« 政五すし 與兵衛鮓 (両国駅) | トップページ | 2014.01.09 観た歌舞伎の印象 »

大浮世絵展を観に行く

昨日、江戸東京博物館で開催されている大浮世絵展に行く。結構な数の浮世絵があると思い(ホームページでは350点)行く。1点20秒で見ても約2時間。確かに展示替ありとは書いてはいたが・・・。かなり疲れるだろうなと思っていったのだが・・・枚数数えてないが・・・・200枚は確実になかった。総入れ替えするのかな?まぁあっけなく終わったという感じですかね。

やはり北斎は天才だと思う。北斎が出てから浮世絵が大きく変わったという感じがした。確かに写楽もすごいと思うが数枚のものを除けば玄人好みのものでもし写楽が謎の絵師でなく何年も絵を描いていたら本当に玄人好みの絵でこんなに誰もが知っている人物(絵も含む)にならなかったのではないかなと浮世絵の流れを見ていて思った。

20140109_014_2チケットだがココに載っている写楽の「四代目松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛」これも展示されてなかったし・・・こうゆうところに載せるのは展示期間中確実に展示されているものがよいと思うのだが・・・。そうゆう作品がないのかも知れないが・・・。大浮世絵展を観たあと常設展の方で広重の東海道五十三次を展示している(2月2日まで)というのでそちらの方に行ってみる。うーんこちらは子供が多く走りまわっている。五十三次はじっくりと観る。これ以外にも歌舞伎の中村座を再現してあるものなどもあり興味深かったが・・・この後、現在の歌舞伎座に行く予定で・・・さらっと観ただけで退散する。これで1520円・・・高い。全部の浮世絵観ようと思ったら何回入らなければならないのか?3年前の写楽展は1500円でも全然良かったけど・・・。

|

« 政五すし 與兵衛鮓 (両国駅) | トップページ | 2014.01.09 観た歌舞伎の印象 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政五すし 與兵衛鮓 (両国駅) | トップページ | 2014.01.09 観た歌舞伎の印象 »