« えきそば (姫路駅) | トップページ | 広島リッチホテル並木通り  朝食 »

旬菜 すし鮮 きずな屋 (広島市・八丁堀)

20日広島にいる。広島駅に着いたのが18時近くで路面電車に乗り街中に行く。まずはこの泊まることになっているホテルにチェックイン。その後すぐに食事に出かける。行ったのはココ。

2013102021_027 場所はパルコの近くでえびす通りからパルコ側に入った通りにある。店に入ると店の入り口付近のカウンターに案内される。まずは飲みものという事で日本酒で5~6種類ぐらいあったのかな?その中で広島の酒という事で西條鶴を選択する。純米・無濾過・ひやおろしとの事。それと刺身1人前でも盛り合わせできるという事でそれを注文。

2013102021_020 西條鶴は広島のお酒です。米は中生新千本この米は先月前初めて知った米で亀齢酒造の酒を飲んでいるhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2013/09/post-f5d1.htmlこの酒美味い。酒は甘口。魚には基本的に辛口の酒が合うのだがこの酒は問題なく魚に合うし美味い愛媛の酒にも似ている気がする。刺身はカツオ・秋刀魚・太刀魚炙り・ニシ貝・鯛が1切れづつでひと手間入れているものが多い。太刀魚・ニシ貝は関東・東海ではあまりこうゆう形では見ない、さんまの上に柚子胡椒はいらないな。

次にすし鮮にぎり8貫というものを注文。

2013102021_021 上から太刀魚の炙り・大とろ・ニシ貝・カツオ・雲丹・〆さば・たまご・生穴子の炙り。どれも美味しい。生穴子の炙りは初めて食べた。これ値段が1280円。多分ランチでもこの内容でこの値段で出せる店は少ないと思う。次に日本酒を燗で頼む。さっきグラスで頼んだお酒を燗で注文。本来このクラスの酒は燗はあまりしないと思うがこれだけしっかりとした酒なら燗をしてもこわれる事がないだろうなと思ったし、なによりメニューにグラスか熱燗と書かれていたので・・・。

2013102021_023 うん確かにこわれてはいないが燗にした事で良さが出たかといえばそうでもない感じがした。燗をしても美味しい酒であること間違いない。すし鮮8貫と一緒に頼んだ旬菜にぎり5貫が出てくる。

2013102021_026_2 大根・ズイキ・トマト・焼舞茸・カボチャこれは無茶苦茶美味しいわ。1貫づつ味が付いていて正直1貫目の大根を食べた時はこんなのもありかなぐらいに思ったがズイキこれは想像を超えた美味しさでトマトはトマトなんだけど味付けがされていて美味い、焼舞茸は17日に食べた焼椎茸より香りは少ないものの味は味は旨味があり美味い、カボチャも自然な甘さで美味しい。これこの並んでいる順で食べたのが正解だった感じがする。野菜にはこだわっているようで○○産の大根・○○産のズイキと店員さんが運んで来た時に説明している。広島に土地勘がない私にはどの辺なのかも全く分からなかったが・・・地元で取れた野菜らしい。

今回、色々都合がありゆっくり出来なかったのが残念。日本酒グラス550円・熱燗650円・刺身盛り合わせ750円・すし鮮にぎり8貫1280円・旬菜にぎり5貫500円と記憶していたのだが請求されたのが3530円。200円安く請求されている・・・。まぁでもそれくらいの金額という事で・・・。今回お寿司をセットでしか注文しなかったが単品でも注文できるしそれほど高くはない。野菜寿司は全て1貫120円。店員の接客も今回の旅行では一番良かった。

美味しい食事ご馳走様でした。

|

« えきそば (姫路駅) | トップページ | 広島リッチホテル並木通り  朝食 »

劇場近くの飲食」カテゴリの記事

寿司屋 (夜)」カテゴリの記事

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えきそば (姫路駅) | トップページ | 広島リッチホテル並木通り  朝食 »