« はこね 大名弁当 (小田原駅) | トップページ | 鶏焼屋 ランチ チキンカツカレー (清水区) »

辨松(渋谷店) 春のミニ懐石弁当 

昨日、国立劇場に歌舞伎を観に行った。清水駅から東海道線・湘南新宿ラインで渋谷駅に行き、半蔵門線で半蔵門といコースをとった。新橋駅方向・東京駅方向からという手もあったのだが地下鉄の乗り換えがあって面倒だと思って、渋谷から地下鉄1本で半蔵門駅に行けるコースにした。(渋谷駅・半蔵門線の場所が変わっていて・・・まぁ表示を追っていけば着ける。しかし地下4階に降りてから地下3階に行くのは・・・もっと簡単なルートがあったのかも知れないが)

という事で渋谷で弁当を買って国立劇場で幕間に食べる事にする。渋谷では東横のれん街にいある「辨松」で弁当を購入。辨松は歌舞伎座の目の前に店があり歌舞伎座で歌舞伎を見る時に買った事がありその後、こののれん街の店を出しているのを知って何回か買って食べた事のある店。その何回か食べているうちにここの弁当で特に美味しいのが「玉子焼き」と「めかじきの味噌焼き」だと思うようになっている。玉子焼きは玉子焼き単品で売っている為、それを買って1人で食べている事もある。

今回初めて懐石弁当と名の付いたものを買った(いつも買っているのは折詰め弁当)春のミニ懐石弁当。今回カメラを忘れて携帯電話で撮影している為、色がかなり変

20130317 うーんやはり玉子焼きとめかじきの味噌焼きは美味いと改めて感じる。そうゆう面では私は折り詰め弁当で良いかなという感じ。春のミニ懐石1044円。この量では足りずにこの後、パンを場内で購入して食べた。まぁこんなもんでしょう。

|

« はこね 大名弁当 (小田原駅) | トップページ | 鶏焼屋 ランチ チキンカツカレー (清水区) »

歌舞伎劇場内での飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はこね 大名弁当 (小田原駅) | トップページ | 鶏焼屋 ランチ チキンカツカレー (清水区) »