« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

冷製パスタ

20120528_004 これ美味い。2日連続で買って食べた。まぁ2日連続でこういうものを買って食べる事はあまりないと思う。

そもそも土曜の夜に「チューボーですよ!」というテレビ番組でトマトと魚介の冷製パスタをつくっていたのを日曜日に観て(土曜のその時間は見れなかった為DVDに撮っていた)その夜たまたまセブンイレブンで「魚介の冷製トマトソースパスタ」を見つけて購入。これがものすごく美味しかった。

それで月曜日(昨日)も雨の中、仕事帰りにセブンイレブンによって購入。これに合わせたのがこれ

20120528_009まぁ通常であれば白ワインというところが無難だとは思うがあえて日本酒にしてみたが・・・結果的にはお互いがお互いの良さを消している感じで・・・。日本酒がもっとフレッシュでシャープなものかもしくは日本酒度が-10ぐらいのものなら良かったかも・・・。本当に食べ物は合わせる物によって変わってしまう。日本酒も同じだが・・・・。

| | コメント (0)

とうもろこし タンメン (清水区)

今日の昼は清水区八坂町にある「とうもろこし」という店で食べる。場所はサイゼリア清水八坂店の隣。この店に入るのは初めて。

店に入ったのは13時30分頃だったと思う。先客は1組。男性2人でカウンター席で飲んでいる。つまみにしているのは手羽先や春巻などで正雪の生酒を飲んでいる。中華屋さんで生雪の生酒が置いてあるんだ・・・。うーん今日はバイクで来ているため飲めないぞという事でメニューを見る。

メニューはそれなりの数ある。日曜日の為なのだろうかランチメニューはなく半チャンなどのメニューは見当たらない。結局注文したのがタンメン。注文してから3分も経たないで出てきたのがこれ

20120527_002美味い。正直な話こんなうまいものが出てくる事は期待していなかった。普通の大きな街道沿い店で何か美味しいと話題にのぼったことがないお店で・・・。私がタンメンを食べているとお客さんが続々と入ってくる。5組か6組ぐらい入ってきて店はほぼ満員になっている。ほとんどが顔なじみという感じで・・・。店の中に開店25周年の御祝いの花が・・・25年もこの店やっているのか・・・道理で美味いわ。(25年以上やっている店で不味い店という例外の店もたまにあるが・・・このブログでは不味いとは書いていないが・・・・。)

味は濃い目だがこってりした濃さではなくすっきりした濃い味という感じで具も色々入っていて白菜・椎茸・タケノコ・人参・モヤシ・豚肉などなど。メンは細麺のストレート。美味いです。値段が630円とこれリーズナブル。普通のラーメンは450円。良い店見つけたという感じです。

| | コメント (0)

丸亀製麺 イカ天うどん 渋谷道玄坂店

うな鐵を出た後、行ったのが丸亀製麺。言わずとしれた讃岐うどんのチェーン店。記憶が確かであればここではぶっかけうどんの冷たいやつなどしか食べた事がなく普通のかけうどんというのを食べた事がないはず。そこで今日はかけうどんに何かの天ぷらをつけて天ぷらうどんにしようと思う。で最終的に出来たのがこれ

20120526_020かけうどんにイカの天ぷらテンカスにねぎ・・・美味い。文句なしの美味さ。うどんにはコシがあり汁はちょうど良い味で・・・汁をすべて飲み干してしまった。イカも軟らかくうどんに合っていて・・・。

かけうどん(並)280円・イカ天100円合計380円。この値段考えると満足です。

| | コメント (0)

元祖うな鐵 串焼き (渋谷)

26日、道劇にいる。夕食は道劇を外出して「うな鐵」に行く。23日にも行ったのだが混んでいそうで他の店に行ったのだが今回は混んでいそうだったが入ってみる。入ってみるとそれほど混んでいない感じ。多分回転が速いという感じがする。特にカウンター席はそんな感じ。

店に入り1人であることを告げるとカウンター席に案内される。カウンター席はL字になっていて奥の方から詰めて座るようにしている。私が入ったとき隅から2個目の席が空いていてそこに案内される。

まず飲み物という事で日本酒を頼む。この店は冷酒が10種類あり4種類が500円で一番甘い酒(-2)の千福(せんぷく)という冷酒を注文

20120526_012目の前に1升瓶をもってきてコップ枡になみまみと注いでくれる。写真はお通しの大根の千切りでかなりうすい味ではあるが何かの味は付いている。注文したのが1通りで今日はえりがもう売れきれているということで7本になる。お通しを食べながら日本酒を飲んで待つ事5分ぐらい出てきたのがこれ

20120526_013左から串巻き・肝・短尺・かぶと。かぶとを食べるのは初めて。なんだろう小さな骨等が残っていて結構美味しい。これを食べ終わり冷酒も終わってしまう頃に

20120526_014レバーとばら身。冷酒を追加注文。今度は司牡丹(つかさぼたん)で辛い酒(+5)の酒。うなぎの串焼きにはどちらの酒も合う。これを食べ終わって次に何を食べようか考えていると「くりから」が出てくる。(こちらは写真を撮り忘れる)ワサビ醤油で食べる。これがかなり美味しい。次に肝とかぶとを注文。そんなに時間がかからず

20120526_017が出てくる。肝、苦味があって美味い。以上で今日の夕食の前半終了。

冷酒2杯で1000円・ればぁ280円・くりから280円・短尺280円・きも240円×2本・ばら身240円・串巻き240円・かぶと120円×2・お通し250円で合計3290円。うなぎ高くなっているからこれでもリーズナブルな方なのではないでしょうか。

| | コメント (0)

蓬莱亭 どんこかつ (渋谷)

昨日、26日渋谷道劇に行く。12時には劇場に入りたかったため今回のランチは開店時間が早い店という事になる。今回行ったのが「蓬莱亭」というとんかつ屋。本店・支店とも渋谷にある。今回は場所の関係から東急プラザの9階にある店に行く。

20120526_0095階までエスカレーターで行ってそのあとエレベーターで行く事になる。1階から9階までエレベーターで行くというのが良い方法かも知れない。とりあえずエスカレーターは5階までしかない。

店に入ったのが11時20分ぐらいで時間的に早かった為か店はすいている。カウンターは誰も座っておらずカウンター席の1番端に座る。今回注文したのがミニ定食のどんこかつ注文すると「どんこかつ」は揚げるのに時間がかかりますけどいいですか?とのこと。12時には道劇に入っていたいため、何分ぐらいかかりますと聞くと15分ぐらいとの事。まぁその時間なら間に合うかなと思い、そのまま注文。待つ事本当に15分ぐらいで出てきたのがこれ

20120526_007

20120526_008そうどんこかつとはメンチかつを椎茸で挟んだもの。蓬莱亭のホームページによるとひれ挽き肉を生椎茸 で包んだ風味ある一品との事。店の人の言うとおり辛し醤油で食べる。醤油は普通の醤油だと思うがこれにつけて食べると味が濃いうぴな感じがした。どんこかつの味は・・・まぁこうゆう味になるだろうなという感じで確かに肉も椎茸も良い物をつかっているんだろうなという感じはする。キャベツは文句なく美味い。この店のソースはハチ公ソースというところがこの店だけのためのソースを造っているらしい。それをキャベツにかてて食べる。漬物は結構濃い味付けでまぁまぁ美味しい。味噌汁は豚汁で豚汁の中の豚肉は何か味付けがされている。

全体的の味が濃い感じ。まぁとんかつ屋さんなのでそれで良いと思う。ミニ定食のどんこかつ980円。このあと酒を飲みながらコンビニで買ったつまみを食べることになっている私にはちょうどいい量のランチ。通常であれば普通の定食の方が良いのかもしれない。

| | コメント (0)

天下一品 こってりラーメン

昨日の夕食は渋谷の天下一品で食べる。本当は別の店で食べる予定だっが、その店がおもいの他、混んでいた為にすぐあきらめて天下一品に入る。

今回注文したのはこってりラーメンの大盛り。注文するまでが5分以上。注文してから5分ぐらいで出てきたのがこれ

20120523_016_2まぁいつもの味である。本当にこってりしたラーメンで美味い。毎回思うのだが近所にあったら結構通うようになると思うのだが家の近くにはない。都内で予定がくるった時に食べる時が多いラーメン。値段は850円。値段がもう少しリーズナブルならもっと良いのだが・・・・

| | コメント (0)

2012・05・23 道劇

というわけで昨日、渋谷道頓堀劇場へ行ってきた。2回目の初めから4回目に1番までで外出などしていたため観ていないところもあるが・・・印象を

1番:愛野いづみ・ここ半年ですごく綺麗になっている感じ。去年の6月このブログでも書いているがその時その数ヶ月で綺麗になるんだろうなと思っていたがコースが入らず今になってコースが入り今のびている感じ。「夏のお嬢さん」ぐらいからどんどん綺麗になっていったのがこの方を観ていた人にはわかると思う。「できないOL」しだいによっては化けるかもしれないね。

2番:飯島しき・デビューの日道劇で観て、それ以来何度か観た事がある方です。ダンスはぎこちなさがぬけてヒールでのジャンプも安定していて・・・やはり胸の大きさは魅力です。化粧の仕方によってもかなり顔が変わる感じの方で・・・もう少し人気があってもいいのでは・・・。

3番:海宙まみん・若松やミカドで何度も観ている感じ。明るいキャラクターで面白い。美大出身なんですかね?その辺も異色といえば異色。今回の演目、「アリス」で思ったことは1番初めに時計を本人が見るところがあるが観客にはそれが何なのかわからない。観ていけばわかるし、何回も観ている客ばかりだから問題ないといえば問題ないがボーと観ていて気になった。

4番:星川音々・多分何度か観ていると思う。奇麗な顔だちに、踊りは上手いし奇麗だと思います。スタイルも良いしストリッパーとしてはそれなりに完成されているという感じ。あとは好みの問題かな。

5番:水沢杏香・初見です。デビューしてまだそれほど経っていない。うーんダンスはがっつりぎこちない。ベットはこれも好き好きだと思うがダンスと比較して議論の対象にはなるのかな?いづれにしても若さがありこれからという感じです

6番:ゆの・さすがにトリという感じです。体の線のバランス・ダンス・ベットどれをとってもすごいなという感じですね。2個出しで一つはペルーですかね民族衣装ポイ衣装。もう一つは居ないの男爵を愛している娘という表現ではどうでしょう。こっちは表現が難しい。私個人としてはペルーの方が好きですね。

意味がよくわからない方は流してください。個人的な印象なので間違い・勘違い・思い込み等あるかもしれません。

まぁ何にしても今週の道劇は良い香盤という気がします。

| | コメント (0)

すしざんまい 旬のにぎり 渋谷東急本店前店

渋谷駅についてどこかでランチをという事で・・・時間は14時をまわってしまっている為、開いている店が絞られる。で、最終的に行った店が、「すしざんまい」の東急本店前店。

私はすしざんまいに入るのが初めて。今年の正月の初競りで史上最高値でホンマグロを競り落とした事でも話題になった超有名チェーン店の寿司屋。24時間やっている店も多い事でも知られている。今回行った店も24時間営業の店。

ランチメニューはにぎり3種類。ちらし1種類の4種類。もちろんその他普通のメニューも注文する事ができる。今回はにぎりの「旬のにぎり」というい物を注文。注文して30秒ぐらいで

20120523_009が出てくる。完全に作り置きだとは思うがかなり暖かくというか熱くそれなりに美味しい。今回も1人で店に入っている為、カウンターに座っている。その為、寿司職人が握っているところが目の前で見える。ちょうど交代の時間だったのだろう。途中で握って入り人が交代した。で待つ事5分ぐらいで出てきたのがこれ

20120523_010

20120523_011まぁ全体的に平均という感じかな。どれが美味しいとかどれが不味いとかなくちょうどいいところという感じ。エビの味噌汁も香ばしいわけでもなく味が薄いわけでもなく濃いわけでもない。本当に平均という感じのもの「旬のにぎり」10貫+茶碗むし+味噌汁で1029円。そんなもんでしょう。特に得したとか損したという感じもないといったところ。

| | コメント (0)

三島駅 天ぷら蕎麦

昨日、渋谷道劇に行く。朝、定期受診のため病院に行き、10時30分すぎには全てが終わり、そこから東京に向かう。道劇の開始時刻は12時。新幹線で間に合うかどうか?というところで・・・1回目はパスして2回目から観ようと思えば普通電車で行って、多分ランチを食べる時間もとれる。という事で2回目からという事で出かける。

途中三島駅で電車の待ち合わせ時間が12・3分あり久しぶりに三島駅の天ぷらそばを食べる事にする。

20120523_004うーんあの無茶苦茶薄いかき揚げの天ぷらは健在。甘めの出汁(薄いという事ではない。本当に甘い)もそのままで、これぞ駅そばという感じが漂っている1杯。値段は320円。そばが出てきた時現金で払う。食券の販売機などはない。やっぱここの立ち蕎麦好きだな。

| | コメント (0)

拉麺豚風亭  塩ラーメン・えびラー油メンマ丼 (清水区)

今日の昼は清水区大内にある拉麺豚風亭 というところで食べる。場所は北街道沿いの東名高速と交差するところ。

今回注文したのが塩ラーメンとえびラー油メンマ丼というもの。店に入ったのが13時30分頃で客は先客2人の私が食べている時2人入ってきたかな?

注文して待つ事5分ぐらい。しっかりとタイミングを合わせてラーメンとメンマ丼が一緒に出てくる。

20120520_005麺は細麺のストレート。コクのあるしっかりとした塩ラーメン。写真ではほとんど見えないが鶏のつくね?鶏団子?が2個入っている。あっさり系の澄んだスープともこってり系の白湯スープでもないちょうど中間というところだろうか?鶏・豚・野菜などを使っているスープ。具は水菜・ネギ・メンマ・鶏団子だがこのラーメンにはこのメンマはあわない。メンマそのものはおそらく店オリジナルのもので美味しいがメンマの味付けのしょっぱさが出ていて全体のバランスから外れている。しょうゆ系のラーメンであればすごく美味しいメンマだと思う。

20120520_007えびラー油メンマ丼。こいつも美味い。焼いた海老の香りと甘辛いタレとメンマ。それに海苔が絶妙で・・・個人的にはもっと海苔が多くても良い感じもする。普段なら海苔は多すぎると海苔の味が勝ってしまうということがありと思うがこの香りと味は海苔には負けない感じです。

塩ラーメン750円・えびラー油メンマ丼350円で1100円のはずがセット価格になっていまして1000円でした。まぁ色々ごちゃごちゃ書いてますがこの店、相当美味しい店だと思います。満足できるランチでした。

あくまで個人的な味覚の問題なのでその辺よろしく。

| | コメント (0)

辛辛家 牛すじどんぶり弁当 (清水区)

昨日の昼ご飯は

20120520_002ここで購入した。場所は南幹線沿いの住所は草薙。清水第7中学校の近く。14時過ぎバイクで走っていて見つけた。この隣にあるとんかつのなかのに行こうと思ってその方を見ていた為、発見。とんかつのなかのはすでにランチの時間が終了していて暖簾が店の中に入っている。

初めは店の中で食べる店だと思っていたが持ち帰り専門店のようで・・・・。店に入るとベンチが用意されていて注文したものができるまで待つようになっている。牛すじ専門店で牛すじしかなく、チョイ辛・中辛・激辛・などがある。店の中のメニューを見ても何をどう頼んでいいかよくわからない。まぁとともかく牛すじ丼を注文。普通盛りの普通ののもという感じで注文したと思う。

20120520_004牛すじ専門店というだけあって牛すじ丼は美味い。付け合せの味付け玉子やネギとイカを炒めたものも美味しい。

牛すじどんぶり弁当500円。辛さは調節できるとの事。牛すじってもともとは安いものなんだろうけどね・・・。スーパーなどに置いてある場合なんかでも結構高いんだよね。だからこの値段は妥当だと思う。美味しかったです。

| | コメント (0)

泣いたらアカンで通天閣の印象

昨日から時間的には今日にかけて「泣いたらアカンで通天閣」を一気読みした。始めは大阪弁の文字の配列というか、聞けばわかるのだろうが・・・これだけの大阪弁を読んで理解するという事に手こずる(これは私だけかな)が慣れてくるとすいすいと読む進む事ができる。

大阪・通天閣・新世界は2007年~2009年の間に3回ほど行った事がある町。本を読んでいる途中でパソコンの中に入れてあるその時デジカメで撮った写真を見ながら読む。この時この串カツ屋に入ったのは事前にネットで調べておいてセットメニューがあったから面倒くさくなくて良いからという理由で味はほとんどどこも変わらないだろうと思っていたな~。通天閣登った後に鶴橋行って日本にまだこうゆう商店街があったんだと思ったり、焼肉屋の呼び込みが多く鶴橋で食べる気がなくなり布施に行って焼肉食べてその後、晃生ショー劇場行って・・・。懐かしい。最後に行ったのが3年前か。来月行こうかな?

などなど思い出しながら読み進める。坂井さんの前の2作品は作品そのものに引き込まれていった感覚だったが今回は大阪の下町というのだろうかそうゆうものに引き込まれていく感じがした。結局読み終えたのが今日の午前4時ごろ。今日1日ねむたかった。特に15時ごろかなりやばかった。

本来であれば大きな大事件事があっさりと書かれていてそれほど大きな事件ではないような事(日常とちょっとした事件)ががっつりと書かれている印象もした。

好き嫌いで言えば前作の「羊くんとおどれば」の方が好きだがまぁこれもこれで面白い本かな?という感じです。

あくまでも個人的な印象ですので・・・・。

| | コメント (0)

最近購入した本

ここ数年本屋で本を買うより、ネットで本を買う事が多くなったがここ1週間の間に2回も本を本屋で購入している。

これが現在まだ読んでいない。もしくは読み終えていない本。

20120517_006 このうちの「駆けてきた少女」以外は本屋で購入。「甘い鞭」と「苦役列車」は新宿の紀伊国屋で購入。13日の朝、やる事がなく9時30分ごろに池袋のホテルをチェックアイトしてそのまま新宿の紀伊国屋に行って開店と同時に入って面白そうな本はないかと探して見つけた2冊。後の2冊は昨日、近くの書店で購入。この日が「泣いたらアカンで通天閣」の発売日というのを知っていて書店に行ってみた。その書店になければネットで買おうと思っていたが新刊のコーナーに1冊置いてあった為購入。この本の作家についてはhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/11/post-5c3f.html

そしてこの本の横に何やら気になる本が置いてあり・・・購入してしまった。普段は文庫本しか買わないのにこの本のタイトル(事件でござるぞ太郎冠者)が気になり、本を開いてみると狂言の演目がずらりと目次に書いてあり・・・この演目を絡めてストーリーが進んで行くんだろうなと思い思わず買ってしまった。まぁネットで本を買う場合はこうゆう事がない。

まだ、読んでないので良かったのか失敗したのかは不明。ただ今現在で言える事は坂井希久子さんの「泣いたらアカンで通天閣」は今までこの人が書いた単行本の中では読みすすめていくペースが遅い。今までに2冊は読みはじめたら一気に読み終えてしまったが、昨日の夜から読んで昨日は50ページ程度で読むのやめてしまった。

まぁ私の好みの問題だが・・・・今後読むペースが早くなるか?このままか?途中読むのやめるか?どうなるか

| | コメント (0)

5月13日 横浜狂言堂の印象

まぁ今回は色々あって新宿から横浜能楽堂に向かう事になる。今回は茂山家の狂言という事で・・・。正邦氏が降板との事。理由としては千五郎氏の代役として他の舞台に立っているとの事。千五郎氏は今年に入って脳梗塞になってしまい・・・・と説明が千三郎氏が解説の時に話をしていたが・・・・。飛行機に乗ってはいけないって・・・急性期じゃあないんだから・・・まぁこれ以上ふれてもしょうがないので結果は正邦氏が降板でその変わりを今日もともと出演する事になっていたメンバーをフル回転させて対応していくようにする。

まずは千三郎氏の解説。濯ぎ川を中心に解説をしていてそれなりに面白かった。新作狂言が中々定着しない理由の一つに流行りを入れたり、登場人物を狂言方に合わせてしまうというのがあるという話があったが納得する。今回上演される濯ぎ川は昭和28年に初演の作品で59年目でそろそろ古典の中に入ってくる狂言というような解説もあり。

伯母ヶ酒:この狂言を観るのは初めて。狂言らしい狂言と言えばそうなのだが伯母というのはあまり狂言では出てこないような気がする。この狂言がつくられたのはどの時代なのかな?セリフに甘い酒・辛い酒というのが出てくるがどれくらい前から酒の甘い辛いというようなことを言うようになったのだろう?鬼(甥)が伯母を脅す時の足踏みの音・リズムが心地よいと感じた。

濯ぎ川:この狂言は何回か観た事がある狂言。これはドリフターズのコントだろという感じの狂言。今回は丸石やすし氏が男の役でなんか失礼ながらぴったりはまっているという感じがした解説によると丸石氏が男の役をやることは少ないとの事。千三郎氏の姑の動きがコミカルで面白い。演技が終わり最後に橋掛かりを小股の摺足でかけぬけるスピードはすごいなと思った。

まぁ印象に残っている事を適当に書いているだけなので、感想にも何にもなってないかも知れません。

| | コメント (0)

寿司処かぐら 鉄火丼 (横浜・桜木町)

13日のランチは横浜桜木町のびぉシティの地下2階にある「寿司処かぐら」で食べる。

時間等の都合で今回はここにした。この店は過去に2回ほど入った事があったがまだ鉄火丼を食べていなかった。この店はマグロ問屋が経営している店で鉄火丼を食べていなかったのはどうだろうと思い注文する。

待つ事5分ぐらいでこれが出てくる

2012051213_028この店でランチメニューを頼むとこの蕎麦がもれなく付いてくる。これが結構美味しい。その後すぐにこれが運ばれてくる

2012051213_029マグロはそれなりに美味しいです。問題はご飯の方。軽い酢飯になっていて・・・・。酢飯しにするならもっと濃くした方が良いし中途半端で・・・私は好きではない。ココの刺身定食やにぎり寿司など美味しいだけに少し残念な気がする。

鉄火丼800円。値段としてはこんなもんでしょうね。

| | コメント (0)

富士そば 朝そばといなり (池袋)

12日~13日に池袋駅近くのホテルに泊っている。そのホテルは結構奇妙なホテルで・・・。何にしても朝食を食べるところはホテル内にはなく外出して食べる。行ったところが「富士そば」24時間開いている蕎麦屋、昔は立ち蕎麦だったのだが今は座れるスペースが多くなっているので立ち蕎麦屋と言っていいのだろうか?でも私の印象としては立ち蕎麦屋なのだが

行ったのが8時すぎぐらいの時間で池袋の町はほとんど人が歩いていない。富士そばの中も客はカップル1組のみ。今回注文したのが朝そばにいなり寿司。食券を販売機で買いそれを調理場に出すというシステム。待つ事2分ぐらい出てきたのがこれ

2012051213_020うーん前回食べた時も思った事だがそばがネチネチしている感じがする。出汁はぬるいがそれなりに美味しい。いなり寿司は値段なりのものかな。

朝そば300円・いなり寿司120円。こんなもんかな。

| | コメント (0)

思い出横丁 「カブト」「若月」 (新宿)

12日夜、新宿TS劇場にいる。劇場から外出して夕食を食べに行く。行ったところは西新宿の思い出横丁にある「カブト」鰻の串焼きの店

2012051213_010一通りと日本酒の冷えたやつを注文。今日の一通りはえり3本・ひれ2本・きも1本・蒲焼1本の7本。写真はえりとひれ。えりは2本が普通のもので1本が硬いタイプのもので硬いタイプのものが好きかな。詳しくは前回行った時のをhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2012/03/post-815c.html

カブトには15分ぐらいの滞在で次の店に行く。本当はカブトのすぐ隣にある蕎麦屋に入りたかったのだが満席で2件ぐらい離れた斜め向かいにある「若月」という店に入る。「若月」は焼きそば・ラーメンを中心に出している店。ワンタンメンと餃子を注文。まず出てきたのが小皿に入ったラー油

2012051213_013これに自分で醤油を入れていくスタイル。餃子は冷蔵庫の中の既製品の箱?から取り出し焼き始める。待つ事5分~10分の間にこれが出てくる

2012051213_014ワンタンメン。麺は平打ちの自家製麺。この麺とスープが絶妙に合っていて美味しい。スープはしょうゆベースの甘味のある感じのものでどこかで飲んだことがあるような感じだが何処だか思い出せない。ワンタンメンが出て30秒も経たないうちにこれが出てくる。

2012051213_016餃子は既製品の箱から取り出していたので期待していなかったが結構美味しい。最近にはないニラとニンニクがバランスよく入っている感じで良い。ビールにも合うだろうな~という感じ。

カブト一通り1410円+日本酒400円。若月ワンタンメン550円+餃子350円。夕食合計2710円。こんなもんでしょう。

| | コメント (0)

塩逸品 五代目けいすけ こってり 塩ラーメン 白湯  (新宿)

12日、13日東京・横浜方面に出かける。まずは13日の昼、新宿ルミネエストの7階にある五代目けいすけという塩ラーメン専門店。以前から行きたいとは思っていたが今回初めて訪問する。今回頼んだのがこってりの塩らーめん白湯燻製玉子入り。注文して5分以内に出てきたのがこれ

2012051213_006この店独特の陶器に入ってくる。この中にスモークの香りを閉じ込めている。スモークは7種類で曜日ごと日替わりになっている。

2012051213_004 この日は土曜日でエルブドブロバンスとの事・・・よく分からないが良い香りがしたのは確か。蓋を開けると一気に良い香りがしてすぐ消える。ラーメンはこんな感じ

2012051213_007味は・・・濃い。こんな濃い塩ラーメンは今まで食べた事がない。濃い方が好きな私でも濃すぎという感じ。麺は中太のストレート麺でたぶん店のオリジナル。全体的にかなり美味しい。またこの燻製玉子が独特でメニューをみるとウィスキーオークのチップで薫製したものとの事で独特の苦みがあり良い。チャーシューは見た目通りの大き目の軟らかいもので良い。

デザートに塩バニラプリンというのを注文してみた。こちらは特になにという事はなくコンビニでもありそうな感じ

2012051213_008あと、店員の方はマニアル通りに動いている感じ。客をよく見ている。まるで監視されているようだった。もう少し遊びはほしい。まぁ客の11時の開店直後という事で客が少なかった事があるのだろうが・・・まぁ蓋をあけたらすぐ片付けるのは良いとしてラーメンを食べるのをやめてスープを飲み干そうか味が結構濃いのでやめようか考えているうちにプリンを運んできてどんどんラーメンを片付けるのはどうだろう?

塩ラーメン 白湯 燻製玉子入り980円・塩バニラプリン280円。塩ラーメンはもっとあっさりとしたものが好きかもしれない。あっさり味のラーメンを注文するべきだった。

| | コメント (0)

イタリヤ軒 四川味噌野菜ラーメン (清水区)

今日の昼ごはんは清水区のイタリヤ軒で食べる。イタリヤ軒と言ってもイタリヤ料理の店ではないラーメン専門店。この店の隣が「すぱけぃ屋」というスパゲティー専門店なのだが・・・まぁそれはさておいて・・・。

この店に来るのも数年ぶりだろう。店はカウンター席のみでジャズが流れている。今回注文したのが四川味噌野菜ラーメン。注文してから10分以内に出てきたのがこれ

20120505_002相変わらずのてんこ盛り。味は濃い目で美味しい。写真の右上に写っている容器の中に特製の豆板醤が入っていてそれをかけながら食べていく。麺に到達するまで時間がかかるがここの麺は自家製の太麺でそれほどのびていると事はない。ラーメンを食べているというより野菜とシャーシューを食べている感じになるがこれが美味しいので問題ない。

四川味噌野菜ラーメン950円。まぁラーメン1杯がこの値段だと少し高めという感じもするがこれ1杯食べると他のもの(ライス)などがいらないので全然問題ない感じ。ちなみにこの店にはラーメンメニュー以外はライスしかない。

四川味噌野菜ラーメン。納得できるランチでした。

| | コメント (0)

北條五代祭り弁当 (小田原駅)

昨日、3日20時30分ごろ小田原駅にいる。小田急線から東海道線に乗り換えるため小田原駅の小田急からJRに行く為の通路を歩く。ここには何件かの店があり駅弁を販売している店もある。この時点でまだ夕食を食べていなかった為、駅弁を買う事にする。この時間駅弁は半額セールをやっている。小田原駅の駅弁半額セールは何度も利用した事はあるがこれだけに種類が残っているのを見るのは初めてのような気がする。ぱっと見10種類以上はある。

その中でも食べた事のない駅弁が5種類以上。で今回買ったのがこれ

20120503_015後で調べたのだがこの日5月3日がこの小田原北條五代祭りの当日。その祭りの名前がそのまま駅弁の名前になっている弁当。中身はこんな感じ

20120503_019この弁当がどれくらいの期間販売されているかは不明。だがそんなに長くはないだろうなという感じ。けっこう変わったものが入っていて美味しいかった。特に写真上の段のものは美味しかった。金目鯛の西京焼き・大根の柚子風味漬け・玉子焼き・蒲鉾(左側)鶏肉の照り焼き・鯵のフライ・海老シューマイ・黒まめのじゃがいも餡(右側)一つ一つが美味しい。このごはんとも合っている。

小田原駅で購入後、家に着いてからビールと共に食べる。値段は定価1300円の半額で650円。内容などから考えて1300円ならそんなもんでしょうという感じで、650円なら絶対に買う駅弁という感じ。

| | コメント (0)

自由が丘 ミス・サイゴンスペシャルライブ

昨日、ミス・サイゴンのイベントが自由が丘の駅前であった。これは自由が丘スイーツフェスタのメイン会場でミス・サイゴンスペシャルライブをやるというもの。小雨が降る中、雨天中止の可能性があるなとも思ったが昨日、渋谷にいたため行ってみる。開始時間は16時20分との事。自由が丘駅に着いたのが16時ちょっと過ぎぐらい・・・「ブイドイ」が聞こえる。雨のため開始時間を早めたのか???。すぐ音楽が止まる。なんとリハーサルとの事。まさに公開リハーサルになっている。

この雨の中結構な人が集まっている。用意の良い人などはカッパを着ている。カッパか・・・考えつかなかった。制作発表会見の時は抽選で前の方で観たが今回は最後尾に近い方で観ることになる。まぁ観るというより聞く方が中心なので問題ない。

うーん今回司会の岡さん。かなり緊張しているようで本気で色々な事、間違えていた。まぁ気がついて他の方が訂正したところや自分で気がついて訂正されたところはあるがそのまま流れてしまったところが・・・・ミスサイゴンはセットの関係で東京では帝国劇場とあと博多座でしか出来なかった・・・・おい東京ではなく日本だろと突っ込みたくなったがそのまま誰もしてきせず流れてしまった。聞きようによっては問題ないのか?と今書きながら思っている。(ミス・サイゴンの公式ブログでこの辺の事を動画で見るが、全く問題ない。私の思い込み)まぁ笹本さんを紹介する時、知念さんと言ってしまったのは完全な間違いだが・・・・。役者さんならではの演出か・・・・。(動画を見るがこの辺は編集されている)司会は司会のプロの方の方が良いのでは・・・まぁこれも面白いが・・・。

あとインタビューの中でも聞きようによっては???というのがあったりミスサイゴンは好きで何回も観ているはずなのに○○の曲が多く使われているのを今回初めて知った・・・おい素人がミスサイゴン観ているわけじゃないよね?○○の曲使われているの舞台役者が何回も観てわからないわけないでしょう。自分が直前に言った事憶えてないと・・・・この方は○○の曲が多く使われている事を稽古に入って改めて感じたということを言いたかったんだろうと思うが・・・

「スペシャルライブ」という事でナンバーの中の5曲+アメリカンドリームが披露された。うーんやはりブイドイの本編ではないバージョン(女性アンサンブルが入る)が印象に残る。これ岡さんが歌ったらもっと違ったものになるのかななどと思ってしまった(岡さんのことばかり書いている気がするが私は特に岡さんのファンというわけではありません)

会場では今回限定という事で

20120503ミス・サイゴンのうちわが配られている。実物はカラーですが白黒写真で撮ってみました。

公演が始まる7月が楽しみです。

まぁ勝手に感じたことを書いてますのでかなり偏った感じになってますので・・・・。

| | コメント (0)

磯丸水産 渋谷道玄店

昨日、渋谷道頓堀劇場に行く。11時10分過ぎに渋谷駅に着く。まずは食事と思い行ったのが磯丸水産という店。24時間開いている店という事なので11時30分開店の店ではないので問題ない。(道劇は12時開演の為、11時30分開店の店で料理が出るのが遅かったり、道劇から距離が離れていると開演時間に間に合わない可能性がある)

店は道玄坂センタービルの6階。エレベーターを降りると目の前が店。基本が居酒屋で靴を脱いで下駄箱に入れるタイプの店。今日は祭日という事でランチの営業というのはしていない様子でランチメニューはない普通のメニューの中から

20120503_006マグロ2色丼とあら汁を注文。待つ事5分ぐらいだったと思う。出てきたのがこれ

20120503_007うーん確かにランチという事をやっていないのでこれでよいといえばよいのだろうが・・・水もお茶も出てこない。聞かれたのは「お通しどうします」・・・・。これ注文をした後に聞かれたこと。これ注文してお通しはいらねーだろ。その前にお茶でももって来い。ランチがないので準備してないならコップに水でもいいからもってこいと言いたい。

ビンチョウマグロにバチマグロの2つのマグロ丼で美味しい。ビンチョウマグロは下手に厚く切るよりこれくらい薄い方が良い。バチマグロは見た目すじがあり今ひとつかなと思ったが気になるようなものではなく脂も結構のっている部位で美味しい。ワサビもそれなりに良いものをつかっている感じでマグロにしっかりと合っている。ただごはんは硬すぎる。多分同じごはんを寿司(酢を加える)にも使うため硬めにしているのかもしれないが・・・。そらにしても硬すぎ。あら汁もかなり美味しい。結構具(魚)も入っていて味はすっきりしているようで濃いという感じ。要するに魚の出汁がしっかり出ていて臭みが少ないあら汁という事。あら汁によく入っているしょうがなどをほとんど感じない多分魚が新鮮だからできるのかな?。とにかく美味しいかったのは間違いないがあら汁は日によって味が違うのが普通なのでこの日は美味しかったということなので・・・・。

まぐろ2色丼655円・あら汁299円合計994円うーんこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »