« 5月13日 横浜狂言堂の印象 | トップページ | 泣いたらアカンで通天閣の印象 »

最近購入した本

ここ数年本屋で本を買うより、ネットで本を買う事が多くなったがここ1週間の間に2回も本を本屋で購入している。

これが現在まだ読んでいない。もしくは読み終えていない本。

20120517_006 このうちの「駆けてきた少女」以外は本屋で購入。「甘い鞭」と「苦役列車」は新宿の紀伊国屋で購入。13日の朝、やる事がなく9時30分ごろに池袋のホテルをチェックアイトしてそのまま新宿の紀伊国屋に行って開店と同時に入って面白そうな本はないかと探して見つけた2冊。後の2冊は昨日、近くの書店で購入。この日が「泣いたらアカンで通天閣」の発売日というのを知っていて書店に行ってみた。その書店になければネットで買おうと思っていたが新刊のコーナーに1冊置いてあった為購入。この本の作家についてはhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/11/post-5c3f.html

そしてこの本の横に何やら気になる本が置いてあり・・・購入してしまった。普段は文庫本しか買わないのにこの本のタイトル(事件でござるぞ太郎冠者)が気になり、本を開いてみると狂言の演目がずらりと目次に書いてあり・・・この演目を絡めてストーリーが進んで行くんだろうなと思い思わず買ってしまった。まぁネットで本を買う場合はこうゆう事がない。

まだ、読んでないので良かったのか失敗したのかは不明。ただ今現在で言える事は坂井希久子さんの「泣いたらアカンで通天閣」は今までこの人が書いた単行本の中では読みすすめていくペースが遅い。今までに2冊は読みはじめたら一気に読み終えてしまったが、昨日の夜から読んで昨日は50ページ程度で読むのやめてしまった。

まぁ私の好みの問題だが・・・・今後読むペースが早くなるか?このままか?途中読むのやめるか?どうなるか

|

« 5月13日 横浜狂言堂の印象 | トップページ | 泣いたらアカンで通天閣の印象 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月13日 横浜狂言堂の印象 | トップページ | 泣いたらアカンで通天閣の印象 »