« 2013.2.9現代狂言Ⅶの印象 | トップページ | 甘い鞭 壇蜜が主演  »

沼津 魚がし鮨 新静岡セノバ店

昨日、葵区の映画館に「自縄自縛の私」を観に行く。昨日は平日でもちろん私は仕事で映画が始まるのが21時10分からという事で仕事を終えてから何処かで食事をしてからという事で色々あったが最終的に入ったのがこの店

20130213_010 場所は映画館が入っている静岡セノバの5階にある。沼津魚がし鮨グループの寿司屋。ここグループの寿司屋に入るのは初めて。寿司屋以外の定食屋には1度入った事がありhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/09/post-191a.htmlその他、静鉄ストアで販売している持ち帰り寿司に関しては結構利用している。

前にも書いた事あるが寿司屋は当たり外れが大きい。こちらの店ははずれです。毎日がこうなのかたまたまこの日がそうだったのかは分かりませんが。

店に入ってまずは注文。日本酒を飲み少しつまみをつまんで寿司1人前を食べれば時間的にもちょうどようかなという事で磯自慢の本醸造があった為、注文。それから白子ポン酢を注文するがその場で売り切れと言われた為、蒸し牡蠣を注文する。それと「豪快!近海DX握り」というセットの寿司1人前を注文。このセットはセール中で通常2300円が1580円になっている。注文してから1分後2メートル、いやそれ以上離れた位置から店員が蒸し牡蠣も売れ切れですとの事???こいつ誰にゆってるの?と思ったが多分私だろうとは思ったが無視させてもらう。その後メニューを見るが何が今あるのか分からないので注文を断念する。

その1分後ぐらいに磯自慢とお通し共に運ばれてくる。

20130213_005 さらにその1分後ぐらいにこれが運ばれてくる。

20130213_006テーブルに置かれる時に店員が「今日は生シラスが売り切れで他のものにしました」との事。他のものが何なのか不明。この店品切ればかり、これを食べたのが20時30ぐらいこの店の営業時間は23時まで・・・2時間以上あるが・・・まぁもうそんなに客が入らないからいいのかも知れないね。

それとセットに付いてきた味噌汁

20130213_008 磯自慢だが磯自慢の本醸造を飲むのは多分初めて。吟醸酒系のものは何度か飲んだ事あるのだが・・・。うーんほんとに本醸造?生の吟醸を開けてからちょっと時間がたった時のような尖がりがある。その尖がりが強い。この酒、ぬる燗(日向燗ぐらい)で飲んだら良いかなと思った。寿司との相性という面ではまぁまぁかな。ものすごく合っていてぴったりという感じではなく、かといって外れていないというか外れる日本酒はほとんどないので・・・。

寿司は烏賊がねっとりしたタイプのもので・・・こうゆう烏賊が好きな人もいると思うが私はもっとこりこりとしたタイプの烏賊が寿司にはあっていると思う。あとは鯵が結構「俺は鯵だ」という感じで主張していう感じがして美味しかった。後はなんだか良く分からないようなものだった。桜エビ・・・桜エビ漁の時期に地元のスーパーに生の桜エビが売っているがそとは比較にならないし、なぜこの時期に出さなければならないか?まぁ近海物という事なのだろうが・・・。近海物の冷凍か。

なんだかんだで2品しか注文してない。磯自慢650円。豪快近海DXにぎり1580円。お通し250円合計2480円。あ、お通しは味が曖昧(全体的に薄い味付け)で甘いのか辛いのか酸っぱいのか?いずれにしても酒のアテにはならん。あ、それからもう1個あった。寿司は運んで来たが小皿を運んでこない。テーブルに備え付けかなとも思ったが箸と醤油しか見当たらない。箸も20膳ぐらい引き出しになっている置物に置きっぱなしだが私の座った席は2人掛けの席だがなんでこんなに沢山入っているのか?。昨今の資源保護の観点からか知らんが割り箸ではない。回転寿司ならそれでもよいと思うが一応、江戸前店と名乗ってるんだよね?

そうだ回転寿司と考えればいいんだよね。そうすれば値段と良いサービスといいある程度納得できる。これ書いていてそこにたどり着きました。

|

« 2013.2.9現代狂言Ⅶの印象 | トップページ | 甘い鞭 壇蜜が主演  »

静岡市内・周辺の飲食」カテゴリの記事

寿司屋 (夜)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013.2.9現代狂言Ⅶの印象 | トップページ | 甘い鞭 壇蜜が主演  »