« ハノイ ブンチャー定食 (新宿) | トップページ | 11月21日 国立能楽堂 狂言の会 »

中華厨房 天津 (千駄ヶ谷・能楽堂前)

18時30分から国立能楽堂で狂言の会がありその前に食事を食べてという事で能楽堂近くの店に入る事にする。予定していた店が貸切なのか電気はついて暖簾はかかっているが玄関の鍵がかかっていて看板も玄関も前の置いてあり明かりがついていない。そのためあきらめて次の店を探す。行ったのが能楽堂の目の前のビルの地下にある中華料理の店「中華厨房天津」という店。この店に入るのは初めて。

接客・厨房ともに中国人(もしくは台湾)の方がやっているような感じで接客以外の会話は中国語で話している。この店かなりリーズナブルな店メニューはこんな感じ

20121121ts_011_2ピンボケで見にくいと思うがクリックしていただけたら少し大きくなって見えると思う。これランチメニューではありません。500円~定食メニューがあり一番高い定食が650円。ラーメンは470円~。飲茶系のものもかなり安い。今回は麻婆豆腐定食を注文する。待つ事5・6分で出てきたのがこれ

20121121ts_013まぁ値段が値段だけにたいしたもの期待していなかったのだが結構しっかりしま麻婆豆腐が出てきた豆板醤ベースで山椒もきちんと使っている。スープは中華というよりコンソメ系で白菜やトマト等が入っている。これで500円。納得できる食事でした。

|

« ハノイ ブンチャー定食 (新宿) | トップページ | 11月21日 国立能楽堂 狂言の会 »

その他の飲食」カテゴリの記事

劇場近くの飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハノイ ブンチャー定食 (新宿) | トップページ | 11月21日 国立能楽堂 狂言の会 »