« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

ブッチャー 静岡小鹿店 

今日の昼、駿河区小鹿にある「ブッチャー」というラーメン屋で食べる。注文は券売機で食券を購入して店員に渡すシステム。この店の看板メニュー特製ふじそばというものを注文。待つこと8分ぐらい出てきたのがこれ

20140730_005 無料で大盛りにできるということだったので大盛りにする。もろガッツリ系で・・・富士山をイメージしているのだろうか?山頂に乗っているのはニンニクその下に玉ネギが乗っているのだが・・・・富士山ならビジュアル的に玉ねぎの白を上に持っていくと雪のように・・・まぁこれだけモヤシが白なら関係ないか。

味もガッツリで・・・スープは豚骨醤油で背脂どっさり。チャーシューもかなり特大なもの2枚。何にしても食いにくい。麺は極太のちじれ麺。濃い味好きなわたしてもこれはちょっと濃すぎるかなと思えるような感じで脂をすごく感じる。いつも腹をすかしている学生や20代ぐらいの人にはよいかもしれない。まぁ県大や静岡大学が近くにあるしこの辺若い人が多いのかもしれない。

特製ふじそば880円。何とか完食しました。

| | コメント (0)

築地寿司岩 江戸前風ばらちらし (池袋) など

昨日の夕食、これ

20140728_018 を食べる。これを購入したのは池袋の東武のデパチカで静岡に戻る電車に乗る前に購入。見た目は美味しそうだったのだが・・・うーん大ハズレというとこかな。デパートに置かれている品でこれほどハズレという品は初めてかな。この写真ではほとんど見えないがここに写っている玉子ぐらいの大きさのキュウリが大量にあり・・・別にキュウリは嫌いではないが何でこんな量あるのかわからない。シャリの味は極端に薄めで対照的にコハダはかなり酢が濃くマグロは薄く味も薄い。

まぁ色々書きたいことはあるがこれ以上書いてもしょうがないので・・・。まぁ買って、食べてみなければ味はわからないのでしょうがないだよね。美味しいとわかっているところのものばかり購入しても面白くないし、もっと美味しいものあるかもしれないし・・・昨日の夜食べたものの中で美味しかったにはこれ

20140728_024 やはり美味いものは美味い。

| | コメント (0)

清水屋 清水屋定食 (池袋駅・東口)

昨日、池袋ミカド劇場にいる。池袋駅に着いたのが11時頃で11時30分には劇場にいたかった為、ランチを食べずに1ヶ所寄り道をして劇場に入り途中外出をしてランチを食べに行く。

今回行ったのが

20140728_013というとんかつ屋さんで場所としては豊島区役所近くの明治通り沿いにある富士そばが入っているビルの2階。

今回注文したのが清水屋定食というもの。店の名前が定食の名前になっているものでメンチカツ・ヒレカツ・クリームコロッケのセットとの事。

あまり外出する時間を長くしたくなかった為に混みそうな一般的、会社の昼休み時間12時~13時は避けたのだが・・・8割以上の席がうまっている。カウンター席はは3席ありそこには誰も座っておらず入店時に店員に「カウンター席にどうぞ」と言われる。私の入店した後もそれなりにお客さんが入ってきている。

注文をしてから10分程度でこれが出そろう

20140728_010 大皿横の沢庵と割り箸と写真には写っていなが冷たいほうじ茶は注文をするとすぐに出てきた。

20140728_011 クリームコロッケの上に大量のタルタルソースが乗せられている。ヒレカツが絶品です。今度行く事があったらヒレカツ定食を絶対に注文しようと思う。衣がサクッとしていて肉が柔らかく美味しい。クリームコロッケもこの大量のタルタルソースは多いのかなと思えたが味が押さえられていて・・・このクリームコロッケはタルタルソースがあって一つのものという感じで・・・私はこれに少量の醤油をかけて食べてみた。また一段と旨みが増す感じがした。メンチカツがこの2つに比べてしまうと普通に思えてしまって・・・多分メンチカツだけで出てくれば十分美味しいものだと思うが・・・あとお椀の中は豚汁でキャベツが入っていてキャベツは結構煮込まれている感じこんにゃくが結構小さめに切ってあり・・・切ってあるというより刻んでいる感じでが大きさがかなり不揃い。味は美味しいです。置いてあるソースは1種類とろみががかったもので酸味・甘味などチ丁度良い感じ。ご飯は気持ち硬めかな?ぐらいでカツ重などで使うのに丁度良い感じでそれなりに良い米使っている感じです。

清水屋定食980円。ご馳走さまでした。多分又行くでしょう。いつになるか分からないが・・・。

| | コメント (0)

インド料理 サクティ (小田原駅周辺)

昨日の夕食、本当に色々あり小田原のインド料理の店で食べる。場所的には小田原駅の近くの西友が入っているビルの中なのだが・・・見つけにくい位置にある。

20140726_042 名前はサクティ。今回、飲み食いしたもの

20140726_025 インドビールという事で出てきたのがブラック・イーグルのストロングというビール。コップが冷えているアルコールが7.5%と少し高め。苦味・酸味ともそれほどなく軽い感じでくせはない感じ。

20140726_029 タンドリーチキンとシークカバブ。両方とも香辛料がきいていてビールのつまみにピッタリ。

20140726_031 グリーンサラダ。出たのがイエローサラダではと言いたくなるくらいに黄色の粉がかかっていて・・・これがこの黄色い粉だけでなく野菜そのものも結構良いものを使っている感じで美味しい。結構量が多いが美味しいので完食する。

20140726_03820140726_040_2 ネパールビールと注文して出てきたムスタングビール・・・全く白い泡が立たない。この写真はコップに注いですぐの写真。味もなんかはっきりしない感じで・・・やはり日本のビールの方が私の口には合う感じですね。日本酒党なのであまりビールは飲まないが・・・・。

20140726_033 チーズナン。このナンカレーに付けて食べるナンとは異なる感じで食感としてはそれほどふんわりしていないパンケーキという感じ。挟んであるチーズはチーズとしてはあっさりとした感じのもの。食事にもばるしビールのつまみにもなる感じ。この量は少し多いが完食。時間がかなり経っても暖かかった。

ビールセット(ビール一品・タンドリーチキン・シークカバブ・グリーンサラダ)1350円+ネパールビール570円で1920円。

| | コメント (0)

2014・07・26 ミスサイゴンの印象

昨日、ミュージカル「ミス・サイゴン」を観てきました。ミスサイゴンは2004年・2008年・2012年と観てきて今回2014年版。今年の5月からロンドンで公演されている世界最新の演出を日本の公演でも取り入れているとの事。

今回、観たのが駒田エンジニアと昆キムの組み合わせで・・・気が付くと上原ジョン・木村エレン以外初めて見るキャストでかなり新鮮でよかったです。駒田エンジニアがなんか粗雑なエンジニアという感じがして・・・エンジニアの見せ場の一つアメリカンドリームがかなり変わっていて・・・かなり短く感じたのだが・・・。昆キムはかわいい感じでおとなしいというかこれから昆色のキムが確立されていくのかなという気がした。

全体的に思ったことは明るいという事。今までミスサイゴンは照明を暗くして客に見えるか見えないか分からないぐらいで動いているバックの背景(キャスト)があったと思うのだが・・・それが結構はっきり見えるようになっている。まぁそれが良いのかどうかは分からない私個人としては闇は闇の部分である方が好き。まぁ表現はどうかと思うが「開けっ広げ」と言う感じがした。色々な場面で人物がしっかりと正面に近い形で見えるようになっているところは良かったと思う。

色々面で分かりやすくというかはっきりとしている曖昧さがなくなってきているという気がする2012年版の時もそれは感じたがそれがより強くなった感じ。

あと浮かんだのが躊躇なくストリーを追っている気がした。普通この場面ならこいつ何を言っているだろ?と考えるはずという場面があるが・・・戸惑いがなくストリーにそって進んでいる感じが何ヶ所かある。エンジニアがトゥイに命令されるところとか・・・今まで特に違和感を感じなかったのだが・・・。

あと、パンフレットがかなり良い。読みごたえがあり帰りの電車の中でかなり集中してしまい降りる駅を通りこすところでした。

以上、思った事を書いてみました。又2回目を観て印象は変わるかも知れませんが今のところはこんな感じです。

| | コメント (0)

はないち 冷やしたぬき蕎麦 (有楽町駅周辺)

昨日、ミュージカル「ミス・サイゴン」を観にいくため11時頃有楽町周辺にいる。11時会場・12時公演という時間で・・・うーんかなり微妙な時間帯で・・・ランチを食べるとすれば11時には開店している店という事で事前に調べておく・・・銀座インズ2に入っている寿司屋が11時開店という事でそこにしようと思っていたのだが・・・11時10分になっても開店せずあきらめる。そうなるとなるべく早く食べれれるものが良いかなという事で入ったのがこの店

20140726_011 場所は有楽町駅高架下。基本的には立ち蕎麦的な店なのだが立って蕎麦を食べるスペースはなかったように思う。全てカウンター席だったと思う。注文は外に置かれているタッチパネルの券売機で購入。冷やしたぬき蕎麦を購入。店に入って店員に渡す。待つこと2分ぐらいで出てきたのがこれ

20140726_008 写真手前の葱が団子状というか変な切り方になっている。味は葱で特に変わりはない。全体の味としてはそれなりに美味しいかなという感じで・・・まぁ個人的には冷やしたぬきにはキュウリが入っていた方が良いのだが・・・・これが普通の形でしょう。値段は380円。値段的にもこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

珉味 ミニセット B (清水区)

昨日の夕食、清水区の珉味というラーメン屋で食べる。時間は23時ごろ。本当は静岡に着くのはもっと遅くなる予定だったが・・・本当に予定通り物事は運ばないもので・・・とにかくその時間まで夕食を食べていなくて入った店が珉味。

この店は年に何回かは入っている店で深夜2時ごろまでやっているので遅い時間には便利な店。今回はミニセットBというものを注文。ミニセットは3種類ありAが春巻き・Bがシュウマイ・Cが餃子でこれにミニチャーハン・ミニラーメンが付く。注文してから7~8分だと思う。出てきたのがこれ

20140721poo_026 ラーメン麺は少ないが具はしっかりと入っていてナルトも入っている。全体的にバランスがよく美味しいと思う。チャーハンにもナルトが刻んで入っているのが特徴といえば特徴でラーメンに比べて味付けは薄い感じがした。焼売は大きめのサイズで肉も多い感じだが味はそれなりかな。

値段は970円。まぁそんなもんといえばそんなもんでしょう。ただこれを昼間食べるかといえば、よほどの事がない限りない気がする。

 

| | コメント (0)

美濃屋文左衛門 カツ丼セット(東池袋)

昨日、11時過ぎ池袋にいる。この後色々予定がありこの時間にランチを食べる事になる。予定では軽くラーメンや蕎麦などの麺類をと思っていたのだが・・・。

入った店はココ。

20140721poo_008「美濃屋文左衛門」という蕎麦屋。名前からしてかなり昔からやっている店という感じがするがその辺は不明。店の中に入りメニューを見ると・・・大体の蕎麦メニューが800円~1000円で・・・セットメニューが900円台・・・ならセットメニューの方が得かな・・・カツ丼セットを注文する。注文をしてから5分ぐらいで出てきたのがこれ

20140721poo_003 5分で出てきたという事はとんかつは作り置き。とんかつはそれほど厚くはないがどんぶりにぴったり収まるサイズ・・・池袋も駅前で色々なところが合理的という感じがする。味はそれなりに美味しいと思う。味噌汁は結構具が入っていて豆腐・ネギ・なめこ・わかめなどで味は薄めで丼物に合う感じ。蕎麦は打ちたてではないが多少コシはある程度でそれほどそばの香りなどしない。蕎麦にこだわってますという感じはしない。汁は関東にすれば甘めなのかな蕎麦を汁に半分ぐらいつけて食べるより8割・9割方つけて食べた方が美味しいかな。店はそれほど広くなく琴の演奏を流している。

店の看板メニューは重ね蕎麦のようで何枚も小ぶりのざるを重ねて提供している。私が店に入った時は先客が2人で一人が重ね蕎麦を食べていてもう一人が注文したものを待っている状態で分からなかったがその後入店してきたほとんどの人が重ね蕎麦系(おろし・鴨・なめこなどがあり)で注文の仕方も○○を○枚でとしている。もし今度この店に入るようなことがあれば重ね蕎麦を注文してみようと思う。

カツ丼セット970円。こんなもんでしょう。蕎麦屋の丼物は陶器の器で蓋付きのものが良いと思うのは私だけだろうか・・・蕎麦屋の器は結構変わったものや面白いもが結構あるのだが最近は見ない気がする。

何にしても軽く蕎麦でもの予定が・・・かなりがっつりになってしまった。

| | コメント (0)

美登利寿司の持ち帰り寿司+カツオの切り落とし

昨日の夜、家で食べたもの。

20140719_02320140719_026 美登利 テイクアウト Echika池袋店で購入。カリフォルニアロールと大名美登利巻きというものカリフォルニアロールは普通の太巻きのサイズだが大名美登利巻きはかなり大きく普通の太巻きの3倍~4倍ぐらいあり色々物が入っていて美味しい。

20140719_032 カツオの切り落とし(近所の静鉄ストアで購入)これが最近食べたカツオ(このブログでもよく登場したが)の中で一番カツオらしい感じがして・・・好きだな。これを生姜醤油で食べる。昨日は珍しくビールを1本飲んでから日本酒に移った。

やっぱりカツオの味は濃いものが良い。あっさりとかさっぱりとか・・・まぁ寿司にはそっちの方が合っていると世間は思っているんだろうか?まぁ市場にこの時期そんなもんしかないのかもしれない。戻りカツオまで待つしかないか。

| | コメント (0)

君塚 中華そば (池袋)

立喰 美登利を出た後、そのまま地上に出るため近くにあったエスカレーターに乗る。(出口としてはC6で場所としては西口五差路信号付近)地上にでるとすぐに

20140719_013 この店があり、寿司を食べたのだがちょっと物足りないところがあり・・・看板に中華そば350円というのがあり入ってみる。券売機ははく直接店員に注文するタイプの店で・・・中華そばを注文。料金は品物が出た時に払うタイプの店。注文から2分ぐらいでこれが出てくる

20140719_012 見た目、看板にも書かれていたが昔ながらのさっぱりした中華そばという感じ。食べてみる・・・美味い。さっぱりしている感じではなくしっかり味が付いている。写真では見にくいがナルトやチャーシューも入っている。麺は極普通だがスープが美味しい。まぁこうゆうお店だから店員の目分量でたまたま味が濃くなってしまったのかもしれないが全くさっぱりという感じはない。まぁ昨今の凝ったラーメンに比べればさっぱりと言えるかもしれない。

中華そば350円美味しかったです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

立喰 美登利 エチカ池袋店

昨日、12時ごろ池袋にいる。ランチという事で入ったのが池袋地下街にある立喰 美登利 エチカ池袋店という店。立ち喰い寿司の店で隣?同じ敷地?は美登利 寿司のテイクアウト専門店。

この店はいつも行列ができている店。店の前に外で待つ人用の椅子が置いてありそこに座る。私が行った時は6人ほど待っている。待つこと15分店内に入る事ができる。店内は10人ぐらい入る事ができる。その日お勧めの品は黒板に書かれていてその他のメニューは店のあっちこっちに書かれている。まずは黒板に書かれていたカツオと生しらすを注文

20140719_005 カツオはあっさり系シラスは静岡産で結構小さめのものを使っている。次に海苔とハマチと1貫づつ注文

20140719_006 海苔は香りがそれほど強くないハマチは脂があり美味しい。次に鯛の柚子〆とカンパチ

20140719_007 写真はピンボケでした。鯛の柚子〆は結構珍しい感じ、柚子の香りが結構強く出ていて美味しかった。カンパチはハマチに比べて脂はないが旨みと甘さとしまった身が印象に残った。次にマグロの漬けと鯵を注文。マグロの漬けはまだできていないとの事でコハダを注文

20140719_008 鯵は美味しい。コハダは印象に残らなかった。次にまぐろ

20140719_009 これは赤身だが脂がそれなりにのっている部位で美味しい。これ値段が1貫50円でこのクラスのものを常に出しているのであれば絶対に食べるべき一品だと思う。以上12貫で終了

マグロ、コハダが50円・カツオ、ハマチ、鯵が70円・カンパチ・シラスが80円・鯛の柚子〆120円で840円それに消費が付いて907円。この値段は安いと思う。ただこの店は私個人の感覚かも知れませんが落ち着きません。立ち喰い寿司は何件も行ってなれてますのでそうゆう点ではありません。まぁ店員が違えば違うのかも知れませんので詳細には書きません。まぁ食べログで段々評価が下がってきているのはそこに原因があるのかも知れませんね。まぁいずれにしても評価の高い店でこの価格の安さですので良い店なのではないでしょうか?

| | コメント (0)

ちょっとかわいいアイアンメイデンの初日舞台挨拶を観に行く

昨日、池袋まで「ちょっとかわいいアイアンメイデン」の舞台挨拶を観に行く。色々な要素がある映画だと思う。まぁ設定の一つが女子高の拷問部という事で・・・。拷問・百合・SM・青春・女子校が絡んでいて・・・拷問は愛があってはいけない。SMは愛がなくてはいけない。まぁ分かっていた事だが確かに拷問部というものがあればこうなっていく事が多いだろうな~。相手を信頼できなければ拷問が部として成り立たないだろうしその信頼も相当強くなければならない。その中で百合になって行く。それで拷問をしていけばSMになっていく・・・書いてみると面白い構図ですね。

面白い映画だと思います。スクリーンには全て女性しか出てきません。男性はバスの運転手の帽子が見えるか見えないかぐらいですね。この映画のメイキングDVDが2本出ていて私は2本とも観て映画館に行ったのですがこのメイキングは映画を観る前に観た方が良い感じのものです。映画を観たあと観たあとでも良いが映画がこれを観る事によって映画の面白さが倍増する感じです。

まぁ正直な話、ここまでやるんならもっとここまでやってよと思う点はまぁ個人的にかなりあったがR15で高校生が観るという事を考えるとこれが限界なのかな・・・。

舞台挨拶はまぁおとなしいもので奇抜なものは何もなかった。今まで何処かで聞いたり見たりしているような話と・・・あと誰を拷問したいかという話は面白かった。あと間宮さんの一声目の「みなさんようこそ拷問部へ」は笑えた。

まぁ前売り券を買っているので最低あと1回はスクリーンで観る事になると思うが・・・やっている劇場が少なくって・・・静岡県民の私には結構大変で・・・。まぁ前売り券買う時点で分かっていたが・・・こうゆう映画って本当にいい作品が多いのに上映している映画館が少なくで・・・。この辺なんとかならないのかな~。まぁ静岡市で竹中直人監督の「自縄自縛の私」ですら客が3人しかいないというの経験しているので・・・しょうがないか。

なんかよくわからない文ですが思った事を書いてみました。

| | コメント (0)

沼津 魚がし鮨 立ち喰い処 (静岡駅・アスティ)

今日の昼、静岡駅周辺にいる。ランチをこの店

20140716_021 で食べる。静岡市内では立ち喰いのすし屋は「みずほ」http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/06/post-b725.html だけだと思っていたが最近静岡駅にもできたよという話を知り合いから聞いてネット確認すると静岡駅のアスティの中にできている。

店は沼津魚かし鮨アスティ店と店の中でつながっている。厨房が仕切りになっている。立ち喰い寿司で多分一番店舗をもっているのが日本一魚がしグループだと思うがその魚がしグループとは違う沼津魚がしグループの経営の店で沼津魚がしグループでは立ち喰い寿司はココだけ。

店の中に入ってメニューを見る。セットメニューがあり「板長おまかせ10貫」というのを注文。まずはセルフでココまでそろえる

20140716_011 お茶はポットに入っていて自分で注ぐ。注文してすぐ出てきたのがこれ

20140716_012 あら汁で結構しょっぱい感じがした。わかめ入りで魚の身もかかり付いているもの。それから1分も立たないうちに

20140716_013 キスの混布〆・カツオ・ハマチ・赤身が出される。赤身が結構厚めで美味しい。次々と寿司が握られていく

20140716_017 ゲソ・びんちょう・キス・海老・つぶ貝・〆さば・玉子(キスは前の写真と同じもの。板さんが空いているところに握ったものをを置いていったので・・・)写真の色が今一つですみません。合計10貫。単品でカツオを注文

20140716_018 思ったより脂が乗っていて美味しい。次にわさびナスを注文

20140716_020 「あ、わさびナスだ。」というものでなすの漬け物でほんのりわさびの香りがする。

ほとんどのものが1貫65円でこれは2貫で出され手巻き寿司は1本で出されて1貫180円のものは1貫で出されるとの事。板長おまかせ10貫760円に単品65円×4貫(税別)このネタで65円がほとんどというのは立ち喰いで考えてもリーズナブルだと思う。場所も静岡駅の駅ビル1階という事を考えれば・・・安いという感じです。

| | コメント (0)

2014.07.13横浜狂言堂の印象

13日、横浜狂言堂に行く。これは毎月横浜能楽堂が第2日曜日を狂言の日として開催している。先月も来るつもりでいたが・・・いつものように横浜狂言堂に日にチケットを購入しようとしたらすでに完売していて・・・。という事で今回は2ヶ月ぶりという事になる。

今回は野村又三郎家の狂言。前回又三郎家の狂言を観たのは去年の1月やはりこの横浜狂言堂で観ている。中々観る機会が少ない家ですね。まぁ私が最近関東で狂言を観ている事が多く名古屋とか行かなくなってしまっているのが原因の一つで・・・名古屋に行かなくなったのはある分野の劇場がなくなりそことセットで行くという事がなくなったというのが大きい。

今回の狂言は「舟船」と「犬山伏」の2曲。まずは又三郎氏のお話という事で・・・30分の予定時間との事。この横浜狂言堂でお話が30分というのは長い。通常は15分なのだが・・・。実際には35分程度だったが・・・うーん狂言のことも話しをされているのだがそれ以外の事も多かった気がする。ココで話す必要がない能のシテ方の・・・狂言方が狂言方の裏話するのは良いと思うが狂言方がシテ方の裏話とまではいかないが・・面白い裏話なら良いが・・・あんまり面白い話ではないし・・・まぁ分かっている事ではあるが・・・前回は興味深い話をされていたのだが・・・。

あと狂言方の年齢によっても役によって感じ方が違ってくるという事で「舟船」の太郎冠者の話をされていた。若いと生意気な感じで年齢がいっていれば番頭的な感じで主人に意見しているように見えるという・・・・蓋を開けたら子方とは予想しなかった。

舟船(ふねふな):本当に日常の一部分を切り取った狂言で解説によれば職分だとあまりやらない狂言で稽古に来ている人に教えることが多いとの事。上の文にも書いたように太郎冠者が子方で・・・そういえば前回又三郎家の狂言を観たときもこの子「重喜」に出ていたその時も思ったのだが声が良い。まぁこれから声変わりをむかえて変わっていくだろうが・・・。

犬山伏:この狂言は禰宜山伏に似ている。犬山伏の方が先にできたものでその後、禰宜山伏ができていて山伏と出家より禰宜と山伏の方が対立構造がはっきりしているという事が解説であり・・・確かにそうかも知れないが狂言を観る上ではその辺は気にならない。禰宜山伏も笑えて好きなのだがこっちの方が何か好きかな。確かに人食い犬より大黒の方が縁起もよいし動きもスムーズでコミカルな動きができると思うが・・・着ぐるみに面それに黒頭(くろがしら)の犬の方が人間くさいというか・・・犬に人間くさいというのもおかしいが・・・味がある気がする。

| | コメント (0)

清泉 肝焼き うな重 (桜木町・野毛)

横浜能楽堂を出たのが15時30分過ぎ。この後予定はなく何処かで夕食を食べて帰ろうと思い野毛方向へ歩いていく。昨日(12日)うなぎパンを見てうなぎが食べたくなったのはこの2つ前のブログに書いた通りで・・・。

うなぎ屋に入る。入ったのはこの店

20140713_026 場所は建物的にはJRAウインズの隣になるのかな。大通りの方ではなく小路の奥まった方にある。

店の中に入ると結構混んでいて・・・あまり一人では座らない小上がりに座る事になる。メニューを見る。うなぎ以外のつまみのメニューがかなり充実しているが単価はかなり高めの設定。居酒屋の価格ではない。割烹クラスといって良いと思う。憶えているもので書くとカツオの刺身1600円・冷奴500円など店の雰囲気としては・・・隣がJRAという事があり大型のテレビが2台あり多分どの席からも見れるようになっている。

メニューはうなぎ以外のものが多く卓上に置かれているメニューにはうなぎの串焼き系のものはなかった。あぁこれはうな重の並食べて帰ろうと思うと丁度タイミングよく女将さんが何にしますかと声をかけてくる。かなり年配の方で70代もしかしたら80代かもしれない。うな重の並を注文。これが出てくる

20140713_017 このお茶かなり良いもの使ってます。おそらくグラム1000円クラスのお茶だ思う。その後店内の短冊メニューを見ると肝焼きがあり昨今のうなぎの価格を考えると・・・まぁ安くはないが・・・冷酒もそんなに高くない・・・冷酒に肝焼きを注文。

すぐに

20140713_015 が出てくる。冷酒は大関の生貯蔵酒。すっと入っていく甘めの淡麗です。対うなぎに関して言えば本当にうなぎの邪魔をしない酒です。うなぎに負けないような癖があるような辛い味の酒を合わせるというのも一つの考え方かもしれないが・・・うなぎに初めから対抗しないという酒の選び方がある。

肝焼きを注文してから12~3分だと思うこれが出てくる

20140713_019 結構上品な肝で・・・新鮮だからなのだろうか肝の癖とか苦味とか弱い感じがしたその分タレが濃く感じた。これを食べながら飲んでいるとこれ

20140713_021 が出てくる。うな重の並なのだが重箱ではなくうな丼のスタイル中身はこんな感じ

20140713_02320140713_024 うなぎは身が薄めでタレの味も薄めで焼きが強めで香ばしさがある。肝吸いはしっかりと味があり美味しい。具も一手間かけて結んでいる。漬け物は間違いなく美味しい。

店の開店は1950年と事と64年目まぁJRAができるかなり前からココに店があったわけで色々時代で客層が変わりそれによってニーズも変わり対応していって今のかたちがあるんだろうな~。こだわっているところはこだわっている感じはする

冷酒800円。肝焼き800円。うな重(並)2500円で合計4100円で請求が4350円という事はお通しが250円かこのお通しが今一つで・・・もっと他のもんにしてほしかった。肝焼きは鰻の串焼きの店で大体1本300円程度でココの大きさを考えると2本800円は納得できる値段。うな重はまぁ昨今の鰻の値段考えると仕方ないかなと思えるが・・・秋ぐらいには少し値が下がるという話があるが・・・。

| | コメント (0)

中華料理 満福 (桜木町・野毛)

昨日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が決めた狂言の日という事で横浜狂言堂が開催される。その為、横浜能楽堂に出かける。最寄の桜木町駅には12時少し過ぎに到着。狂言堂は14時からなのでそれまでにランチを食べれば良い。

野毛周辺を歩くと新しくできた店や改装中で新しく店を出す店や閉店してしまっている店などが結構ある。先月来なかったので2ヶ月ぶりなのだが・・・そういう時期なのだろうか。何はとまあれ今回入ったのはこの店

20140713_012 場所は宮川小路となかどおりが交差しているところ。この店の前は何回も通ったことがあり、店の前にあるこのメニュー表

20140713_013 の中の半チャンワンタンというのが気になって・・・ワンタン麺ではなくワンタン。チャーシュー麺はあるがワンタン麺は書かれておらずワンタンなんですよね。そこが気になって・・・

店に入るとほぼ満席。ほぼ全員が競馬新聞を持っている。まぁ場所柄仕方ない。半チャンワンタンを注文する。冷房はガンガンにかけているが入り口の戸は開けっ放し。まぁその方が客が入りやすいのかもしれない。

注文をしてから待つこと5分ぐらいでこれ

20140713_008 が出てくる。ワンタンが10個とチャーシューが1枚入っている。ワンタンは特徴がない普通の肉入りワンタン。スープは昔ながらの町の中華屋さんのスープで美味しい。チャーシューは表面が赤色のチャーシュー。ワンタンが出てから2分後半チャーハンが出てくる

20140713_009 チャーハンの上に錦糸卵が乗っている。チャーハンの中にもたまごは入っている。ワンタンの中にも入っていた赤いチャーシューが入っていて美味しい。結構香ばしい感じもしてチャーハンというより焼飯という感じかな。

半チャンワンタン750円。今度は麺の方も食べてみたいと思った。

| | コメント (0)

うなぎパン

昨日、近所のスーパーでうなぎパンなるものを見かけて購入する。確か去年の夏もこの時期うなぎパンというものを見かけて購入した記憶がある。去年はセブンイレブンで購入。このブログにも載せている

20130722_016 かなり微妙~で今回のはこれ

20140711_003 これなんだと言われればまぁうなぎだろうなという事にはなるかな。味はまぁそれなりに美味かったです。

今年の夏の土用丑の日は今月の29日との事。あ~ぁ美味しい鰻食べたくなった。

| | コメント (0)

渋谷餃子 (渋谷・センター街)

昨日の夕食、渋谷センター街の「渋谷餃子」という店で食べる。

20140709_042 場所は渋谷のセンター街の天下一品が入っているビルの2階。ココのメニューは餃子中心で餃子以外はちょっとしたつまみになるものという感じのものが一品200円~300円の間で提供されている。本当にビールなどのドリンクなどにピッタリのものばかり。

今回、私は諸事情によりアルコール類は注文しない。ウーロン茶に焼き・揚げ・水餃子を注文。その他にご飯物で角煮飯というものを注文。まずウーロン茶が出てくる。次に出てきたのがこれ

20140709_033 水餃子で注文してから7~8分ぐらいで出てくる。それから30秒後に

20140709_034 揚げ餃子 

20140709_035 角煮飯が出てくる。卓上の調味料は塩・七味唐辛子・醤油・ラー油・酢でこれらを使って自分なりのタレを作っていく。その他有料(80円)で黒酢しょうが・大根おろし・ネギ塩ダレがある。

水餃子はそれなりに味がしっかり付いていて美味しい。どこかの水餃子の美味しい店という感じではなくこの値段でこの味なら十分だろうという感じのもの。多分これはこの日食べて物全て同じことがいえる。

揚げ餃子はこんなもんかなという感じで私はマヨネーズの上に七味をかけてその上に少し醤油をたらして揚げ餃子に付けて食べる。

角煮飯、これは肉が柔らかくご飯ととってもあっていて美味しい。途中でラー油を少しかけると又味が少し変わって美味しい。これらが出でてから3分後ぐらいに焼き餃子

20140709_036 が出てくる。これはあっさり系のタレで食べたいと思って酢コショウと思ったがコショウが卓上に置いていない為、店員に「コショウありますか?」と聞くと「もってきます」との事。小皿に入れたコショウをもってきてくれる。

20140709_037 写真は酢をかけた状態。この場合ほしいコショウは粉こしょうなのだが・・・まぁこれでも良いかなと思って試してみるが・・・悪くはないが絶対に粉の方が美味い。

揚げ・水・焼き餃子313円×3・ウーロン茶248円・角煮飯302円で合計1489円。美味しかったです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

魚がし 日本一 立喰寿司 (渋谷道玄坂店)

昨日、東京にいる。まぁ台風が来るので中止しようかと思っていたが当初(7日の朝)の天気予報とはかなり違っていて・・・今だに本体は静岡にすら来ていない。多少は雨が降るかも知れないが交通機関が動かなくなってしまう感じではないと思い計画を練りなおす。

当初予定になかった歌舞伎座の一幕見を入れたりしたため、ランチを食べたのが15時過ぎになってしまった。行ったところは渋谷道玄坂の立ち喰い寿司の店「魚がし日本一」この時間帯はセットメニューが看板に出ていて

20140709_019 この中の築地にぎりを注文する。まぁこの時は何気なく注文したのだが・・・今考えれば絶対にその上に書かれている旬にぎりが良かったと思ってます。同じ10貫でお椀付き。築地の方で決まっているのはネギトロ軍艦といくら軍艦のみで・・・この2貫私は特に食べたいという事はない感じのネタで・・・旬の方は煮あさり・生タコ・カツオ・すすきこの4貫が決まっていて・・・このうち3貫は食べたいもので・・・値段も旬の方が安い・・・まぁ値段的にこんなもんかなと思いそのまま注文して後でよく見ると後悔するパターン。まぁ後悔とまではいかないが・・・。

まずはお椀という事でこの日はあら汁が出てくる

20140709_014 この日これが一番美味しかったかな。

20140709_015
20140709_016 玉子はシャリがないが1貫と考えて10貫。追加で真コチを注文

20140709_017 多少歯ごたえがありそれなりに美味しい。次にカツオを注文

20140709_018 あっさり系のカツオ。初鰹でーすといっている感じで・・・まぁ個人的にはもっと脂の乗ったカツオが好きだがこの時期はこれで仕方ないですね。

築地にぎり908円に真コチ・カツオ1貫150円に消費税が付いて1628円。まぁランチにしたら結構高くなってしまった。やはり築地にぎりを旬にぎりにしておけば・・・。

| | コメント (0)

天下一品 チャーハン定食 (渋谷・センター街)

 昨日の夕食、渋谷で食べる。行った店がここ

20140707_015 天下一品の渋谷店。かなり久しぶりに天下一品に入る。ここのラーメンは独特です。中華そばというよりなにか別の名前をつけても良い感じで普通の中華そばとは異なる。今回注文したのがチャーハン定食というもので注文してから待つこと5分~6分ぐらいでこれが出てくる

20140707_012 チャーハンは色々なもののバランスが良く特徴はないが美味しい。中華そばはこってりしていて味が濃く美味い。このラーメンを初めて食べたのは15年以上前、京都の佛教大学の前にあった店で食べている。(今天下一のホームページを見たら今でもあるようだ)当時私は資格を取るため佛教大学の通信制を受講していてスクーリングといってある程度の日数大学の方に通わなければならず大学に行っていてその時ランチで食べた。その時の衝撃はすごかった。なんだこの泥のようなスープは・・・こんなラーメン(中華そば)があるとは・・・美味い。という事で2日続けて行った記憶がある。本当に静岡市内に店があればよいのだが・・・結構全国展開しているのに静岡県にはあなりできないだよな。

チャーハンセット970円。値段的にはこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

おだむすび 西口広場店 (新宿)

昨日、13時ごろ新宿にいる。どこかで昼ごはんをという事で入ったのがここ

20140707_009 場所はJR西口改札を出て京王線の方に行くとカレー屋さんの向かいにある。基本的にはおにぎりのテイクアウトの店だが店内でも食べられるようになっていて席が30席ぐらいある。中々システムがわかりずらい店で・・・とりあえずテイクアウトする場所でおにぎりを買うそのさい店内で食べるか持ち帰りか聞かれる。店内で食べるとことを伝える。店員がはっきりとは言葉覚えていないがおにぎり以外で何か付けますか?という内容に事言う。店の前にこの看板があり

20140707_010 Bセットを注文。私はこの店はこの2つのセットしかないと思っていたのだが・・・他の人のを見ると・・・色々なパターンがある。そのメニューと料金が何処に書かれていたのか私には今だに不明。コップに水を入れている人もいて・・・何処にコップと水があるのかも不明。多分注文時に水も注文しなければならないのだろう。

まぁ何にしてもこんな感じで席に着席する

20140707_007 おにぎりはおかかと鮭いくら。Bセットはこれに味噌汁・玉子焼き・ポテトサラダ・唐揚げ・漬け物が付く。まずはおにぎりはまぁ値段高めだと思うが納得ができる内容。味噌汁もまぁこんなもんでしょう。ポテトサラダは美味しいと思う。後のものがどうにもならない。まぁこれBセットで250円という事を考えれば・・・味噌汁が単品で130円のようなので他が120円と考えればしょうがないというとこに落ち着くか・・・。今後入る事があるとしたらセットではなく味噌汁だけにしようかな。もしくはペットボトルのお茶が良い感じ・・・この店持ち込みはどうなんだろう・・・そういえばペットボトルのお茶販売していた気がする。

おかか160円・鮭いくら260円・Bセット250円で670円という事になる。おにぎりが美味しかったのは間違いないです。

| | コメント (0)

駅弁 東海道 (品川駅)

昨日、21時ごろ品川駅にいる。予定ではココに来る予定はなかったのだが諸事情により新幹線で静岡に帰ることになる。この時間一番早く静岡に着く事を考えると21時37分のひかりという事になる。品川駅で30分以上の時間ができる。夕食がラーメン1杯だけだったのでそれなりにお腹は空いている。

駅弁を購入して食べる。今回買ったのはこれ

20140705_023 東海道という弁当。購入場所は新幹線改札を入ったところにある駅弁販売店。1度改札を入って駅弁を購入してまた改札を出てきて待合室ロビーで食べる。品川駅の場合新幹線改札の中に待合室や椅子などがないためそうする。その場合駅員にキップを確認してもらう必要がある。

駅弁のパッケージは広重の東海道53次・由比宿を使っている。中身はこんな感じ

20140705_028 ご飯は少なめ特徴は味噌カツぐらいかなそれが唯一東海道のものという感じがする。それ以外は特に感じない。高野豆腐の味がかなり濃い味付けだった。その他のものも味は濃い目かな。それにこのご飯の量だとおかずが結構あまってしまう感じがした。値段は870円で駅弁としては価格が抑えられている感じがする。まぁビールなんかと一緒に食べるにはよいかもしれないですね。

| | コメント (0)

道玄家 豚骨ラーメン (渋谷・道玄坂)

昨日の夕方この店

20140705_018 でラーメンを食べる。店に入ると券売機があり液晶画面で・・・順番に選んでいく形のもの。とにかくシンプルなものをと思い豚骨ラーメンを選択。店員の食券を渡すと麺の硬さ・味の濃さ・脂の量を聞いてくる。この辺は家系という事なので・・・全て普通で答える。「ご飯どうしますか」?との店員の問いかけ。ご飯なんてたのんでないよな?と思っていると「ご飯は無料です」との事。「じゃぁ下さい」と答えたはずがこの店でご飯が出てくることはなかった。まぁ別にもともとないものと思っていたので特に改めて要求はしなかった。

まず店内。もともと何の店だったんだろうか・椅子が低い。テーブルはこまめに拭いているようだが卓上の調味料の蓋が汚れている。待つこと10分以内ラーメンが出てくる

20140705_017 ちょっと小ぶりかな。チャーシューは小さめ。どんぶり手前のネギがはみ出ているのがこの店を象徴している感じがする。味は濃いです確かに家系ラーメンは濃くて良いのだが・・・コクとか豚骨ではなく醤油の味が濃い。もしかしたらつくる人によって違いがあるのかもしれないが・・・・。店員も暇そうで世間話を客に聞こえる声で話しているし・・・店の外にはバイト募集の張り紙が・・・かなり時給が良い・・・人材不足なのかな?

値段は690円。久しぶりに大ハズレだったな。

| | コメント (0)

チャオタイ ガイ・パッキン・ラーカオ (渋谷・道玄坂)

昨日、渋谷道頓堀劇場に出かける。渋谷駅に着いたのが12時ちょっとすぎ、道中電車の中でこの本を

20140705_015 を読んでいて東南アジア系のぶっかけ飯が食べたくなった。確か駅から道劇に行くまでにその系の店が2軒はあった気がする。1軒はかなり昔、ラオス料理の看板も出していてラオス旅行に行く前に1度食べておこうと思って入った事がある。今はラオス料理の看板は降ろしてタイ料理だけになっている。もう1軒は東京チカラめしが入っているビルにタイ料理の看板が出ているのを何度も通って知っている。今回は後者の方「チャオタイ」という店に入る事にする。決め手は店の1階にしっかりとぶっかけ飯系のメニューが出ていた為。

店はビルの2階でエレベーターで2階で降りるとすでに店内。ランチメニューは豊富でタイ風ラーメン系・焼きそば系・カレー系・ライス系で30種以上はあったと思う。私の言葉ではぶっかけ飯、お店のメニューの中では「タイのあんかけご飯」は9種類。その中で選んだのがガイ パッキン ラーカオというもので日本語では鶏肉ときくらげの生姜炒めご飯(タイ醤油味)との事。

注文をしてから10分以内に出てきたのがこれ

20140705_00920140705_010 ご飯はインディカ米で汁を吸ってくれるのでこの手のものには最適。タイ料理ではあるが辛さは全くない品。美味いですね。色々なものが入っていて・・・確かにきくらげは入っているがそれほど多くはなかった気がする。生姜もそんなに感じない。旨みのある醤油に色々なものが入っているが入っているものが醤油より弱い。俺は香辛料だという感じのものが入っていない。タイ料理が好きな人には物足りないのかもしれない。これ別の盛り付けで中華だと言って出されれば中華だと思う人が多いかな当然ベトナム・ラオス・インドネシアなどの料理だと言われればそうかなと思う感じがする。何にしても美味しいことには違いないです。

「ガイ パッキン ラーカオ」スープ・サラダ・デザートなど付いて850円はリーズナブルかな?高くはないです。辛いのが駄目な人のお勧めです。

| | コメント (0)

紫禁城 蒸し餃子+麻婆豆腐 ランチ (静岡市・日吉町)

今日の昼、静岡市の中心街近くにいる。ランチという事で入ったのが「紫禁城」という静鉄の日吉町近くの中国料理店。

20140704_013 餃子専門店と看板は出しているが餃子以外のメニューも豊富な店。餃子もニラ・ネギ・人参・大根(あわび入り)・海鮮の5種類を焼き・蒸し・水餃子で出しているので餃子に力を入れている店である事は間違いない。

ランチは大きく分けて2種類で蒸し餃子か小籠包でそれに一品料理(麻婆豆腐・酢豚・揚げ団子など9種類)を選ぶかたちでそれにサラダ・スープ・杏仁豆腐が付いてくる。

20140704_007
蒸し餃子に麻婆豆腐を選択。注文をして待つこと5分ぐらいでこれが出てくる

20140704_008 蒸し餃子が乗っていない。蒸し餃子は今、蒸していて後で持ってくるとの事。麻婆豆腐食べる前に食べたかったのだが・・・サラダなどを食べて時間をつぶす。その後5分ぐらいたってから

20140704_012 がっ出てくる。まぁ特に美味しいというわけではないが色々なものが入っている感じで・・

20140704_009 は豆板醤ではなく甜麺醤が結構強く出てきているタイプのもので辛さに棘がない感じでまろやかな辛さで苦味もあり私は好きなタイプの麻婆豆腐です。欲を言えばもう少し辛さがあっても良いかなと思えた。

麻婆豆腐餃子セット850円。値段的にはこんなもんでしょうね。

| | コメント (0)

レストラン サイゴン Food Show ブンチャジョ (渋谷)

昨日の夕食、あまりお腹が空いていなかったのでどこかでラーメンか蕎麦でもと思って渋谷の街を歩く。歩いているうちにフォー(ベトナム料理)でも良いかなと思い気軽にフォーが食べれる東急デパートのFood Showの中にあるレストランサイゴンのイートインに行く事にした。

フォーガー(鶏肉のフォー)を頼もうと思っていたがブンチャーがあるのに気が付きブンチャーを注文する。まぁ揚げ春巻きと蒸し春巻きを付けたセットで注文しても1000円以内だった為セットにする。しばらくしてこれが出てくる

20140702_012 ブンチャーならつけ汁が付いてくると思うのだが・・・メニューを見ると卓上に備え付けのニョクマムをかけてお召し上がり下さい。との事・・こうゆうタイプのものもあるののかな?そこで気が付く。これは「揚げ春巻きビーフン」だ。(ブンは日本語でビーフンと訳されている)確かにメニューに日本語で揚げ春巻きビーフンと書かれている。このメニュー「ブンチャジョ」と書かれていて・・・私はブンチャー+ジョだと思い込んでいたブンチャーとジョというのを何かを肉の中に入れいるものだと思い込んでいた・・・違うこれはブン+チャージョーだ。そうブンは麺の事。チャージョーは揚げ春巻きの事・・・・。思い込みというもはすごい。ブンチャーはこれhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2012/11/post-e3df.html 

気を取り直しして食べてみる。味はこんなもんだと思うがキュウリの量が多く香草の量が少ない揚げ春巻きはカニ入りらしいが全く感じない。セットの揚げ春巻きはいつ揚げたの?というぐらい揚げてから時間がたっている。蒸し春巻きはそれなりに美味しい。

揚げ春巻きビーフンセット税込みで972円。値段的にはこんなもんだと思います。

| | コメント (0)

鳥竹 ランチ 日替り定食 もものカリカリ焼き (渋谷・道玄坂)

昨日、渋谷にいる。渋谷に着いたのが11時30分ぐらい。まずは何処かランチという事で・・・今回は結構時間に余裕がある為、渋谷の街を徘徊する。なんだかんだで最終的に入ったのが「鳥竹」という焼き鳥屋さんでこの店は夜・ランチ共に入った事がある店。

12時が開店だがその前から焼き鳥を焼いていて周辺には良い匂いが・・・店の前には開店前から人が集まっている。

開店と同時に入店。1階のカウンター席に座りこれ

20140702_006 を注文する。この店のランチの1番人気は焼き鳥丼http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/01/post-96c0.html 美味しいのはわかっているが他のも食べてみたいという事で日替り定食のもものカリカリ焼きを注文する。ほとんどの人が焼き鳥丼を注文。お隣の年配の方はビールに焼き鳥で昼間から飲みはじめている。私より後に注文された焼き鳥丼の方が早く運ばれてきている・・・待つこと10分ぐらいでてきたのがこれ

20140702_004
20140702_005 カリカリ焼きをつけ汁に付けてご飯の上に乗せて食べてみる・・・美味い。ご飯がすすむ。つけ汁は醤油ベースの酸味が利いたものでカリカリ焼きにピッタリあっている。これはカリカリ焼きをご飯に乗せて上から付け汁かけても美味しいだろうと思ってやってみるがご飯に直接タレがかかると酸味が強い感じになってしまう。普通に付けて食べた方が美味しい。味噌汁も美味しい。この店は夜も昼も良い感じで・・・ハズレがない感じ

日替り定食750円に消費税が付いて810円。値段的にはまぁこんなもんでしょうといったところでしょうか。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »