« 新上海 麻婆豆腐定食 (横浜・桜木町) | トップページ | ナポリタン専門店 ナポリタン厚切りベーコン (池袋) »

2011.08.14 横浜狂言堂の印象

毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日ということで横浜能楽堂で狂言を2曲解説付きで上演している。先月は名古屋能楽堂に行っていた為、2ヶ月ぶりという事になる。今回は茂山家の狂言で「金藤左衛門」と「鼻取相撲」この2曲とも観るのは初めて。金藤左衛門はここ1~2年ぐらいで茂山家と善竹家が何度かやっているようだがその前はほとんど公演記録が見当たらない。鼻取相撲も最近までそれほど上演されていなかったと思うが最近(ここ1年ぐらい)上演されるようになってきた感じ。

金藤左衛門・この狂言は大蔵流の家のみで上演される狂言。ほぼ同じ内容で和泉流のみで上演されるのが痩松でこちらも観た事がない。物の本によれば痩松の方があっさりしているとのこと。普通大体和泉流の方があっさりしている事は少ないのだが・・・。それはさて置き今回の印象だが今日は誰が何を演じるかパンフレットを見なかった為、今回、金藤左衛門が七五三で女が茂だと思って観ていた。女が出てきて5・6分は茂だと思っていた。茂の声ってもっと・・・と思うとそこにいたのは逸平だった。この2人の声似ているというか似てきたと思うのは私だけだろうか?正直かなり疲れ気味で解説の正邦の話の途中で寝てしまて・・・。でも狂言はしっかり観てました(茂と逸平を間違えるようだからしっかり観ていたとは言えないかも)単純で面白い狂言らしい狂言だと思う。

鼻取相撲・こちらは休憩が入ったあとで居眠りせずに観ている。正邦がすごく良い感じで志村けんのバカ殿を思い出してしまった。鼻取相撲や蚊相撲・文相撲の大名は志村けんのバカ殿風でも良いかもしれないと思わせてくれた。この狂言があまり演じられない一つの原因はほぼ同じ内容でもっと奇想天外なものになっている蚊相撲を演じれれる事が多いからだと思う。狂言に興味をより多くの人のもってもらうのには確かに蚊相撲の方が良いが狂言の特徴というか日常という面ではこちらで、よりバランスが良いというのが文相撲というような気がする。正邦はこのキャラクターでいけばもしかしたら千作氏のようになっていくのかもしれないなとふと思う。千五郎のよう全てのものをそつなくこなすというような感じではないような気がする。

狂言に関しては思ったことをそのまま走り書きしてますので私が勝手に思っていることですのでその辺よろしくお願いします。ただ思っている事の半分も書けてないというのも事実ですが・・・・。

|

« 新上海 麻婆豆腐定食 (横浜・桜木町) | トップページ | ナポリタン専門店 ナポリタン厚切りベーコン (池袋) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011.08.14 横浜狂言堂の印象:

« 新上海 麻婆豆腐定食 (横浜・桜木町) | トップページ | ナポリタン専門店 ナポリタン厚切りベーコン (池袋) »