« 横浜家系ラーメン 武蔵 (池袋西口) | トップページ | 河岸の市 まぐろ館 新栄丸 »

私の奴隷になりなさいワールドプレミア試写会の印象

昨日、映画「私の奴隷になりなさい」のワールドプレミア試写会に行ってきた。

20121016_011会場の銀座シネバトスに行くのは2年ぶり。最後に行ったのは「ヌードの夜・愛は惜しみなく奪う」の初日舞台挨拶いらいで静岡で生活していると東京の映画館に入るというのは舞台挨拶などに限られる。ちなみにその前にシネバトスに入ったのが「花と蛇3」の初日舞台挨拶に来ている。

今回はワールドプレミア試写会という事で檀蜜さん・杉本彩さん・真山明大さん・監督の亀井亨さんが登場して映画の話しなどを30分ほどしてから映画が始まる。まぁ話し(映画について)の内容はこの映画を注目して色々なものを見たり聞いたり読んだりしていれば何処かで聞いたことがあるような話しだった。杉本彩さんから檀蜜さんへエロス称号の伝承や檀蜜さんのスタッフシールサービスは見たり、聞いたりした事はなかったが・・・。

映画を見ての感想は本当にいい映画で集中して観る事が出来ました。まぁ100人いれば100通りのSMがあるという事を誰かが言っていたがその通りだと思う。これもSMである事は間違いがない。また昔から「人にはSかMかうそつきしかいない」という言葉もあるがこれはこの映画の続きを考えると「うそつき」しかいないというような事を感じる。

この映画は原作を読まずにこの映画を観たあと読んだだ方が良い気がする。特に最後の最後は原作を読んでない方が良いと思う。私の場合この映画を観る前に読み直してしまったので・・・

あと檀蜜さんが主題歌を檀蜜さんが歌っているという事でどんなんだろうと思って期待していた映画のエンディングに流れたのですが・・・・良い曲とか・この映画にはどうだろう?などという感想よりも「そう来たか」という言葉が頭に浮かんだ。なかなかよい感じでした。

以上が簡単な印象です。まぁこれ以外にも沢山思ったことはあるがこれくらいにしておきます。まぁこれ酒飲みながら書いてますのでまとまらなくなってきたのでこの辺で・・・・。まぁもともとまとめる能力ないので・・・だから感想ではなく印象にしてiいるわけで・・・。

|

« 横浜家系ラーメン 武蔵 (池袋西口) | トップページ | 河岸の市 まぐろ館 新栄丸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜家系ラーメン 武蔵 (池袋西口) | トップページ | 河岸の市 まぐろ館 新栄丸 »