« 大浮世絵展を観に行く | トップページ | あけぼの とんかつ定食  (有楽町) »

2014.01.09 観た歌舞伎の印象

昨日、歌舞伎座で一幕見をする。昨日は歌舞伎座の3階B席が昼の部も夜の部も満席ではなくチケットがあったのだが時間的に全部を観るのは難しく一幕見で昼の部1幕と夜の部2幕を見る。もともとの計画が国立に歌舞伎を観に行こうと思って計画を立てていたもので・・・大浮世絵展にも行きたい。電車の切符はこれで行きたい。などなど色々な事があり最終的にこの計画になる。本当に一幕見というものがあって良かったという感じ。

20140109_032おしどり:結構奇想天外なストーリーで・・・鴛鴦の精がきれいだった。最後がわかりにくかった。筋書き読んで恨みを晴らして空の彼方に飛んでいったんだという事がわかった。恨みを晴らしたというのがどこなのか言葉の中にあったのかもしれないが・・・・。忠臣蔵九段目:仮名手本忠臣蔵は何度か観たことはあったが九段目ははじめてみる。うーん豪華なメンバーですねこれもストーリーとしては以外な転回で大星力弥と本蔵の娘が許婚とは・・・。さすがに豪華メンバーで圧倒されます。乗合船:皆さん踊りがきれいで・・・色もあでやかで正月らしいという感じですね。以上本当に感想にもなってもいないという事で観ての印象です。

20140109_036夜の歌舞伎座です。

|

« 大浮世絵展を観に行く | トップページ | あけぼの とんかつ定食  (有楽町) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大浮世絵展を観に行く | トップページ | あけぼの とんかつ定食  (有楽町) »