« 坦々麺 杏華埜  (横浜・桜木町) | トップページ | 2012・10・14 横浜狂言堂の印象 »

肉・エビ焼売・炒飯弁当 (東京駅・駅弁)

横浜能楽堂を出て向ったところは池袋のミカド劇場。ミカド劇場から静岡に帰るのに新幹線を利用東京駅にて駅弁を買い新幹線の中で食べる事にする。

今回買ったのはこれ

20121014_011買ったところは新幹線のホーム上の売店。何番ホームかは忘れた。中身は

20121014_014これに合わせたのが

20121014_009キリンのクラッシックラガー。炒飯はお弁当で箸を使って食べるという事でパラパラという感じではなくしっとりとした感じ。結構美味しい。焼売もビールにぴったりで美味い・・・ただ3人横並びの席で1つ席を開けてその隣に座っている人が崎陽軒のシュウマイ弁当を食べていて・・・。そっちの方が美味しそうで・・・・確か値段も向こうの方が安いはず・・・・。「隣の芝生は青く見える」・・・か。

肉・エビ焼売・炒飯弁当850円。こんなもんでしょう。

|

« 坦々麺 杏華埜  (横浜・桜木町) | トップページ | 2012・10・14 横浜狂言堂の印象 »

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坦々麺 杏華埜  (横浜・桜木町) | トップページ | 2012・10・14 横浜狂言堂の印象 »