« 和よし (神奈川県・大和駅) | トップページ | 冴え冴てなほ露骨な月・花と蛇 »

コラソン ラティーノ (神奈川県・大和駅)

23日の夜、大和ミュージックにいる。夕食を食べに外出する。行ったのはここ

20131223_042大和駅から6~7分の藤沢街道沿いのマクドナルドやファミリーレストランなどがある交差点の近くにある。大和ミュージックに年に数回行く事がありその時どこで何を食べようか調べていると時に見つけて3年以上は経っている。今回初めて行く事になった。

ペルー料理。全く知識なしで入ってみる。まずはメニューとにらめっこ。串の牛ハツがありそれと鶏のから揚げを注文する。注文時に飲みのを聞かれたためにペルーのビール、クリスタルを注文する。ビールは30秒かからずに出て来る

20131223_032_2先客はたぶんペルー人の女性2人の1組。店の人とペルー語(スペイン語?)で話をしている。それと店の人の子供おそらく高校生ぐらいの男の子が食事をしている。店の人(母親)は日本語が苦手なようで息子に私の注文を聞かせる。注文をして約20分ぐらいでこれが出て来る

20131223_034大きさは

20131223_036こんな感じフォークの大きさは普通のフォークの大きさなのでかなり大きい。串の柄の部分が焼け焦げている為フォークとナイフを使い串から肉をはずしていく。この料理(アンティクーチョ・牛ハツの串焼き)と一緒にこれ

20131223_035が運ばれてくる。これをかけなければちょっと濃い目の味付けをしたハツという感じでこれをかけるとペルー料理になるという感じスパイシーな辛さのドレッシング。これがきてから15分後ぐらいにこれが出て来る

20131223_037チチャロン・デ・ポリョ(ペルー風鳥の唐揚げ)どこがペルー風なのかわからないぐらい日本の唐揚げに近い味で確かに鶏の肉付きの良い部分ではないのだが・・・。鳥と表記されており鶏ではないのか?そんな事はないと思うが・・・これにドレッシングをかければ確かにペルー料理という感じになると思う。これらを食べながらメインで何を食べるかメニューを見ながら考える。カレー系・チャーハン系・・・。牛肉・鶏肉と食べている・・・そしたらやはり豚・・・かな?という事で頼んだのがアドボ・デ・チャンチョ(ペルー風豚肉の煮込み)。

出てきたのがこれ

20131223_041かなり大き目の皿が運ばれてくる。豚肉は煮込むとこうなるのかな?豚肉を煮込むと角煮などのように柔らかくなるという印象があったのだがそれほど柔らかくなく噛んでも噛んでもなんか残ってしまい肉自体からは味が出てこない。ソースはそれなりに美味しく肉の両サイドのあるジャガイモと一緒に食べると美味しい。ライスはインディカ米で煮豆やソースなどにつけて食べると美味しい。煮豆にはベーコンなど小さく切ったものが入っている。味は塩辛いわけでもなくスパイシーでもない多少甘い感じで豆そのものの味なのかなトロッとした感じで・・・それなりに美味しいと思います。

牛のハツの串焼き1本280円・鳥の唐揚げ600円・豚の煮込み1200円・ビール450円合計2810円。

|

« 和よし (神奈川県・大和駅) | トップページ | 冴え冴てなほ露骨な月・花と蛇 »

その他の飲食」カテゴリの記事

劇場近くの飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和よし (神奈川県・大和駅) | トップページ | 冴え冴てなほ露骨な月・花と蛇 »