« 吉野家の牛丼の玉葱 | トップページ | 梅欄 渋谷店 麻婆茄子梅欄やきそば »

ニコニコ動画で横浜狂言堂を観る

今日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂が開催される。ここ数年は用事がない限り行っていたのだが今回チケットが取れずに・・・まぁ販売初日に電話予約などせずに次の日に横浜能楽堂に行って購入しようとしていて・・・ほとんどの場合その形でチケット取れていたので今月分も大丈夫だと思っていたら売り切れで・・・。

今回の狂言はニコニコ動画で生放送があるとの事で自宅のパソコンで観る事にする。これまでも横浜狂言堂をニコニコ動画で観たことはあったが録画しか観たことなく・・・まぁ理由はその時間横浜能楽堂で生で見ていたので・・・

まずは逸平さんの解説。瓜盗人・この狂言は夏の時期に茂山家ではよくやっているという話をするが私はこの狂言を観たことはなくDVDやテレビなどで観たこともない。多分テレビやDVDになった事はないと思う。あと二人大名。これは有名な狂言だが私は最近になって観てこの中に出てくる起き上がりこぶしの内容を山本東次郎氏の解説で知る。それとほぼ同じ内容のことを逸平さんも話していました。これがやはり印象が強いですね。他にこれだけスケベな事を言っている狂言はないですよね(もっとあるのかもしれないが私は知らない)

ニコニコ動画はまぁ実験放送という事もあって狂言方の表情まで分からないという事が難だが観ている人たちが自由にコメントできてそれを見ていると私なんか考えもしないような事が多々出てきて面白い。二人大名では「当時の武士階級は激怒するんじゃないかこの演目」「ブラック大名」などなど狂言のあとアフタートークがあるもの良い。コメントに対する回答などもあり。

2曲とも問題なく笑える狂言で・・・解説によれば茂山家は笑える狂言しかやらないらしいが・・・アフタートークなどでも言っていたが子供さんの笑い声聞こえていてそれがきっちりとストーリーを追っていて・・・やっぱり笑える狂言は分かりやすいし子供でもストーリーに引き込まれていくんだなと感じた。やはり入り口はそこなんだよね。もっと沢山の人が狂言に興味を持ってくれると良いと思うようなニコニコ動画の横浜狂言堂でした。

|

« 吉野家の牛丼の玉葱 | トップページ | 梅欄 渋谷店 麻婆茄子梅欄やきそば »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉野家の牛丼の玉葱 | トップページ | 梅欄 渋谷店 麻婆茄子梅欄やきそば »