« 7月某日 清水軒 (清水区) | トップページ | すし屋の磯賢 (静岡市葵区) »

静岡で歌舞伎を観る

昨日の夜、静岡で歌舞伎を観た。静岡で歌舞伎を観るのは初めて。年に何回かやっているのは知っていたが日程が合わなかったら知らないうちに終わっていたりで・・・。

会場は静岡市民文化会館の中ホール。中ホールという事で研修などでも使った事がある会場で1度舞台にも立ったことがある場所だ。

今回は

20130720_001という事で席は一番リーズナブルな席3000円の席だったが会場がそれほど広くなく(1100席ぐらい)結構観やすかった。

番町皿屋敷は怪談として知っていたが怪談(歌舞伎では怪談になるのかどうかは知らないが)になる前の部分、お菊が手討ちにされ井戸の落とされるところまでをやっていた。うーん大体のあらすじは知っていたのだが観ているうちに引き込まれていく感じでした。

連獅子は観る前はほとんどストーリーがなく舞が多いもので最後だけがすごいんだろうなと思っていた為、舞の部分で飽きるかなと思っていたが全然そんな事はなく奇麗でした。囃子や謡い(この辺正式になんと言うかは知らない)もすごく心地よく、途中で宗論が出てくるとは・・・宗論(狂言)を久し振りに観たくなった。

楽しい時間を過ごさせてもらいました。

|

« 7月某日 清水軒 (清水区) | トップページ | すし屋の磯賢 (静岡市葵区) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月某日 清水軒 (清水区) | トップページ | すし屋の磯賢 (静岡市葵区) »