« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

とんかつ みずぐち (清水区)

今日は2月29日。4年に1回ある日。月末で仕事が忙しい。

いつも思うのだが年度末の3月より2月の方が書類が多いと思うのは私だけだろうか?まぁ実際に2月の方が多いのだが・・・後は4月に入ってからというものが多い。

とにかく忙しいのだが定期受診を2月末日に入れてしまった・・・。詳しく書いたのだがこれを書くとまずい事になるのでやめておきます。

ともかく今日の昼ご飯を食べたのが「みずぐち」というとんかつ屋さん。清水区の江尻東・清水銀座の近くにある店。あるものを注文。注文して5分以上10分以内に出てきたのがこれ

20120229_006_2

20120229_007 どこから見てもヒレカツにしか見えない。しかしこれは

20120229_008看板の一番下もメニューまぐろカツ定食。という事でマグロを揚げたもの。マグロがきちんと処理されていて全く臭みなどなく、クセがなく物足りない感じすらする。(私の感覚です)歯ごたえも当然だが豚肉よりも軟らかく噛みごたえがない。かといってふにゃふにゃな感じではない。

ソースはとんかつソース系ではなく結構サラサラのウースターソース系を出される。料理が出たときのソースはこれどうぞと出されたものをかける。後で分かるのだがこの店2種類のソースがありそのソースが全く同じ容器に入っているため客には見分けがつかない(常連になれば分かるかも知れない)料理によって出すソースを変えている感じ。今回たまたま両方の容器を使う事になり気が付く。またそれとは別に透明の容器に入っているソースもあった、もしかして3種類のソースがあるのかもしれない。

店は年配の夫婦(夫婦であることは確かめていないが)でやっていていい感じです。夜は居酒屋という感じでつまみのメニューが貼られている。店はそれなりにネンキが入っていて昭和を感じる。

まぐろカツ定食650円。この内容・値段なら良いランチだと思う。

| | コメント (0)

ブラン・オーシャン (清水区)

会社関係の行事があり清水テレサの8階にある「ブラン・オーシャン」という店に行く。この店は2年前にやはり会社の新年会で行っている店http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/02/20100206-de08.html

私が着いたのが宴会が始まる直前で

20120225_006が席の目の前に

20120225_007がテーブルの上に置いてある。すぐに挨拶や乾杯があり乾杯直後に

20120225_008が運ばれてくる。今回ビールはサッポロの黒ラベル。乾杯の1杯を飲んだ後、日本酒に切りjかえる。今回も飲み放題で飲み物が置いてあるところに行って店員に注文するかたち。日本酒は地元三和酒造の本醸造の臥龍梅の1升瓶が置いてある。それを本来であれば店員に注文して注いでもらうのかもしれないが混んでいたためそのまま自分でコップに注いで席に戻り飲む。臥龍梅の本醸造を飲むのは多分初めて。この料理に負けないだけの力がある感じの酒。

その後ゲームなど参加で席を離れるその間に

20120225_009

20120225_010がテーブルの上に運ばれている。

20120225_011このローストビーフが美味しかった。日本酒より赤ワインの方が合うかなという感じだったがそのまま日本酒を飲み続けた。これを食べていた頃、日本酒が花の舞酒造の本醸造の「つう」に変わっている。臥龍梅の1升瓶が空いたようで次に出てきたのが「つう」。臥龍梅と比べてすっきりしている感じでこの手の料理に合わせるには弱い感じだなと思っていたら(臥龍梅が常温でつうが冷蔵庫から出してきた感じで冷えていたから余計にそう感じたかもしれない)

20120225_012が出てくる。まさか日本酒に合わせたわけではないと思うが・・・・。次に

20120225_013で終了。なんかゆっくり食事というより忙しくガヤガヤした感じで・・・まぁ宴会だから良いのですが・・・。

多分このメニューはこの店のパーティ用のメニューだと思うので普段店で出しているメニューではないと思います。あーあそれにしてもちょっと飲みすぎてしまった。

| | コメント (0)

香港亭 西川口店 麻婆豆腐定食

昨日、西川口にいる。西川口はほぼ3年ぶりという事になる。その頃、集中して来ていたが最近は全く来る事がなかった街。西川口と言えばあやしい店が沢山ある街というイメージがあるようだが私が初めて行ったころはもうそうゆう感じの街ではなかったが・・・。まぁ私が行くのも広い意味ではあやしい店だが・・・。まぁそれはともかく西川口に着いたのが11時30分過ぎ。まずはランチという事で今日入ろうと思っていた店が社員研修とやらでランチの時間帯休みとの事で急遽ランチを食べるところを変更。以前に入った事のある店に入る。

香港亭というでチェーン店らしいが私はこの西川口にある店しかしらない。中華の定食が600円~700円で食べられる店で結構美味しいという感覚が私はしている。

今回注文したのは日替わりのAランチで今日は麻婆豆腐定食でBランチが豚肉とニンニクの芽の炒め物定食でそれらが600円で他の定食20種類ぐらいあるのかな?もう少し少なかったかもしれない。それが700円。

店に入ったのが11時40分ぐらいだったと思うが店は7割~8割の席が埋っている。

Aランチを注文してから5分ぐらいで出てきたのがこれ20120222_016_6

私はかなり好きな味の麻婆豆腐。豆板醤などの味が強くそれでいて山椒が少しきいているという感じの物で昨今流行っている四川風の山椒ががっつりきいているタイプではない。

店員は私が見た限りではみんな外国人(多分中国人だと思うが)で外国人なまりの日本語を話している。

コーヒーと杏仁豆腐がセルフサービスで無料になっている。

20120222_019

これ結構美味しい。これを含めて600円と考えるとやはりリーズナブルで美味しい店という事になるだろう。美味しかったです。

| | コメント (0)

シネマ歌舞伎 「海神別荘」の印象

印象を言えば奇麗な歌舞伎ですね。まるで宝塚歌劇を観ているような感じでした(宝塚歌劇はファントムを数回観ているだけなのでイメージですが)

これが歌舞伎か?という質問を映画でも本編が始まる前に玉三郎さんにしていたが・・・本当にそんな感じもする。まぁ「大江戸りびんぐでっど」が歌舞伎というのだからこれも方向というか感じはかなり違うが歌舞伎なのだろう。初演は新派公演で昭和30年のことだったとのこと。まぁその当時こんな感じのものだったかは分からないが・・・。

この海神別荘は平成21年に7月に歌舞伎座で上演されたものでその頃は歌舞伎を観に歌舞伎座とか行っていたので(一幕観が多かったが)ネットなどでチラシなどは目にしているはずなのだが全く記憶に残っていない。

海老蔵さんがすごく男前でかっこよい。ここまでやると結構違和感があっても良いと思うのだがそれがないというのがすごいと思う。玉三郎さんも奇麗で・・・どこかの人間国宝の女形と違ってシネマ歌舞伎でも違和感がないというのがすごいと思う。年齢も60歳を越えていてあの美しさというのはすごい。

シネマ歌舞伎は1月から泉鏡花原作の坂東玉三郎が出演するものを3作品を上演していて1月が「天守物語」2月が「海神別荘」3月が「高野聖」1月の「天守物語」は観に行っていない。「海神別荘」は今回観た。「高野聖」が公開される3月17日頃は多分忙しいく観に行くのは難しい。夜上演してくれれば良いのだがこの手の物は昼間の1回上演のことが多く1週間か2週間で終わってしまう。そうすると観れない事が多い。映画を観に行く為に有給休暇をとるのもなんだし・・・という事になってしまう。まぁしょうがないのだが・・・・。

| | コメント (0)

清水すし処 海

今週末は何の予定もなかったが今日よりムービックス清水でシネマ歌舞伎「海神別荘」が公開されるのをネットで見て出かける。12時よりという事でまずはドリームプラザ4階にあるムービックスに行ってチケットを買う。その後、昼飯を何処かで食べようと1階にあるすし横丁に行く。今回入った店は「清水すし処 海」という店。限定30食と書かれていた10貫のランチを注文。

店はカウンターが20席ぐらいかな?そのほかに奥のほうにテーブル席がある。時間が早かったせいかカウンター席は私が一人だったが団体客が入っていたのかカウンターの中では3人のすし職人がかなりの人数分の寿司を握ってそれを奥の方へ運んでいたが・・・。奥ではなく2階かもしれない。まぁそれはさておいて注文してから5分ぐらいで出てきたのがこれ

Photoなぜか湯のみ茶碗と割り箸の袋が築地寿司岩になっている??ここって「海」というすし屋になってけっこうというかかなりたっているはずだが・・湯のみはまだしも割り箸の袋までそろって築地の寿司岩ってどうゆうことだろう?

2マグロが3貫。特に違うマグロというわけではなく多分メバチマグロだと思う。うーん回転すしぽいかな?生しらすはどこからもってきたんだろうこの時期何処でもしらす漁をしていないと思うが・・・冷凍ものかな?こはだ?なんだろう、しょぼいという表現がぴったりかな。まぁ金目が入っているというのが救いかな。

これで1260円。こちらはhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/10/post-49cf.html東京銀座で1200円。まぁここのブログの寿司屋というカテゴリーを見てもらえば分かるがランチの時間帯で1200円も出した場合もっとましなもの出てくると思うが・・・700円800円なら、まぁこんなもんかなと思うが・・・・。

| | コメント (0)

東京駅で寿司と日本酒を買う

現代狂言Ⅵからの帰り千駄ヶ谷で何か食べようと思っていたが思っていたより公演時間が予想より長かったため中止で東京駅で何か買って電車の中で食べて行く事にする。

今回買ったのが一Fグランスタにある築地寿司清で持ち帰り用に販売している寿司を買う。去年の10月もここで同じ物を買っているhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/10/post-cade.html前回と同じ1300円のものだが今回はトロ巻きの上にトロが乗っかっている。

20120212_020うーんまぁこんなもんでしょう。という感じで今回、日本酒(東京駅地下のグランスタの酒屋で購入)を合わせたのだがこれが今一つだった。銘柄当は書かないが1合の瓶にはいったもので・・・今回に関してはビールの方がよかった感じがした。

| | コメント (0)

現代狂言Ⅵの印象

昨日(2月12日)国立能楽堂で現代狂言というものを観た。

これは数年前日本テレビでやっていた通称ウリナリという番組の中でやっていた狂言部というものが発展してきたものだと思う。何度か観るチャンスはあったのだが実際に観るのはこれが初めて。

鈍太郎:鈍太郎を狂言方の野村万蔵氏・妻を南原清隆氏・妾を平子悟氏で演じている。万蔵氏は職分だし当主でもあるので違和感がなくて当たり前なのだが南原清隆氏や平子悟氏それほど違和感がない。才能と努力なんだろうなと思う。全体を通しての話だがもう1曲ぐらい古典狂言を観たかった感じはするが・・・ドラゴンキャッスルが長かっただけに無理だなとも思う

ふう太郎:鈍太郎を現代にもどいた作品という事で・・・野々村真氏が主役のふう太郎・妻が中村豪氏・娘が市川由衣さん基本的にこの3人で展開していき他に住職がドロンズ石本氏・客が2人で石井安太氏・大野泰広氏。最後はブラックユーモアと終わるという感じで後の事は客の方で勝手に考えてくださいよ的なところが狂言ぽいといえば狂言ぽい。まぁ奇想天外ぽいが実は何処かの部分で常識的だったり・・・・笑えたことは確か。不思議な感じでした

ドラゴンキャッスル1.1:うーんまず思ったのがこの前に演じられた「ふう太郎」も含めての話だが80年代後半に下北あたりの小劇場で劇団員が10人もいない本当に小さな劇団一生懸命やっていたものをものすごいメンバーでやっているという感じがした。近未来に対しての警告。コンピューターで人を管理する、それに疑問を持つ人間が出てくる。すごい豪華なメンバーで80年代の小劇団がやっていた事を狂言の要素を入れながらやっているという感じが私にはした。感動まではいかなかったがすごくよかったです。

年に1回ならこうゆう現代狂言と名づけられたものを観るのもいいのかなと思う自分がいる。まぁ何でも観て見なければ分からない。この日は本来では第2日曜日という事で横浜能楽堂で横浜狂言堂にいる予定だったが萬斎さんが出演するとあってかどうかは不明だがチケットを取ることができずにこちらのチケットを買う。まぁ何が幸いするかわからない。

| | コメント (0)

瞠 味玉ラーメンとコロッケ蕎麦 (池袋・熱海)

昨日、12日東京に出かける。目的は国立能楽堂で行われる現代言Ⅵを観る為。現代狂言Ⅵについては別に書くが16時という結構中途半端な時間に公演という事でその前にミカド劇場に行ってから行こうという事で・・・1回目が終わるのが15時にはならないと思うので11時30分までに入れば一通りは観れるという事になる。そうすると昼飯は劇場に入る前という事になり、家を出る時間を逆算していくと6時30分には出なければならない。

人によっては大した時間ではないかもしれないが私にとって特にこの寒い時期は結構大変な時間。という事で朝ご飯は家では食べず駅の立ち蕎麦を食べる事となる。食べたのが熱海駅のコロッケ蕎麦。

20120212_002 以前もこのブログで書いた事があった。コロッケに蕎麦の汁がしみこんで結構美味しいかなという感じ。

次に食べたのが池袋にある「瞠」というラーメン屋。1度ミカド劇場に行って席を確保して外出する。開店の11時と同時に店に入る。今回注文したのは味玉ラーメン。待つ事5分程度で出てきたのがこれ。

20120212_005 魚介系を前面に出したスープで店の中にはカツオや宗田節を大量に使った出汁で科学調味料は使っていないなどの張り紙がしてある。ラーメンに大量のだし粉(静岡おでんなどにかけるかつお節などを細かくした粉)を入れた感じ。ココまで魚介系を前面にだしたラーメンは初めて食べる。これはこれで一つのラーメンの形なのかなという気がする。メンマも大きく太く自家製と思われる。麺の量は普通盛りか中盛りで選べてスープもこってりと普通と選べる。これは中盛りの普通。

味玉ラーメン850円。まぁこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

中華料理 異邦人 (清水区)

今日の昼飯は清水区の有度第一小学校の横というか隣にある「中華料理 異邦人」というところで食べる。この店もかなり前からあるのは知っていたが入るのは初めて。昔「異邦人」という久保田早紀さんという方が歌った歌があったが・・・・意味としては外国に定住(長く滞在する)する外国人。

この店をやっているのはどう見ても日本人に見えるのだが・・・。店員は2人いて夫婦という感じ。メニューは結構豊富でラーメン屋さんというより店の名前の通り中華料理という感じはするが店の感じとしてはラーメン屋という感じ。今回Aセットというものを注文する。ラーメン・餃子・ライスのセット。注文して7分ぐらいで出てきたのがこれ

20120211_001ライスが茶碗などでなく炒飯を入れるような器で出される。ラーメンはそのまんま町の中華屋のラーメンという感じのラーメンでそれなりに美味しいわかめが入っているのが特徴かな?濃くもなく薄すぎることもないという感じ(私の好みではもう少し濃い方が好きだが)ライスも平均という感じで御飯が硬いということや軟らかいということもなく普通に美味しい。餃子が具が結構入っていて野菜の味がしっかり残る感じで美味しかったこちらは単品で頼んだ場合400円という事なのでこの大きさや具の量や6個という事を考えるとお徳で美味しいという感じかな。

Aセット900円。まぁこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

2月8日 踊るとオペラ座 

いつのまにか踊るFINALが動いている。もう始まっているだろうなとは思ってはいたが制作ブログもできている。毎日メールはチェックはしていたのだがお知らせなどはなかったようだ。今後監視していこうと思う。

今日というかこれを書き終える頃は昨日になっているがオペラ座の怪人25周年記念公演初回限定版のブルーレイが届く。1月25日発売で2月5日頃にはネット上のほとんどのショップで売り切れになっていたもので現在手に入れようとするとかなり大変な感じの物。

20120208_005うーん映画館で上映されていたものと違う感じが・・・明らかに違う。確かに同じ劇場で撮影されたものだがブルーレイの方が登場人物のアップなどが多く全体を撮っているシーンが少ない。なんか物足りないような気がする。多分、映画館で観なければそんなに感じなかっただろうが・・・・。観てしまっているものは仕方がない。まぁ普通は見られないような角度からも撮られているという事で良しとしよう。

| | コメント (0)

菊華飯店 (神奈川県大和駅)

大和ミュージックを19時40分がろ出て大和駅周辺を夕食を食べるところを探して徘徊する。まぁ色々な店があったが最終的に入ったのが「菊華飯店」という中華屋。

結構定食ものなどがリーズナブルな価格である感じの店

20120204_017

20120204_018マーボー豆腐も良いがサンマー麺があったためサンマー麺と炒飯のセットを注文。待つ事5分ぐらい出てきいたのがこれ

20120204_022 サンマー麺と炒飯がハーフサイズで出てくるというもの。ハーフサイズが2品で1人前という感じで量的にはちょうどいい感じ。お腹が空いていたら少し少ないのかなという感じもする。

ここのサンマー麺、美味い。特にスープが美味しい。これに溶き卵入れて卵スープ作ったらムチャクチャ美味いだろうなと思う私がいた。

サンマー麺と炒飯セット790円。美味しかったです。

| | コメント (0)

魚貝亭 大和店 (神奈川県大和駅)

昨日、4日神奈川県大和駅周辺にいる。目的は大和ミュージック劇場。劇場に入ったのは11時30分ぐらいでちょうど1回目の公演が始まるところ松本格子戸さんのナレーションが流れている時。今回は劇場に入る前に昼飯を食べる時間がなく途中劇場を外出して昼飯を食べに出た。

行ったところは「魚貝亭」というところ。大和駅ビルの4階にある店。駅ビルなどに入っている店は比較的に高めの店が多いためあまり入らないのだが食べログなどの情報によるとそれほど高いという感じがしない。

店の中は結構広い。100席以上は席数がある感じかな、もう少し多いかな?土曜の昼(13時ごろ)という事もあって結構店は混んでいる。私の座った席から見える範囲では皆さん昼から酒を飲んでいる感じ。カップルであったり男性4人組みであったり客層は広いが皆さんお酒を飲みながら昼ごはんを楽しんでいるという感じ。

この店は名前の通り魚料理のメニューが多い店。基本的には居酒屋という感じ。今回注文したのが刺身定食。注文してから待つ事5分~10分の間で出てきたのがこれ

20120204_007

20120204_006混んでいるわりには早くきたという感じがした。見てのとおり刺身のボリュームがすごい。左からタコ・イカ・光物(多分鯵)まぐろ・鰤・ほたて・甘エビ・サーモン・白身の9種類。中々刺身定食を注文しても9種類もの刺身を出してくるところは中々ない。普通で3種類・多くて5種類ぐらいだと思うが・・・でそれぞれ美味しい。ハズレがない。刺身については文句のつけようがない。ただごはんがそれほど美味しくなかったのが残念。硬いくてボソボソした感じ。それからごはんの量がこの刺身の量に対しては少ない感じがする。味噌汁は味がちょうどよく美味しい。

刺身定食1029円満足できるランチでした。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »