« 太宗庵 かつ丼 (横浜桜木町・紅葉坂) | トップページ | 崎陽軒 おべんとう冬 (横浜駅) »

2013.01.13 横浜狂言堂の印象

昨日、横浜狂言堂で野村又三郎家の重喜と簸屑を観る。野村又三郎家の狂言を観るのは何年ぶりだろう。共同社と一緒にやっている事も多くで又三郎家となると本当にかなり前。先代の又三郎と今の又三郎(当時小三郎)2人で何かをやっていたのをそうとう昔観た記憶はあるのだが・・・記憶が曖昧で・・・多分10年ぐらい前の事なので・・・・。

最初の又三郎氏による話はかなり面白かった。多分又三郎氏の話を聞くのは初めてだと思う。先代の又三郎氏の狂言に関しての考え方。見所(みどころではなくけんしょと読む能楽堂などの客席の事)で笑ってもらうよりも家に帰ってからとか一緒に観た人と話をして面白かったと言われるような狂言をするようにと言われていた事や葛桶の話や又三郎氏が「簸屑」という狂言を好んでいるという話など・・・。

重喜:今回は奥津氏親子による狂言で・・・。又三郎家の弟子とその子供という事になる。まぁ親子共に弟子という事になるのかな。又三郎家の弟子家による狂言という事にもなる。後見が又三郎氏で地謡をやっていたので完全ではないと思うが・・・。子方の声がそれほど高くなくきっちりと抑えらている感じでそれでいて力がある感じで良かった。住持の衣装が綺麗で印象に残っている。歩き方や所作が衣装のせいもあるのだと思うが女性ぽく見えた。最後に住持が幕に戻っていくスピードがゆっくり過ぎるような感じがした。余韻が残るような内容の狂言ではないのでもっと普通でもよいのかなと思った。まぁあれが又三郎家の普通の速さなのかもしれないが気になった。

簸屑:こちらもなぜか衣装が印象に残っている。何だろう色が濃い。はっきりしていて綺麗、けっして奇抜な装束ではないのだが印象に残る。この狂言も何回か観た事のある狂言。お茶を挽きながら寝てしまう太郎冠者の様子が結構好き。面白い狂言でした。

全体的にあっけないというか物足りない感じはした。重喜が15分ぐらいで簸屑が25分ぐらいの狂言で合計40分ぐらい。これだけの為に清水から出かけるとなるとやはり物足りない感じかな。地元住んでいればこんなもんかなという感じにもなるのだろうが・・・・。

|

« 太宗庵 かつ丼 (横浜桜木町・紅葉坂) | トップページ | 崎陽軒 おべんとう冬 (横浜駅) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太宗庵 かつ丼 (横浜桜木町・紅葉坂) | トップページ | 崎陽軒 おべんとう冬 (横浜駅) »