« 2013・春 DX SM LIVEの印象 | トップページ | SM系映画はどこへ »

私の奴隷になりなさい DVD

今日、ようやく「私の奴隷になりなさい」のDVD全てを見終る。

私の奴隷になりなさいはこのブログで公開前から何回か書いている映画で劇場ではワールドプレミアム試写会と初日舞台挨拶の時に観ている。今回のDVD・R15の方は劇場で公開されていたものをもう1回再編集しているのかな?11月に観ている為、記憶が曖昧すぎて・・・。ディレクター・カットの方は完全に初めて見たもので・・・・。

3_009 ディレクター・カットの方が完成度高いという気がする。原作やR15にはない香奈の感情というものが結構出ていてすごく良いと思う。これは脚本なのか監督の思いなのか分からないが。特に最後の方僕が直接香奈に電話して香奈の家での会っての事。これがあるとないとでは全然加奈の印象というのが変わる。

まぁ「私の奴隷になりなさい」を見たいと思ってまだ観ていない人がいるとするならばまずR15を観て、原作読んでそれからR18という順番が1番楽しめるかなという気がする。

しかし映画が始まる前、メイキングDVD「壇蜜と僕たち」のイベント(ラムタラ秋葉原店の第1部・壇蜜が来るにもかかわらす・10月8日の祝日)20人ぐらい人しか集まらず(私は当日DVDを購入して整理番号18番)ツイッターでは私の奴隷になりなさいの公式がDVD化はないかもしれないとつぶやいていたり、映画パンフレットが制作されていなかったり、この映画、劇場では全国で20ヶ所ぐらい?もっと少ない劇場でしか公開していない映画がこれだけメジャーな映画になるとは・・・・。もっと言えばプレミアム試写会だって各社報道満席とか書かれていましたが私の席の両隣と斜め前の席、誰も座ってませんでしたし・・・。試写会が終わって劇場の外に出ると壇蜜さんが壇上に立った時の衣装のまま「ありがとうございました」とお礼。お見送りをしていたのが印象的でした。シネバトスの177席をうめることができなかった作品。

これが初日舞台挨拶の時点では私の見たところ(舞台挨拶2回目の上演時)空席なし。この時1回目の舞台挨拶時パンツ投げや板尾さんが壇蜜さんの胸元に「初潮」と書いて盛り上がったんだよね。私が行った初日2回目の舞台挨拶は平々凡々としたものでそれほど盛り上がらなかった記憶が・・・・。

ディレクター・カットの方は3枚入っていて1枚は本編・2枚目は特典画像・3枚目は特典CDでそのほか各販売店で特典をつけているところが多い。これ2枚目3枚目を全部見たり聞いたりすると本編より長い。まぁ何にしても良い作品だと思います。

次回の「甘い鞭」は全国どれくらいの劇場で公演なのだろか?イベントなどのチケットが簡単に手に入る事はないだろうなと思う私。

|

« 2013・春 DX SM LIVEの印象 | トップページ | SM系映画はどこへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013・春 DX SM LIVEの印象 | トップページ | SM系映画はどこへ »