« スパルタ ランチ (横浜・関内駅周辺) | トップページ | 箱根そば 冷したぬき蕎麦・鮭、いくら丼 (小田原駅) »

2014.09.14 横浜狂言堂の印象

昨日は、第2日曜日という事で横浜能楽堂が決めた狂言の日という事で横浜狂言堂が開催される。今回は野村萬蔵家による狂言で「文蔵」と「咲嘩」(さっか)の2曲.2曲とも以前に観たことのある狂言。

まずは山下氏の解説。よく学校などで狂言教室みたいのやっているのだろうか身振り・手振り歩きながら舞台や今日の狂言を小学生でも分かるような言葉で解説されているという感じで話されていました。

文蔵:うーん野村拳之助氏というか君なんだろうがいくつぐらいかな?多分、万蔵氏の次男だと思うが・・・。声は何とかなっているも声を出す時、毎回頭が動くし肩も上下する。頑張っているのは分かる・・・ただこの会は有料だからね(安いけど)客はお金を払って観に来ている。若者の練習の場ではないと思う。もしこれが普通の弟子(狂言の家に生まれていない)だったらこの場に出しますかね?その辺は万蔵氏やもしくは萬氏がフォローしなければならないのでは?解説に出てきてまだ少し早いと思ったが出してみたなどの話をするなど・・・まぁこれからに期待しましょうと流すレベルのものなのでしょうね。本人の調子が悪かったのか?まぁ何はともあれその辺が1番印象に残った。

咲嘩:これは楽しい狂言でよかったと思います。ストーリー的には突込みどころが沢山ある狂言だが面白い狂言で・・・日常と言えば日常で非日常といえば非日常で・・・その辺が狂言らしい狂言でだと思う。太一郎氏が着ていた肩衣のうさぎが季節的にもあっていて印象に残っている。

あくまでも私個人の印象なので・・・。

|

« スパルタ ランチ (横浜・関内駅周辺) | トップページ | 箱根そば 冷したぬき蕎麦・鮭、いくら丼 (小田原駅) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スパルタ ランチ (横浜・関内駅周辺) | トップページ | 箱根そば 冷したぬき蕎麦・鮭、いくら丼 (小田原駅) »