« 冴え冴えてなほ露骨な月の舞台挨拶に行く | トップページ | ランチパック »

勝よし (東京・大塚)

7日、冴え冴えてなほ滑稽な月を観終わったのが23時30分頃。その後渋谷駅からその日宿泊する大塚に向かう。大塚駅に着いたのが12時ちょうど。どこかで飲みたいと思い駅周辺を歩く。さすがに12時を過ぎていると開いている店が限られる。で、今回入ったのがこの店

2013090708_047まずは飲みものという事で日本酒と思ったが生ビールが290円でありしかもスーパードライとの事でビールをまず注文する

2013090708_031グラスの大きさは500mlはないと思うが・・・まぁこの値段なら問題ないという感じ。ビールが来た時に川海老の唐揚げと煮込みを注文。まずは煮込みが出てくる

2013090708_038これぞ煮込みという味噌仕立てのものが出てくる。昨今居酒屋でも煮込みにも特徴をと思っているような店があり複雑なものをある程度の価格で出している店があるが煮込みはこのタイプで安価なものが1番良いとおもう。煮込みとほぼ同時に

2013090708_037川海老の唐揚げが出てくる。これらには日本酒という事で日本酒のメニューの中から雑賀(さいが)本生というものを注文する。この店他の日本酒は有名どころ(私が知っている)の日本酒なのだがこの雑賀というのは知らなかった和歌山のお酒

2013090708_039五百万石を55%精米、吟醸の生酒。今回運良く新しい1升瓶の封を開けて注いでくれる。フレッシュでそれほど香りは強くない。飲みやすい日本酒で肉系でも魚系でも合う感じのお酒。その後

2013090708_040ハツ・モモ・レバーを食べる。日本酒も、もう一杯注文。今回は雑賀のひやおろしで純米吟醸で米は雄町。先ほどの酒と似ているところはあるがこちらの方が口当たりがすっきりしていてそれでいてしっかり味がある感じ。これは刺身や海のものやもしくは美味しい豆腐に塩をふったものに合う感じであっさりしたものでないと酒の良さが消えてしまう感じの酒。その後

2013090708_044厚焼き玉子を食べる。注文を受けてから焼いている。つくり置きしたものをレンジで温めるということはしていない。

店は20人ぐらい入れるくらいの大きさでこの時間帯は50歳ぐらいの男性一人で料理・配膳・会計と動き回っている。 煮込み・玉子焼き・川海老が380円・日本酒550円・680円焼き鳥1本90円ビール290円合計2930円。消費税入れても3076円だが3200円の請求。お通し出てないので・・・まぁ許容の範囲だが・・・伝票は3202円になっていた。その場では細かい計算しないので・・・。

|

« 冴え冴えてなほ露骨な月の舞台挨拶に行く | トップページ | ランチパック »

焼き鳥・串焼き」カテゴリの記事

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冴え冴えてなほ露骨な月の舞台挨拶に行く | トップページ | ランチパック »