« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

居酒屋 一徳 Aランチ (西川口)

今日の昼、西川口の居酒屋でランチを食べる。店の名前は「一徳」。この店の前何回も通った事あるが特に気にした事がない店だった。今回この張り紙にひかれて店に入る

20130630_019店の中は何人かのグループで入るような居酒屋という感じの造り。カウンター席何席かある。この店24時間営業の店らしい。今回はカウンター席ではなく4人ぐらいが座れる席に座り、Aランチと注文。注文してから間ty事10分以内に出てきたのがこれ

20130630_008刺身のアップ

20130630_010量は確かに少ないが3点盛り。まぁこんなもんでしょう。あら煮大根のアップ

20130630_011確かにあらといえばあらなのだが結構、身もしっかりありそちらの方が美味しい。魚の種類としては刺身で出ているヒラマサ(多分もしかしたらカンパチかも)の類でブリより明らかに脂がない。まぁこれくらいの方が昼に食べる分には良いかなと思う。それから全体の写真ではほとんど見えていないフルーツ

20130630_016_2ご飯の量も多くがっつり系という感じもする。

食後にセルフサービスでコーヒーを飲んで800円。美味しかったです。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

イタリヤ軒清水店 四川みそ野菜 チャーシュー麺 

今日は土曜日なのに仕事という事になってしまう。後輩と一緒に外回りという事で今回ランチを食べる為に寄ったのがイタリア軒。後輩がチャーシューの美味しい店と言っていたのでココになる。

私は四川みそ野菜を注文。注文をして待つ事5~6分出てきたのがこれ

Cimg5297相変わらず野菜が山もり。ラーメンの横に置かれているのは紙のエプロン。ラーメンの上の方に置かれている銀色の入れ物には特製の豆板醤が入っている。これを少しずつ掛けながら食べすすめていく。隣に座った後輩はこの山もり野菜に驚いている。美味しいです。

次に後輩が頼んだチャーシュー麺が出てくる

Cimg5298このチャーシューと言うか豚の角煮に近い物は結構厚みもある。後輩曰くこのチャーシューめちゃ美味いとの事。考えてみると私ここのチャーシュー麵食べた事ない。普通のラーメンなどにもこのチャーシューが入ったものは食べた記憶があるが・・・。メニューは

20130629_007 という感じで麺は細打麺と手打麺と2種類。メニューはこれだけでラーメン系のものとライスしかない。ビールはおろか飲み物のメニューは全くない。後輩が食べてたのは細打麺の方のチャーチュー麺。

これ食べ終わると結構お腹いっぱいになり毎回21時すぎぐらいまでは何かを食べようという気にならない。今回もそんな感じです。

ご馳走様でした。

| | コメント (0)

ミス・サイゴン 来年やるらしい

タイトルの通り。ミュージカル「ミス・サイゴン」来年の夏、帝劇でやるらしい。やるらしいというか東宝が発表しているので確実にやるだろう。

新演出版を帝劇でやるとの事。ぜひエンジニアはダブルキャストもしくはトリプルキャストででやってほしい。キムも今までやった事がない女優が入ってほしいと思う私。

今まで4年おきの上演が続いていて今回も4年後ぐらいかなと思っていたが2年での再演でかなり嬉しい・・・だがまだ1年も先の話か・・・。来年の楽しみができた。

| | コメント (0)

みかん入りおはぎ

先日、家の近くのスーパーでこんなもの

20130625_001を見つけて購入する。みかん入りおはぎ?初めて見るもの。静岡だからといって普通に出回っている代物ではない。

中身はこんな感じ

20130625_004白あんにみかん味の何か(原材料ではみかんビューレ)を練り込んでいるものをおはぎの餡子の部分に使っている。餡の中は普通のおはぎ。

う~ん和菓子だ。まぁまぁかな。これもっと他の果物(すいか・イチゴ・メロンなど)で作ったら美味しいのではないかと思う私。

| | コメント (0)

竹寿司 ランチにぎり テンゴ (清水区)

昨日、ランチを清水区の竹寿司で食べる。このブログにも何回も登場している店でランチは500円からありランチのにぎりは6貫+巻物+お椀という店。

今回は1・5人前(テンゴ)を注文。待つ事7~8分で出てきたのがこれ

20130626_001

20130626_002生そのままは多分サーモンだけだと思う。ホタテ・イカのネタとシャリの間にのりが入っている。まぐろはづけで光物も漬けてあるし玉子は当然焼いているし焼きいかには詰めがぬられている。今回一緒に行った後輩曰く「無茶苦茶美味い。コンビニとかで弁当買うより全然安くて美味しい」との事。まぁ私もその通りだと思う。まぁ最近、コンビニでも安くて美味しい弁当があるので言い切る事はできないかも知れないが・・・。シャリは結構大きめだがネタとのバランスは悪いとは感じない味は薄めの味でネタの邪魔をしない。

1・5人前にぎり750円。納得できるランチです。

| | コメント (0)

屯ちん 蕨店 味噌ラーメン

先日、屯ちんの蕨店で味噌ラーメンを食べる。屯ちんは何回か入った事があるラーメン屋だが味噌ラーメンを食べたのは初めて。

券売機で味噌ラーメンの食券を買い店員に出す。待つ事5分ぐらいで出てきたのがこれ

20130625_015 丼が銀色。かなり美味しい。万人が好む味という感じで癖はない。濃いめの味が好きな私としてはもうひと味、何かがほしいという感じはするが十分美味しい味噌ラーメンだと思う。屯ちんは並み盛り・中盛り・大盛りのラーメンの価格が一緒で味噌ラーメンが750円。

ただこれを食べたのは結構ビールを飲んだ後なので・・・・。まぁ素面でも感想はそれほど変わらないと思うが・・・。

| | コメント (0)

末ひろ (蕨駅周辺)

先日、蕨ミニに出かける。まず蕨駅に着いて昼ごはんという事で入ったのが「末ひろ」という店。蕎麦屋かな。本当は別の店を考えていたがなぜか閉まっていた。

暖簾など写真に撮ったのだが・・・。ちょっと使えないものになっていて・・・。

今回注文したのは「末ひろランチ」というもの

入る時は店の前にメニューがありかつ丼500円で+150円で蕎麦が付くというものがありそれを食べようと入ったのだが店の中に入るとテーブルの上にこれ

20130625_007 が置いてありこっちの方が色々付くと思い注文。待つ事10分以内出てきたのがこれ。

20130625_008 小鉢はこんにゃくの刺身。まさに表示の通りもりそばは1人前ぐらいだが天丼がミニで・・・味は美味しかった。特に蕎麦つゆが濃いめのもので美味しく感じた。わらび餅も美味しかった。ここは蕨(わらび)市、それでわらび餅・・・。洒落なのか?わらび餅が名物なのか?単なる偶然か?いずれにしてもこれで650円。店が家の近所にあれば何回か通うかもしれないなと思う私。・・・埼玉の蕨では・・・・。

| | コメント (0)

西友のうな重

先日、西友で売っていたうな重を食べる。普段はうなぎはスーパーなどでは買わないのだが

20130622_015半額にひかれて買ってみる。

うなぎは中国産という事で特に期待はしていなかったのだが・・・結構美味しい。特に何か一手間加えたわけではなく電子レンジで温めただけだったのだが・・・。

20130622_018中国産と言えば去年、某牛丼チェーン店で食べた物が印象にあり、たいして美味しくないという感じがあったのだが・・・。

これが定価の880円なら多分他の弁当を買ったと思う。まぁ昨今うなぎの状況を考えると値段はこれで妥当なのかもしれない。まぁこれ、また半額にぶつかれば又買うような気がする。

| | コメント (0)

松屋 牛めし 生野菜セットを食べて思た事

先日、松屋にて牛めしと生野菜セットを食べる。

20130622_020 6月中に松屋・すき家・吉野家の牛丼を食べた事になる。若い時は1週間でこの3店を回る事はざらだったが最近では珍しい思う。しかも牛丼(牛めし)を3件とも食べているという事になると・・・記憶がないぐらい前の話になると思う。

やはり牛丼は吉野家・すき家・松屋の順になる。松屋は朝食セットは良いのだが・・・。肉は確かに多いのだが全体的に味が今一つのような気がする(あくまで個人的な感覚)サラダもほとんど吉野家と変わらい感じがする。何だかんだで最終的にはこうゆう形になるのかもしれない。ドレッシングも胡麻に和風という感じで吉野家と変わらない。値段的には多分松屋が一番安いのかな?このセットで420円。吉野家ではほぼ同じセットで450円。(店舗によって違うかもしれない)30円の違いなら吉野家かなと思う私。

| | コメント (0)

九段下 寿司政 旬八海 (池袋)

昨日の夕食、池袋西武百貨店の中にある

20130615_026で食べる。九段下にある老舗寿司政がデパートの中のイートインコーナー で店を出している。場所は地下1階。席はカウンターのみの8席。時間は18時頃で先客は2名。結構空いている。まずは飲み物という事で日本酒を・・・菊正宗と八海山。「日本酒を」と注文すると「燗します」と店側、こちらが「冷酒で」と言って出てきたのがこれ

20130615_016うーん菊正宗の燗酒用(専用ではないと思うが・・・)の日本酒を冷やしている。これは帰ってから考えた事だがこの日本酒の値段は630円。ビールの値段と一緒にしている。お通し420円で合計1050円にしている。この値段で出せる日本酒を探しして昔から付き合いのある菊正宗ならこの酒かなというところで選んでしまったものかなという気がする。けっしてお寿司に合う酒という事で選んでいる感じはしない。

20130615_015お通し。上にかかっている唐辛子の味が強い感じがする。

おきまりの匠にぎりを注文。同じ価格で潮にぎりというのがあり潮にぎりの方は生のそのままの魚を利用しているもので匠にぎりの方は生のままでなく一手間加えたものとの事。まずは

20130615_017中トロ・コハダ・マグロのづけ、コハダが少し酢が強い気がする。全体的に1貫が小さめの寿司で女性でも1口で食べられるサイズ。こちらが日本酒飲みながらの為、握る方が早い

20130615_018左からあなご・車海老・白いか・煮蛤・玉子。どれも美味しい。煮蛤は先月新宿の寿司辰で食べたものの方が美味しかった気がする。まぁ単品で頼んだ時の値段が寿司辰のものの方が倍は高い感じなのでこれは仕方がない。これに干瓢巻き(写真撮り忘れた)にお椀が付く。

単品で旬のものキスと鯵を注文。キスは今月のおすすめのところにメニューが貼ってありきすの昆布〆で鯵も旬のものだと思うのだが・・・3日前に居酒屋で水槽の中大漁で泳いでいる鯵を見ていて今月のおすすめにはなかったが通常のメニューの中にあった為、注文

20130615_019キスは身が締まっている感じで美味い。鯵はまぁ美味しいがさほどという感じではない。今度は握っている板さんに今日のお勧めを聞いてみた。イワシがお勧めとの事、握ってもらう。この頃、日本酒を飲みきってしまいったのでお茶を注文するとお椀まで出てきてしまった。これはとっとと帰れという事なのか?

20130615_020 お茶は純粋なお茶で抹茶などは入れていないタイプのもので市販でグラム300円程度のものかな?お椀はあさりの味噌汁でそれなりに美味しい。

20130615_021イワシ無茶苦茶美味い。思わずもう1貫頼んでしまう。この日は間違いなく鯵ではなくイワシの勝利。しかもぶっちぎりの勝ち。京都の舞鶴のものとの事。そう言えば先月大井町の出世鮨でも店主のお勧めが舞鶴のもので鯖だった。それも美味しかったが・・・。まぁ偶然だろう。その後カンパチと白魚を注文。今日はカンパチはなくヒラマサとの事。私の目の前のネタケースの中にヒラマサが入っていたがカンパチだと思っていた。似すぎですこの魚。

20130615_022ヒラマサ、美味しい。多分これカンパチですと言って出されればそのままカンパチだなと思うだろうな。白魚も美味しかった。

板さん2人他3人ぐらい店員いた感じがする。8席にそんなにこんなに人数が必要かどうかはわからないが・・・店頭販売でテイクアウトもできるというかテイクアウトが基本なんだろうね。テイクアウトも注文があってから板さんが握り始めるというスタイル。

合計4983円。店頭での表示は消費税込の値段になっていてレシートの方は消費税なしの表記となっていていて誤差が出ている。匠にぎり2200円・菊正宗630円・お通し420円・キスの昆布〆420円・他の単品の寿司263円×5貫

お寿司は美味しいと思います。その他ではいかがなもんかな?というところ何点かあり書いた通りです。まぁイートインなんてこんなもんとしてしまえばそれまでだが・・・。

| | コメント (0)

フィギュアなあなた 初日舞台挨拶を観に行く

昨日、池袋にいた最大の目的は映画「フィギュアなあなた」を舞台挨拶を観に行く事。

20130615_010この映画の監督は石井隆氏。前作の「ヌードの夜・愛は惜しみなく愛を奪う」の舞台挨拶も3年前に銀座シネバトス(閉館になってしまった)で観ている。http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/10/post-e2c4.htmlヌードの夜の1作目もタイムリーでは観ていないがDVDで観ていて当然「花と蛇」は2作品両方とも映画館で観ている。石井監督の世界結構好きな方です。

今回も面白い映画で私個人としてはストレスを全く感じない映画だった。どんな映画でもこの場面は・・・。などというものがあると思うがそれが全くなかった。綺麗な映画です。ヒロインの佐々木心音さんも奇麗だし映像もきれいです。まぁ暴力的なシーンも出てきますが何だろうな血液・血をうまく使っているような気がする。顔とか腫らすのではなく血を使っているところがキレイに見える要因の一つかなとも思う。

初めの方にアクションがありそれが段々と日常(非日常ではあるが)になっていくという展開も良いと思った。

まぁ舞台挨拶ですがトークはそこそこ面白かった。全てのものに無駄はない。いっこく堂さんのマネなどあんまりしている人はいないと思うが・・・その辺が印象に残っている。あと舞台挨拶の時の衣装は佐々木心音さんの一人勝ちというか他の人のもっと派手や露出が多くても・・・・。

あと問題があったのは取材のマスコミではなく受ける側のスタッフでしかかね?舞台挨拶の最中デジカメで写真撮ろうとして客席の前に立って撮影している。自分がこの場所に立ったらこの位置に座っている客がら舞台が見えないというのが分からないでしょうね。この会場の池袋シネマ・ロサ2は2番・3番席の間に通路があって前と後ろの間に1か所大きな通路がありこの大きな通路と2・2番の間の通路に立っている女性スタッフがいてこれが1・2番席のJ列以降の1・2番席に座っていた客にとっては邪魔で仕方なかったと思う。舞台挨拶が5分ぐらいたってから客に注意されて座るが・・・良いところでは立って写真を撮っていて邪魔。座っていて写真撮れる場所あったと思うが・・・・。その人すーとそこに居るんだよね。これはストレス溜まりましたね。まさかそのスタッフ定位置がそこで個人の判断で写真撮っていたというい事はないですよね?会社で必要という事でやっていたんでしょうね?良く見えなかったがスマートホンではなかったよね?いずれにしても邪魔以外のなにものでもなかった。

あと入場者プレゼントというのがあり、佐々木心音さんのサイン入りポスター(B2)とポストカードがありポストカードはこんな感じ

20130615_039_2この言葉から始め監督が書いたのかなと思ったがこれは佐々木心音さんの直筆だそうで・・・。何種類か言葉があるようです。ちなみに私はアート以外の何物でもないと思っている。

できればもう1回ぐらいは映画館で観たいが・・・。近くの映画館でやってくれればいいのだが・・・静岡から映画を東京の映画館に観にいくのは交通費が映画を1回観る額の5~6倍はかかってしまうので・・・。

| | コメント (0)

吉野家の牛丼 サラダ・味噌汁

昨日、久しぶりに吉野家に入った。場所は池袋東口。

牛丼並み・Aセット(味噌汁・サラダ)・玉子を注文。3分ぐらいで出てくる。

20130615_002場所がらなのだろうか吉野家全体がそうなのか小さめのトレーにぎっしり乗っているという感じで・・・写真斜め上から撮ると玉子とか器だけしか写らない為、真上に近い位置から撮影する。まぁ吉野家も色々とメニューを変えてりしているが基本の牛丼ははやり吉野家が美味しいと思う。サラダも何種類かあった時期もあったと思うが現在は生野菜サラダ1種類でドレッシングが胡麻ドレッシングと和風ドレッシング(レシートにはしょうゆドレッシングになっている)があり選べるようになっている。私は和風ドレッシングを選択。

相変わらずの味で玉ねぎが歯ごたえがあり良い。若干肉が多めという感じはしたがそれは私好みなので問題ない。

牛丼並280円・Aセット120円・玉子50円で450円。Aセットを単品にしてしまうと+20円。美味しかったです。

| | コメント (0)

南国本店 (池袋西口)

昨日、17時30分頃、池袋にいる。色々時間等の都合がありこの時間に夕食をという事で池袋の街をウロウロする。この看板にひかれこの店に入る

20130612_021うなぎの串焼きに焼き鳥・焼き豚があるという事で入ってみる。店の名前は「南国本店」という店。お隣の店も「南国」でこちらはファミリーという事で何人かではいる店で独りの私が入る店ではないのかな?という感じ。

本店の方は1列にカウンター席が20席以上はありテーブル席も何席かある。一人の為、カウンター席に座る。カウンター席に先客1名。タウンターの中には3人の白衣を着た店員がいる一人は私の近くで焼き鳥・焼き豚を担当、焼き場にいて後の2人の動きはあまり分からなかったが魚系のことをやっていると思われる。

店に入ってメニューとにらめっこ。まずは冷酒を頼む。日本酒は日本盛を中心にしているという感じ。出てきたのがこれ

20130612_012日本盛の・・・アル添に糖類など・・・普段糖類が入った日本酒は飲まないのだが・・・。出てきたのは仕方がない。アンキモ豆腐と焼き豚などを注文。まずは

20130612_013アンキモ豆腐。それほ強い味ではなく上に乗っている唐辛子系のものが強さでは勝つ。次に煮込み

20130612_014ごく普通の味噌系味の煮込み。

20130612_015上からぼんじり(鳥)コブクロ(豚)レバー(豚)かしら(豚)。ぼんじりはすごい美味しい脂があり美味い。こぶくろはこんなもん。レバー食感がよく味も良い。かしらはこんなもんかな?次にネギ間2本・うなぎは売り切れというか本日入荷していないとの事。

20130612_019うーん肉自体は美味いと思うがタレが私は好きな味ではない感じ。ここの焼き鳥・焼き豚は塩が良い感じ。以上が食べたもの全て。

冷酒750円・アンキモ豆腐390円・もつ煮込み450円・焼き鳥系レバー130円・他150円合計2470円でお通し代いくらか知らないが2500円は超えるはずだが払ったお金は

20130612_023値段はメニューを写真に撮っているので間違いはないと思うのだが・・・。

今回、魚系のものは注文しなかったが水槽が店内にあり鯵などが泳いでいて鯵がお勧めメニューになっていて刺身などが780円だった。多分水槽からとってさばく感じ。そのメニューに私が気が付いたのが焼き豚が出たころでもうそこから魚という感じでなかったので注文しなかった。

まぁ家の近くにあったら何回かは行く事になりそうな店という感じかな。

| | コメント (0)

大塚寿し常 東池袋店 ランチ 海鮮にぎり

昨日、池袋に出かける。池袋駅に着いたのが11時30分頃、天候は小雨。予報では大雨の可能性ありという事で駅からあまり遠くに行きたくないということで入ったのがミカド劇場から数秒の「寿し常」。

何回か入った事がありこのブログでも何回か書いている。今回ランチメニューが変わったらしくパネルが準備中となっている。今まであった満腹にぎりがなくなってそのかわり海鮮にぎりというメニューがある。その海鮮にぎりを注文。

すぐに緑色の冷たい飲み物が運ばれてくる。私の次に入ってきたサラリーマンには飲み物を聞いていたが・・・「お茶は温かいのにします?冷たいのにします」など・・・私は強制的に緑色の物体です。冷酒でも良かったんだけど・・・日本酒のメニューは貼ってなかったし・・・まぁテキトーに食ってさっと出ようという事になる。実はもっと他のもの頼もうと思っていたのに頼む気もなくなり、デパートでそれを調達する。

待つ事5分ぐらい出てきたのがこれ

20130612_005

20130612_006まぁシャリが大きくネタが薄い。アナゴと煮ホタテが美味しかった。海老・いくらまでは寿司屋の寿司。後はスーパーの寿司以下かな?ネタはそれなりのもの使っているがシャリとネタのバランスが悪すぎる。

海鮮にぎり1239円。まぁ握る人が違えば違うのかもしれないが・・・。

| | コメント (0)

2013・6・9 横浜狂言堂の印象

9日、横浜能楽堂で茂山家の狂言を観る。で昨日その模様を飛ばし飛ばしだがニコニコ動画で観る。

始めに茂氏の解説。茂山家の人達は誰が解説をやっても面白い。人をひきつける話をする。場数を踏んでいるという感じがする。能の解説をするのには15分ぐらいかかり、狂言は30秒で終わるなど・・・30秒で解説できるもんだったらやってみろと突っ込みたなったのは私だけだろうか?

鈍太郎:この狂言はここ最近と言っても1年半ぐらいの間だが、私の中で意識する狂言。それまでは名前しか知らず内容もわかってはいなかった。昨年の万蔵家の現代狂言で観て先月茂山家の新作狂言「ひめあらそい」を観て気になる狂言になっていた。茂氏の解説にもあったがこの狂言、和泉流では25分ぐらいの狂言で大蔵流では45分ぐらいの狂言。ストーリーはほとんど同じという事で当然大蔵流の方が詳しくやっている。全体としては大蔵流、狂言としては和泉流という感じですかね?狂言方(狂言師)が狂言の途中で幕の中に入って装束を変えて出てくるという狂言は大曲と呼ばれるもの以外では私は観た記憶がない。もしかしたらあるのかも知れないが忘れている。面白い狂言だと思う。また近いうちに観たい狂言だが・・・いつ観れる事になるのやら

太刀奪:この狂言は私の記憶が確かなら大蔵宗家系の若い人たちが袴狂言でやったのを観たというかすかな記憶がある。多分10年以上前の事だったと思う。それ以来でほとんど初めて観るという感じで・・・。この狂言変化球かなと思ったら、どストレートというい感じの狂言。太郎冠者がすっぱになる?この辺は変化球、でも気弱で逆に相手にやられてしまい今度は主人を巻き込んでのドタバタ劇、その辺は狂言ではストレート。主人を巻き込んでのドタバタの場面、縄をもってこいと主人に言われて太郎冠者が藁から縄を編み始めるところなど解釈のしようによれば現在のコントにそのまま使える感じもする。いずれにしても楽しい狂言でした。

| | コメント (0)

助六 観たのだが・・・まとまらない

昨日、横浜能楽堂で茂山家の鈍太郎・太刀奪を観てその後歌舞伎座に行って第三部の鈴ヶ森・助六を観るというコース。

歌舞伎座は一幕見で歌舞伎座に着いたのが16時50分頃で第3部販売が16時10分から始まっていて入場の順番がこんな感じ

20130609_038148番という事で鈴ヶ森は立ち見となり、その後の助六も立ち見となる。

助六を観るのは3年2ヶ月ぶりとなる。前回も歌舞伎座で観ている。前回観た時は口上が海老蔵さんですごい存在感を感じたのを覚えている。又、勘三郎さんの通人里暁が面白かったのを憶えている。

今回は海老蔵さんが助六。主役なのだがそれほど存在感を感じない。男前だとは思うが・・・声が独特の出し方しているのか・・他の役者が貫録あるのかな?スマートというかあっさりというか味がない感じ。まぁ前回観たのが団十郎さんなので・・・同じセリフ同じように言っているが含み、豊かさがない感じ。まぁこれからの方なので・・・。

勘三郎さんは・・・。今回通人里暁は三津五郎さん。おそまつんの「シェー」からあまちゃんの「じぇじぇじぇ」か。やっぱり助六良いな色が華やかだし・・・。やっぱり現代にはないテンポがあるよな~。これが良いと思える人と駄目な人いるんだろうな~。

書いてもまとまらいんでこの辺でやめときます。

| | コメント (0)

辨松 幕の内1番 (東銀座)

20130609_053昨日、歌舞伎座からの帰りの新幹線で食べた(購入したのは歌舞伎座の前の辨松)辨松の幕の内1番という弁当です。これ美味いです。辨松の折締弁当については前にも書いたが派手さはないが美味いです。本当にこれを食べて「これぞ日本の味」と思える弁当だと私は思っている。量は私にとっては少ないが・・・・。

幕の内1番598円。満足できる弁当です。私は懐石弁当よりこっちの方が好き。本当は歌舞伎座の幕間(まくあい)で食べようと思って購入したが一幕見が立ち見になってしまった為、歌舞伎座ではコンビニで買ったパンとおにぎりを食べ、帰りの新幹線で食べることになる。

| | コメント (0)

花壇 ビーフカレーセット(横浜・桜木町)

昨日(毎月第2日曜日)は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横派も能楽堂で横浜狂言堂というものが行われている。それを観る為、横浜に出かかける。狂言堂は14時からで最寄の駅桜木町には12時40分過ぎに着きどこかでランチを食べてという事になる。

今回入ったのがぴおシティの中にある花壇という店。ジャンルとしては軽食・喫茶店というところでしょうか。

20130609_027店内に入り券売機で食券を買いその食券を店員に私て後はセルフサービス。店は結構広くBGMも流れている。今回注文したのがビーフカレーセット店員に食券を渡して変わりに番号札を貰う

20130609_021セットはサラダ+飲み物で飲み物はコーヒー・紅茶などあり私はアイスコーヒーを選択。席に着き待つ事5分ぐらい「21番の方」と呼ばれる。出てきたのがこれ

20130609_023サラダは一口といったところだろうか、カレーはそれほど辛くなく水がなくても食べれるかなという感じ牛肉にマッシュルームが入っている。味はまぁまぁというところだが結構ゆったりできるというか昭和の後半の雰囲気があり私はこうゆう店好き。食事などの時間帯をさけてコーヒーを注文してゆっくり本など読みたい感じのする店(私の感覚・周りの席場所柄スポーツ新聞に赤いペンを持ったおっさんが多い)

カレーセット650円。また来ることがあるような気がする。

| | コメント (0)

KFC 胡麻と山椒ぶっかけサンドセット

昨日の夜、ケンタッキーで「胡麻と山椒のぶっかけサンドセット」なるものを購入。自宅で食べる。

20130602_007

20130602_008うーん胡麻と山椒か?確かに胡麻は入っているのだろうがチキンの辛さが勝ってしまっていて胡麻があまり出ていない気がする。チキンそのものも私はオリジナルチキンの方が好きかな?パンの方に塗ってあるソースは辛くて美味しいと思った。山椒入りスパイシーチキンという感じかな。

値段は他のサンドと同じ値段単品380円・セット640円なので良いと思う。

| | コメント (0)

すき家 牛丼 中盛

今日の昼、すき家に入る。すき家は朝食以外で入るのはかなり久し振りのような気がする。今回は牛丼を食べようとメニューを見ると中盛というものがある。ご飯が並盛りより少なめで肉が並盛りの6割増しというもの。それと卵に味噌汁(たまごセット)を注文

注文してから5分ぐらいで出てきたのがこれ

20130602_003 丼の形が独特な形状で上の方が大きく下の方が狭くなっている。これ普通の牛丼より肉が多く私は好き。値段も大盛の380円と変わらないし今後すき家に入ればこれ注文することになりそう(気分にもよるが)

牛丼・中盛380円・たまごと味噌汁(たまごセット)70円で合計450円。良いランチでした。

| | コメント (0)

最近読んだ本など

以前にも書いたが電車での移動中読書をするのが趣味で色々な本を読む。最近印象に残っているのがこの本

20130526_014まぁ私が狂言好きでなければ絶対に読む事がなかった本。3年以上前に出版された本ですが最近存在を知り購入した。一揆に読んでしまった。これを読んだあと現代狂言を観るのと現代狂言を観てからこれを読むのとでは多少印象が違うだろうが・・・面白い本でした。

最近気に入っているブックカバー

2013051213_040魚の名前が書かれたものにしおりの部分のそろばんのだまが付いている。そろばんって今の若い世代は知っているのだろうか?これも日本独特のものだと思うが・・・なくなっていってしまうものなのかな?このブックカバーの裏は

20130521_001龍の模様の布地。通常見えないところにも気を使うというのが好き。今使っている他の2種類のブックカバーも好きだが今はこれが1番気に入っている。

| | コメント (0)

どうこう (清水区・河岸の市)

今日の昼飯。と言っても14時30過ぎだが河岸の市のまぐろ館にある「どうこう」という店でにぎり寿司を食べる。「どうこう」と言えば洞江水産という会社がありその会社の店。

20130601_012写真左下のモニターの画面を見て食券を買って店の中に入るというかたちの店。席に着くとまずこれが出てくる

20130601_007お茶・小鉢・デザート。小鉢はタマネギとイカなどが和えられたもので酒のつまみとして良い感じもの物。デザートは何かのゼリーだが味が薄くよく分からない物だった。これが出てきて5分ぐらいたって出てきたのがこれ

20130601_010

20130601_011お椀は小エビの出汁や海苔の風味や色々な物の香りや出汁が出ていて複雑な味噌汁になっている。寿司は鯛の酢漬けが結構珍しいかなと思ったがこれは中途半端という感じで・・・もう少し酢が強ければ酒のつまみだし寿司としては酢が強いのかなという感じのものだった。あと一つ一つのネタはしっかりしているがシャリは少し大きめでにぎりが方が強め。結論としてはこの店は寿司より海鮮どんぶり系のものが良いと思う。

にぎり寿司定食1300円。まぁこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »