« 神奈川県立図書館 食堂 合格定食 | トップページ | ラッソ 日替わりカレー(なすとキーマ) (清水区) »

2011.11.13 横浜狂言堂の印象

毎月、第二日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂というものが開催されている。内容は狂言が2曲演じられてその解説が聞けるというもの。毎回色々な家の狂言が観れる。今回は野村万蔵家の狂言で「清水座頭」と「蝸牛」の2曲。

清水座頭:笑いが少ない狂言です。うーんこの狂言何時ごろつくられた狂言だろう?中世の時代の障害者に対する考え方。江戸時代での障害者に対する考え方。瞽女が座頭と酒を酌み交わす。現代なら全然違和感はないがこれをつくった当時はどうだったんだろう。静かな良い狂言でした。最後2人で杖をつきながら橋掛かりを戻っていく時の杖の音が印象的だった。この場合拍手は演者が完全に幕に入った後で良いと思ったのだがなんかの一つ覚えで二ノ松を過ぎたころ拍手を始める輩がいるんだ。まともにこの狂言の流れや音を聞いていたらあそこで拍手はないだろうと思ったのは私だけだろうか?

蝸牛:この狂言を観るのは何回目だろうか?正確にはわかりません。各家によって細かいところが違う。それが面白いとこでもあるのだが、最初の山伏の名乗りの時万蔵家は山伏で止めている。他の家ではなどは山伏ですと言っているところもある。万蔵家は山伏が登場する時、貝を手で持っている。他の家では背負っているところもあるし腰に付けているところもある。この狂言で気になったのは最後の方で主人が橋掛かりの辺で声を出すところがあるのだが山伏と太郎冠者の囃子物の声に負けていて聞き取れないところがあり残念。私がいた席は正面席の後ろの方でその辺にいた人は全員聞き取れていないと思う。

全体的には良い狂言の会だったと思う。

|

« 神奈川県立図書館 食堂 合格定食 | トップページ | ラッソ 日替わりカレー(なすとキーマ) (清水区) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川県立図書館 食堂 合格定食 | トップページ | ラッソ 日替わりカレー(なすとキーマ) (清水区) »