« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

びんちょうまぐろ定食

26日、岐阜にいる。目的はまさご座。今週は21日にも来ているため2回目。

で岐阜市内でランチを食べる。行こうと思っていた店が休み(店の宣伝には年中無休とある。日曜のランチは休みなのか?)他に店を探して入る。

店の名前は今回は書きません。店の中に入って注文したのがびんちょうまぐろ定食値段は880円出てきたのがこれ。

20110626_004

20110626_007びんちょうまぐろの切れぱしを出してきた。もともとツナ缶に使うよなまぐろ。で柵になっているものを切ったものではなく見ての通りのもの。量も少ない。ご飯は水が多くべチャべチャ。とてもお店で出すご飯とは思えないもの。

こんなのもが880円。大ハズレのランチでした。

| | コメント (0)

豊橋駅 立ち ラーメン

岐阜からの帰り豊橋駅にて午後8時頃、20分以上の待ち合わせ時間あり。まさご座で日本酒飲みながら豆菓子やつまみ(コンビニで買った箸など使わないで食べれるやつ)などを食べていた為、あまりお腹は減っていないのだが、夕食を食べる事にする。

まぁ約25分の待ち合わせでそれを知ったのが豊橋駅に着いてだからその時間で食べられるものは立ち蕎麦。豊橋駅構内にある壺屋に行く。

うーん店員の手際が悪い。ラーメン(シャーシューメン)の食券を買って並ぶ。前に2人ほど並んでいた為そこに並ぶ。前の2人の蕎麦が出ると、ラーメンはこっちではないと店員。おい、それなら食券を出した(置いた)時に言えよ。少なくても前1人の時には食券を置いていたから見えているはず。しかもラーメンを出す方の窓口には誰もいない・・・。

という事で食券を買ってから5分以上たってから出てきたのがこれ

20110621_017立ち蕎麦のラーメンらしくスープの温度はかなり低い。ラーメン自体はかなり美味しい。細いストレート麺でしっかりとした味。ただラーメンが400円でこちらのチャーシューメンが470円。ラーメンはどんなものか食べたことがないがこの薄いチャーシューが2枚で70円?まぁラーメンそのものとしては美味しい方だと思う。立ち蕎麦のラーメンで食券買ってから5分以上かかるというのはどうだろう・・・・。

| | コメント (0)

2011.06.21まさご座の印象

まさご座に行くのは多分10ヶ月ぶりという事になる。本当に好きな劇場なのだが中々行く機会が少ない劇場。靴を脱いで入る劇場というのいいですよね。

今回は今週の日曜日仕事に出ていた為、その代休という形で21日に休みを取り出かける。まぁ土日でないため客の方もあまりいないだろうなと思い13時20分ごろに劇場に入るとなんとかなりの人数の客が・・・。40人~50人ぐらいだろうか。

今回は日本酒を飲みながら観ている。他の劇場でもこれは出来るがまさご座は物を置きやすいので良いんだな。

内容はかなり良いです。なんと言っても愛野いづみ嬢。渋谷で3回ほど観ているがその時よりもずっと良い。これから数ヶ月でぐんとのびる感じですね。これからもっと綺麗になっていくでしょうね。楽しみです。それからゆのさん昔のような激しさは感じませんでした。1回目はかなり動きを間違えた感じで・・・天性のものではなく努力して成り立っているステップやステージの構成を感じます。すばらしいと思います。

岐阜まで行くのに時間がかかりますが行って良かったという感じです。

| | コメント (0)

東鮓 ランチ寿司 (岐阜市)

21日まさご座に出かける。岐阜に着いたのが12時30分ごろ。そこから岐阜の町を歩く。まず行ったのはシフォンケーキ専門店。そこで差し入れを調達。その後昼飯を食べるところを探す。最終的に入ったのが東鮓という店。

外観は高級そうであるが、店の看板にはランチ1000円ちらし1100円寿司1200円などと書かれている為、入ってみる。

20110621_009場所としてはまるデブ総本店の斜め前の大道りに面したところ。

店に入ると先客がカップル1組。店の方は店主と思われる人とその弟子という感じの2人。メニューも何もなく何にします?と弟子の方が聞いてくる。表にあったメニューの中から寿司というのを注文してみる。まぁ寿司の1200円がどんなものか分からないが、まぁ値段的にはこんなもんかなというとこで言ったのだが・・・店主の方が寿司ランチだと刺身に寿司3貫に~に~が付いてきますよと勧めてきた為そちらの1000円のランチ寿司にする。出てきたのがこれ

20110621_004

20110621_005

20110621_006うーん女性向けという感じがする。にぎり寿司1貫が半分に切られているのは初めて。お茶は普通のお茶(緑の粉を使っていない)味も普通。中央奥の切子のグラスには黒ウーロン茶・その横のお椀は赤だし豆腐になめこなどが入っている。小鉢にはオクラにそうめんが入っている。鉄火巻きは美味しかった。それからデザートとしてリンゴが付いている。

まぁお店としてはランチタイムの目玉商品なのだろうが・・・あくまでも女性向けです。野郎一人で入った時に勧めるものかな?とは思ってしまう。

寿司ランチ1000円こんなもんでしょう。

私はちょっと物足りなかった為、徒歩10秒ぐらいのまるデブ総本店に行って中華そばを食べる

20110621_011まるデブ総本店についてはこちらでhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2009/08/post-c69c.html

| | コメント (0)

大塚寿し常 池袋東店 など

昨日、6月18日東京池袋にいる。目的はミカド劇場。

清水~池袋に行く途中、熱海駅で電車の待ち合わせ時間が15分ぐらいありそんなにお腹が空いていなかったのだが…気が付いたら立ち蕎麦を食べている

20110618mikado_001天ぷらそば。汁の味は薄めのような気がしたが天ぷらが厚くてまぁ立ち蕎麦としては普通かなという感じの味。

12時30分前に池袋に着く。予定ではここでランチをと思っていたのだが途中で蕎麦を食べてしまった為、お腹が空いておらず、そのままミカド劇場へ1回目終了後14時30ぐらいだったかな外出で食事をしに行く。行ったのはミカド劇場から徒歩1分かからない場所にある寿司屋「大塚寿し常」という店。ここランチが17時までやっている。

で今回注文したのが「常にぎり」それより量が多い「満腹にぎり」にしようかとも思ったがそれほどお腹が空いていない為、常にぎりにする。待つ事10分以内出てきたのがこれ

20110618mikado_002

20110618mikado_004味噌汁に小さいサラダに寿し7貫にかっぱ巻き。子持コンブがあったのが特徴かな?あとカッパ巻きが食感が良く美味しかった。シャリは結構軟らかい感じがした。鮨が乗っている皿がヒラメがデザインされていて良い感じ。ただネット上で出ている常にぎりは8貫。確か店の前にあったサンプルも8貫(私の記憶が確かなら)これは7貫。まぁ内容は仕入れによって変わるとしても・・・。ただ値段がこれで880円なのでまぁ問題ないと思いますが・・・。

| | コメント (0)

横浜能楽堂 「鏡板」 和菓子

今週初め、12日に観た狂言の印象などを長々と1時間以上かけてここに書いたのだが・・・何処が悪かったのか登録されずに消えてしまっている。書きなおすパワーはもうない為、一言だけ書くとすると良かったです。

横浜能楽堂には横浜能楽堂でしか売られていないオリジナルの商品がある。多分通信販売などしていない為、本当に横浜能楽堂に行かなければ買えない商品。その中に「鏡板」という和菓子がある。(ちなみに鏡板とは能舞台の背景にある松が書かれた板の事)これが結構美味しい。狂言などを観に能楽堂に行くがある時とない時がある。ない時というのは多分売れ切れてしまっている時で開演10分ぐらい前に売れ切れている事がある。まぁそんなに数も製造していないのかもしれない。

今回は運良く購入する事が出来た。製造しているのが石川県金沢市の老舗「諸江屋」との事。包装紙や箱もデザインが良い

20110612_022 落雁の和菓子で今まで見てきたものは白色だけだったが今回赤色のものもあり(調べて見たら開館15周年の記念で紅白になっているとの事・・・別に15周年の記念でなくても紅白の方が良いと思うのは私だけだろうか?)

20110612_024落雁の中に餡子が入っているのだがこの餡が美味しい。これ土産物としてではなく近くでこんな和菓子が売っていたら普通に買うという感じ。値段も8個で840円とそれほど高くもないし・・・。多分次回横浜能楽堂に行ってもあれば買うという感じの品です。ただ来月の第2日曜は横浜でなく名古屋能楽堂にいる予定。

| | コメント (0)

クジラの生姜焼き (横浜・桜木町・野毛)

今月も横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜能楽堂へ出かける。まずはランチという事で入ったのがこの店「包丁処たち花」

20110612_019場所はちぇるる野毛の近くと書こうと思ったが正確にはちぇるるのビルの中らしい。入り口はちぇるる野毛の裏通りというか大きな通りに面していない方にある。実は前回横浜能楽堂に来た時に通りかかりその時店の前に手書きの白板が置いてありそこに「鯨の生姜焼き」というメニューがあり気になっていた。前回はランチを食べ終わり能楽堂へ向かう途中で見かけた為、食べることは出来なかった。

まぁ白板に書いてあるメニューだから今回あるかどうか分からないがとりあえず行ってみると

20110612_020しっかりとある。店の中に入る。店は店主ともう一人女性で切り盛りしている。店主はかなり怖そうな雰囲気。まぁ外見と中身は違うことが多いので・・・。店主に「なんにする」と聞かれ迷わず「鯨の生姜焼き」と答える。待つこと10分以内で出てきたのがこれ

20110612_014

20110612_015見た目は鯨肉を使った野菜炒めという感じ。味は醤油味が濃く、もっと生姜の味が強くくると思っていたが生姜の風味は弱い。鯨の肉は牛のハラミにちょっと似ている感じ。これキャベツの千切りと一緒に食べると結構美味しい。

鯨の生姜焼き定食1000円。結構面白い味でした。

| | コメント (0)

千の蔵 鳥坂店 (清水区)

今日の昼は清水区鳥坂にある千の蔵というラーメン屋で食べる。店内はテーブル席が10席ぐらいにカウンター席が6席ぐらいの店。注文は食券を販売機で買う形。どんなラーメンか全く分かっていなかったため普通のラーメンとチャーシュー丼?豚丼?名前を完全に忘れたがご飯ものを食券で買う。待つこと5分以内出てきたのがこれ

20110608_001濃厚スープに極細麺の組み合わせのラーメン。スープは基本は豚骨でその中に魚介系の味がかなり強く出ている。麺は博多ラーメンなどによく使われているハリガネ系の麺。これだけ濃厚醤油味に極細麺の組み合わせというのは多分食べたのが初めて。悪くは無いが早く食べないと麺がのびてしまう感じ。トッピングの中に水菜がありこの濃厚ラーメンのアクセントになっていて良い。

ラーメン740円に豚丼?が320円計1060円。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »