« 札幌味噌ラーメン 真武咲弥 (渋谷) | トップページ | 千の蔵 鳥坂店 (清水区) »

丸正寿司 (富士駅前)

まぁ、今週は色々な事があり・・・というか体調があまり良くなく会社を2日ほど休んでしまった。その結果仕事がたまっているという状況・・・。

何はともあれ28日富士市に出かける。目的は今井美樹さんのコンサート・・・意外でしょ。このブログの中には歌舞伎・狂言・ミュージカルなどは出てくるがコンサートというのは今まで出てくる事はなかった。実際コンサートなるものに行くのは生まれて初めての事。何回か行くチャンスはあったのだが結局実際には行っていない。色々な意味でもっと早くにこの人のコンサートを観たかった・聞きたかったというところですかね。本当に色々な意味ですが・・・・、良い刺激になったのは事実です。

でコンサートが終了したのが20時ぐらいで富士駅まで臨時のバスに乗り向い、富士駅周辺で食事をするところを探す。探すといってもネットでそれなりに何件か調べてありそのうちの1軒に入る入ったところがここ

20110528_015富士駅から徒歩1分か2分ぐらいのところにあるお寿司屋さん「丸正寿司」ネットの評価では普通の寿司をお手頃の価格で提供している店という感じだった。店の前に貼ってある寿司の値段も並鮨1050円・上鮨1350円・特上鮨2100円。これだったら入っても大丈夫かなという感じで入ってみる。

入ってみると先客が1組、カウンターに座っている。私もカウンター席に座る。まずはおしぼりが出てきて飲み物を聞かれる。この時点で飲み物は何があるか分からない。ビールや日本酒はあるだろうが・・・「日本酒を」と思わず答えてしまうあまり体調が完全でないからアルコールでなくても良かったのだが・・・すると「熱燗にする」と聞かれる(ここの対応は店主ではなく年配の女性店員)熱燗という言葉に対して「冷やで」と反応してしまった。冷酒と言いたかったのだが・・・。まぁ冷やでもいいかなと思ったが「冷酒ですか」と相手が言ってくれたので「冷酒は何がありますか」と聞きながらカウンターの中に正雪(冷酒)のポスターが貼ってある事に気が付く「正雪で」と注文する。出てきたのは正雪の本醸造生酒、これは何回も飲んだ事のある酒で飲み慣れている。

20110528_002

20110528_003つき出しはつぼ貝。この辺でカウンターの中で他の客の寿司を握っていた店主が「何かつくりますか?」と声をかける。「何があります」とカウンターの中に書いてあるメニューを見るのだがすべてに値段が書かれていない。珍しい処でホッケの刺身があった為注文する。函館から直送しているとの事だから当然ある日とない日があると思われる。他にもニシンの刺身がある時があるとの話

20110528_004うん、脂があってその脂が嫌な脂でなく美味しい。これは冷酒でぴったりあう肴でした。次に頼んだのが上鮨。出てきたのがこれ

20110528_006

20110528_008寿司に関しては本当にネットでの評価通り普通です。それほど何かがとびぬけて美味しいというわけでもないしもちろん美味しくないわけでもない。ただシャリが大き目でつまみというより食事として良い感じかと思います。ただとびぬけていたのが上鮨についてきたあら汁。しっかり出汁をとってあって美味い(私は濃い目の味が好き)多分、今まで飲んだアラ汁の中で一番美味しいと思うぐらいのもの。

巻物をつまみながら冷酒を飲み、巻物を食べ終わる頃、冷酒もなくなりお茶をもらう。お茶は緑の粉を入れたもので今一つかな?最後にカウンターの中に大きく書かれて貼ってあるしいたけのにぎりを注文する。

20110528_011しいたけを独自のタレに漬けこんだものなのだがタレのうまみとしいたけの旨味、そこにほんのりわさびの味が混じってこれは美味しいです。この店に行ったら絶対注文するべき品だと思う。

これが食べたもの全てで、会計が4200円。値段が分かっているのが上鮨の1350円あとの物はどれがいくらかは分かりません。まぁそれほど安いとも思いませんが・・・・。ここで飲んだのが良かったのか今日は体調それほど悪くない。

|

« 札幌味噌ラーメン 真武咲弥 (渋谷) | トップページ | 千の蔵 鳥坂店 (清水区) »

寿司屋 (夜)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 札幌味噌ラーメン 真武咲弥 (渋谷) | トップページ | 千の蔵 鳥坂店 (清水区) »