« DiL Se Bセット本日のカレー3種 (東京・千駄ヶ谷) | トップページ | 鰻の串焼き かぶと 天玉そば かめや (西新宿) »

2014.06.14 国立能楽堂普及公演の印象

昨日、国立能楽堂の普及公演に行く。

20140614_025
演目は狂言の止動方角と能の皇帝の2曲。止動方角は大蔵流山本家によるもので皇帝は観世流。

まずは解説という事で鳥尾新氏の話があり。まぁ色々と書いたのですが結局、私の方が理解できていなかったようなので省略させてもらいます。

止動方角・・・何度か観たことのある狂言で山本家のもはDVDで観たことがある。好きな狂言です。太郎冠者役の東次郎氏の肩衣の色が1人目だって鮮やかなオレンジで・・・解説で話をされていた先生のジャケットの色も似た色だったような・・・。能舞台いっぱいに幕の近くまで使っていたのが印象的だった。

皇帝・・・能を観るのがかなり久しぶりで・・・もちろんこの能を観るのは初めて。能なので観る前に多少の知識を入れておいた方が良いと思い調べたが・・・この皇帝という能はそれほど有名ではないようで能の100選という本などには出てこない200選くらいだと出てくるのだが書かれている内容は本の半ページぐらいで・・・

ストーリー的には楊貴妃が病気にかかっていてそれを玄宗が見舞うと老人が出てきてこの病を治すには明王鏡を枕元に置きなさいと言って去る。明王鏡を置くと鏡の中に鬼が現れるそれを玄宗が退治しようと剣を持って切りかかるが鬼は柱に隠れる。そこに鐘馗の霊が現われ鬼を切り倒す。

時間的に1時間ぐらいの能で能にしてはテンポが速いのではないでしょうか?囃子もテンポが速く激しいものが多く心地よい。地謡の声も奇麗な響きがあり心地良い感じがした。

あと座った席が中正面の後ろの真ん中あたりで目付柱が邪魔でほとんど楊貴妃を見る事ができず顔(面)などが見えたのが能が終わり幕に戻って行く時だった。まぁこれは能舞台の構造上起こることで仕方がない。それからこの能は正面席より脇正面席の方が結構良いところが見えるような感じがした。あと各席についているモニターが能を観る上ではかなり役に立つ。

気が付いた事、印象に残った事書いてみました。

|

« DiL Se Bセット本日のカレー3種 (東京・千駄ヶ谷) | トップページ | 鰻の串焼き かぶと 天玉そば かめや (西新宿) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DiL Se Bセット本日のカレー3種 (東京・千駄ヶ谷) | トップページ | 鰻の串焼き かぶと 天玉そば かめや (西新宿) »