« 中華料理 満福 (桜木町・野毛) | トップページ | 2014.07.13横浜狂言堂の印象 »

清泉 肝焼き うな重 (桜木町・野毛)

横浜能楽堂を出たのが15時30分過ぎ。この後予定はなく何処かで夕食を食べて帰ろうと思い野毛方向へ歩いていく。昨日(12日)うなぎパンを見てうなぎが食べたくなったのはこの2つ前のブログに書いた通りで・・・。

うなぎ屋に入る。入ったのはこの店

20140713_026 場所は建物的にはJRAウインズの隣になるのかな。大通りの方ではなく小路の奥まった方にある。

店の中に入ると結構混んでいて・・・あまり一人では座らない小上がりに座る事になる。メニューを見る。うなぎ以外のつまみのメニューがかなり充実しているが単価はかなり高めの設定。居酒屋の価格ではない。割烹クラスといって良いと思う。憶えているもので書くとカツオの刺身1600円・冷奴500円など店の雰囲気としては・・・隣がJRAという事があり大型のテレビが2台あり多分どの席からも見れるようになっている。

メニューはうなぎ以外のものが多く卓上に置かれているメニューにはうなぎの串焼き系のものはなかった。あぁこれはうな重の並食べて帰ろうと思うと丁度タイミングよく女将さんが何にしますかと声をかけてくる。かなり年配の方で70代もしかしたら80代かもしれない。うな重の並を注文。これが出てくる

20140713_017 このお茶かなり良いもの使ってます。おそらくグラム1000円クラスのお茶だ思う。その後店内の短冊メニューを見ると肝焼きがあり昨今のうなぎの価格を考えると・・・まぁ安くはないが・・・冷酒もそんなに高くない・・・冷酒に肝焼きを注文。

すぐに

20140713_015 が出てくる。冷酒は大関の生貯蔵酒。すっと入っていく甘めの淡麗です。対うなぎに関して言えば本当にうなぎの邪魔をしない酒です。うなぎに負けないような癖があるような辛い味の酒を合わせるというのも一つの考え方かもしれないが・・・うなぎに初めから対抗しないという酒の選び方がある。

肝焼きを注文してから12~3分だと思うこれが出てくる

20140713_019 結構上品な肝で・・・新鮮だからなのだろうか肝の癖とか苦味とか弱い感じがしたその分タレが濃く感じた。これを食べながら飲んでいるとこれ

20140713_021 が出てくる。うな重の並なのだが重箱ではなくうな丼のスタイル中身はこんな感じ

20140713_02320140713_024 うなぎは身が薄めでタレの味も薄めで焼きが強めで香ばしさがある。肝吸いはしっかりと味があり美味しい。具も一手間かけて結んでいる。漬け物は間違いなく美味しい。

店の開店は1950年と事と64年目まぁJRAができるかなり前からココに店があったわけで色々時代で客層が変わりそれによってニーズも変わり対応していって今のかたちがあるんだろうな~。こだわっているところはこだわっている感じはする

冷酒800円。肝焼き800円。うな重(並)2500円で合計4100円で請求が4350円という事はお通しが250円かこのお通しが今一つで・・・もっと他のもんにしてほしかった。肝焼きは鰻の串焼きの店で大体1本300円程度でココの大きさを考えると2本800円は納得できる値段。うな重はまぁ昨今の鰻の値段考えると仕方ないかなと思えるが・・・秋ぐらいには少し値が下がるという話があるが・・・。

|

« 中華料理 満福 (桜木町・野毛) | トップページ | 2014.07.13横浜狂言堂の印象 »

うなぎ」カテゴリの記事

野毛・桜木町周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華料理 満福 (桜木町・野毛) | トップページ | 2014.07.13横浜狂言堂の印象 »