« 洛二神 和風中華そば・明太子ご飯 (大阪・天満) | トップページ | たっくん たこ焼き・ビール (大阪・森ノ宮) »

奴寿司 中崎店 (大阪・天満)

12日、大阪天満駅周辺にいる。夕食を食べる為に入ったのが奴寿司中崎店という店。この日ランチを食べたラーメン屋の斜め向かいにある店で場所は天五中崎通商店街の天満駅方向から入ってすぐのところ。この付近には寿司屋がかなりありこの日は祭日の次の日という事で休んでいる店が多く行こうと思っていた奴寿司本店も休みで・・・本店のシャッターに張り紙がしてあり本日は中崎店の方にという事で矢印が書かれている。

店に入ったのは19時30分ごろ。カウンター席が3席ぐらい空いていてそこに座る。まずは飲み物という事で日本酒という事で最終的に選んだのがこの酒

2014021213_014この酒を飲んだ記憶はない。軽い感じの吟醸酒でそれほど香りが強くなく寿司ととてもあっている酒だと思う。これ大手メーカーの酒で他の店で見かけた事がなくもっと沢山の店が扱っても良いのでは・・・と思う酒。

この店の特徴はおまかせというものがあって1皿315円で客がストップするまで板さんが握ってくれるというシステムがある。もちろん客が注文して握ってもらう事もできる。今回おまかせで握ってもらうまずは1皿目

2014021213_017鯛にトロ。鯛は薬味が乗っていて結構変化球で美味しかった。2皿目

2014021213_018海老・蛸・イカで海老は胡麻が振ってある。蛸にも薬味・イカは富山だったかな?皮付きで歯ごたえありで美味しい。シャリは小さめです。

2014021213_019子持ち昆布に白子。白子は暖めたものこの辺はもんくなく美味しい

2014021213_020うにとカンパチ。カンパチを大根で食べるとすごくあっさりした感じになる。

2014021213_021サーモンといくらの親子。サーモンも大根で食べるとあっさりする。

2014021213_023かに味噌にカニの親子。カニは暖かい。

2014021213_022ここで飲み物を熱燗にする・・・熱燗が熱すぎる。

2014021213_024もずくに鯖。

2014021213_026この辺でお茶も頼む。お茶は深蒸し茶。もうほとんどのすし屋が深蒸し茶を使っている。私、個人的には普通のお茶(黄色いもの)が一番合うと思うのだが・・・安くて見栄えがよくそれなりの味という事で深蒸し茶になるんだろうな~。

2014021213_027明太子カイワレとあわび。明太カイワレは何か柑橘系のものをかけてある感じで美味い。あわびは・・・もともとあわびは寿司ネタとしてどうかなと思っているので・・・どうしても使うのであればもっと薄くスライスして噛みやすくすべきだと思っているので・・・

2014021213_028寒ブリの炙りと芽葱。寒ブリはこの日一番美味かった。

2014021213_029螺貝にさざえかな?螺貝は間違いないがもう1貫は忘れた。どちらにしても寿司と硬めの貝というのは私個人的に合わないと思っているので・・・まぁこうやって薄く切った方がまだ良いと思うが・・・。最後の一皿、握ってくれていた若い板さんに「次、最後にしますのでとびっきり美味しいのお願いします」と言ってみる。「かしこまりました。もうネタが少なくて・・・考えてますのでお待ち下さい」との事で出てきたのがこれ

2014021213_030薄くスライスした胡瓜にカニとカに味噌。玉子。鯖を炙って色々な薬味を載せて柑橘系のものもかけている。玉子以外の2貫は寿司というか料理にちかい感じかなこの2貫と明太子カイワレはにぎり寿司を超えている感じで創作寿司という感じですね。もちろん美味い。

1皿315円×11皿=3465円・冷酒630円・熱燗315円合計4410円。これだけ食べて4500円いかない。それでいて美味しい。おそるべし大阪。おそるべし奴寿司。満足できる夕食でした。

|

« 洛二神 和風中華そば・明太子ご飯 (大阪・天満) | トップページ | たっくん たこ焼き・ビール (大阪・森ノ宮) »

寿司屋 (夜)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洛二神 和風中華そば・明太子ご飯 (大阪・天満) | トップページ | たっくん たこ焼き・ビール (大阪・森ノ宮) »