« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

みなと家 麺神 ネギしお助 (清水区)

いつの間にか新しいラーメン屋が出来ていた。と言っても1ヶ月ぐらい前には気が付いていたが・・・8月に開店していたとは・・・。場所は清水駅近く149号線沿い、この店のできる前は携帯電話のソフトバンクの店だった場所

20131028_004 店に入るカウンター席8席ぐらいにテーブル席で30人ぐらいは入れる感じの店。ラーメンのメニューはこんな感じ

20131028_003_2 しお味のしお助・醤油味の正右衛門・柚子風味のゆず姫・付け麺のつけ丸。この他に餃子・炒飯など定番のメニューがある。今回はねぎしお助というものを注文。注文して待つ事5分以内に出てきたのがこれ

20131028_002 スープは鶏・魚介系かな?海苔が絶妙。このラーメンにネギは合うがネギにかけてあるドレッシングはいらないかな相当量は抑えている感じはするが・・・。チャーシューは薄いが2枚入っていて味がしっかりとついている。店員は声が大きくカウンターに座ると「いらっしゃいませ」などの声が多少うるさく感じた。麺はそれなりに美味しいと思う。

ネギしお助850円。値段的にはこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

どんどん のり弁

201309245_2 今更ながらだがこの弁当、美味い。これは静岡県内と神奈川・山梨・愛知・東京の1部地域にある「どんどん」というほか弁屋で販売されているもの。私はこれ中学生ぐらいの頃から食べている。

大手のチェーン店のこのクラス(280円~300円ぐらい)ののり弁とは比較にならない。米とのりが全然こっちの方が美味しい。この時期になるとこんなのり弁も出てくる

20131008_009 白身魚の変わりに茸(ぶなしめじ)を使用。これも美味しい。値段は両方とも280円。値段もリーズナブル。

| | コメント (0)

広島お好み焼き 八昌流川店 おお井

20日、21日と広島市内にいて2回ほどお好み焼きを食べる。1回目は20日23時過ぎで八昌流川店。食べたのは

2013102021_037_2 煮込みと

2013102021_038_2 スペシャルねぎそばというもので店の中のメニューで1番大きく書かれていたもの。煮込みはすぐ出てくるものを店員に聞くと何個か言われたうちの一つ。鉄板の上にアルミホイルというスタイルの煮込みは初めて3種類のホルモンが入っていてこれは美味しい。

2013102021_036_2 ビールと共に食べる。お好み焼きだがこちらは・・・まず味が薄いのでソースをかけて食べるがそれでもそんなに美味しいとは思わなかった。お好み焼きに合わせたのが

2013102021_039 ハイボール。

煮込み650円・生ビール550円・スペシャルねぎそば1100円・ハイボール500円合計2800円。煮込みは美味しかったんだけど量が多い気がする。まぁお好み焼き屋は複数で入る事が多いのでこの量にしてあるのかな?半分の量を半額ぐらいだったら率直に美味しいと書くでしょうね。お好み焼きは・・・今一つかな。

次に入ったのが広島駅新幹線で静岡に帰る前に時間が35分ぐらいありその時間で食べる。広島駅ビル2階にお好み焼き屋が何件かありそのうちの1つに入る。その店に入ったのはその時間空いていて座れたという事と30分ぐらいしかないけど大丈夫か確認できた事。

2013102021_075_2 この店はお好み焼きと寿司の2本立てで営業していて暖簾の向かい側。写真左側、人の顔が写っているが(見にくいが)そこが寿司屋となっていてネタケースなどもありしっかりとした寿司屋になっている。

今回はお好み焼きという事でレギュラーというものを注文。5~6分ぐらいでこれが出てくる

2013102021_073_2 これ美味しい。特徴としては大葉が2枚入っている(焼いている時に入れるのを見ている)前日食べたものとは違いしっかりと味がありソースを足す必要もない。サービスで

2013102021_074_2 茶碗蒸しが付く。さすがに寿司屋も営業している店。茶碗蒸しもそれなりに美味しい。お好み焼きのスペースでも寿司屋のものを注文できるし寿司屋側からお好み焼きも注文できるようになっていてお好み焼きとにぎり寿司がセットになったメニューもあり。

レギュラー730円。納得できるお好み焼きでした。

| | コメント (0)

名駅まんぷく弁当 (名古屋駅)

21日広島から静岡に帰るのに新幹線を利用。名古屋までのぞみに乗りその先静岡まではこだまに乗ることになる。静岡にはのぞみが止まらない為、乗り換えが必要となり静岡に止まるひかりかこだまという事になるが今回はこだまの方が早く静岡に着くという事でこだまに乗る。

名古屋駅に着いたのが21時30分過ぎで駅弁をホームの売店で購入買ったのがこれ

2013102021_089 4種類ぐらいあって名古屋らしいものを選ぶ。中身はこんな感じ

2013102021_084 チキンカツエビフライの下がこんな感じ

2013102021_086 特徴がチキンカツ・エビフライにソースの味が付いていること、小倉サンドパンが入っていること、あんかけ風パスタが入っていることかな。あと弁当の定番煮物・蒲鉾・玉子焼き・鮭の西京焼き・つくね・野菜炒め・しば漬けなどが入っている。

ご飯がねっとりというかべっとりというかそうゆう感じで今一つだった。後は小倉パンが珍しいと思った感じで後はこんなもんだろうなという感じの駅弁です。値段は900円で駅弁ならそんなもんかなという感じですね。

| | コメント (0)

牡蠣亭 (広島市・銀山町)

21日昼ごはんを牡蠣亭で食べる。この店は初めて広島に行く時から行きたいと思っていた店。私が牡蠣好きという事で広島に行ったら牡蠣を食べたいと思って調べるとすぐに出てきた店。広島には過去2回行っているが時間の都合などでいけなかった店。路面電車で広島駅に向かうと川沿いに店があり何回も見かけている。

今回はランチの時間での訪問。現在ランチメニューは2種類でオイスターランチと牡蠣のドリア。オイスターランチと飲み物はウーロン茶を注文。オイスターランチはコースメニューです注文をしてから5分以内にこれが出てくる

2013102021_061 「殻付き牡蠣の冷製ルッコラと共に」というもの牡蠣の味が濃厚で美味い。これを1口で食べる

2013102021_063ウーロン茶に水。飲み物はアルコール系も考えてのだが結構疲れ気味だったのでこの後の予定もあったのでやめた。次に出てきたのが季節の野菜スープで

2013102021_065 カボチャのスープ。次に

2013102021_066これが運ばれてくる。上が牡蠣のマリナート左が殻付き牡蠣のグラティネ右が牡蠣のクロケット。どれも牡蠣の味が濃厚で味付けに負けてなく美味しい。次の料理が出るまで少し時間がかかる。出てきたのがこれ

2013102021_067 牡蠣のソテーサラダ仕立て・牡蠣の炊き込みご飯が一緒に出てくる。

2013102021_068_2 これ美味い。野菜はソテーしてあるものと生のものがあり牡蠣と一緒に食べると無茶苦茶美味い。炊き込みご飯は牡蠣とコーンが入っていてこれも美味しかった。

オイスターランチ基本の値段は1800円で飲み物が200円・デザートが500円デザートと飲みもの両方頼むと600円との事。

この料理にはウーロン茶は合わないと思った。どちらかと言うと水の方が合っている。まぁ、面白いところでは、発泡日本酒なんか合うかもしれない。

まぁランチとし2000円は少し高めだけどこの内容なら納得できる感じかな。

| | コメント (0)

ひろしま美術館 オランダ・ハーグ派展

21日午前中ひろしま美術館に行った。何でもオランダ・ハーグ派展というのをやっているらしい。ハーグ派については全く知識なしで行ってみる。

2013102021_054 美術館自体はかなりこじんまりしている感じ。静岡県立や山梨県立・愛媛県立などの規模の美術館だと思っていたので・・・。まぁ美術館にも色々あるので大きなものから小さなものまで・・・。「ひろしま」という名前だったのでそれなりに大きいのかなと思っていたのだが・・・。まずは常設展を観る。ヨーロッパの名立たる有名画家の絵画が展示されている。有名画家というだけで何を基準にコレクションしているのか分からない。静岡県美ならロダン・山梨県美ならミレーというように誰かの物を中心にという感じもしない。それから日本人作家の作品も1作品も展示されいない。どこか他に展示室があったのかな?

ハーグ派展。かなりマイナーなところを取り上げているのかな?バルビゾン派の影響を受けて19世紀にオランダのハーグという場所(町?村?現在は市になっている)に集まった画家たちの作品との事。屋外・自然・風景・農民・漁民。印象に残ったのはヤコブ・マリスの漁船という作品。縦長の絵で一艘の漁船が描かれていて曇り空がなんともいえない感じで・・・。好きですねこうゆう絵画。

| | コメント (0)

広島リッチホテル並木通り  朝食

20日、広島市の中心街の並木通りにあるホテルに宿泊する。そこに宿泊すると簡単な朝食がサービスされるとの事。

場所は2階のフロント前のロビー。広さは20人ぐらいは座れる感じ。パンと飲み物が置いてありそれをセルフサービスにて食べる。飲み物は2種類コーヒーとオレンジ。パンは3~4種類で袋に入っている。

2013102021_015 こんな感じ。飲み物は紙コップに入れるようになっている。パンはそれなりに美味しい。コンビニで売っている感じのパン。まぁ無料のサービスなのでこんなもんでしょう。

今回、カプセルホテル並みの料金(3400円)でビジネスホテルとしては少し大きめ(多分セミダブル)の部屋に宿泊しているので・・・それだけで十分満足している上に朝食がサービスだったので・・・(季節・曜日などで宿泊料金は違ってくるはず)。

| | コメント (0)

旬菜 すし鮮 きずな屋 (広島市・八丁堀)

20日広島にいる。広島駅に着いたのが18時近くで路面電車に乗り街中に行く。まずはこの泊まることになっているホテルにチェックイン。その後すぐに食事に出かける。行ったのはココ。

2013102021_027 場所はパルコの近くでえびす通りからパルコ側に入った通りにある。店に入ると店の入り口付近のカウンターに案内される。まずは飲みものという事で日本酒で5~6種類ぐらいあったのかな?その中で広島の酒という事で西條鶴を選択する。純米・無濾過・ひやおろしとの事。それと刺身1人前でも盛り合わせできるという事でそれを注文。

2013102021_020 西條鶴は広島のお酒です。米は中生新千本この米は先月前初めて知った米で亀齢酒造の酒を飲んでいるhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2013/09/post-f5d1.htmlこの酒美味い。酒は甘口。魚には基本的に辛口の酒が合うのだがこの酒は問題なく魚に合うし美味い愛媛の酒にも似ている気がする。刺身はカツオ・秋刀魚・太刀魚炙り・ニシ貝・鯛が1切れづつでひと手間入れているものが多い。太刀魚・ニシ貝は関東・東海ではあまりこうゆう形では見ない、さんまの上に柚子胡椒はいらないな。

次にすし鮮にぎり8貫というものを注文。

2013102021_021 上から太刀魚の炙り・大とろ・ニシ貝・カツオ・雲丹・〆さば・たまご・生穴子の炙り。どれも美味しい。生穴子の炙りは初めて食べた。これ値段が1280円。多分ランチでもこの内容でこの値段で出せる店は少ないと思う。次に日本酒を燗で頼む。さっきグラスで頼んだお酒を燗で注文。本来このクラスの酒は燗はあまりしないと思うがこれだけしっかりとした酒なら燗をしてもこわれる事がないだろうなと思ったし、なによりメニューにグラスか熱燗と書かれていたので・・・。

2013102021_023 うん確かにこわれてはいないが燗にした事で良さが出たかといえばそうでもない感じがした。燗をしても美味しい酒であること間違いない。すし鮮8貫と一緒に頼んだ旬菜にぎり5貫が出てくる。

2013102021_026_2 大根・ズイキ・トマト・焼舞茸・カボチャこれは無茶苦茶美味しいわ。1貫づつ味が付いていて正直1貫目の大根を食べた時はこんなのもありかなぐらいに思ったがズイキこれは想像を超えた美味しさでトマトはトマトなんだけど味付けがされていて美味い、焼舞茸は17日に食べた焼椎茸より香りは少ないものの味は味は旨味があり美味い、カボチャも自然な甘さで美味しい。これこの並んでいる順で食べたのが正解だった感じがする。野菜にはこだわっているようで○○産の大根・○○産のズイキと店員さんが運んで来た時に説明している。広島に土地勘がない私にはどの辺なのかも全く分からなかったが・・・地元で取れた野菜らしい。

今回、色々都合がありゆっくり出来なかったのが残念。日本酒グラス550円・熱燗650円・刺身盛り合わせ750円・すし鮮にぎり8貫1280円・旬菜にぎり5貫500円と記憶していたのだが請求されたのが3530円。200円安く請求されている・・・。まぁでもそれくらいの金額という事で・・・。今回お寿司をセットでしか注文しなかったが単品でも注文できるしそれほど高くはない。野菜寿司は全て1貫120円。店員の接客も今回の旅行では一番良かった。

美味しい食事ご馳走様でした。

| | コメント (0)

えきそば (姫路駅)

姫路駅の「えきそば」これまでに何回か食べるチャンスはあったのだが他のものを食べてしまい今回初めて食べることになる。姫路駅にて電車の乗り換え時間が16分という事で立ち食い蕎麦を食べるのにちょうど良い時間でしかも時間帯も12時40分過ぎという時間で昼ごはんにちょうど良い。

姫路駅の「えきそば」は有名で蕎麦でもうどんでもない「えきそば」という食べ物

2013102021_008 天ぷらえきそば。麺はこんな感じ

2013102021_009 麺が独特で何に近いか言えばラーメンに近い感じ。汁は関西風の出汁に塩が強い感じ。かなり強引に言えば関西風の和風塩味ラーメンもどき。かなり美味しい。

天ぷらえきそば350円。値段的にもこんなもんでしょうね。

| | コメント (0)

カフェ デンマルク 豊橋駅

20日朝、豊橋駅周辺で朝食を食べることになる。通常であれば立ち蕎麦屋できしめんというところなのだがこの日は昼食が立ちそば系という事が決まっていて他のものにしようと思い駅の改札を出てみる。電車の乗り換え時間は26分でそれほど遠くにはいけない。それで入ったのがココ

2013102021_005 駅の改札を出て右に行くとすぐ徒歩10秒という場所にある。基本的には持ち帰りのパン屋。店の中で食べることが出来るようになっている。席は30以上はあったかな?飲み物も注文できるようになっている。パン2個とコーヒーを注文結果こうなる

2013102021_003 デニッシュソーセージ・竜田揚げサンドにコーヒー。デニッシュソーセージ極普通という感じ時間が朝8時前ということなのでパンが出来立てなのかな?全くそうゆう感じはしない。ボリュームはある。竜田揚げサンドパンは柔らかく美味しいと思う。竜田揚げは醤油味でそれにドレッシング?ソース・・・なんで竜田揚げをしかも醤油味・・・。これは別で食べた方が美味いと思う。コーヒーは私個人の意見としてはこっち

2013102021_007 の方が好きかな。基本的にコーヒーは缶コーヒーかベトナムコーヒーしか飲まないので・・・。

デニッシュ250円・竜田サンド380円・コーヒー250円。合計780円。結構値段的に豪華な朝食になってしまった。

| | コメント (0)

駅弁 富士桜豚めし (東京駅)

昨日、西川口からの帰り東京駅にて駅弁を購入して電車の中で食べる。東京駅には東京の駅弁ではなく全国各地の駅弁を売っている場所が何ヶ所かあり今回そこで買う。

今回買ったのがこれ

20131018_026 静岡県民の私は富士=静岡というふうに思ってしまうのだがこちらの駅弁は山梨県のもの。フジサクラポークというブランドの豚肉を使っているとの事。中身はこんな感じ

20131018_020

うん。豚丼という感じでおかずは玉子焼き・赤カブの漬物・人参と里芋の煮物。この豚肉脂身の部分があまり脂を感じないが脂身でない部分の美味しい脂身を感じる、全体に美味しい脂が行き渡っている感じ。肉そのものはそんなに厚くないがこれだけ脂があると食べ応えがある感じ。ご飯にもタレがかかっていて美味しい。元々豚肉がすきというのもあるのだがこの駅弁は美味しいと思う。

値段は980円。まぁ駅弁なんでそんなもんでしょう。パッケージのデザインも良いまぁ贅沢をいえばもっと昔の駅弁らしく紐とかあると風情があって良いのだが・・・箱の方が便利といえば便利だし・・・。

| | コメント (0)

鮨 くどう ランチにぎり+α (西川口)

昨日、西川口にいる。西川口駅に着いたのが12時過ぎ。ここかで昼ごはんをという事で行ったのがここ

20131018_015 場所的には駅の東口から5分ぐらいの場所で商店街の通りからはちょっと離れた場所で近くに並木北公園という公園がある。中々普通に駅周辺を歩いて偶然見つかるという場所ではない感じ。この店に行こうと思わないと見つからない感じ。

店はカウンター席のみかな?10席ぐらいコの字型のカウンター。ランチのにぎりを注文。店主1人でやっている(夜は分からないが昼の時間帯は1人だった)ネタケースにはネタは入っていない。カウンター中の下の方に冷蔵庫がある感じでそこからネタを出す。お茶を出したりネタを切ったりで5分ぐらいでこれが出てくる

20131018_001_5 まずはタコ。かなり細かく包丁を入れている。ここの店主結構細かく丁寧に鮨をにぎっている感じ。次に

20131018_004 スルメイカにサーモン。スルメイカは北海道産でご主人も北海道の出身との事。

20131018_005 ワラサ(ブリの出世前)に〆さば

20131018_006 ワラサを炙ったもの。

20131018_008 お椀がココで出てくる。茸が全面に出てきているお吸い物で美味しかった。次に出てきたのが

20131018_009_2 寝曲がり竹。北海道産との事。北海道に竹林はないはずだが・・・竹だと思い込んでいたが正式名称チシマササというもので笹の仲間で山に生えているもので山菜と呼んでも良いもの。火で炙ってあり美味しい。次に

20131018_010 焼き椎茸。こうゆう風にして寿司で椎茸を食べるには初めてで結構美味しい。最後にこの店の看板商品の玉子焼き

20131018_011 甘くて美味しい。これは通信販売もしているとの事。その後今日のお勧めを聞いてみた。槍イカ・ホタテ・秋刀魚などで秋刀魚をにぎってもらう。

20131018_012 うーん良い秋刀魚だと思うが絶品とまではいかないかなという感じ。この他お土産(玉子焼きに折り詰め)をにぎってもらう。

20131018_014 お土産の値段は書かないが分かっている。ランチのにぎりは800円。払ったお金からお土産の価格とランチのお金を引くと1000円・・・。秋刀魚1貫500円という事になる。お土産は箱代がかかるのかな?確かに良い秋刀魚だと思うが・・・ちょっと高級店並かな秋刀魚の値段だけ。まぁ店構えからみれば高級店であっても不思議はないが他のメニューがリーズナブルなので・・・。

ランチとお土産で1時間以上滞在する。ゆっくりと会話を楽しみながらランチを食べるというタイプの店かなという気がする。

| | コメント (0)

埼玉屋弐号店+かめや(新宿西口・思い出横丁)

12日23時ごろ新宿にいる。本当は静岡に帰る予定だったが終電に乗り遅れてしまい(終電に間に合わす事もできたのだがどうせ13日も休みだし泊まるところは何とかなるだろうという計算があった)食事をするところを探していた。世間では3連休の初日という事で・・・・。

まぁ何とか泊まるところが大塚駅周辺に決まり1時ぐらいまでに大塚駅に行ければよいことになる。

かなり遅い食事で今回入ったのがここ

20131012_029 思い出横丁にある店の1つ。特にこの店に入った理由はない。まぁしいて言えば空いていて座る場所があったということ。店に入ると飲み物を聞かれる。日本酒という事で一ノ蔵と菊正宗があり一ノ蔵にする。無鑑査本醸造辛口。何度か飲んだことのある酒。それとおでんの盛り合わせを注文。注文してから2~3分ぐらいで

20131012_022 こんな感じになる。日本酒の上の方にあるのはお通しでほうれん草のおひたし。おでんの盛り合わせはその日によって種が違うわけではなく、大根・玉子・さつま揚げ・ちくわぶ・こんにゃくと決まっているはずがちくわがおまけで付いている。食べている時は全く気が付かなかった。こうやってみてみて気が付く。おでんはそのほかにも種があり単品で注文できる。次にもつ焼きセットを頼むが売り切れとの事で焼き鳥セットを注文。この頃になると日本酒も飲みきっていて次の飲み物をという事で・・・メニューには載っていないが店の中に張り紙がしてあり「笹の川」という福島の酒がある。それを注文。多分本醸造クラスの酒。一の蔵に比べて酸味がありながら全体的にはあっさりしている感じ。両方とも冷や(常温)で出してくれる。

しばらくして焼き鳥セットが出てくる・・・多分というか確実に塩焼きかタレ焼きか聞かれて塩と言ったはずだが出てきたのがこれ

20131012_027 タレ焼きだ。焼き鳥・串焼きはよほどの事がない限り塩焼きで頼むのだが・・・。「塩焼きで頼んだと思うのですが・・・」と店員に言ってはみるがまぁ、タレもたまにはよいかなと思い食べる。正肉・ハツ・砂肝・軟骨・かわの5本。まぁ値段を書くとこれ700円。1本140円という事になる。そう考えるとこんなもんかなという気もする。タレは醤油ベースでこってりという感じではなくさらっとしている感じで美味しいと思った。

一ノ蔵700円・笹の川600円・お通し300円・おでん600円焼き鳥セット700円で2900円のはずだが2200円の請求。今回焼き鳥のお金は要らないとの事。まぁ塩とタレ間違えただけなのに・・・。かなり良心的な店かなと思いますが・・・。私の場合カメラで写真撮ってますので変なこと食べログあたりで書かれたら困ると思ってそうしたのかもしれません。その辺は分かりません。ただ常連さんもそれなりにいる感じで値段もそれなりに良心的かなという感じはする。

埼玉屋弐号店を出た後、かめやで天玉そばを食べてしめる。

20131012_032_2 やはりココの天玉そば美味い。値段は380円かな。

| | コメント (0)

ベトナムのチキンカレー ハノイ (新宿)

カレーと言っても色々ある。今回は新宿にあるハノイというベトナム料理の店でカレーを食べる。

店に入ったのが12日の昼。土曜日という事でランチメニューでに営業はしておらずグランドメニューというのでしょうか夜のものと同じ内容のものの中から昼ごはんを選ぶ事になる。まぁブンでもフォーでも良かったのだがチキンカレーにしてみた。

注文をして5分以上10分以内に出てきたのがこれ

20131012_018 ベトナムのカレーだ。ココナッツミルクがたっぷりで大して辛くないのに香辛料などそれなりに入っていて香草が入っているもの。具はチキンとサツマイモ。これベトナムで食べたらもっと美味しく感じるんだろうな~。やっぱりベトナムのものはベトナムの気候で食べた方が良い感じがする。

チキンカレー880円。本当は違う店入ろうと思っていたのだが・・・こうゆう事もあるか。というかあり過ぎる気もするが・・・。

| | コメント (0)

しずおかふる里弁当 (静岡駅)

昨日23時すぎ静岡駅にいる。11時30分頃に昼ごはんを食べてそれから18時過ぎにおにぎりを1個食べただけだったのでお腹が空いていてこの時間に食べれば太るのは分かっているんだけど駅弁を買ってしまう。コンビニでも良かったのだがその時間に東海軒の売店が開いていて駅弁が6~8種類ぐらいも売られていたためそちらに目が行ってしまい購入。

購入したのは

20131008_011 これを選んだ理由はヘルシーな五三〇キロカロリーとの事なので・・・中身はこんな感じ

20131008_018 ご飯は桜飯。桜飯の上の方あるのが鰹角煮でその下がお茶葉でその下が栗。緑の茎がワサビの茎・煮物の横が玉子焼きに桜えびのかき揚げにボイルした海老それぞれしっかりと味が付いていて美味しい。お茶葉に桜えびにワサビに鰹という事で確かに静岡らしい駅弁だと思う。味もちょうどいい感じで美味しいし見た目も良い。

値段は840円と少し高めという感じもするが前回買った牛すき重よりは全然良い感じ。また駅弁らしいパッケージで紐が使用されているという事と1枚の紙で覆われるのが良い。これからもこんな感じの駅弁を作り続けてほしいと思う。

| | コメント (0)

ミツワグリル 豚ロース生姜焼き (横浜・日ノ出町駅・野毛)

ミツワグリル。場所は京急日ノ出町駅から2~3分ぐらいの長者橋の手前。洋食屋さんです。この近くには老舗の洋食屋さんが何件かありそのうちの一つだがこの店はその中でも庶民的というか町の洋食屋さんという感じのする店。おそらくこの店が出来た当時は洒落た店だったのかも知れない(50年以上前との事)

今回はこの看板を見て入る

131008_113701 店に入り看板にあった豚ロース生姜焼を注文する。注文をして3分ぐらいでコーンスープが出てその後2分ぐらいでライス・生姜焼きが出てくる

131008_112158 今回、デジカメをもっていなかったので携帯電話で写真を撮っていて携帯で写真を撮るのが慣れていない為、バランスが悪く写っている。これかなりボリュームがある。写真ではよく分からないがキャベツの横にポテトサラダがある。

コーンスープ。大昔小学校の給食でコーンポタージュと言ってだされたスープに似ている感じがして懐かしい感じのするスープ。多分給食で出された物よりしっかりと手のこんだ事はしていると思うが・・・。メインの生姜焼きは上品な生姜焼きという感じ。学生中心の定食屋で味が濃い目のがっちりと焼肉系の味付けという感じではなくうっすらと生姜の香りがするという感じ。どうしても私の中で生姜焼きイコール「がっつり」というのがあるのだがその方向ではないが量と質である程度満足できる生姜焼きですね。

豚ロース生姜焼き620円。これが620円ならばリーズナブルだと思う。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

牛すき重 駅弁 (東海道新幹線)

5日、渋谷からの帰り新幹線に乗る。それほどお腹は空いていなかったのだが駅弁を最近食べていないな~と思っていて・・・。車内販売で隣の席の人がサンドイッチなどを買っているのを見たら財布を出していた。

駅弁は3種類あって「牛すき重」というものにする。

20131005_025 飲み物はスパードライにしてみる。中身はこんな感じ

20131005_029 牛すきの内容は牛肉・白滝・牛蒡・筍・椎茸・玉ねぎといったところ味は・・・濃いです。濃いもの好きの私が濃いと思うというくらいの弁当です。全部のものが味が濃くて・・・この味ならご飯が倍でもよいかなと思える感じ。まぁ実際に倍の量の駅弁をつくるのは難しいと思うが・・・。箸休めというか本当に味が薄いものがないので・・・。飲み鋳物もビールには合わない感じでお茶系が一番合うかなという感じ。日本酒でご飯の上の部分をつまみに食べて後でご飯を食べるというやり方もありかな。

牛すき重1000円。味の濃さしか印象に残らない駅弁

| | コメント (0)

鳥升 道玄坂店 (渋谷)

新宿を出た後、渋谷道劇にいる。途中外出して2件隣の焼き鳥屋に入ってみる。名前は「鳥升・道玄坂店」

20131005_020 まずは飲み物という事で鳥升という事で升酒を注文

20131005_016 升酒は金龍山樽酒。焼き鳥にはぴったりの酒だが注ぎ方に問題あり。絶対にこぼれるやり方。これが良いと思っているのだろうか?まぁ昔からこのやり方できてしまったんだろう。酒がもったいない。

焼き鳥盛り合わせを注文出てきたのがこれ

20131005_017

20131005_018 焼き鳥はまともこれ1本大体150円程度なので大きさ質を考えると良いと思う。店主・・・。害はないだろうと思う。ただ挨拶ぐらい出来るようになるとよいかな。常連さんとは挨拶や会話してたけど・・・。

樽酒560円・焼き鳥盛り合わせ720円合計1280円払って店を出る。まぁ場所的には道劇の2件隣という事で最高で味も良いし値段も良いしもしかしたら又入るかもしれません。結構こうゆうタイプの店主すきだったりする自分がいる。

| | コメント (0)

ピッツェリア カポリ マリナーラ スペチャーレ (新宿)

映画R100の舞台挨拶が終わったのが12時40分ごろ。何処かで昼飯という事で今回入ったには「ピッツェリア カポリ」という店。場所は新宿駅東南口からすぐのところでビル全体が飲食店になっているビルの地下。

この前、岐阜でピザを食べて結構美味しかった為、ピザでも食べようかなと思い事前に調べておいた店。

店に入ると店員に店の一番奥の席に案内される。メニューを見て「4種トマトのマリナーラ スペチャーレ」というピザとジンジャエールを注文する。ジンジャエールは注文してから3分ぐらいで出てくる。ピザは15分ぐらいで出てくる

20131005_012 うーん味自体がそんなに好きではないかもしれない。真のナポリピッツァ協会の認定を受けている店という事なので多分日本人向けに味を変えていないのかもしれない。独特の酸味(酸味と表現すべきなのか分からない)と辛さ(おそらくニンニクなのかな?)があり・・・感想としては「こうゆうものなんだ。ふーん」ですね。まぁイタリヤ料理を食べなれている人などはこうゆう味を良いと思うのかもしれない。このピザ全くチーズが入っていないピザで独特だという事もあるのかな?

| | コメント (0)

R100 初日舞台挨拶に行く

昨日、映画R100の舞台挨拶に行く。奇想天外な展開をする映画。ありえないのは分かっているんだけど1本筋(ストーリー)は通している。

楽しい映画です。最後はこういう理論があってこうなってしまう?のか。片方だけなら考え付くが両方が合わさった発想というのはできない。やはり松本人志という人はすごいかもしれない。

主人公の妻が意外な状況だったり、100歳の映画監督が出てきたり。最後字幕が終わった後の画像がなんかすごく良かった、最後のオチぐらい良かった。

SM映画というか確かにSMがストリーの根幹にはなっているが全然エロさや色気を感じる映画ではない。

この映画前売り券買っていたのでもう1回は確実に観ると思うが今度はもっと細かい部分を見てみたいと思う。

| | コメント (0)

浜劇に久し振りに行く

4日、4年ぶりに浜劇に行った。久し振りの浜劇。やっぱりこの雰囲気も良い。今回は「SM3」以来5年ぶりにそっち系の企画のようで「フェッテシュ」というもの。この名前だけでは何の事かわからん。ただ出演する方々を見ると間違いなくそっち系であることが分かる。日替わりで色々な方が出られている。

毎日出ている踊り子さんもそっち系に合わせた感じの演目で・・・HIKARUさんは真新しい1本鞭に真新しいボンテージ衣装という感じでこれのために作品をつくったのかなという感じ。小池まりえさんはまぁ通常のストリップでもある形ではあると思うが衣装がそっち系の感じで氷が印象的でした。栗鳥巣さんはもうこっち系ではショーアップ大宮の時代から出てますので3個だしで色々なものを魅せておられました。

あと日替わりなのでもう今回は出演されませんが一鬼のこさんすごかったですね。デラカブなどでも観た事あり色々な事に挑戦されている方ですがここ(浜劇)では真剣な縄責めの印象が残っていて前回(5年前)のヒトミさん相手の責める鬼のこさん・それを受け入れるヒトミさん、緊張感・あの雰囲気・空気、今でも印象に残っている。今回も時間50分間全て(1回目・2回目共に)縄という感じで・・・まぁ蝋燭も数分入ってはいたが・・・。やはりすごいですね。まぁ浜劇では宴会芸(ブログでは宴会芸としかかけませんが)をステージ場でやっている一鬼のこさんを見た事があり、そのギャップがものすごくて・・・・。

| | コメント (0)

永勝楼 ワンタン麺・炒飯セット (横浜・桜木町近辺)

4日、横浜、浜劇にいる。桜木町駅に着いたのが11時過ぎで浜劇まで歩いて10分弱。劇場に入ってから外出。ランチを食べに行く。行ったところがココ

20131004_017 場所は桜木町駅から日の出町駅ぬ向かう大きな通り沿いにある。この辺こうゆう中華料理屋は沢山ある。そのうちの一つ。この店はそんなに古くはないと思う。

ランチメニューや定食メニュー。単品料理などメニューが豊富。ワンタンメンとチャーハンのセットを注文する。注文をして待つ事10分ぐらいで出てきたのがこれ

20131004_009 ワンタンメンは醤油は使っているがどちらかというと塩味ぽい感じがする塩からいという感じではない。全体的に味は薄め。麺はストレートの中細麺といった感じでよくある麺という感じがした。ワンタンは海老ワンタンで肉は入ってません。ワンタンとしか書かれていなかったので挽き肉入りかなと思っていたので意外だった。ワンタンは5個入っていてこのワンタンにスープの味を合わせたのかなという気もする。チャーハンの味も少し薄めだがご飯がパラパラとしていて美味しい。全体的にもう少し味が濃かったらもっと良かったのだが・・・。濃い目の味が好きなので・・・・。

ワンタンメン・チャーハンセット750円。海老入りワンタンでこの値段はお得かなという気がする。

| | コメント (0)

昨日の交通機関の小さなトラブル

昨日、渋谷まで行く。元々は渋谷に行く予定ではなかった。横浜に行く予定だったのだが・・・JR清水駅で切符が買えない。まぁ正確には買えないわけではないが10分以上並んでも買えない。窓口は2つあるのに1つは動かしていない。駅員は4人以上いるのに動かそうとしない。電車が出る3分前に我慢できずになんでもう1つの窓口開けないか指摘すると故障していて使えないとの事。清水駅については10分以上並んで切符を買えない事が多々ある。私が窓口で切符を買う事が多いので・・・。ほとんどの人が定期や旅行でしか使わないので年に何回かしか使わないから分からな問題になってこない。駅には電車の出発15分前に着いていれば良いと言われればそうだが・・・・。15分前にいても間に合わなかった事が1度あるが・・・本当に東は小田原・西は豊橋までは独占企業なので・・・。今回対応した駅員も「申し訳ありませんこれ故障で使えないんです」などという言葉がでてこない。「こちら使えないんです」「どちらまで行かれます」「どうしてもその電車でなければ駄目ですか」まさに独占企業。

昨日のケースは小田原~桜木町までの切符を買いたかった。小田原までは回数券を持っていたので・・・。JRの中には切符など色々なルールがあり買い方によってかなり安く同じ距離を移動できる場合があり、今回場合清水駅でその切符を購入すると950円。もしそれを買わずに桜木町まで行って精算すると1070円請求される可能性がある。可能性と書いたのは不明だから。これが近距離の切符販売機で買ったものであればこの数字です。回数券の場合どうなるか知りません。調べようと思うと結構時間がかかります。(後日、実際にやってみる。精算機が反応して950円という事になる)本当にJRの切符というもは不思議なもので・・・。

本当は他の交通機関を使いたい(バスなど)が時間がどうしても読めないので仕方ないんだよな。移動しないというわけにはいかないので・・・。

とりあえず電車にのって考えた。このまま桜木町に行って1070円請求されるのは嫌なので(金額の問題もあるが気分の問題が大きい)今週は渋谷に行く予定もありそっちを先に行って後日桜木町に行けばよい。そうすれば小田原から小田急・井の頭で渋谷に行ける。という事で急遽渋谷へ。

帰りJRを使わないようにするためバスの予約をする。渋谷マークシティ23時15分。これなら新幹線使うよりも長い時間渋谷にいる事ができるし割引券があり2080円(通常2600円)で清水駅まで行ける。ちなみにJRだと2940円・JRと私鉄を使うと2370円。ただそのバスも・・・清水駅までって予約の時言ったのに静岡駅までの料金取られそうになるしお釣りは運転手がよこさないし第一機械にお金入れてお釣りが運転手側に出るっておかしくないか?

そんなんで昨日は交通機関というかJR・バスの運転手などに振り回される1日でした。

まぁ何を書いているか分からない方は流してください。

| | コメント (0)

元祖寿司 渋谷道玄坂店 

昨日、夕食を渋谷で食べる。食べたのは回転すし。入った店はここ

20131002_034 場所は道玄坂小路に面していてヤマダ電機の近く。まずは冷酒を注文。

20131002_024 松竹梅の豪快が出てくる。寿司には合うお酒です。まずは回っているものから

20131002_025 さんまかな?まぁこんなもんでしょう。

20131002_026_2 ハマチかな?写真同様味もボケている感じ。

20131002_027 まぐろトロ。これは美味しいサービス品で95円

20131002_028 エンガワ?なぜネギを乗せるのかよくわからん

20131002_029 鉄火巻きかなり干からびている。

20131002_030

20131002_031 赤貝。握ってもらったのだが・・・赤貝が薄い一番味が強かったのがわさびの味。

20131002_033 うにはバフン雲丹を使っているらしい。確かに濃厚だと思うがシャリとのバランスが悪い。寿司一般的にはムラサキ雲丹が合うと思うのは私だけだろうか?特別な場合もあるが・・・。

全体で合計1334円。日本酒1合飲んでこの値段なので・・・値段と味は比例するといったところでしょうか。

| | コメント (0)

北海丼 ぶっぎり寿司春夏秋冬 (渋谷)

昨日、渋谷にいる。渋谷駅(京王)に着いたのが12時少し過ぎで雨が降っている。まずはランチという入る店を考える。雨に濡れない様にと考えるとマークシティの4階あたりだが・・・。某店に並んでも良いのだが・・・色々ありやめる。で最終的に入ったのが「ぶっぎり寿司春夏冬」この店に入るのはかなりひさしぶり。約2年ぶり。

今回北海丼というものを注文する。待つ事10分以内で出てきたのがこれ

20131002_020

20131002_022 サーモン・ホタテ・いくら・かに(おそらく毛がに)が乗っている。まさに北海道が名産としているものが乗っている丼。サーモン・ホタテ・いくら・かに・それぞれがすし屋で使っている物だけあって美味い。味噌汁もしっかりと出汁が出ていて美味しい。始めかに汁かなと思ったが違うような感じで具も魚?何だろう?という感じのもので味が複雑でそれでいて美味しい。

海鮮丼1000円。うーんこれも美味しいがやはりこの店はにぎりの特上(ランチ)が良いかなと他人が食べているものを見て思う私。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »