓦)の蝋燭の灯りには映える感じあり。映えるといっても蝋燭灯りなので細部ははっきりせず・・・鬼瓦だったと思うのだが・・・隣の席の人がオペラグラスを持っていて・・・始まる前は能楽堂の広さでオペラグラスは要らないと思ったいたのだが「あ・こうゆう事なんだ」と気が付く。面白い狂言でした。多分東次郎氏と則俊氏の狂言でのやりとりが今現存する狂言方の中で最高峰だと私は勝手に思ってます。私の場合当然全ての家の全ての組み合わせを観ているわけではないので・・・特に人気の萬斎氏などはここ何年間観ていないので万作氏とのやりとりなど観ていないしたいした数の狂言を観ているわけではないので・・・あくまで私が勝手に思っているだけなので・・・。ちなみに私の観た事のあるやりとりで最高だと思っているのは今から15年ぐらい前の4世千作と2世千之丞ですね・・・今ではDVDでしか観れないですが・・・何にしても観れる時に東次郎氏・則俊氏のやりとりは見ておいた方が良いと思います。お勧めです。

以上・思った事を書いてみました。

| | コメント (0)

蓮 坦々麺・チャーハン (東京・千駄ヶ谷)

昨日、国立能楽堂に狂言を観にいく。18時30分開演でスケジュール的に狂言を観る前に食事をした方が都合がよく能楽堂周辺で食事をする事にする。

能楽堂近くにすし屋がありそこに行こうと最近は毎回のように思っているのだがいつも行こうと思っていってみると店がやっていない。他で食事をした後やその日食事をする店を決めているときは開いているという店で・・・今回も振られて17時30分の時点で開いていない。そこで行ったのがこの店

20141127_016 場所は千駄ヶ谷駅から能楽堂に行く途中にあり中央線沿いの大きな道路に面している。店に入ると入り口横に券売機があり食券を買う形式。今回坦々麺とチャーハンを購入。席はこんな感じで

20141127_010 ネギが乗せ放題になっている。その他ラーメン1杯に付き玉子1個サービス。麺は1000gまで増量が無料になっている。麺は注文時に大盛りにするかどうか聞かれる。チャーハンも頼んだので普通盛りにする。注文してから7分弱でこれが出てくる

20141127_012 麺は中太麺。チンゲン菜にサービスの味付け玉子に辛みそ挽肉。これぞ坦々麺という感じでなんか変わった事を何もせずに勝負している感じで辛さよりコクを感じる。これを食べているとチャーハンが出てくる

20141127_013 チャーハンは値段が280円だったため小さめのものかなと思っていたがしっかりと1人前ある感じで・・・・坦々麺にチャーハンだとチャーハンの味が薄く感じる。味玉は半熟

20141127_015 確かに美味しい。しかし坦々麺には味玉ではなく普通の茹で玉子をどっぷり汁の中につけて汁と一緒に食べるともっと美味しい気がする。そう考えると坦々麺にはご飯が合う。チャーハンという選択は間違いだった気がする。券売機のチャーハン280円を見てあっ安いなと思い何も考えず押してしまった私、ここはライスだったなと今更思っている。

坦々麺800円チャーハン280円。お腹いっぱいになりました。

| | コメント (0)

ハノイのホイさん ホイさんカレーセット (渋谷・桜丘町)

昨日、国立能楽堂に狂言を観に行く。狂言は夜からで昼間は渋谷に潜伏する。渋谷に着いたのが11時50分ごろでまずはランチという事で「ハノイのホイさん」という店に行く。この店は以前入った事がある店http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/10/post-27e8.html 出かける前日に何処でランチ食べようかなとネットで見ていたらダラットワインのストロベリーがこの店のメニューにあるのを見つける。このワイン中々日本で扱っている店が少なく・・・できる事なら店で飲むのではなくボトルで店で出している価格で良いので買えたら良いかなと思っていったのだが・・・・店に入ってドリンクメニューを見たのだがメニューにはない・・・。ランチを食べ終わり店を出る時に店員に聞いてみると今、取り扱っていないとの事・・・。ベトナム行けば多分3・4百円程度で買えると思うのだが・・・。

まぁこの店に今回入った1番の目的は達成できなかったがランチのカレーを食べる。木曜日はカレーの大盛りがサービスになるようで大盛りにしてもらう。この日は10穀米のご飯とキーマカレーの組み合わせ。注文をしてから5分ぐらいでこれが出てくる。

20141127_006 うーん普通のキーマカレーだ。ベトナムぽさを感じるものはない。ベトナムのカレーはココナツミルクがけっこう入っていて甘いカレーが定番だと思うのだが。確かにこのカレー甘いのだが・・・キーマカレーにするとこんな感じになるのか?日本のキーマカレーの甘いものという感じ。まぁまぁこれはこれでそれなりに美味しいので・・・ただ私はカレーは辛いものというの前提で・・・多国籍料理であれば別にこだわらないのだがなんか釈然としない感じで・・・サラダの横にあるのはこの店の看板メニューのフォー(鶏)で美味しいです。

カレーセット900円。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

松屋 豆腐キムチチゲセット 

この時期になると毎年出てくる松屋のチゲだが2011年からほとんど変わっていない感じがする。調べてみると今年の3月にも同じものを出していたらしい。3年もほとんど変えずに3月にも販売しているということは人気があるから変えないという事なのだろうか?今回は店によっては牛肉をプレミアム牛肉というものを使っているらしい。私が入った店ではそのプレミアムは使っておらず普通の牛肉を使っている店だった。

20141122_00120141122_002 相変わらずに卵が付いてくる。卵は生卵か半熟玉子選ぶことができる。私はこのチゲに玉子はいらないと思っているので醤油と混ぜてご飯にかけてたまごかけご飯で食べる。前の冬に食べたのがこれ

20131205_007_2 うーん見た目も全く変わらない強いて言えば豆腐が小さく少し多めになっているかなという感じで味は変わっていないと思う。変わっていても同時に2つ食べ比べないと分からないくらいだと思う。

豆腐キムチチゲ500円(プレミア牛肉でない方)で前のシーズンは490円。消費税が5パーセントから8パーセントにあがっている事を考えると4円ぐらい値下げしていることになるのか?まぁこんなもんでしょう。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

美食菜館 (渋谷・センター街)

21日の夕食、渋谷で食べる。時間は21時すぎ。今回入った店かココ

2014112122_013 場所はセンター街のラーメン屋「かむくら」の向かいでセンター街から井の頭通り方向に少し入ったところ。以前は上海食堂という店だった場所。

今回ココに入ったのはなんかチャーハンが食べたいと思っていてまぁかにチャーハン(近くにかにチャーハン専門店があり)も良いが普通のチャーハンが食べたくてチェーン店でない店をと思っていたらたどり着いた。

店はカウンター席のみで2列平行ぬに向き合う形になっている。2階もありそちれはテーブル席のようで3人以上の人が入店してくると2階に案内されていた。店員の会話は中国語。客も結構の割合で中国人がいる。

チャーハンは豚肉チャーハン・海老入りチャーハン・ピリ辛チャーハンなどがあり値段は全て600円。私はチャーシューチャーハンを注文。チャーハンでだけでは少し足りないかなと思い焼き餃子を注文。注文をしてから5分強で出てきたのがこれ

2014112122_010 うーんチャーハンの量がかなり多い多分普通の店の1・5倍~2・5倍はあるのでは?全体的に薄めの味だが化学調味料が強めでチンゲン菜が良いアクセントとなっている。チャーシューも結構な量入っていていて結構主張している感じだが少し癖がありそれでいてチャーシューとしては味が薄いという感じ。これを食べていると焼き餃子が出てくる。初めタレを入れる皿が出てかなかった為、店員に小皿下さいと言うとでてきたのが・・・どう見てもこれか小皿か?というサイズのもの

2014112122_011 焼き餃子は何だろう焼いた油か何か少し癖がある感じで苦味でもないしあまり経験のない癖がある。卓上に醤油・ラー油・黒酢が置かれていて黒酢を使うとその癖が気にならなくなるのだが今度はその黒酢の癖が気になってしまうという感じ。中国系の店では焼き餃子より水餃子の方が良かったかもしれない。結構な量だったが完食。

チャーシューチャーハン600円。焼き餃子350円。焼き餃子なくても十分だった感じかな?他のメニューを見ても結構リーズナブルなものが多い感じがした。日本の中華というより本場の中国料理に近いのかな。ご馳走さまでした。

| | コメント (0)

町田家 新宿店

昨日都内に潜伏する。基本的には渋谷にいたのだが1時間ぐらい新宿にもいる。丁度12時頃に新宿にいて昼ごはんを食べる事にする。今回入ったのがこの店

2014112122_004 場所は新宿駅新南口から2~3分の小さい通り沿いでココにラーメン屋があるのを知らないと中々入る事がない感じ通り沿い。この近くに用事がありこの辺であまり時間がかからずに美味しいものが食べられるところを探していて行き着いた店。

町田家はかなり前に本店と新百合ヶ丘店で食べた事があって・・・ただ本当にかなり前の話でこのブログはじめる前で5年以上は経っている。横浜家系のラーメンだ。

家系ラーメンの場合私は生キャベツをトッピングするのが好きなのだがこの店は生キャベツがメニューにない。その代わりという訳ではないのだろうがメンタイコがメニューにある。家系のラーメン屋にそれほど入った事はないが家系のラーメン屋でメンタイコの印象は私にはない。

券売機で札を買うという家系ではよくあるタイプの方式。キャベツがなかった為シンプルなラーメンを購入。札を店員んい渡すと好みを聞かれる。麺の硬さ・脂の量・醤油の濃さの3つで全て普通でお願いする。

注文をしてから5分ぐらいでこれがでてくる

2014112122_003 うん家系ラーメンだ。味は濃い目のとんこつ醤油で麺は太麺。海苔が3枚にチャーシューにほうれん草にネギ。ちょうど良い濃さで美味しい。チャーシューはとろける感じでほうれん草は全体の濃さを中和させる感じで良い。海苔はご飯を頼んでいればご飯の上に乗せて食べると美味しいさが増すのだが今回は頼んでないので・・・美味しいことには違いない。

ラーメン普通盛り720円。美味しかったです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

インド料理 グレイト・カルカッタ (西川口)

昨日の夕食、西川口駅近くの「グレイト・カルカッタ」という店で食べる。本当はその斜め向かいにある坦々麺専門店で食べる予定だったのだが昨日(水曜)は定休日との事で・・・確か前回西川口に来たときも定休日(水曜)で開いてなかった事憶えている。特に狙って水曜日に西川口に来ているわけではないのだが・・・。水曜が休みといのが頭の中に入っていなく同じ事を繰り返している。という事であまり時間もなく斜め向かいにインド料理の店がありカレーならそんなにハズレはないだろうと思い入ってみる。この店

20141119sm_034 日替わりカレーのセットと単品でタンドリーティッカを注文。注文して数秒でこれが運ばれてくる

20141119sm_028 日替わりカレーセットのサラダでこれを食べたいるとこれらが一緒に出てくる

20141119sm_030 結構ナンが大きい。この日の日替わりカレーは

20141119sm_033 マッシュルームとチキンのカレー。辛さは調整できるようだが今回何も指定しなかった。・・・私にとってはかなり甘い感じでかなり物足りなさを感じた・・・カレーは辛くてなんばという気がする。ほとんど水を飲まずにすんだ感じ。タンドリーティッカももう少し香辛料が効いていても良いのかなという感じで物足りなさを感じた。いずれにしてもパンチが足りない。

日替わりカレーセット790円タンドリーティッカ2個で480円合計1270円。こんなもんでしょう。

| | コメント (0)

伊勢屋 おにぎり・二幸 牡蠣おろし蕎麦 (西川口)

昨日、西川口にいる。今回渋谷までバスで行きその後JRというコースで行く。バスの時間の関係で10時30分過ぎには西川口に着く(バスは30分以上遅れたが)

西川口駅周辺を歩いてみる。で見つけたのがこの店

20141119sm_018 和菓子屋なので上生菓子などあるかなとみて見るが・・・店のショーケースの半分以上がおにぎり系のものでうまっている。確かに和菓子もあるのだが団子系が中心で饅頭などもあったが上生菓子はなく・・・この日の予定を考えるとおにぎりを持っていた方がよいと思い購入する

20141119sm_019 撮影したのは近くの公園の椅子の上。最近手遊びを書いた椅子がはやっているようであっちこっちで見かける。パッケージは団子だが中身は

20141119sm_021 鮭とたらこでコンビニのおにぎりに比べるとかなり小振りだが手づくり感があって美味しい1個120円だった。

その後、駅の反対側に行って少し早めの昼ごはんを食べる。時間は11時少し過ぎ。11時30分まで待てば結構多くの店が開くのだろうがこの日の予定を考えると早めに食べた方がよくその時間開いていた店という事で入ったのがこの店

20141119sm_025 店は西口のロータリーから30秒かからない場所。この店の特徴は蕎麦の値段が結構安いのかなという感じ、もり・かけ蕎麦が490円。きつね・たぬきが550円といった感じでメニューも豊富でお酒を飲む場所としても使えそうな感じで。この日の店の前に展示されていたのは蕎麦とカレーのセットだった。それでもいいかと思い店の中に入ってみると結構魅力的なメニューがあり・・・11月のメニューでくじらの立田揚げと天ぷら・ミニせいろが付いて800円など・・・で結局選んだのが牡蠣おろし蕎麦という季節限定のもの。それだけでは足りないかもしれないと思い半ライスも注文。注文してから5~7分ぐらいででてきたのがこれ

20141119sm_02220141119sm_024 牡蠣、大きめのものが5個入ってます。その牡蠣の下には海苔が1枚入ってます。レンゲ?スプーン?(この食器の呼び名が分からない)の下の皿にはネギがあります。それぞれの素材は美味しいと思います。ただこれが合わさった時にどうだろう?牡蠣と蕎麦のつなぎ役を大根おろしがしているのは分かるが無理に一緒に食べる必要はないのかなという感じがするのは私だけだろうか?牡蠣が好きなのでこういうメニューがあると注文してしまうのだが・・・。ぬかずけは丁度良い感じで美味しかった。

牡蠣おろし蕎麦1080円+半ライス170円で合計1250円。

| | コメント (0)

大阪王将 清水北脇店

今日の昼清水区にある大阪王将で昼メシを食べる。大阪王将に入るのは初めて。餃子の王将には何度か入った事があるのだが・・・。

店は国道1号線沿いの北脇、小糸製作所や栗田家具の近く。店に入ったのが14時すぎで店は空いていて客は5~6人ぐらいだったと思う。本日木曜日という事で餃子がセールとのポスターが店のあちらこちらに貼られている。餃子とシンプルに中華そばを注文。待つこと5分ぐらいでこれがでてくる

20141113_007 餃子に力を入れている店のようで餃子のタレが3種類卓上に置かれている。今まで見たことがなかった味噌ダレを付けて食べてみる。うーん私的には普通のタレの方が好きかな。餃子の焼き方も薄焼き?両面焼き?少し焦がし焼き?(正確に覚えていない)など4パターンあり(大阪王将のホームページに載っていないのでこの店だけかも知れない)私は普通に焼いてもらった。

中華そばは鶏ガラ系の醤油味であっさりしているが旨みは結構ある感じ。具はもやし・メンマ・ネギにチャーシューでチャーシューは小さいが厚めに切られている。麺は中細のストレート麺。それなりに美味しいラーメンだと思う。

中華そば510円に餃子190円(普段は240円)合計700円。多少リーズナブルかなという気がする。

| | コメント (0)

立ち喰い寿司 まんぼう (桜木町・野毛)

横浜狂言堂が終了したのが16時ごろでそれから野毛方向に向かって歩く。ちょっと早めだが夕食を食べる予定。今回行ったのが食べもの横丁にある「まんぼう」という立ち喰い寿司の店。去年の春ごろできた店のようで・・・まぁ立ち喰い寿司なら行ってみようかなと思っていて今回行ってみた。

20141109_021 店は食べもの横丁という建物の中に入っていて1階と2階があるようだ。2階は行っていない。1階はL字カウンターで1度に8人ぐらいは食べれるかな?つめれば10人ぐらいかな?

まずは飲み物を聞かれたので冷酒にするとこれがでてくる。

20141109_013 松竹梅の豪快生酒1合瓶、癖のないあっさりとした酒でどんな料理にも邪魔にならないような酒。私個人的な好みではあっさりしすぎという気がする酒。

おまかせ10貫を注文。お通しをつまみながら日本酒を飲んで待つこと5分ぐらいでてきたのがこれ

20141109_014 イカ・サーモン・しめ鯖・イナダ・ブリ・マグロ。マグロはそれなりに美味しい。ブリはまぁ一応ブリなんだろうなもう少し脂が乗っていても・・・この時期はこんなもんなのかな?魚も部位によって脂の乗りが違うので・・・イナダはこの中で雄一個性を発揮している感じで・・・しめ鯖、〆かたが中途半端という感じで新鮮なので浅くしたいのかしっかり〆たいのかよくわからない。サーモン・イカ普通です。

20141109_016 カツオ・海老・ニシ貝・玉子。カツオカツオの味が薄い感じ。海老、見ての通りペラペラのネタで激安回転すしクラスのもの。ニシ貝は美味しかった。玉子この10貫の中では一番美味しかった。全体的というかシャリの味が薄すぎる感じがしたシャリの味が薄くても美味しいという店はあるがここはそうゆう感じではない。にぎりの硬さは丁度良い感じで寿司職人がにぎっていると感じる事ができる。あら汁を注文。この日これが1番美味しかった

20141109_017 めぬけとメバルを注文

20141109_018 左がメバルで右がめぬけ。両方とも淡白すぎて私はココのは好きではないかもしれない。という事で濃い目の味という事で塩辛とまぐろのづけを注文

20141109_019 うーんネタは回転すしだがシャリとあっておらず回転すし以下。回転すしのシャリは甘めでこうゆうネタだと合うのだがココのは合っていない。

まぁ野毛に立ち喰い寿司がココしかないので客は入って食べログの評価も高いのかも知れないが私は今一つでした。私が知っている野毛の飲兵衛達は味の濃いものを好む人が多いのだが・・・まぁ野毛の飲兵衛達のほとんどは食べログなど書かないか。

詳細は面倒なので書きませんが合計2619円でした。

| | コメント (0)

2014.11.09 横浜狂言堂の印象

9日横浜狂言堂を観に横浜能楽堂に行く。毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で毎月横浜狂言堂をいうものが開催されている。ほぼ毎月行っているのだが先月は野村萬歳さんが出演するということで・・・いつものようにチケットを買おうと思っていたらすでに売れ切れていて来ていないので2ヶ月ぶりとなる。

今回は山本東次郎家の狂言で「文相撲」と「鬼継子」という狂言。文相撲は何回か観たことのある狂言で鬼継子を観るのは初めてだがこの日一番印象に残ったのは公演後にあった東次郎氏による小舞「雪逍遥」だった。

文相撲:狂言で相撲という言葉が曲名になっているのが蚊相撲・文相撲・鼻取相撲・唐(唐人)相撲の4曲だと思う。このうち唐相撲は狂言としては異例の出演者数で40人(それより少ない数で演じられることもある)で狂言の中では特別なもの。あとの3曲は新参者と大名が相撲を取るというもので大雑把なストーリーはそっくりで・・・蚊相撲は蚊の精が出てきて文相撲は相撲の虎の巻(マニュアル?)が出て来て鼻取り相撲は鼻を防護するかわらが出てくる。今回は文相撲。50分ぐらいの曲で面白い。最初の太郎冠者と大名のやりとりで山本家独特の声のリズムや伸びを聞いてやはりすごいと思ったが新参者の則孝氏が出て来て声を出すとまた一段と良い声で・・・声聞いているだけで心地良い。すり足のスピード動きのキレどれをとっても綺麗でいいな~と思える。蚊相撲・文相撲は何度か観た事があるがあまり鼻取相撲は演じられていないようで私は茂山家のものを1回観ただけで機会があれば山本家の鼻取相撲を観てみたいなと思った。

鬼継子:この狂言を観るのは初めて。う~ん最後はどう解釈すべきか・・・やはり女は強いという解釈でよいのか?20分ぐらいの狂言で結構不思議な狂言ですね。最後に鬼が遣っ付けられるわけではないし・・・鬼は子供をかわいがろうとするが食べたくなってしまう。面白いストーリーである事は間違いないのだがあんまり笑えるところがないような感じがする。

2曲終了後に山本東次郎氏がこの日の狂言の解説がありその後、狂言小舞を舞う。今回舞ったのが「雪逍遥」(ゆきしょうよう)という新作小舞。今まで新作能や新作狂言というものは観た事があるが新作の小舞というのは初めて。解説などによると国立能楽堂が今年の古典の日記念公演で「雪」という事をテーマにして東次郎氏に小舞を一曲舞ってほしいという事で依頼されたようで従来の小舞では「雪山」という小舞しかなく雪山では1分半ほどの舞いで終わってしまう為に今回新しく作ったとの事。ちなみにこの依頼は野村万作氏にもいっていたようで同じ日(10月31日)の古典の日記念公演で新作小舞「雪づくし」を舞っている。(注:古典の日は11月1日で平成24年8月に参議院で可決で法制化されているので勝手に決めたわけではない)すばらしい謡と舞でした。小道具(弓矢)を取り入れたもので・・・家に帰って山本家の小舞のDVD観なおしてしまった。いいよね~他の家の小舞を観る機会がほとんどないので・・・貴重だよな毎回のように小舞をやってくれるのは・・・。

14時~16時まで休憩時間15分。充実した内容だった気がする。これがニコニコ動画で無料で観れるというのもすごいと思う。あんまり画像は良くないのがネックだが・・・。

| | コメント (0)

川村屋 いなりセット (野毛・桜木町)

昨日、横浜能楽堂に出かける。最寄の駅桜木町に着いたのが13時ごろ。開演は14時。それまでに食事をして能楽堂に着かなければならない。普通に何処かの店に入っても間に合うと思うが何処の店に入ろうか迷っていると間に合わなくなる・・・。久しぶりに駅前の立ち食い蕎麦屋に入ってみる。

前回この店に入ったのが今年の1月12日で前の店舗が閉まる1日前の事。

Cimg7978今回場所を移動して新しい店舗になってから入るのは初めて。

20141109_010前の店は口頭注文で物が出てきた時現金払いだったが券売機が導入されている。いなりセットというものを購入。いなりセットは蕎麦かうどんを選んで具をかき揚げ・山菜・とり肉がら選ぶ。蕎麦・かき揚げを選択。

店はかなり混んでいて蕎麦を出すところで並んでいる。私が食券を渡す頃には食べるところがなく蕎麦を持って立っている人が2名ほどいる。店側はそれでも流れ作業で蕎麦を湯がいて客に出している。昔の店構えならまぁそんなところだろうなと納得しただろうが・・・店が綺麗になるとその行動にイラッとしてしまう。不思議なもんだ。値段も消費税分があがっているだけなので変わっていないのだが雰囲気が変わるとそこまで求めてしまう。

20141109_007 相変わらす美味しい。天ぷら蕎麦のアップ

20141109_008 ちなみにこちらが前の店舗が閉まる1日前に食べた天ぷらそば。

Cimg7976 天ぷらが一回り大きくなっている感じがする。器は同じものだったと思う。

いなりセット510円。やはり美味しい立ち蕎麦だと思う。(立ち蕎麦と言っても座る席もあり)

| | コメント (0)

まぁ 結果的にはたいしたことではないが

昨日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日と言う事で横浜能楽堂で横浜狂言堂が開催されるのでそれを観にいく。

10月の終わりから風邪?なのか体調が整わず色々な予定をキャンセルしていて・・・静岡市内でしか活動しておらず久々の県外で東海道線に乗るのも久しぶりで前回は興津~由比が不通で代行バスで移動しており約1ヶ月ぶりとなる。

清水駅に着くと・・・浜松方面の信号機の故障で電車が送れていて運休も出ているとの事で・・・横浜方向に行く電車が遅れている感じで・・・電光掲示には次の普通電車は10時14分の興津行きになっている。駅員に10時05分の電車はないですか?と聞くと運休との事。その次に興津より先に行く電車を聞くと25分との事。こうなると熱海から先の電車の時間によっては予定している時間より30分ぐらい遅くなってしまう可能性が出てくる。食事をする時間を短くするしかない。体調も万全ではないし行くのをやめようかと思ったりもしたが改札を通りホームに行くとホームの電光掲示は次の電車は10時05分になっていて・・・結局電車が来たのが23分ごろで冨士駅をでた時にこの電車は17分遅れで運行しておりますとのアナウンスあり・・・。10時05分の電車は遅れているだけで運休ではなかった。駅員は正確な情報を流してほしいと思う。

まぁ結果としては桜木町駅に到着予定時間の11分遅れ程度で済んでいるので問題はないのだが・・・。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »