« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

泉や 醤油ラーメン 牛すじ丼 (清水区)

今日の昼ご飯は「泉や」という店で食べる。場所は清水区の船越小学校の近くの大きな通りに面している。住所で言えば川原町。

店は居酒屋風な感じがする。もともと居酒屋を改装したのか?メニューはラーメン屋ぽいのだが定食屋という感じもする。看板は

20120430_004今日の私の気分としては半チャンラーメンだったのだがメニューにチャーハンがない。当然半チャンラーメンというメニューない。メニューの中に牛すじ丼があったためそのミニと醤油ラーメンを注文する。

注文してから5分ぐらいで先にミニ牛すじ丼が出てきた。

20120430_001牛すじ丼という事でもっと薄い肉がごはんの上にのっかっているものを想像していたがどんと大きな肉と玉ねぎ。味はかなり美味しい。牛すじに七味をかけて酒のつまみとしても良い感じ。良い感じというかメニューの中に牛すじがあるのでこれを出していると思われる。牛すじ丼を食べ終わり1分~2分ぐらいすると醤油ラーメンが出てくる

20120430_002 ラーメンは・・・・・。うーん中途半端で・・・・。ラーメン専門店の味でもないし、あっさりとした中華屋さんのラーメンでもないし・・・。変な脂が・・・チャーシューは大きくて美味しい。メンマは結構多めでそれなりに美味しいと思う。麺とスープの相性は悪くない。結論としては私はこのラーメン好きではない。

この店はラーメンより居酒屋や定食屋として利用した方が良いかなと思う。醤油ラーメン650円・ミニ牛すじ丼300円。

| | コメント (0)

タンフン フォーなど (清水区)

今日は予定通りに事が運ばず、何処にも出かけることなく過ごす。と言っても昼ごはんのため出かける。

行ったところは清水区南矢部にある「タンフン」というベトナム料理の店。午前中インターネットを見ていて清水区に新しいベトナム料理の店が出来ているのを知りでかける。

新しいといっても開店してから半年以上経っている。店の「タンフン」というのは店主(ベトナムの方)の子供の名前からきているとの事。場所は大きな通り(花みずき通り)から1本入ったところにありこの辺の道がわからない人にはちょっと見つけにくいかもしれない。

店に入ったとたんにベトナム料理のにおいがして・・・あーこのにおいひさしぶりという感じ。今回注文したのがAセット(鶏肉か牛肉のフォーと生春巻とチェーのセット)と揚げ春巻。

まず冷たいお茶か温かいお茶か聞かれたため冷たいお茶を頼む。お茶はハス茶。店に入ったのが13時30分頃で客は私しかいない。

注文して待つ事5分以内でまず生春巻が出てくる

20120429_004ライスペーパーがもっちりしていて美味しい。具の方も海老などが入っていてバランスが良い感じ。タレはちょっと甘すぎという感じはした。生春巻を食べていると

20120429_006が出てくる。鶏肉のフォー。基本的にあっさりした感じだが食べ進めるとコクが感じられる味。ベトナムで食べるフォーも日本で食べるフォーも鶏肉は結構美味しいというものが多いがここのは普通です。フォーを食べていると

20120429_007揚げ春巻が運ばれてくる。ビールにぴったり合う感じのもの付け合せの野菜ともぴったり合う。美味いです。これらを食べていると

20120429_008が運ばれてくる。チェーというベトナムで多分一番食べれれているデザート。まぁ色々なものを組み合わせる為、やる気になれば何千種類もの組み合わせができる。今回はバナナとタピオカのチェーにピーナツをふりカかけている。ちなみにこういう形のチェーもあります

200709281001_042この写真はホーチミンでどこかの店で食べたもの。いまだにチェーの定義というのがよくわからない。もともとは温かい食べ物だったそうだが(ベトナムでは現在も温かいチェーはあるそうです。食べた事はないが)冷たいものもそう呼ぶようになったらしい。

Aセット980円。揚げ春巻300円。フォー単品なら680円とかなりリーズナブルという感じがする(場所・内容を考えると・・・都内などでないとこういった料理は高めの値段設定の店が多い)

家からも近いし今後も利用していく店になりそう。なんといってもほとんどの料理がテイクアウトできるのが良い。

| | コメント (0)

4月22日~23日にかけてその他食べたもの

行きの新幹線の中で食べた朝食

2012042223_010

2012042223_011静岡駅で購入した東海軒の助六寿司。うーんこの旅行は寿司ばかり食べていたような気がする。道後温泉の宿「なにわや」で食べた夜食。コンビニローソンで購入

2012042223_090やはり愛媛に来たらポンジュースは外せない。じゃこ天もあらゆる処で売っている。家にもどってきても海鮮物ばかり

2012042223_131刺身の切れ端セットに鮭といくらの親子丼。これに合わせたのが地元三和酒造の純米吟醸「羽衣の舞」

2012042223_132これに写真は撮らなかったが鶏カツにアーモンド入りチーズにさきイカとこの酒+他の酒(全て日本酒)2合ぐらいを飲んで22日、23日食べたもの全て・・・番外編として道後ミュージックでアサヒのスーパードライ350ml。あっつこっちでペットボトルのお茶やコーヒーなどの飲んでいる。これでこの2日間で食べたもの飲んだもの全てだと思う。

だからどうってことないんだけど書いてみました。

| | コメント (0)

吾妻寿司 岡山駅店

愛媛からの帰り、岡山で昼飯を食べる事にする。岡山駅は1度降りた事のある駅でその時も昼ごはんを食べている。その時はバラ寿司を食べている。今回はママカリを食べたいと思っていて、事前に食べログなどを見て調べるが・・・月曜日休みの店が結構多い。2軒ほど行きたいと思える店があったのだが休み。結果として岡山駅の駅ビルの中にある「吾妻寿司」というところで食べる事にする。まず注文したのがランチのにぎり1人前。出てきたのがこれ

2012042223_117

2012042223_119ランチだけあってシャリが大きくネタが薄い。特徴は巻物かな中々静岡で生活していると見ない光物の酢づけと玉子の組み合わせで巻物を形成している。これがまた中々美味しい。いずれにしても駅ビルでこの内容でうの花と味噌汁が付いて840円なら悪くないと思う。次に単品でママカリと黄ニラを注文。いずれも岡山でなければ中々出しているところはないと思われるにぎり

2012042223_120黄ニラは梅肉のたれが付いており醤油に付けずにそのまま食べる。食感・味とも初めてのものでこうゆうにぎりもあるんだという感じ。ママカリは完成された味という感じです。次にめだいの昆布しめを2貫注文

2012042223_121これ、かなり美味い。以上が食べたもので会計が1520円。ランチ1人前840円・ママカリ260円・黄にら210円・めだい105円×2。まぁこんなもんでしょうという感じのランチでした。                                     

| | コメント (0)

なにわや 朝食 (道後温泉)

今回、泊ったのが「なにわや」という旅館?ホテル?私が泊った部屋はシングルルームでビジネスホテルぽい感じの部屋。角部屋というか6階には2部屋しかなく両方角部屋という感じだが四角という感じではなく建物に添っている感じ。広さはそれなりにありベッドもかなり大き目なベッド。

道後温泉という事でもちろん大浴場(道後温泉の湯)もありこの規模の(部屋が16部屋)旅館としてはかなり広く洗い場も10ぐらいあったし浴槽もかなり広い感じがした。朝も入浴したのだが私一人しかおらずゆっくり、ゆったり入る事ができました。夕方も私含めて3人しかいなかったためゆっくりゆったり入る事できた。

一番良かったのが朝食かな。ホテル等でよくあるバイキング形式ではなく、

2012042223_095和風の朝食。特徴は味噌汁麦みそを使っているという事で普通の味噌とはちがった甘さがあり美味い。ポテトサラダもコショウかな絶妙な味付けで美味しい。

2012042223_096こちらは食後に飲んだコーヒー味は何の変哲もないコーヒーだがカップがすてきな感じ。

部屋に置いてあった雪駄が私には小さめでそれをフロントに言うと大きめの雪駄と大きめの浴衣まですぐにもってきてくれたり、ロビーが広かったり良いとこの目立つホテル。ただ一つテレビが小さかった。まぁ本来、温泉中心という事でいいと思うのだが部屋はシングルルーム。1人で過ごすという事。それを考えるとあの大きさ、ベットからの距離考えると小さいかなとは思った。

楽天トラベルから予約で1泊朝食付で6000円(日や時期によって違うはず)クーポンやポイントなどを使っていくらとは書かないが5千円台前半で泊まる事ができた。値段等からかんがえても良いホテルだったという感じ。

| | コメント (0)

すし丸 道後店 (愛媛県松山市)

まぁ、なんだかんだで夕食は道後温泉街にある「すし丸」というところで食べることになる。今回泊まったところは「なにわや」というところでそこでも夕食付きのプランもあったがいつものように夕食はなしのプランにして他の店に食べに行く。

道後は今回で4回目。1回目は旅館で懐石料理を食べ、2回目・3回目は蔵元経営の「にきたつ庵」で食べた。今回はすし屋という事で「すし丸」というところで食べる。

まずは飲みものという事で・・・寿司には日本酒以外考えられない(寿司だけでなくなんにでも日本酒という話もあるが)為、日本酒のメニューを見る。冷酒が8種類。全てが愛媛県の酒との事。で名前が面白かった「話せばわかる」という冷酒にしてみた。出てきたのがこれ

2012042223_070雪雀の生貯蔵酒。なぜこれが「話せばわかる」という名前なのかはわからない。特にラベルに書いているわけでもないし・・・。ただ松山駅の前にあるコンビニでもこの酒「話せばわかる」と表記されている。帰ってきて蔵元のホームページで確認するが「話せはわかる」という名前の酒。味は酒としては良い酒だと思います。ただ寿司に合う酒かというとちょっと強すぎる(辛い)感じはする。肉料理に合う感じの酒。酒の選択は失敗した感じだが許容範囲内かな?

次に頼んだのがこの地域の名物と言っていいだろう「ほうたれ鰯」関東でいうカタクチ鰯の刺身。メニューには天ぷらも同じ値段であり。

2012042223_072身がしまっている感じで美味しかった。次に頼んだのもこの地方名物のじゃこ天

2012042223_075_2次に頼んだのが鯛の皮ぽん酢

2012042223_077これもこの地域名物の鯛を使ったもので美味しい。この後この時期旬なものを握りのセットにした「磯遊び」というものを注文

2012042223_081かつお・さより・中とろ・玉子・海老・タケノコ・蛸・鯛・アナゴこれにお吸い物がついてくる。寿司はタケノコが美味しかった。

会計は4330円でメニューの表記どおりでお通しとかもない。まぁ座った場所が悪く照明が暗く感じ、注文もしずらい感じで・・・あくまでも位置関係。直接板さんに注文してもいいがそれには距離がある感じだが店員がこちら側に全く来ない。細かい事だが気になる点は多い店でした。

| | コメント (0)

アサヒ 鍋焼きうどん (愛媛県松山市)

12時10分松山駅着の予定が14時15分ごろ松山駅着になりそこから昼飯を食べる事になる。予定では鍋焼きうどんのはしごをする予定だったのだが・・・時間的に不可能となり1軒のみとなる。

松山市にはこの5年で3回来ていて今回で4回目となる。前回、道後の普通のラーメン屋(特に鍋焼きが美味しいという店ではない店)http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/08/post-4b2c.htmlで食べて美味しかったのを憶えている。その鍋焼きの専門店。メニューが鍋焼きうどんといなり寿司しかない店。

結局「アサヒ」に入った。もう1軒本当に近くに「ことり」という店があったのだが通りから「アサヒ」の看板が見えて時間も本当になかったためそのまま入った。

席に着き注文をきかれる前に「鍋焼きうどん」と注文する。待つ事5分ぐらい出てきたのがこれ

2012042223_039

2012042223_040うーん美味い。私は個人的には讃岐うどんより好きかな。讃岐うどんも美味しいとは思うがこの甘い出汁にこのなんだろうコシがないというかそれほど強くないうどんがすごく合っていて好き。

鍋焼きうどん500円。美味しかった。できればもう1軒行きたかったが・・・今回は無理でした。

| | コメント (0)

清水駅~松山駅

昨日~今日にかけて愛媛県の松山市に行ってきた。目的は道後ミュージック。

もともとは飛行機で行こうと計画していたのだがまぁ色々考えている(宿泊するところなど)うちに気が付くと料金がかなり上がってしまっていて(航空運賃というのは直前になればなるほど割り引き料金が使えなくなり結果的に高額になる)新幹線と特急電車を使って事になる。

昨日・・・そう中国地方・四国地方は天気が荒れていて・・・。岡山駅までは新幹線で予定通り。その後特急に乗る予定が風が強いとの事で運休

2012042223_016快速電車で瀬戸大橋は渡ることが出来たが四国に渡ってからも特急電車が50分待ちとか各駅電車も乗り継ぎがない状態。特急電車にやっと乗れたが途中の伊予三島駅~新居浜駅が強風の為不通、バス代行になっている。電車が不通でバス代行でバスに乗るというのは初めて。

2012042223_025バスに乗って約40分無事新居浜駅に着きそこから特急電車に乗り松山駅にたどり着く。約2時間遅れ。その2時間でやろうと思っていたことがほとんど出来なくなる。

| | コメント (0)

ミス サイゴン 制作発表会見を見に行く

昨日、ミスサイゴンというミュージカルの制作発表会見に行った。ミスサイゴンは2004年に6回。2008年に5回観ている。

20120410_0032004年版のパンフレット2種類と2008年度版パンフレッド2種類

ミュージカルでオペラ座の怪人と共に1番好きのミュージカルだ。そのミュージカルが今回新しい演出になって公演されるとの事。

今回、制作発表を一般の人に公開するという事で行く。まぁ当然、誰でも自由に入れるわけでもなく、これ

20120409_002をもっている人間しか入れない。これは制作会見発表参加券付きチケットを買うと付いてくる。ぴあは抽選だったのかな?とりあえず私は東宝ナビサーブで購入。こちらは先着順との事だった。

会場に入ってテーブルの上においてある封筒を撰ぶとそこに今日座る席が書かれたチケットが入っている。なんと6列目。1列2列はマスコミ関係者なので・・・すごい前の方でモニターではなく生で見てしっかり表情まで見れる席。まぁ制作発表なので表情はあまり関係ないという気もしないでもないが・・・。

12時30分~13時30分まで良い時間を過ごさせてもらいました。なんといってもナンバーの披露が聞き応えありました。特に「ブイ・ドイ」が今までに聞いた事のないもので・・・「ブイ・ドイ」はジョンと男性アンサンブルで歌っているものしか聞いたことがなく(ミュージカル中ではそうゆう演出)今回女性アンサンブルも入って歌っていてすごい幅があるというか良い感じでした。もしかしたら新しい演出ではこれになっているかもしれないと思う私がいる。あと知念里奈さんと木村花代さんの「今も信じてるわ」も良かったです。特に知念さん良かったです。今回キムをやられる中で私が一番観ていないキムが知念キムで多分1回しか観ていないはず・・・。

ここからは制作発表には直接関係ありませんが・・・エンジニアが市村さん1人とは・・・私は個人的には橋本さとしさんの怪しげの雰囲気のエンジニアが好きなのですが・・・まぁ大半の人がエンジニアイコール市村正親という人が多いだろうし客は絶対にこっちの方が入るだろうな。

キム役の3人も2004年からやっている3人。キムの年齢設定は17歳~21歳だよ。2004年からもう8年も経っている新妻さんや知念さんは30代だよ。笹本さんもそれなりになっているはず。歌も上手いし演技は良いので問題はないがもっと新しいちょうどいい年代の良い女優さんはいないのかねー。と思う私。一方でこれだけの役できる人中々いないだろうなと思う。そう考えるとこの3人はそれなりの年齢からキムという役をやっているんだからすごいですよね。

まぁなんにしても新演出によるミスサイゴン期待してます。

| | コメント (0)

川信 うな丼定食 (目黒区・都立大学駅)

昨日、東京の目黒にいる。目的地は都立大学駅近くにある目黒パーシモンホールというところ。ここでミュージカル「ミスサイゴン」の制作発表があり一般の観客もその会場に入れるというものそれに関しては後で書くとして開始時間が12時30分という事で昼ごはんを食べてから会場に入る事にする。
今回は行ったのが川信といううなぎ屋さん。

20120409_011 この日の前の日横浜でウナギを食べる予定だったのが店がなくなっていて食べれなかったのが影響して今日は食べるぞと会場近くのうなぎ屋をネットで探して行く。場所としては都立大学駅から3分ぐらいのとこで方向としても会場へ行く方向で大通りからちょっと中に入ったところにある。

11時20分すぎに店に着く。のれんがかかっていた為、入ってみると店の中は暗い。「まだ準備中」との事で11時30分から営業のようだ。
まぁもう少しで開店の為、「あ、いいですよ」という事で客席の電気をつけてもらいランチの「うな丼定食」を注文。店は準備中というい事で捌いたばかりと思えるうなぎが銀色のトレーに乗っているのが見えた。
それから待つ事25分ぐらい。電車の中で読んでいた単行本を読んで待つ。
出てきたのがこれ。

20120409_007 うな丼・肝吸い・漬けもの・切干大根。

ご飯、ウナギとも熱々・・・熱々すぎるくらいで・・・。基本的に美味しいが全て平均という感じがします。それほどふっくらしているわけでもなく香ばしさが強いわけでもない。普通の特徴がないうな丼という感じです。
このお店食べログなどによるとランチなどでは結構リーズナブルにうな丼を提供していたようですがこのウナギの値段高騰にともない現在は1400円という値段で出している。

20120409_009 うーんランチとしてはどうしてもウナギを食べたいという時でないとこの値段となってしまうと手を出さないかな。

| | コメント (0)

4月8日横浜狂言堂の印象

今日は第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂が行われる。

今回は山本東次郎家の狂言。今日の狂言はあっさりとしてうてそれでいて型と声がしっかりとしている狂言という感じですね。

船渡聟・・・この狂言は大蔵流と和泉流の狂言が登場人物・内容共に違っている狂言で最近(ここ1年以内)は和泉流の三宅派のものを2回ほど観ていてDVDも万蔵家のものを持っているため船渡聟というと和泉流のものが印象に残っている。以前にも山本家のを観た事はあるが数年前で記憶があやふやで・・・最後の東次郎氏の解説を聞いて狂言って奥が深いと思う私がいる。結局のところ細かい部分まで言葉がわかっていないから大体こうなんだろうと思っているだけでこうだとは自分の中で断定していないので(断定できるだけの能力がない)この狂言の1部しかわかっていない。そうゆう事なんだよね。まぁそれでも良いと思っているで・・・だから印象なんだよね。感想ではないのです。何年狂言を観てもわかってないんだよね・・・。

鎌腹・・・この狂言も何回か観た事のある狂言。この狂言も和泉流と大蔵流と少し違う狂言だが内容、登場人物は同じ。則俊氏の滑稽ぶりというか情けなさが客の目をひきつけている感じがした。この狂言の解説はちょっと飛躍しすぎかなという感じはした。考え方というのはいくらでもあると思います。この太郎が小作人というのはどこから解釈したのか?その前提がなければ全然違うものになる。ただに家に帰りたくないのかもしれない。それを本人はあっちでも泊まっていけ、こっちでも泊まっていけと言われていると嘘(見栄を張っている)をついているかもしれない。ほとんどの本(人)がそうゆう解釈だと思うが・・・。狂言というのは色々な考え方ができるのが良いと思う。

ほとんど東次郎氏の解説を聞いていないと何を書いているかわからないものになってしまってます。聞いた人でも何を書いているかわからないかも・・・・。

まぁ感想ではなく本当に印象なので・・・・。

| | コメント (0)

重寿司 ランチにぎり (横浜・桜木町・紅葉坂)

今日、最終的にランチで入ったのは「重寿司」このブログでも3回目の登場という事で・・・。ムチャクチャ小さな店です。

20120408_001これに帆立と玉子の握りと鉄火巻きとかっぱ巻きに

20120408_002にお吸い物がついて800円。別に出してくれた玉子は出来立てとの事だがすでに冷たいhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/02/post-72ef.htmlhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/09/post-4077-1.htmlと変わらない。日によってネタはあきらかに違うのはわかるが・・・・。 

| | コメント (0)

野毛 江戸っ子 閉店

今日は第2日曜日という事で横浜能楽堂へ行く。狂言については別に書くとしてショックな事が・・・。野毛の江戸っ子という店http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2009/10/post-535a.htmlがなくなっている。改装工事をしていて違う店の看板が掛かっている。

20091011_008写真は2009年10月のもの

この店に入ってこの「うな丼1000円程度中心に」というカテゴリーを作ったのだがその店がなくなっている。結局1度しか入る事はなかったが今のところこの店が価格など考えると鰻屋の中では私は1番良い店だと思っていたのだが・・・・。移転という事は・・・。確か本店は持ち帰り専門の江戸っ子商店。そっちの方はどうなってんだろう?鰻の値段が上がってやめてしまったんだろうか?うーーん残念。あの昭和の雰囲気好きだったんでけど・・・・。

(平成24年8月追記。7月に中区長者町8丁目でテイクアウトと食事両方できる店で復活したもよう。)http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2012/08/post-cf7c.html

| | コメント (0)

蕎麦屋でチャーシュー麺弁当 青柳 (清水区)

今日の昼ご飯は蕎麦屋でチャーシュー麺弁当というものを食べた。

入った店は約3年前に入っている店「青柳」という清水銀座の一番はずれの方にあるお店。前回も同じものを注文している。http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2009/05/post-e897.html今回は3年前の器とは違い極普通の器で出てくる

20120407_011麺はストレートの細麺でスープは鰹だしのきいたスープで美味しい。チャーシューは厚みのあるあまり最近のラーメン屋などではほとんどない脂がほとんどない歯ごたえがあるチャーシューで美味しい。麺が少し茹ですぎだったがそれ以外は本当の美味しいラーメンだった。

| | コメント (0)

寿司処 かぐら 刺身定食 (横浜・桜木町)

昨日、池袋ミカド劇場へ行く。その途中に買い物があって横浜・桜木町に行く。そこでランチを食べる。行ったところは以前にも言った事があるhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/10/post-5197.html「寿司処かぐら」に行く今回注文したのは限定10食の刺身定食というもの。

時間的に12時30分ごろという事もあり店は結構混んでいて店員はカウンターの中に板前が1人に配膳に女性1人でその板前さんが全ての注文に対して握っている為、思ったより料理が出るまで時間がかかった。と言っても10分程度だったと思うが・・・まずはこれが運ばれてくる

20120401_013これはどのランチにも付いてくる蕎麦。これが意外の美味しい。これが出て食べ終わる頃にこれが運ばれてくる。

20120401_014

20120401_015・・・舟盛りで運ばれてくる。マグロ・ハマチ・ホタテ・しめサバ・たこ・いか・サーモン・甘エビ・アジ・厚焼き玉子の10種類。味はまぁまぁかなそれほど特徴のあるものはないが10種類この量で1000円は満足できる内容かな。ここは寿司屋だが、ご飯は酢飯ではなくが普通の暖かいご飯をこの定食に関しては出している。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »