« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

中華そば みやひろ (浜松・浜松駅周辺)

昨日の夕食を浜松駅近くの「みやひろ」という中華そばの店で食べる。昨日の夕方~夜にかけては東海道線に乗っていて西の方向から静岡に帰る途中で豊橋駅で降りて夕食をと考えていたが豊橋での乗り換えがスムーズでそのまま浜松駅まで来てしまった。まぁ浜松駅周辺なら店に困ることはないだろうと考えていたので・・・・

焼き鳥・魚系居酒屋・普通の居酒屋・ピザ・お好み焼き屋など色々な店がある。で最終的には入ったのがこの店

20140829_050 昔ながらのラーメンを出すみ店かなという感じがして入ってみる。店の中に入ってメニューを見る。ラーメンとチャーハンぐらいと思っていたのだが晩酌セットというものがあり注文する。晩酌セットはこんな感じで

20140829_039 ビールが中ジョッキなら間違いなくビールなのだが・・・ハイボールを選択。もう1品煮込みも注文する。すぐに

20140829_040 が運ばれてくる。うーん薄い感じかな。その後3分程度でこれが運ばれえてくる

20140829_041 メニューではもつ煮と書かれているが出てきたのは名古屋名物のどて煮・・・確かにもつ煮である事には違いないが・・・予想していなかった。かなり美味しい。これを食べていると餃子が出てくる

20140829_043 浜松餃子の特徴であるモヤシが添えられている。一口餃子という感じですかね、それなりに美味しい。この後ワンタン麺を注文。出てきたのがこれ

20140829_044 基本的には美味しいがもう一つなにかが足りないという感じでコショウを入れたほうが美味しくなるような感じ。飲んだあとにぴったりという感じかな。ワンタンは具がほとんどなく皮が大きく皮のみを食べている感じ。それが4・5枚入っている。普通の中華そばが500円でワンタン麺が560円だった為60円プラスでワンタンが入るならそちらの方が良いかなと思ってワンタンを注文したので値段なりという感じですかね。

晩酌セット630円・もつ煮310円・ワンタン麺560円で合計1500円。値段的にはリーズナブルだと思う。

| | コメント (0)

丸八寿司 駅前店 (名古屋)

昨日のランチ、ココで食べる

20140829_036 かなり以前から来たいと思っていた店で・・・中々名古屋に来ることがなくなってしまい・・・場所はJR名古屋駅から徒歩10分ぐらい柳橋市場の近くで錦通りに面している。

この店は結構変わっている店で

20140829_034 24時間営業という寿司屋でオリジナルの巻物が沢山あり、そのネーミングもすごいものが多くどんな巻物なのか分からないものが多い。店のルールとして注文前にはどうゆう巻物か客に教えない。品物が出て来たときにこうゆう物といって出される。

店はカウンター席が20席以上並んでいる。店内いたるところにメニューが書かれている。席に座り沢山あるメニューを眺めていると店主?(店員・板前)がランチメニューははそっちに書いてあるよと窓側を指す。まぁやりとりがありお通しが出てくるお通しは大根と椎茸を煮たもの。

まず目に付いたのが銀映巻き。知っている人は知っているあのライブシアター銀映の事。私も何度も行った事のあるストリップ劇場で名古屋に来る時の目的場所の一つだったところ。3年前になくなってしまい跡地は今こうなっている

20140829_006 話がそれたが・・・目に付いた銀映巻きを注文。ネタバレになるので写真や内容は書かないがネタの組み合わせとしては良くあるもので美味しいです。巻物と書いているが手巻きで出てきて直接手渡しで出される。次に注文したのが三ツ矢サイダー巻き、これは洒落がきいていてこの組み合わせはどうかなと思うが意外に美味しい。次に頼んだのが不感症巻き・・・うーんネタ的にはこの日食べたものでは1番豪華だった気がする・・・と言っても一般的にはそれほど豪華ではない。次に注文したのがアイスクリーム巻きでこれはそのままなので

20140829_030 スティック状のバニラアイスが巻かれている。うーん間違いなくデザートだ。アイスが結構海苔とシャリに合っていて喧嘩していないのが以外だった。

その後ランチメニューの並寿司を注文。出てきたのがこれ

20140829_031 おなじみのネタに赤だし。握りは大きめでちょど良い感じで握られていて空気が入っているのに崩れないというにが分かる熟練した寿司職人の技という感じです。結構シャリが大きめで女性や小食の人ならランチなら十分足りるかなという感じ。この並握りは消費税込みで630円とリーズナブル。

手巻き4本に並寿司で会計が2140円でした。巻き寿司は値段が書かれてなかったので何がいくらかは分かりませんが平均で1本380円弱ですね。

面白い寿司屋さんです。機会があれば又行きたいと思います。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

ねぎ塩ロース豚丼

先日、吉野家のねぎ塩ロース豚丼を食べた。夏になってくるとメニューに加わる季節メニュー。

20140825_017 具は肉のみの丼でその上に白ゴマとネギがかかっているという結構ボリュームがある感じのもの。うーん確かに美味しい。だがこの系だとセブンイレブンのねぎ塩豚カルビ弁当がやはり1番美味いと思ってしまう・・・確か去年も同じこと書いた気が・・・・

ねぎ塩ロース豚丼490円。吉野家の丼ものとしては少し高めの値段設定かなとも思うがこれだけ多く肉が乗っているので納得。

| | コメント (0)

沼津港 海将 (上野・御徒町)

昨日の昼、御徒町周辺にいる。まぁ世の中計画通りには行かずという事が多い。ランチに入ろうとしていた店が開かない。11時に開店のはずが・・・記憶違いで11時30分からかなと思いアメ横などを歩きながら11時30まで待ってみるが開店しない・・・。店を変更。この店に入ってみる。

20140825_015 かなりリーズナブルな店で・・・基本的には居酒屋で飲み放題を売りにしている感じで店の中は市場の食堂をイメージしているのかな?椅子は背もたれがない丸イス。料金は前払い制でカウンターにて注文。金目鯛の干物定食を注文。レシートと番号札を渡される。待つこと7分出てきたのがこれ

20140825_01120140825_013 お茶などはセルフサービスで紙コップに注ぐようになっている。ご飯は少し硬めだったがそれなりに美味しい。味噌汁は海苔が入っていてそれなりに美味しい。ポテトサラダも野菜サラダもそれなりに美味しい。金目鯛の干物は小ぶりのもので・・・・スーパーなどでは3枚400円程度(都内では分からないが静岡市内ではこれくらい)のものかなと思う。金目鯛は高級魚だとは思うが身が厚く大きいものを干物にすれば焼いた時に脂が乗って身がホクホクして美味しいのだが・・・向かいに座った人が鯵の干物定食を頼んでいてそれを見ると・・・皿に2匹乗っているが2匹とも小さい。身のホクホクについては鯵も全く同じことが言えて・・・コストを下げるため安価な小さい魚を仕入れている感じ。まぁ金目鯛の干物定食を安定して900円で出そうとするとこうなるのかもしれない。ぱっと見、金目鯛の干物900円というと安いと思うが内容を見ると少し高めという気がするし店の雰囲気に合っていない気がする。鯵の干物定食が2枚で500円ならそっちの方が良かったと思う私。

| | コメント (0)

総本家 朝日屋 三景 (渋谷・道玄坂)

 昨日の夕飯、渋谷の道玄坂にある蕎麦屋で蕎麦を食べる。注文したのは三景というもの。まぁ色々ありそれほどお腹は空いていないがこの時間に食べないと後々どうなるか分からなかったので・・・時間は17時30分ごろ。まぁどの店に入るかも悩んだが以前から気になっていた朝日屋総本店という蕎麦屋に入る。道玄坂ではうなぎの花菱http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2013/01/post-38fa.html より古い老舗。

20140822_014 店の屋号(ロゴ)の扇に百の字は創業100年を超えてつくったのかな?そんなわけないよなと思っていたら創業者の名前が百次郎さんという事がネット上で出ている。

店の中に入ってからメニューとにらめっこ、うーんあまりお腹が空いていないのでカツ丼などの丼ものはなし、日本酒1合ぐらい飲んで1品つまみでそれからもり蕎麦という手もある・・・。結構悩む・・・最終的に三景という蕎麦にする。注文してから10分ぐらいでこれ

20140822_007 が運ばれてくる。1段目の蕎麦には海苔

20140822_008 2段目には

20140822_012 胡麻。三段目には

20140822_013 大根おろしに天かす。

つけ汁が濃い目の味で美味しい。今まであまりこうゆう蕎麦を食べてこなかったのであまり他とどうという事は言えないのだが濃い味なのに醤油が尖った感じでなく甘味もしっかりあるという感じ。こうゆう蕎麦(もり・ざる)はつけ汁が濃い場合海苔などがあった方が美味しいと思っていたがココのはつけ汁だけで十分で海苔が邪魔になるという感じがした。胡麻は美味しいと思った。何で単品でこの胡麻そばのメニューがないのか不思議なくらいだった。最後大根おろしとうずらの卵をつけ汁に入れて天かす蕎麦を食べる。これはこれで美味しいと思う。

三景953円で消費税が付いて1030円。ちなみにこちらの店のカツ丼は1080円でそれと比較してしまうとカツ丼の方がお得感があると思ってしまうのだがこの蕎麦はこの蕎麦で美味しいかったです。

| | コメント (0)

神田笹鮨 (東京・神田駅周辺)

昨日の昼ごろ神田界隈にいる。神田駅に降りたのは多分初めて。結構狭い地域に飲食店が沢山ある感じ。大都市のように高いビルはあまりなく飲食店も地下か1階~2階ぐらいのところに入っている感じ。ランチはかなり充実している感じで600円ぐらいから良さそうなものがある。そっちもかなり魅力的だったが今回は行く店を初めから決めていて・・・行った店がここ

20140822_005 笹鮨。店に入ったのが11時30分少し過ぎ。この笹鮨は店主がこだわりをもってやっている店でその辺はお店のホームページで見てください。私などが2・3行で書ける内容ではないので・・・メニューはこんな感じ

20140822_006 でこの他は飲み物がビールと日本酒。あとお好みの寿司で他のものはありません。一品料理(つまみ)はありません。お酒類を注文すると付き出しは出るようですが・・・

店に入りカウンター席に座るとこれが出てくる

20140822_004 お茶は深蒸し茶だと思う。寿司には基本的には煎茶が合うと思うのだがココの寿司にはこのタイプのお茶が良いかもしれない。ただ湯のみの色は白が良い特に暑い季節には白かなと思う。

並すしを注文。7~8分ぐらいでこれが出てくる

20140822_003 赤身2貫。白身・イカ・煮イカ・光物・玉子・干瓢巻き。赤身は漬けでしっかりと味が付いている。白身は鱸の昆布〆かな?身が厚く美味しい。イカは隠し包丁が入っていたがいらないぐらい柔らかいものだった。煮イカは詰めがたっぷりぬられていて歯ごたえが絶妙で美味しい。光物、酢でしっかりと〆られていてココまで〆られている光物多分食べるの初めてで・・・ネタは何だったんだろう?多分鯵かな。玉子は薄いがこれが甘くて美味い。握りは硬めでしっかり握っている。シャリは酸味・甘味とも薄い味付けでネタの味を生かしている感じ。

並すし1500円。美味しかったです。私はこの寿司好きです。今まですし屋のランチでは渋谷の寿司博が一番好きでしたがココも同じくらい好きですね。又いずれ行く事になりそうです。まだ世の中にはこうゆう店他にもあるんだろうな。あと何件見つけられるか分からないが今後も色々な店に行ってみたいと思う私がいる。

| | コメント (0)

駅弁 かきめし (東京駅)

西川口からの帰り東京駅にて駅弁を買って電車の中で食べていく。東京駅にいたのが8時15分過ぎ。30分に湘南ライナーが出るのを駅の電光表示で知る。駅弁を買って間に合えばそちらに乗って間に合わなかれば20分後の終電(東海道線で静岡まで行く場合)に乗ろうと思た。

東京駅には駅弁を売っているところが沢山あり、東京近郊の駅弁を売っているところもあるのだが日本全国の有名駅弁を売っている店舗がありそこに入ってみる。何十種類もの駅弁が販売されていて目に止まったのが「かきめし」。北海道の厚岸駅のものを紹介しているのを何度かテレビで見た記憶があり、それが東京駅で売られている。値段も1080円と駅弁としては高いほうではない。購入する。

湘南ライナーに間に合い乗るが結構混んでいる・・・・結局駅弁を食べ始めてのがほとんど客が降りてからになり平塚駅を過ぎてから小田原駅に着くまでのという事になる。

20140820_01520140820_017_320140820_018 牡蠣・あさり・つぶ貝がご飯の上に乗せられている。ご飯にはひじきがまぜれれている。ご飯は炊き込みご飯で牡蠣だけではなく色々なものの出汁や味が入っている感じで美味しい。あと蕗と椎茸もご飯の上に乗せられている。赤いのは福神漬け。正直な話もっと牡蠣が全面に出てくるものだと思っていたので期待はずれと言えば期待はずれ。あさり・つぶ貝・蕗・椎茸それぞれの味があり、まぁそれはそれで美味しいのだが・・・。

かきめしというより牡蠣を中心にしたかいめし(貝飯)と思えるのは私だけだろうか?

| | コメント (0)

浜焼食堂 ごり 海鮮丼 (西川口)

昨日、西川口にいる。西川口に着いたのが11時30分ごろでまずはランチという事で入った店がココ

20140820_012_3 浜焼き食堂ごりという店。ホットペパーなど見ると結構面白そうなメニューがありその日の仕入れによってランチメニューが違うようだ。場所は西川口駅東口信号を右。すぐにガストが見えるそのガストの手前の道を入り少し歩くと看板が見える。徒歩3分ぐらいだと思う。

店に入って席に着きメニューを見る・・・うーん大したものはない。○○の文化干し・沖ブリの塩焼き?だったかな?あとフライ系などがある。文化干しは干物のことで天日干しではないもので今の干物のほとんどは文化干しで定義はあいまい。沖ブリ?これは店にいた時は分からなかった沖にいるブリ・・・天然物という事なのか?家に帰ってきて調べると別名「ツンブリ」という魚でブリとは別の魚。

今回はこれはというものがなかった為、海鮮丼を注文。注文して5分ぐらいだったと思う出てきたのがこれ

20140820_007 味噌汁の大きさは普通のお椀の大きさです・・・丼というより茶碗の少し大きいのに海鮮がはみ出て乗っている・・・はっきり言って食べにくいだけもっと大きい丼にすれば刺身は収まり食べやすいのだが・・・この大きさの器を埼玉や川口市では丼と呼ぶのだろうか?刺身も平々凡々でこれは新鮮で身がプリプリというものや旨みがよく出ているというものはない。味噌汁は海苔が入っていて美味しい。

海鮮丼980円。家の近くでこれこの値段で出していたとして・・・多分他の物か他の店で食べる気がする。

| | コメント (0)

おにやんま 立ち喰いうどん (新橋駅周辺)

立ち喰い寿司を出たあとお腹はそれなりにいっぱいだったのだがラーメンを食べたいと思ったのだが・・・立ち喰いうどんの店で気になった店があり・・・正確には店ではなくメニューだが・・・新橋駅付近をどの店に入ろうかと思い歩いている時に見つけたのだが

20140815_045 カツオのたたきのしゅうゆうどんというもの。うどんにカツオのたたき・・・全く想像したことのない組み合わせ。

ラーメンをあきらめこちら

20140815_043 の店に入る。店に入り食券を店員に渡す。カツオのたたきは漬けの状態でタッパに入っていて冷たいうどんの上に並べるその上からタッパに残っている漬け汁をかけてその上に薬味を乗せている「好みで醤油をかけてください」と店員に言われて出てきたのがこれ

20140815_040 薬味を少しどけて

20140815_042 これをかき混ぜて食べる。これ美味しい。カツオも美味しいが漬けのタレがうどんと合性がよく美味い。

カツオのたたきしょうゆうどん550円。美味しかったですご馳走様でした。

| | コメント (0)

寿司処 みやこ (新橋駅周辺)

帝国劇場を出たのが17時ごろで電車で新橋に向かう。目的は夕食を食べる為。お盆という事で休んでいる店もあるが新橋界隈は店が多いのでそれほど問題にならない。何処の店に入ろうかと新橋界隈を良さそうな店探して1時間ぐらい歩き回る。

色々良さそうな店あったが最終的に入ったのがこの店

20140815_039 みやこという立ち喰い寿司の店。店に入ると飲み物を聞かれる。日本酒と答えると冷えたものか温かいものか聞かれ冷えたものと答えるとこれが出てきた

20140815_029 松竹梅の豪快・業務用の150ml。燗するには良い酒。まずは10貫のセットを握ってもらう。待つこと2分ぐらいで

20140815_030 海老・イカ・マグロ・鯵・ハマチがでてくる。シャリが大きめでネタが小ぶり。

20140815_031 穴子・サーモン・びんちょう・エンガワ・つぶ貝。エンガワが身が厚く美味しい。穴子今一つこれバーナーとかで炙ればもう少し良いような気がする。10貫終了で

20140815_032 蝦蛄とコハダ

20140815_033 イカの沖着け・漬けマグロどんなお寿司屋さんでもマグロは値段に比べて良いものを頑張ってサービスしながら出しているところが多いと思うがココは値段相応だと思う。

20140815_034 数の子、寿司ネタなので確かに塩気が薄くても良いと思うがココまで薄いとどうかな?と思う。玉子は美味しい。

最初の10貫セットが900円で単品で頼んだ時とそれほど値段的に変わりがない感じかな。あと75円がコハダ・玉子100円が数の子・マグロの漬け・蝦蛄・イカの沖漬け。冷酒が400円で合計1850円。値段的にはリーズナブルだが値段なりのものかなという気がする立ち喰い寿司です。

| | コメント (0)

2014・08・15 ミス・サイゴンの印象

昨日、終戦記念日にミス・サイゴンを観てきました。特に終戦記念日にミス・サイゴンを観ようということではなく私の日程の都合上で昨日という事になった。

今回は2階席の後ろの方で最後尾から1つ前の列。まず思ったことは10年のキャリアはすごいと思った。10年前も同じ役をやられていた3人の声がものすごく良くてやはりジョンは岡さんトゥイは泉見さんが一番好きですね。キムはどなたも良く誰という事はないのだが知念さんの力強く奇麗な声は良かった。

うーん観ていて色々考えていたが・・・確かここはこうゆうはずだったが・・・後方だとはっきりとわからない。もしかしたら今まで観ていたのは違ったのか・・・例えば1幕の最後キムが後ろを振り返るようなしぐさを今回の演出からしたと思っていたのだが・・・今回それが確認できない。角度によっては分からないのか・・・そうすると過去の演出でも後ろを振り返るしぐさあったのかな?というな場面がかなりあり・・・途中から頭の中がゴチャゴチャになり・・・細かいところ見るのやめてストリーを追って観ていく。やはり良いミュージカルだ。

それから公演終了後に行われたOBON DE SAIGON、この日はブイドイディという事で・・・ブイドイ。本当に良い詩に良い曲。そのブイドイという言葉の意味。中々これはそこらへんには書かれていないので・・・多分、今分かっている事以上の事がベトナム国内では起きていたはずです。そらが明らかになるのは実際にそれを行った人の世代がほとんど亡くなってからでしょうね。ベトナム戦争終結が1975年その後に起きたことなので・・・もしくは闇の中か・・・この話になるとミス・サイゴンから話がそれるが・・・まぁど真ん中と言えばど真ん中ですが・・・中々ブログでどこまで書いていいものやら・・・何を書いているか分からない方は流してください。興味のある方で私の知り合いの人でしたら何を書いているのか会った時にでも聞いてください。本当にベトナム戦争は色々な問題を残して終結した事は確かだ。

フエ・ダナン辺りに行きたくなった。今年はもう無理だろうな。行けるとしたら来年か・・・。

| | コメント (0)

青森のお台所 わの店 (新橋駅周辺)

昨日、ミュージカルミスサイゴンを観に都内に出かける。ミュージカルは12時30分会場13時30分開演で場所は帝国劇場。その前にどかかでランチという事で今回新橋駅で降りてその周辺を歩いてみた。金曜日という事だが・・・お盆休みをしている店もあり。

周辺を20分ぐらい歩いて最終的に入った店はココ

20140815_021 場所は新橋駅汐留口改札からすぐの場所。看板を見ると青森いいとこどり定食というものがありそれが気になって・・・今まで青森とはあまり接点がなく生活していて青森といえばねぶた祭りぐらいしか印象にない。

席について「いいとこどり定食」を注文。待つこと10分程度出てきたのがこれ

20140815_018 写真は店の明るさを生かしてフラッシュを使わず撮影しています。座った場所は店の中央に位置するカウンター席で。照明で明るい場所や暗い場所をつくって雰囲気を出そうとしている店です。BGMは民謡(多分青森のだと思うが)が流れている。私個人としては食べ物屋は明るい照明にしてくれという方なので・・・まぁBARなど例外はあるが・・・。

20140815_015 刺身がマグロとイカでマグロは脂の乗った部分で中トロといって出してよい感じのもので美味しかった。イカもそれなりにおいしかった。刺身の右が十和田のバラ焼きというもので牛肉のバラ肉と玉ネギを醤油ベースのタレで焼いたもので浮かんだのが吉野家の牛丼の味が濃いものという感じがした。当然吉野家は煮込んであるものでココのは焼いてあるものなので違うが・・・牛バラ肉を私が牛丼屋以外でほとんど食べないからかもしれない。その右が鶏の唐揚げでこれは他のものと比べると味が薄い感じがしたそれが青森の特徴なのかもしれない・その横が青森南蛮味噌というものでしょっぱ辛い感じのもので辛いよりしょっぱいが強い小さく切った人参が入っていてこれが結構歯ごたえがあるというか硬めで・・・まぁこうゆうものなんでしょう。南蛮味噌は唐揚げに付けて食べると美味しいです。あととろろは醤油をかけてご飯の上に乗せて食べたが特に何という事はなく普通に美味しいです。あと小鉢という事で筍煮がありこれも普通に美味しい。

青森いいとこどり定食1150円。美味しかったです。ご馳走様でした。

ご飯・味噌汁はおかわり自由だそうです。私は最初にご飯大盛りにしてもらいおかわりはしませんでしたが・・・。

| | コメント (0)

宝亭 カツカレー (熱海)

10日、ミスサイゴンを観終わってから東海道線で移動。都内のどこかに寄ってという事も考えたが何処に行っても中途半端で・・・途中どこかの駅で降りて夕食を食べようと思っていて降りたのが熱海駅。熱海駅より西はJR東海で東はJR東日本となる為、かなりの電車がココが終点駅になっている。今回乗った電車も熱海駅が終点になっていて電車から降り乗り換えをせずに駅の改札を出る。

熱海駅は何回か降りた事のある駅で駅前などはなんとなくわかっていて・・・時間もある事だし雨ももう大丈夫な感じだった為、駅前の商店街を抜けて町の方に行ってみる。結構下り坂になっていて・・・帰りが大変そうな感じ・・・。30分ぐらい歩きまわって見つけたのがこの店

20140810_025 昭和レトロという感じで・・・地元ではもうこうゆう店あまり見ない。この2軒隣に創業80年と看板をだしている餃子を看板メニューにしている店がありどちらに入ろうか迷ったがこの日はカレー.。気分的にカレーかなという事でこちらに入る。海岸近くで温泉宿なども近くにあり家族で来ている客が多い感じ。見てのとおりカツカレーを看板メニューにしているが基本的には洋食屋さんで少しだけ和食(カツ丼などの丼物のみ)などもやっているという感じ。こちらの店は創業は昭和22年との事(家に帰ってきてネットで調べる)なので今年で67年目の店という事になる。

看板メニューのカツカレーを注文。注文するとすぐにこれが運ばれてくる

20140810_019 しっかり店のロゴが入っている紙ナプキンとレトロな感じがするフォークとスプーン。注文をしてから5分ぐらいでこれが運ばれてくる。

20140810_021運んできたのは厨房で料理をつくっている店主と思われる人でしっかりと白衣を着ている。カツカレーにポテトサラダにキャベツの千切り。カレーは辛くはないがコクがある感じのもので美味しいと思う。カツは肉は薄いが大きさが写真の通り大きくカツカレーにはこうゆうカツが合うという感じ。卓上にソースが置かれていてキャベツにかけて食べてのだが・・・これが酸味があり少し独特という感じがした。よく昔カレーにソースをかけて食べる人がいたらしいがこのカレーにこのソースならかけても面白い味になるかもしれないと思った。

カツカレー950円。まぁ値段的にはこんなもんでしょう。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

2014・08・10 ミス・サイゴンの印象

8月10日ミス・サイゴンを観に行ってきました。2・3日前から台風11号が四国沖に居座り台風の進路・時間によっては交通機関が麻痺する可能性がありもしかしたら帝劇に着けないかもしれないという状況。当日朝6時ごろ雨雲レーダや天気図・予報などを見ながら日本海方向にぬけるのであれば雨が一時的にある程度降っても運転を一時見合わせるだけでいけるだろう。風も暴風域圏内に入る事はなさそうなのでこれも止まっても一時的だろうと思い行く事にする。電車が止まる可能性がある事を考え少し早めに出て行く・・・茅ヶ崎ぐらいまでは予定通りでその後大雨の為、速度を落としての運行だったが川崎ぐらいからは問題なく結果的にほぼ時間通りに有楽町に着く。

今回は何と言っても

20140810_002 という席で・・・今後こんな席で観れる事はないかもしれない。これはオークションやダフ屋から仕入れたものではなく東宝ナビサーブの先行予約に申し込み振り当てられた席で最前列中央の端の席。

今回は2014年版2回目の観劇。全体的な感想は前回と変わらない。前回は駒田エンジニアを粗雑なエンジニアと表現したが今回は「最も柄の悪いエンジニア」という気がした。笹野エンジニア以外の日本人エンジニアは全て観ていますが本当に柄が悪い(エンジニアは柄が悪いという面を持っている人物なので良い意味ですよ)というのを感じた。

ただ何にしても今回は1列目で観ていた為、迫力がすごくて・・・セットもそうだが役者さんたちの表情などはっきり見えて・・・最終場面でキムが視界から数十秒消えてしまうがおどろいたが・・・これは1列目からは全く見えなくなってしまう。まぁクリスがすぐ抱き上げるので数十秒だが・・・。あとアンサンブルの人たちの動きがすごいですよね。まぁ今さらという話だがあらためてすごいと思った。やはりミス・サイゴンは好きなミュージカルです。観てそんはないと思うので時間がある方はチケット取って行って観に行っては・・・2年前は観に行きたくとも東京(青山)公演はチケット完売で発売時に買ったチケットのみしか行けなかったので・・・。今回はチケットがあるようなので・・・。

次回は、後ろの方のチケットです。一番後ろなら1番前の席と一番後ろの席で観る事になったのですが1列前の席で・・・まぁ建物の構造上この列が最後尾になっている場所もあるので一番後ろで観るということにしておきましょう。

| | コメント (0)

サイゴン 有楽町店 鶏モモ香り焼き 

昨日、10日ミュージカル「ミス・サイゴン」を観に台風が近づく中で出かける。電車が止まる可能性がある為、少し早めに出かける。有楽町駅にはほぼ時間通り10時30分過ぎに到着。まずはランチを食べる。

ミス・サイゴンは土曜・日曜の昼は11時会場12時開演でランチを食べようとすると11時30分開店の店だとかなりギリギリで間に合わない可能性もあるという事で11時には開店している店を探しているとサイゴンというベトナム料理の店がある。このサイゴンは有楽町・銀座などで店舗を運営していたサイゴンで(銀座店はもうかなり前に営業をやめている)ベトナム料理の店としては老舗で渋谷にも店があり先月と先々月そこでブンチャジョなど食べている。

開店と同時に店の中に入る。場所は有楽町ビルの地下1階で有楽町駅側から入ると奥の方で結構見つけにくい。ランチメニューは20種類以上。フォーとそのそのセットの組み合わせを変えていくと40種近くなるのかな?今回注文したのは鶏モモ肉の香り焼きというもの注文をしてかから13分これが出てくる。

20140810_006 ジャパニーズスタイルと言いますか・・・私の思うライス系のベトナム料理の盛り方と違う形で出てきました。私がイメージしていたのは

201441314_003 こんな感じだったのだが・・・。

鶏モモの香り焼き

20140810_007 鶏の下にホウレン草の茹でたてがひいてある。皮はパリパリで肉は柔らかく美味しい。横に付いている甘辛いタレを付けても美味しい。スープは春雨スープでスープを飲んでいくと

20140810_009 ぎっしりと春雨が出てくる。フォーのスープに中華の鶏ガラ(粉末)なを加えて濃い味にしている感じ少しラーメンのスープという感じがしないでもないが美味しいことは間違いない。

鶏のもも肉の香り焼き950円。会計時に50円引きのサービス券を渡される。サービス券の裏には夜ご来店の時はご飲物1杯又は生ビール1杯サービスいたしますと書かれている・・・絶対夜に使ったほうが得だ。何はともあれ急いで帝劇に向かう。

| | コメント (0)

やまに食堂 豚汁定食・餃子カツ (愛知県・豊橋)

6日、18キップにて和歌山から静岡に帰る途中、夕食を食べる為に豊橋駅で降りる。降りるというか東海道線は上り下り共に豊橋止まりの電車が多く、いつも止まっている気がする。

今回、時間も18時30分少し前に豊橋に着いて夕食を食べるのに丁度良い感じ。これまでも豊橋は何度か降りて駅前をうろついた事があり「豊橋カレーうどん」というものがあるのを知っていて駅を出たときはそれを食べようと思っていた。

一応豊橋カレーうどんを出している店を2軒ほど見つけるが雰囲気の良い店を他に見つけてそこに入る

2014080506_0952014080506_094 この写真を撮ったのが店から出てきた時で入る時はもう少し明るくて・・・暖簾の家紋と屋号の三角山に二の字で「やまに」と読ませるところが良い。

店に入ると結構混んでいて店の奥の2人掛けのテーブルに座る。メニューを見る。基本的には大衆食堂で色々なメニューがあるが豚汁めしがメインのようで

2014080506_087 豚汁めしが目立つようになっている。(写真はクリックしてくれれば大きくなります)他にメニューの中で気になったのが餃子かつでこれは他では見ないものなので豚汁めしと単品で餃子かつを注文。

待つこと15分程度これが出てくる

2014080506_0902014080506_091_2 とん汁・・・この色・具の豚汁を見るのは初めて。具は大量の豆腐に葱と豚肉のみで1口飲んでみると???今まで経験したことのない味。1番最初に浮かんだのが甜麺醤と何かを合わせたらこうゆう味になるのかな・・・飲んでいくうちに甜麺醤とは違う感じがしてきて考える。ここは愛知県・味噌文化がある土地・・・八丁味噌だ。しっかりした八丁味噌と何か良い出汁を使えばこうゆう味が出るもかも。美味いです。

2014080506_0922014080506_093 餃子かつ。結構ボリュームあるかなと思ったがぺロリとお腹の中に入ってしまった。餃子かつには特製の梅肉が入ったソースが付いてきたこれが餃子かつにピッタリ合っていて美味い。餃子かつは確かに餃子の皮は使われているが餡は肉が中心で餃子の餡ではなくメンチかつに近いのかな?でもメンチかつの味ではないし独特のものです。

豚汁めし500円・餃子かつ650円合計1150円。まぁ大衆食堂にしては高めになってしまったがメニューの組合せ方ではそんなに高くはならない感じで、他の方が注文しているものチラッと見たが刺身なんか美味しそうなもの出していたし・・・・まぁ近所にあれば何回も行くと思うが・・・豊橋で多分遅い時間なんかやってなさそうだし・・・機会があれば又行ってみたい店です。

| | コメント (0)

いし井 うな重セット (和歌山駅周辺)

6日の12時頃、和歌山駅にいる。その日の朝には全く予定になかった場所だ。まぁ何にしてもランチを食べようと思い和歌山駅の周辺を歩いてみる・・・商店街の方へ行ってみるが・・・ほとんど営業している店がない。何か食事ができそうな店が喫茶店と喫茶店ほいお好み焼きやとラーメン屋ぐらいしかなく特にココに入りといという店はなし。違う方向に向かって歩く。チェーン店の居酒屋がランチ営業している。あとラーメン屋で和歌山ラーメンの店があり他になかったらそこにしようと思っていたらこの店を見つける

2014080506_080 うなぎ屋、関西地焼との事。実は昨日の昼、予定ではうなぎを食べる予定だったが・・・予定を大幅に変更していて食べていない・・・ここでうなぎ屋を見つけたのはやはりうなぎを食べろという事なのだろうと勝手に思い込み店の中に入る。店の中はそれほど広くなくカウンター席が8席に4人掛けテーブルが2卓だと思う。時間が12時ちょっと過ぎの時間帯とあってかなり混んでいる感じ。店に入るとちょっとまってと店員に言われ店の中で数分待っている。前の人の片付けをしている感じ。お店の構造上店員が厨房の外に出て狭い通路を通らないとカウンター席に行けない。

カウンター席に座り、うな重セットというものを注文。うな重だけでもよかったのだが・・・和歌山まで来たのだから少し贅沢しても・・・まぁ値段が2200円なら昨今の鰻の値段を考えればこれくらいでも良いかのと思ったので・・・。注文してから5分ぐらいでこれが出てくる

2014080506_071 うな重セットに付いてくる小鉢4皿だ。ホウレン草のおひたし・煮物・わかめときゅうりの酢の物にしらすを乗せたもの・素麺。これを食べながら鰻が焼けるのを待つ。関西地焼なので10分ぐらいで鰻は焼けるはず。焼き台は炭ではなくガスを使用している。注文をしてから10分強でこれが出てくる。

2014080506_073 と、ココまでは良かったのだが蓋を開けると

2014080506_075 なんだこのうなぎの量は・・・同じ時に焼けて同じように出てきた隣に座っていた女性2人組のものはかなり多めに鰻が入っている・・・隣は上うな重を頼んでいるのか・・・それにしては差がなさすぎる・・・隣の芝が青く見えたのだろうか?まぁこんなもんなんでしょうね。

味は・・・それなりに美味しいと思うが特に何という事はない。香ばしさは足りないし・身が厚いわけでもなく本当に平凡なうな重。タレは結構ご飯にかかっていてこれは丁度良い塩梅という感じ。

間違いがなく言える事は静岡に住んでいる人間がこのうな重を目的で和歌山まで行く事は絶対にないという事。

| | コメント (0)

U・コミュニティ カフェ (大阪・河内小阪)

6日の朝食、これを食べる。

2014080506_060 場所は近鉄河内小阪駅近くのホテル「U・コミュニティホテル」の向かえにあるU・コミュニティカフェという場所

2014080506_062 今回このホテルに宿泊してその宿泊プランにココの朝食が付いてきたためココで食べた。ココで朝食を食べるのは記憶が正しければ3回目。過去2会はトーストではなくバターロール系のものを食べていた。

この店の玉子は蘭王というブランド玉子を使用しているという事が店の中のポスターに書かれている。でも特に美味しいとは感じなかった。最近はコンビニやスーパーでも味付きのゆで卵が売られていてそれが結構美味しいので・・・。トースト・バターともそれなりに美味しい。この朝食はホテル宿泊者以外でも450円で食べる事ができるとの事。ただこの内容で大阪でモーニング450円は・・・少し高めかなと思える。

| | コメント (0)

花月寿司 再び (大阪・布施)

5日、22時30分過ぎ、瀬戸寿司を出て向かったのは花月寿司。この店は1度入った事があり瀬戸寿司のような事にはならない事は間違いがない。

2014080506_040 店に入ると結構空いていて見たところカップルが2組カウンターに座っているのみ。カウンターに座り飲み物のメニューを見る。日本酒というのは決まっているのだが・・・獺祭50があるので頼んでみるが店員さん女将さん?がそれ量が少ないんですがいいですか?との事。メニューには他に一ノ蔵・八海山・白摘が冷酒である。たまには八海山も良いかなと思い頼んでみる。出てきたのがこれ

2014080506_032 八海山の普通酒300ml。普通酒と言ってもこの酒、ルール的には特別本醸造酒とうたって出してよい酒。精米歩合60%の低温発酵。淡麗辛口で寿司にはぴったり合う酒。

酒のアテにこの日のお勧めメニューの中からこのわたを注文。

2014080506_033 口の中に入れると潮の香りが広がり美味い。塩加減もしょっぱすぎづに良い感じ。これを食べながらメニューを眺めていると河豚の白子ホイル焼がある。注文してみる。しばらくするとこれ

2014080506_034_2 思ったほどふわふわではなかったが柔らかくて美味しい。少し醤油の味が強い感じもした。次にセットの上寿司を注文。

2014080506_036 マグロ・イカ・たこ・えび・平目・数の子・ウニ・うなぎそれぞれ美味しい。これを食べる頃には日本酒が終わっていてお茶を飲みながら食べている。子持ち蝦蛄があるという事でそちらを握りで注文。生の蝦蛄は蒲郡で食べた記憶があるが子持ちは初めて食べる

2014080506_039 見た目は普通の蝦蛄。結構詰めの味が強い。始めは蝦蛄の味しかしないが噛んでいくと小さい玉子の食感が出てきて美味しい。

以上がこの日食べたもので八海山が800円・このわた500円・ふぐの白子1200円・上寿司1200円・子持ち蝦蛄450円。合計4150円に消費税8%で4482円で2円切り捨てで4480円。美味しかったです。ご馳走様でした。

本当に1軒目とは大違い・・・1軒目余分だった。でも本当にこればかりは入ってみなみなければ分からないので・・・・。

| | コメント (0)

瀬戸寿司 (大阪・布施)

5日22時過ぎ晃生劇場を出て向かったのは劇場の向かえにあるこの店

2014080506_029 以前から気にはなっていて入ろうかどうしようかと思っていた店で食べログを見ても評判は悪くなかったので今回入ってみた・・・。駄目だこの店、意思の疎通ができない。まず店はそれなりに混んでいる。カウンター席はうまり、小上がり3卓の1卓が男性2人で座っている。小上がりに座る事になる。店は店内だけでなく近くのお店(スナックなど)の出前が多い感じで・・・

対応をしてくれたのが日本人ではなく・・・こちらの言っている事が正確に分かっているかどうか不安になる。日本人もいるが全くフォローしない。お勧めを聞いても「早くできるものは鰻の蒲焼」との事。私は早くできるものを聞いているわけではなく今日、この店にあるお勧め聞いているんだけど・・・しかもどう考えても時間がかかる鰻の蒲焼を早くできるものとして勧めてくる。うーん土用の丑の日仕入れすぎたのか前の客が頼んで待ちきれずに帰ってしまったものか・・・他にはというと河豚の湯引きとの事・・・多分河豚の皮の湯引きだ。河豚の湯引きってものがあるのかな?すし屋なら刺身で今日良いもの勧めろよと思うのだが・・・。小上がりにいる他の1組の客が「まだできないのもう頼んでから50分ぐらいたっているよ」と怒っている。その他冷酒を頼んでいるのに「凍った酒ですか?」(凍結酒あったのかな?メニューにはなかったけど)冷酒に大・中・小があり中はどれくらいの量ときいてもまともな回答なし・・・これは駄目だ。小上がりで靴脱いでなければ店出て行くのだが・・・・。

結局・冷酒(中)と瀬戸にぎりというセットの寿司を頼む。すぐに

2014080506_023

2014080506_027 が出てくる。冷酒の水滴がテーブルに付き、気になる。拭こうと思ったが・・・気が付いたらおしぼりさえ出ていない。おしぼりを要求する・・・。でしばらくするとこれ

2014080506_028 が出てくる。寿司はまともでした。平目・まぐろ・河豚・海老・イカ・海栗・子持ち昆布。全部のネタ身が厚く特にマグロと河豚は美味しかった。

冷酒800円・瀬戸寿司1600円で請求が2600円・・・お通しも出てないよな・・・まさかあの生姜がお通しか?・・・消費税が外税で端数切り上げでもこの数字にはなるか。何にしても間違いなく私はもう絶対に入る事がない店です。この後まともなすし屋に入りなおすそれについては次のブログで・・・

| | コメント (0)

姫路屋 サービスランチ (大阪・布施)

さっき書いたのが消えている・・・久しぶりにやってしまった。保存せずに消してしまったようで・・・という事で前書きはなしとにかく急いでランチを食べなければいけない状況で入った店がここ

2014080506_020_2 店の中は昭和の感じだがこてこての昭和ではなく小奇麗な昭和という感じ。店に入ると目の前にショーケースがありできている惣菜が何品かあり(厚焼き玉子・焼魚など)その横に冷蔵のショーケースがありそこにも冷蔵保存が必要な惣菜(明太子など)がありそれを自由にとってご飯を注文するというパターンとメニューの中から何かを選んで注文するパターンがある。メニューの1部はこんな感じで

2014080506_021 今回サービスランチを注文する。注文をして待つこと7~8分出てきたのがこれ

2014080506_017_2 2014080506_018 サービスランチと言うからみんな頼んでいて結構早く出てくるものかなと思って注文したがが思ったより時間がかかりボリュームたっぷり。エビフライ・とんかつ・ハンバーグにハムとサラダ。デミグラスソースがかかっていて美味しい。味噌汁は昆布出汁で・・・あっここは関西だという事を知らせてくれるような感じのもの。卓上に置かれている調味料は

2014080506_019 キッコーマンのデリシャスソースなるものが・・・これは見た事がない。昔ながらのものなのか関西には結構あるものなのか?

サービスランチ680円。美味しかったです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

豊来軒 冷し麺 (豊橋駅)

5日、朝8時前に豊橋駅にいる。18キップにて大阪へ行く途中、電車の乗り換えにて22分時間があり朝食をという事で・・・まず立ち蕎麦屋に行くが予定していた朝食セットが販売されていない。カレーだとかご飯ものが販売されていない。時間は8時ごろ・・・朝食セットをこの時間販売していないで何時販売するんだろう?きしめんでも良いが・・・毎回という感じがして・・・となりのラーメン屋が開店していて・・・そっちに行く。

季節限定なのだろうか「冷し麺」というものがありそれを券売機にて購入。店員に渡す。待つこと5分程度出てきたのがこれ

2014080506_012 冷たい中華麺に冷たい醤油ベースの汁にカニカマ・モヤシ・しそに胡麻。汁は酸味や甘味などより醤油の味が濃い感じで・・・しその味が結構強くて感じたのが夏バテで食欲がない時こうゆうもの食べるとけっこう食べれるかもしれないなという事。

冷し麺500円。こんなもんでしょう。 

| | コメント (0)

らーめんはうす 静雅 半チャンラーメン

今日の昼、駿河区の石田街道沿い?正確には沿いではないが石田街道から見える「らーめんはうす静雅」という所でランチを食べる。

店はラーメン屋らしくなく小奇麗な喫茶店という感じの作りでカウンター席がなく、2人掛けのテーブルに座る。昼時とあって店は7割~8割ぐらいの席はうまっている。客層はラーメン屋にしては結構年配の方が多く50代~60代がほとんど・・・。メニューを見るとラーメンが醤油・塩・味噌とあり定食が定番のものが6~8種類ぐらいあったと思う。今回半チャンラーメンを注文。待つこと10分ぐらい出てきたのがこれ

20140802_028 ラーメンの具は葱・わかめ・かまぼこ・チャーシュー、麺は中細ぐらいかな、スープはそれなりに旨みがある醤油で濃くもなく薄くもなくちょうど良い感じ。全体的にはバランスが取れていて美味しいラーメンだと思う。個人的にはわかめは必要なくかまぼこはナルトならなお良かった。チャーハンは味が少し薄めだったがかまぼこが刻んで入っていたが・・・これは最近ナルトが入ったチャーハンを食べたから分かったのだがチャーハンにはかまぼこよりナルトの方が食感が硬めで美味しい。デザートの杏仁豆腐は

20140802_031 こんな感じで杏仁豆腐自体の味はそれほど濃いものではなくフルーツとソースが中心という感じのもので女性なんかは好きなのではという感じですね。

半チャンラーメン850円。まぁ値段的にもこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »