« 志の島茶屋 ひつまぶし (名古屋・浄心) | トップページ | 盛旺軒 本店 500円ランチ (清水区) »

2011.07.10 御洒落狂言会の印象

夏の暑い炎天下能楽堂に着くまで結構歩いたのとその週の仕事疲れなど残ったままで結構疲れている感じはあった。

客の入りは結構良い感じ8割ぐらいの席は埋っている感じ。客層は年配の方が多い感じはする。今回の鏡板は若松で他では見られない鏡板。

蚊相撲:今回は大蔵流の善竹十郎家のものを観る。多分善竹十郎家としての狂言を観るのは初めて。善竹十郎氏は何度か観た記憶はあるが他の兄弟などと共演していて十郎とその息子だけで狂言を観るのは初めて。この蚊相撲という狂言は私が始めて生で狂言を観た時の演目。その時観たのが今日後で出てくる野村萬(当時は万蔵)が大名をつとめたものでそれ以降何度となく観ている狂言。本当に大蔵流らしい狂言だったというとこだろうか、十郎氏の声より息子2人の声の方が通る声で良かった。

重喜:この狂言を観るのは初めて。この狂言の一部を茂山家のDVDで観た事はあった。その1部と今日の狂言でもかなり印象が違う。まぁ内容的には同じだが・・・。7歳の蒼大君の声が印象に残りました。

悪太郎:前半より後半が面白い。前半は叔父とのやり取りで叔父を佐藤友彦氏がやっていたため安定しているというかそつがないという感じ。後半僧を野村又三郎氏がやって悪太郎が佐藤融氏。この2人のテンポというか、掛け合い、ぶつかり合いは力が拮抗しているだけに面白かった。声のめんでは又三郎の方が良かったかな。これから数年こんな感じで行くんだろうな。

箕被:野村萬・野村万蔵親子の共演。野村萬が人間国宝になったのが60代後半。今現在の年齢が81歳。確かにその頃から比べるとかなり歳をとっているというのを感じる。狂言が終了して橋掛かりを幕に向かっている時の息づかいが荒かった。以前にもこれは感じた事がある。数年前、8世万蔵(萬の長男・故人)の代役で六地蔵か仏師をやった事があってその時は動きが激しい為狂言の最中に息を切らしていたというのを憶えている。箕被はそれほど動きが激しくはないと思うが・・・。

茸:この狂言は茂山家のものを観た事がある。各家、細かい部分で違いがあるような感じ。パンフレッドの解説によれば屋敷の主をきのこが追い払い幕に入った後、山伏と鬼茸の一騎打ちとなるのが特徴とのこと。いずれにしても楽しい狂言だった。今後も色々なところでこの狂言は観てみたい。

まぁ考えてみれば和泉流3派、山脇・三宅・野村の狂言方が揃っている(野村派の演出でやっている狂言はないが)というのも名古屋だから容易にできるんだろうな、などという事を考えてしまう。まぁ公演終了後、大学生のグループでしょうか地下鉄の丸の内方向に歩きながら今日の狂言について話をしている。まぁ聞きみみをたてて聞いていたわけではないが同じ方向に歩いているので聞こえてしまう。内容は書きませんが私にとってすごいシンプルな感想だったが新鮮なものでした。

|

« 志の島茶屋 ひつまぶし (名古屋・浄心) | トップページ | 盛旺軒 本店 500円ランチ (清水区) »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 志の島茶屋 ひつまぶし (名古屋・浄心) | トップページ | 盛旺軒 本店 500円ランチ (清水区) »